ご案内&執筆者紹介


祝!デイリーランキング(お酒/ドリンク)部門2位!

こちらに初めて来られた方ははじめまして! 2回目以降の方はこんにちわ。
新橋で働くHKO(はこ)と申します。
本ブログはワイン素人の私が晩酌と食べ歩きの感想を書いていくブログです。
よろしくお願いします。

【管理人)】
・HKO(はこ) ※名前がないのはHKOの記事です。

ブルゴーニュ大好き「ひとりぼっちのテイスティング勉強会」の管理人。(最近はそうでもない)
本人は本気ですが、微妙に適当なテイスティングをしています。味わいの裏付けを半ば強引にするスタイル。体制は変わりましたが内容は変えずに行きます。

★ワインまとめ(フランス ブルゴーニュ)
★ワインまとめ(フランス ブルゴーニュ以外)
★ワインまとめ(フランス以外 ヨーロッパ・ニューワールド)

★食べ歩きはじめました。

【ナイスな記事を書いてくださったライターの皆様】
はじめchan(はじめちゃん)
シンク・プリテュール・ノブレス(しんくさん)
スポンサーサイト

【カリフォルニア:61】シン クア ノン 2017年リリース2種


こんにちは、HKOです。
本日はSQNの2014年です。



【データ】
シン クア ノンはマンフレッド クランクルが運営するサンタバーバラの生産者。ポートフォリオはコロコロ変わるので、イマイチ掴み難いんですが、僕の知ってる限りだとグルナッシュ、シラー、シャルドネ、ルーサンヌ、ヴィオニエ、それらの混醸。(ワインアドヴォケイトもバレルテイスティング時のものは名称を明確に書いていませんでしたね。「まだ名前がない白ワイン」...とかそんな。)南仏の匂いのするカリフォルニアカルトの生産者ですね。
初リリース以降キュヴェ別にラベルは毎年異なるデザインが用いられ、同じラベルは二度と使用されません。
今回は2種。シラーの赤、そしてルーサンヌの混醸の白。

・ピラニア ウォーターダンス
品種:シラー81% プティ・シラー8% ムールヴェードル6% トゥーリガ・ナシオナル4% グラシアーノ1%
すべて自社畑より収獲。Eleven Confession Estate35%、
The Third Twin Estate34%、Cumulus Estate31%
醸造:全体の74%を除梗し、上面開放型の発酵槽にて発酵。フレンチオークバリックにて26ヶ月熟成。(新樽率54%)

・ライトモチーフ
自社畑のイレブン・コンフェッション、キュミュラスから合わせて70% 残りの30%が ビエン・ナシドから。
ブドウ品種はルーサンヌ46%、シャルドネ22%、プティ・マンサン13%、ヴィオニエ11%、マルサンヌ8%のブレンド。
コンクリート・エッグ・タンク45%、55%に木樽を使用。
同容器内にて19ヶ月の熟成。

-畑について(インポーターHPより)-
◾︎自社畑
・ELEVEN CONFESSIONS
サンタ・バーバラの東、サンタ・リタ・ヒルズに位置する22エーカーの畑です。主にシラーとグルナッシュが栽培され、少量のヴィオニエ、ルーサンヌも作られています。比較的涼しい気候で、11月頃収穫されます。熟成がゆっくりと進むため、風味の豊かな果実が採れます。
・CUMULUS
サンタ・バーバラの南、オークビューに位置する畑で、シネ・クア・ノンのワイナリーもここにあります。いくつかの区画があり、シラー、グルナッシュ、ルーサンヌの他、プティ・マンサンやトゥーリガ・ナシオナル、ムールヴェードルやプティ・シラーが栽培されています。比較的暖かく、通常一番最初に収穫が行われます。
・THE THIRD TWIN
セントラルコーストの街、ロス・アラモス近郊に位置する、2010年に購入した畑です。樹齢10年ほどのシラーやプティ・シラーが植えられています。砂質土壌で、全て自根葡萄です。
・MOLLY AIDA
サンタ・マリアの東、テパスケット・キャニオンに位置します。標高1800フィートの畑に、2012年の春ムールヴェードルを植樹しました。

◾︎契約畑
・WHITE HAWK
THE THIRD TWINから程近いところに位置する畑です。砂質土壌で、シラーが作られています。
・BIEN NACIDO
サンタ・マリアにある畑です。この畑のシラーから、最初のシネ・クア・ノン“Queen of Spades”が生み出されました。現在はシャルドネなどが栽培されています。



【テイスティングコメント】
生産者: シン クア ノン
銘柄: ピラニア ウォーターダンス 2014
品種: シラー81% プティ・シラー8% ムールヴェードル6% トゥーリガ・ナシオナル4% グラシアーノ1%

外観は濃いガーネット、粘性は高い。
濃厚だが、広域に伸びる凝縮感に寄ったタッチのワイン。
剥き出しの引き締まった果実味のシラー。
スパイシーな黒胡椒、甘露なシロップの香りが充満し、アンズのジャム、熟したブラックベリーの果実味。熟しているものの、適度な酸を感じさせるタッチ。エナメルリムーバーやラベンダーの様な華やかな香りもある。毛皮や鉄分などの要素も強め。ミルクティー、ユーカリ。
焼いたゴムの様なロースト香、燻製の様なニュアンス。
鉄観音の様な葉の香り。ジンジャーブレッドの風味もある。
グリセリン感が突出し、タンニンは滑らか、酸は生き生きしている。タンニンの毛羽立ちは無く、綺麗な酸と素直な果実の甘み、酸味に満ちている。余韻にはアンズのジャム、ブラックベリー、MLFの滑らかなタッチが残る。



生産者: シン クア ノン
銘柄: ライトモチーフ 2014
品種: ルーサンヌ46%、シャルドネ22%、プティ・マンサン13%、ヴィオニエ11%、マルサンヌ8%

外観は黄色い色味の強いイエローで、粘性は高い。
構成としてはルーサンヌとシャルドネが主体の様だが、どこかシュナンブランを感じさせる旨味がある。オイリーなミネラル感も豊か。
クリアなタッチだが、果実はとても熟している。
白胡椒。花梨やパイナップルの様な果実味の後、徐々に黄桃のコンポートを思わせる甘さが現れてくる。杏仁豆腐やバター、ブリオッシュなどの甘露さ。上白糖。
ハチミツのようなニュアンス。白い花のニュアンスがある。とても豊かな厚みがある。
美しい酸とそれに伴う豊かな旨味がある。じわっと広がる黄桃や杏仁豆腐のニュアンス。ふくよかでさりとて酸の低さを感じない。引き締まったワインになっている。
余韻にほのかな甘みがある。


【所感】
今回は2014年ヴィンテージのシンクアノンです。
1本は得意のシラー、そして毎年お馴染みのルーサンヌを主体とした白ワインです。
まずは赤から。シラーを主体としつつもカリフォルニアの固有品種のプティシラー、そしてムールヴェードル、ポルトガルの土着品種トゥーリガナショナル、スペイン品種のグラシアーノを混醸している。
あまり見ない複雑なアッセンブラージュです。
結果、シラー(シラーズ)の華やかで凝縮したタッチに、フレッシュさと美しい酸味をもたらしています。
シラーのプラムやブラックベリー、黒胡椒的なスパイシーなニュアンスに乗る、アンズのジャムのような甘酸っぱい濃密な甘露さがあります。
華やかさは健在で、ややアルコーリックなエナメルリムーバー、ラベンダーの華やかさ、そしてユーカリ、鉄観音の様な清涼感が感じられます。この全体の中に於いてはミルクティーやロースト香はやや控えめに配されています。
従来のシンクアノンのシラーと比較すると、凝縮感はありつつも酸味寄りのバランス。それでいて完成度が高いです。
アタックから舌触りに至るまで毛羽立ちや収斂性のキツさはほとんどなく、余韻は滑らかなタッチが残る。
さすがはシンクアノン。突出したレベルの高さです。

次に白のライトモチーフ。
シンクアノンの白としては従来のタイプとかけ離れた作りのルーサンヌ。前回のレジストが糖蜜や白桃、フルーツヨーグルトを思わせる様なリッチで濃密な作りでしたが、今回のライトモチーフは飾り気の少ない果実本来の要素を前に押し出したシンプルな作りになっています。
個人的には従来のタイプの方が好みで、それを期待していたので、少し拍子抜けの印象です。
南アのシュナンブランにも似た果実の濃密度+穀物感が前に出たタイプで、加えてルーサンヌというよりヴィオニエ的なフレッシュも伴います。
いわゆるルーサンヌ、マルサンヌの南仏的なアッサンブラージュから想起される様なワインではありません。
ややオイリーなミネラル感があり、クリアさを助長しています。花梨やパイナップルを思わせる甘みを感じさせる要素に杏仁豆腐、ブリオッシュの要素など。
甘い香りは伴うのですが、いわゆるクリーミーなタイプではなく、フルーツのシロップ漬けに近いかも。蜂蜜などもあります。こちらも酸味がやや強めに効いています。

今回の2014は少なくともこの2本を見るに酸の表現にはすごくこだわっている様に思えます。
フルーティーで華やか、凝縮感のあるワイン、例えばシャーヴの様なスタイルが得意かと思っていましたが、結構大きく変えてきたような気がしています。
想像とかなり違かったのでそこは違和感がありましたね。正直。
ただ相変わらずそうはいっても素晴らしい完成度で、流石と言わざるを得ないクオリティの高さを感じました。




【ボルドー:44】イグレック 垂直。2009と2015

こんにちは、HKOです。
本日はイグレック垂直です。



【データ】
シャトーディケムはソーテルヌに拠点を構える世界最高の貴腐ワインを産出するシャトー。現地ソーテルヌの格付けでは、ただ唯一の第一特別級(プルミエクリュスペリュール)として君臨しています。
驚異的な低収量が特徴で、平均して葡萄一本につきグラス一杯のみしか取れない、これは木の樹齢の高い事、貴腐粒だけを丁寧に選別している事、そして長期間の樽熟成に伴う蒸発に起因します。100%オーク新樽で42ヶ月の樽熟成。全行程に渡って当然ながら補糖補酸は行われません。不作の年はリリースされません。(直近だと2012年ですね)
今回は辛口のセカンド的なポジションであるイグレックです。選果されたブドウは軽くプレスされ、温度管理されたステンレスタンクで発酵。発酵が終わる直前に、新樽比率33%の木樽で10ヶ月熟成。



【テイスティングコメント】
生産者: シャトー ディケム
銘柄: イグレック 2009
品種: ソーヴィニヨンブラン80%、セミヨン20%

熟成によりかなり馴染んで、MLFの要素も鮮明。
ソーヴィニヨンブランを感じさせない、ふくよかで甘露さを感じさせる体躯になっている。
バタークリームやバニラ、シロップの様な糖蜜を思わせる黄桃のコンポート。白檀、塩ナッツの様な程よい塩気と共に、ほのかに青草、穀物っぽいニュアンスを残している。
ブリオッシュ、そしてヨーグルト、シナモンなどの要素が感じられる。この中で最もリッチで熟成の馴染みを感じさせる。
酸は柔らかく、口当たりにグリセリン感と甘み、そして余韻にほのかに苦味を感じさせる。
黄桃と穀物を思わせる長い余韻で、旨味も包含している。



生産者: シャトー ディケム
銘柄: イグレック 2015
品種: ソーヴィニヨンブラン75%、セミヨン25%

こちらもプティシュヴァル同様青草のニュアンスを強く感じるソーヴィニヨンブランだが、果実味の甘露さがより明確で、シトラスと共にオレンジやラフランスの様な甘さを感じさせる。グリーンだが、果実味の厚みはしっかりとある。
フレッシュハーブ、ムスク、白胡椒のようなスパイシーさも感じられる。基本的にはコンポートのような甘さでブリオッシュ感も程よく感じられる。
酸味は柔らかく、ふくよかさを感じさせる。
酸味は程よいが、柑橘系の余韻でジューシーで旨味はリリース直後にもかかわらず十分に豊か。


【所感】
前回のパヴィヨンブラン、プティシュヴァル白と比べると、やはりふくよかな印象を強く感じる作りとなっています。
基本的にはどちらも果実味が豊かで、2009は糖蜜やクリーム、2015はフレッシュな洋梨の様な果実味が主軸となっている。
まず2015から。
とはいえセパージュ比率、ヴィンテージの若さから、まだ青草のニュアンスが感じられるものとなっています。
ラフランスやシトラスの様な果実味が主軸で、ハーブやスパイスのニュアンスが伴います。コンポートの様な果実味で、ほのかにブリオッシュの様な酵母的な要素。基本的にはクリーンな質感で構成されています。果実としては大変リッチ。
酸味は柔らかく丸く調整されています。余韻は柑橘。
心地よいワインに仕上がっています。
次に2009。
これは非常にリッチでボリューム感を感じさせる体躯になっています。熟成によるほのかな塩気、そこに樽と果実味、MLFが溶け込んだ様な、バタークリーム、バニラ、シロップの様な甘露さが前面に出る。黄桃のコンポートの様なふくよかな甘露さが現れる。シュナンブランの様な穀物的なニュアンスが少し混ざる。
これだけ見ると2015とは全くタイプを異にするワインだが、熟成による各要素の調和で大きくタイプか変わるのかもしれない。

ただ共通項として果実味はよく熟していて、ボリューム感を感じさせます。幾分か貴腐ブドウが混ざっていたりするのだろうか。
さすがにいいですね。ディケムから離れて考えても、とても良く出来たワインだと思います。






【ボルドー:43】ボルドー ブラン。初リリースのプティシュヴァル白を含む2種

こんにちは、HKOです。
本日はパヴィヨン ブラン シャトー マルゴー、そして今回初リリースのプティ シュヴァルの白です。


【所感】
パヴィヨン ブラン デュ シャトー マルゴーはシャトーマルゴーが作るソーヴィニョン ブラン100%の白ワイン。シャトー アベル ローランというシャトーマルゴーから数100m程度の小さな建物で作られており、葡萄はソーヴィニヨンブランのみ植えられた12haの葡萄畑で生産される。年間生産量は40000本程度。栽培面積は12ha、
平均樹齢25年。収量は25hl/ha程度。
オーク樽(新樽は1/3程度)で発酵。瓶詰めの前に10ヶ月間熟成。、清澄処理(瓶詰め時にベントナイトとカゼイン処理)と濾過処理の両方が行われる。ソーヴィニョン・ブラン100%。

シャトーシュヴァルブランはサンテミリオンにおける4つの第一特別級Aの一角でボルドー右岸最上のカベルネフランを生み出すシャトー(残りはオーゾンヌ、パヴィ、アンジェリス)。
1960年代、1970年代は品質が落ち込んだものの、ジャック・エブラールが就任した1980年代には品質は大きく向上した。また以降の所有者であるピエール リュルトンの手により2000年、1999年、1998年は素晴らしいヴィンテージとなった。
シュヴァルブランの畑はポムロールとの境界線にある鉄鉱石を岩床とした砂利の多い、砂礫質及び粘土質の土壌。レヴァンジル、コンセイヤントに隣接する。
栽培面積は37haで、平均樹齢45年の葡萄を35hl/haという低収量で収穫し、醸造工程に移る。醸造は温度管理されたステンレスとコンクリートタンクで発酵及びマセレーションを21~28日間実施。MLF後フレンチオーク新樽100%で18ヶ月。清澄は卵白を使用、無濾過。
今回の プティ シュヴァル ブランは2016年初リリース。今回はその初ヴィンテージ。生産本数は4500本。
シュヴァルブランに隣接するシャトー ラ トゥール パン フィジャックの畑から調達されたぶどうを使用。
2018年からはセミヨンもブレンドする予定。




【テイスティングコメント】
生産者: シャトー マルゴー
銘柄: パヴィヨン ブラン ド シャトー マルゴー ブラン 2010
品種: ソーヴィニヨンブラン100%

樽香とクリーミーさが際立っている。
焦がしたトーストを思わせるロースト香。
モカやローストナッツ、塩ナッツの要素が目立ち、青草のニュアンスは影を潜めている。バニラと白桃のコンポート。程よいオイリーさ、ミネラル感も感じられる。熟成の塩気とMLFのまろやかさが好相性。
藁のようなニュアンス、ドライハーブ、ブリオッシュなどの要素も感じられる。
酸味はシャープで柑橘系だが、旨味が出汁的なよく表れている。余韻も長く、シャープめの酸から旨味の塊に転化する。


生産者: シャトー シュヴァルブラン
銘柄: プティ シュヴァル ブラン 2014
品種: ソーヴィニヨンブラン100%

熟度は高いが、完全にソーヴィニヨンブランの特徴である青草や柑橘を明確に感じられる。
ただ柑橘は甘露で、シトラスやレモンのようなシャープさを維持しながら、蜂蜜のようなニュアンスが混じり合っている。はちみつレモン。
比較的ソリッドなミネラル感がある。クリーンなタッチ。
フレッシュハーブ、ムスク、百合やキンモクセイを思わせる白い花の要素がある。ボルドーのソーヴィニヨンブランを最大限発展させた印象。
非常にクリアで酸も豊か。マスカテルなフレーバーがあり、クリーンな余韻がある。余韻は長いが、突出した規模感は特には感じられない。



【所感】
パヴィヨンブラン。
今回の2010は2008年同様、醸造に寄った、リッチで樽のニュアンスを感じる作りになっているように感じました。樽とクリーミーさ。2008年は熟成を経ている事もあり、コートドボーヌのシャルドネ的な要素を強く感じましたが、こちらは少しだけソーヴィニヨンブラン的な青さを感じます。
ただそれも複雑さとして織り込まれているような気がしていて、醸造要素と品種個性が巧みに折り重なっている。
ミネラル感もあり、ボルドーブランとしてかなり良く出来ています。オーブリオン、ラミッションオーブリオンの白と比較すると流石にそこまでではないものの、ボルドーを代表する白という品格があります。
酸味の柑橘のシャープさ、相反する旨味が素晴らしいと思います。
次に今回初リリースのプティ シュヴァルの白。
こちらはソーヴィニヨンブラン的な特徴が非常に前面に出ているキュヴェになっています。アントル ドゥ メールの白ワインみたい。さすがはシュヴァルブラン、柑橘のニュアンスを軸にしながらも甘露な香りが漂い、ハチミツとレモンのニュアンスを明確に感じられます。ソリッドなミネラル感、クリーンなタッチ。キンモクセイのような白い花のニュアンス。
よくできていますが、品種の個性があくまで前面に出ていて、風格があるかというとそうではなく、あくまでボルドーのデイリー的な白ワインを最大限発展させたような作り。
一見構成要素が、それと近いためあまりリッチな印象は受けません。価格なりの満足度が得られるかというと、すこしそれには足りていない印象ですね。
今回が初ヴィンテージで2018年からセミヨンが混ざるということなので、さらなる発展に期待したいところです。

しかしこのワイン。「シャトー シュヴァルブラン」のセカンド「プティ シュヴァル」「ブラン」とはなんともややこしいですね。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【送料&クール便代無料】ル・プティ・シュヴァル [2011]
価格:27864円(税込、送料無料) (2017/6/9時点)






徳うち山(とくうちやま:東銀座)

【前提】
※メニュー横の★はHKO主観の「もう一度食べたい度」です。シェフ渾身の一皿を素人如きの尺度と個人の趣味嗜好で、それがさも絶対の事実の様に評価するものでは一切ありません。
当てになりません、メモです。
★★★★★→今日にでももう一度食べたい!
★★★★→明日にでももう一度食べたい。
★★★→必ずもう一度食べたい。
★★→機会があればもう一度。
★→日常的に食べられると最高。


こんにちは、HKOです。
本日は徳うち山で噂の鯛茶漬けランチしてきました。
東銀座ランチ界隈では一二岐同様超有名ですね。
ただなかなかに予約なしでは入れないので敬遠しておりましたが、駄目元で行ってみたんですけど、幸運にも入れましたよ。



風格のある佇まいです。

徳うち山は、ご存知ミシュランガイド*1の銀座 うち山の暖簾分け店舗。
店主は工藤淳也氏。うち山やとよだなどの日本料理店だけにとどまらずイタリア料理も学び、スタッフもフレンチ出身。既存の日本料理に留まらない料理を供出している...そうですよ。

あくまでランチなのでジャブ。
さりとて銀座では有名な一品、鯛茶漬けであります。


◾︎昼のお食事(鯛茶漬け)

鯛の刺身、焼き胡麻豆腐、鯛のあら煮、鯛の南蛮漬け。



焼き胡麻豆腐。
こいつはとてもクリーミーで、カリッと焼かれた表皮の内側はとろとろの胡麻豆腐。
胡麻だれで頂く。カスタードクリームみたいな滑らかさ。
美味い。



鯛のあら煮。
あら煮は食べるのにテクニックがいるので、(味は好みなのですが)少し苦手。
トロトロの脂と生姜と山椒が香る出汁が素晴らしい。
しかし解体に夢中になってご飯は進まないのであった。



南蛮漬け。
白米キラー。甘酢でつけ込まれた揚げた鯛。絶品。
玉ねぎだけでもご飯が進む。結果小鉢1つでご飯を食べ尽くす羽目に。



そして軸となる鯛のお刺身。
小鉢サイズだけど、見かけによらず結構入ってて、ボリューミー。醤油をしっかりと感じる胡麻だれで。
白米キラー。濃いめのつけダレと鯛のコリコリとした食感と脂で一切れでも十分に飯が進みます。


しかして私も三十代も半ば。
4切れ程度を残し、1杯で収める。大人だからね。
俺が二十代だったら1切れで1杯くらいは食ってたわ。



そして最後は煎茶で鯛茶漬けとして頂く。
実は少し失敗しまして、飯の量に対して煎茶を入れすぎてしまいました。
ちょっと薄い....
再チャレンジするにも肝心の鯛を食べつくしてしまったし、腹具合も相当だったので終了。



最後は黒蜜のプリン。
これも滑らかでめっちゃ美味かったです。


うん、これ確かにいいわ!
少なくともまた行きたいと思えるし、コースも期待できますね。今度は昼のコースでも行ってみたいところ。
しかしこのクラスのランチを安価で食べると申し訳なくなってきますね...


住所: 東京都中央区銀座3-12-9 1F
店名: 徳うち山(とくうちやま)
電話番号: 03-3545-1091
営業時間:
【昼】 11:30~12:30(L.O)※14時クローズ。
【夜】 18:00~19:30(L.O)※21時30分クローズ。
ランチ営業
プロフィール

HKO(はこ)

Author:HKO(はこ)
HKOです。
世界を股にかけない普通の内勤サラリーマン。
体はピノノワールとシャルドネで出来ていますが、最近は専らシラー、グルナッシュ、ヴィオニエなどの南仏品種や、ジンファンデルみたいな濃い品種が好み。貴重なワインや興味深いワインを求めて日夜東京を徘徊する日々。
食べ歩きを2014年頃からスタート。
ミシュラン星付きフレンチ(2017年度版まで)制覇まであと2店舗。
2店舗のハードルが高いので、最近は手軽なビストロなどを周遊。
基本フレンチ/イノベーティブ/フュージョンを愛するが、イタリアンや和食にも食指を伸ばす日々。ペアリングは考えず、皿の中で終局する世界観を大切にしています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
ついった
物欲センサー
物欲センサー2
リンク
QRコード
QR