蕩ける様な快楽的な味わい。オーストリアのグリューナーフェルトリーナー、リースリング

こんにちは。

お恥ずかしい事ですが、小生は専らフランス、イタリア、新世界に傾倒しておりまして、その他の地域のワインを飲むたびに大きく驚く事が多々あります。例えばこの前のスペインの様に。

勿論デイリーを飲むことはありますが、所詮デイリーなので、どうしてもその国のワイナリーの本気を体感する事は出来ません。
例えばフランスブルゴーニュのグランクリュとニュージーランドの1000円ピノとは土俵が違うので、それによって優劣を付けられませんよね。
なので、その国の本当に得意とする品種を最高の生産者が作る事が比較の前提条件だと思っています。
その点、スペインのテンプラリーニョ、ガルナッチャ、モナストレルはポムロールのシンデレラワインに匹敵する位の素晴らしさはあったと思います。
こうした形で詳しくない地域で素晴らしいワインに出会えると、実に幸せな気分になれます。

さて、今回はオーストリアの本気です。


生産者: ユルチッチ ソンホフ
銘柄: グリューナー フェルトリーナー シュピーゲル レゼルヴ 2004
品種: グリューナーフェルトリーナー100%


約7000円。
色調は淡いレモンイエロー、粘性は高め。辛口白。
オレンジやマンゴーなどの甘やかな果実の香り、ドライハーブ、白い花。塩味の強いヘーゼルナッツの香りも。やや熟成感があり。
アタックはソフトで酸も穏やかだが、かなりボリューム感がある。後味に微かな苦味。


生産者: ヒルツベルガー
銘柄: グリューナー フェルトリーナー ホニフォーグル スマラクト 2007
品種: グリューナーフェルトリーナー100%

約9000円。
濃いめのイエロー、粘性は高め。辛口白。
まるで貴腐ワインの辛口の様な濃密で豊満な果実味を楽しめるワイン。
桃やアプリコットの完熟した果実味、バター、灯油を中心にシャンピニオンや蜂蜜も。比較的強めのミネラルもあるので、だらしない味わいにならず、引き締まっており均整のとれた味わいになっている。
酸味は穏やか。とにかく果実味が分厚く、とろみがあり核種系の果実を齧っている様な錯覚に陥る。


生産者: ヒルツベルガー
銘柄: リースリング シンガーリーデル トロッケン ベーレン アウスレーゼ 2009
品種: リースリング100%

約15000円。
ヴァッハウ渓谷におけるグランクリュのトロッケン ベーレン アウスレーゼ(貴腐)。
これは凄い。今まで飲んだことのある極甘口では最も香り高くフィネス溢れる造り。
濃い黄金色。蜂蜜のようなとろみ。
まず鼻腔をくすぐるのが、濃いめに抽出したダージリン。そして桃、アプリコットのジャムなどの完熟したフルーツ。若干のオイルやスパイスも。
爽やかな森の中のコテージの朝食を想起させる味わい。
果実そのものを思わせる様な、とても綺麗な酸で、くどさや嫌な濃さは全くない。
ワインだけでトーストが進みそうなものすごい濃厚さ。
素晴らしい貴腐。ソーテルヌのセミヨンと比較するとより果実味が前に現れており、万人に喜ばれるであろうワイン。

ユルチッチ ソンホフは、ちょっと熟成ローヌ白に近かったかも。
しかしながら凄まじきはヒルツベルガーよ。辛口にせよ、貴腐にせよ、あの分厚い果実味には驚きを隠せない。

貴腐はそのままの作りでしょうけど、不可解なのが辛口ですかね。
あの果実味。糖度の上がらない寒い国のドーピング的な手法(氷結、レイトハーヴェスト、貴腐)が使われてるのかな。
レイトハーヴェストで水分を飛ばして糖分を上げた葡萄で発酵、限界ギリギリのアルコール度数まで上げてる?乾燥と氷結の違いはあれどアマローネ的な手法が用いられているのかな?
何かしら工夫はしていると思うんだけど。

いやでもすげえわ。
この蕩ける様な味わいは正に貴族的。
これだけの心地よい果実味を出せるのはオーストリアがお菓子の国だからかしらん?



スポンサーサイト
プロフィール

HKO(はこ)

Author:HKO(はこ)
HKOです。
世界を股にかけない普通の内勤サラリーマン。
体はピノノワールとシャルドネで出来ていますが、最近は専らシラー、グルナッシュ、ヴィオニエなどの南仏品種や、ジンファンデルみたいな濃い品種が好み。貴重なワインや興味深いワインを求めて日夜東京を徘徊する日々。
食べ歩きを2014年頃からスタート。
ミシュラン星付きフレンチ(2017年度版まで)制覇まであと2店舗。
2店舗のハードルが高いので、最近は手軽なビストロなどを周遊。
基本フレンチ/イノベーティブ/フュージョンを愛するが、イタリアンや和食にも食指を伸ばす日々。ペアリングは考えず、皿の中で終局する世界観を大切にしています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
ついった
物欲センサー
物欲センサー2
リンク
QRコード
QR