スパイシーで軽やかなカベルネフラン、ACソーミュール

こんばんわ。
さて、本日はちょっと趣向を変えて、ロワールです。
銘柄はソーミュール。
地域的にはペイ ナンテとセントルニヴェルネの中間、アンジュ エ ソーミュール地域に当たります。
対岸にはアンジュやサヴィニエール、支流の対岸には銘醸畑のボンヌゾーやカルツ ド ショーム、コトーレイヨンが並びます。
同地域に広域名ソーミュールの他に赤のみ産出するソーミュールシャンピニー、貴腐ワインのコトー ド ソーミュールがあります。
この付近では赤はカベルネフラン、白はシュナンブランがメイン品種です。上流になるにつれガメイ、ピノノワール、ソーヴィニヨンブラン。下流になるにつれ白はミュスカデになります。

今回はソーミュール、カベルネフラン主体のワインとなります。


生産者:カーヴ ソーミュール
銘柄:ソーミュール 2009
品種: カベルネフラン

価格は2000円。
色調は赤みの強いガーネット、中心部は黒が強い。
北部ローヌで算出される華やかでスパイシーなシラーを思わせる。
黒胡椒、カシス、アメリカンチェリーの甘やかで果皮を感じさせる黒い果実味を中心に、芍薬やスミレ、甘草、濡れた土、紅茶、シナモン、ワッフルなど。基本的には果皮と花の香りがメインだが、徐々にロースト香が増してくる。シャプティエのクローズエルミタージュの様な味わい。
酸味もタンニンも滑らかで、アタック感は弱い。しかし、飲み込んだ後の鼻に抜ける溌剌とした若い果実の香りがとてもいい。エレガント。2000円としてはかなりいい品質だと思う。液体濃度はピノノワールに近い。


さてカーヴ ソーミュールのAOCソーミュール。なかなか興味深いカベルネフランだと思う。
カベルネフランといえばボルドー メドックの補助品種であり、サンテミリオンで比較的アッセンブラージュ比率の高い品種。その中でも第一特別級Aのシュヴァルブランの主要品種として有名。というのが一般的なカベルネフランのイメージだと思います。
ここから導き出されるのは濃厚でインキーなワインになる品種という結論だと思いますが、ロワールはどうやらちょっと違うみたいです。
カベルネフランなのに全然サンテミリオンっぽさがない。
むしろ軽いグルナッシュとかボージョレーを想起させるイメージ。
マセラシオン ア ショーかマセラシオンカルボニック?
いずれにせよ早飲みタイプの軽やかな味わい。イメージしていたカベルネフランからは大分逸れるものの、スパイシーで華やかで非常に美味い。
しかし、ブラインドで効いた時に香りは確かに「北部ローヌのシラー」か「強固なガメイ」なんだけど色調見ればガメイは無いことに気付く。そうなると北部ローヌのシラーで誤認する可能性が高いが、北部ローヌにしては・・・いや、うーん、カベルネフランと回答出すのは難しいかもしれんなぁ。

まぁ、素直に美味しいワインだと思います。個人的には結構オススメです。
スポンサーサイト

力強くパワフルな造りを旨とする2人の生産者、そのニュイ サン ジョルジュ


こんばんわ。
今日は引き続きブルゴーニュ特集です。
本日は趣向を変えてニュイ サン ジョルジュのプルミエクリュを。
ご存知の通り、ニュイ サン ジョルシュにはグランクリュが存在しません。
但し、それは土壌や環境的な問題では無く、あくまで認定当時の政治的な問題であったり周囲の生産者との協議の結果だった訳ですが、ここにきてグランクリュ昇格運動が盛んになっています。その牽引役は若きエルワンフェブレとティボーリジェベレール。
恐らく認定されればレ サンジョルジュかヴォークランが昇格される見込みです。グランクリュが存在していないことから今ひとつ注目されにくい村ですが、かなり動きがあるようなので、見逃せませんね。

ジャン グリヴォーはヴォーヌロマネに拠点を置く、近年評価が高まっているドメーヌ。一時期ギィアッカをコンサルタントに迎え評価を落としたものの、現在はリュットレゾネを使用し、自然な造りをしています。フラッグシップはリシュブールとエシェゾー、クロ ド ヴージョです。全体的に強気な価格設定です。
ペロ ミノはワインアドヴォケイト(パーカーポイント)高得点常連ドメーヌで華やかで濃縮感のあるピュアなピノノワールを造ります。
グリーンハーベストや有機農法に積極的に取り組み、収穫は手摘みで行います。10~14日間の極低温発酵に抽出は強めに行います。新樽率は特級100%、一級50~100%、村名30%。無清澄、ノンフィルターで出荷します。


生産者: ジャン グリヴォ
銘柄: ニュイ サン ジョルジュ プルミエクリュ オー ブド 2004

約14000円、パーカーポイント89点。
色調は濃いガーネット、ややエッジにオレンジが見える。粘性は中庸。抽出はやや高め。
流石に若干の熟成香があり、鉛筆の針や紫スモモ、イチジクの果実味と甘草、クローヴのスパイス香、腐葉土、生肉の野生的な香りが中心を据える。茎や野薔薇の華やかなニュアンスもわずかに感じるが、基本的には強い大地香とソース香りが目立つ。
酸味もタンニンも穏やかだが、収斂性が高く、持って生まれたパワー感がある。


生産者: ペロ ミノ
銘柄: ニュイ サン ジョルジュ プルミエクリュ ラ リシュモワネ2009

価格は17000円、パーカーポイント93点
他のペロ ミノの銘柄に比べると甘みや果実香りが前に出ている様な気がする。閉じているのかも。
色調は赤みの強いルビー。抽出は強めかも。粘性は中庸。
ヴィエイユヴィーニュの収量の低さから現れるジャムの様な甘露なダークチェリーやブラックベリーの果実味とフレンチオークのバニラ香、シナモン、ワッフル香。薔薇やスミレのアロマオイル、茎、なめし革、お香、エマニュエルルジェっぽい。オリエンタルスパイス、桧の香りなど。
全体的に甘やかで果実味が強く、赤い花の香りが華やかな造り。
口に含むと木材とフルーツ。収斂性があるものの、常識範囲内で滑らかで柔らかいタンニンと酸が特徴的。なかなかいいニュイ サン ジョルジュ。

ジャングリヴォーは流石に熟成感が出ていたと思います。個人的にはこの生産者は若いヴィンテージの力強いニュアンスが好きなのですが、これくらいの熟成だったら、けっこう美味しいかと思います。
でもやはり顔は似たような感じになってしまうので、個性やテロワールを感じるのなら若い方がいいですね。
対してペロミノは流石の旨さですね。
強い抽出の華やかさとヴィエイユヴィーニュの甘やかさがきっちり出ています。甘さの方向性はボルドーに似てるんだけどこれは樽の問題かしら。

ペロ ミノのワインはいつも美味しいですのう。


イギリスの隠れた名作スパークリング、ナイティンバー。

ロンドンオリンピックの開会式凄かったですね。スポーツをやる方はともかく見る方はあまり興味が無いので、オリンピックはもっぱら開会式だけ見てます。アークティックモンキーズも見れたしお得な開会式でしたね!

さて、今日はイギリスです。
イギリスではあまりワインが生産されているイメージはありませんが、量はそんなに多くないまでも、作られてはいます。
その中でも今回のナイティンバーは世界的に有名なスパークリングで、歴史も古く、シャンパーニュによく似た条件下から産出される高品質なスパークリングです。当然二次発酵は瓶内で行われます。イギリス王室で愛飲されている銘柄でもあります。


生産者: ナイティンバー
銘柄: ナイティンバー キュヴェ クラシック ヴィンテージ 2001

色調はやや濃いめのイエロー。粘性は低め。
パイナップル、リンゴ、ライムなどのフルーツの酸味の強い果実味。
リコリス、白い花、フレッシュハーブ、出汁の様な塩味を感じさせる。火打石の様なミネラル、ヨーグルトなど。
強烈な酸味とドライな果実の果実味、泡も相当強い。
複雑な味わいだがアタックが相当強く好みは人それぞれかも。


個人的には微妙な感じでしたが、なるほど確かに品質は高いような気がします。2001年ヴィンテージということで、かなり熟成が進んでいたのもあり好みからは逸れましたがシャンパーニュと同等というのは別に偽りはなさそうです。折角なのでもう少しフレッシュな状態で飲みたかったですねえ。

裁きの硫黄と火に焼かれても構わない、背徳と官能のヴォーヌロマネ特級テイスティング。



今日のテイスティングは非常に素晴らしい体験をしたと思います。
一級のオーレイニョ、特級エシェゾー、特級リシュブール、そしてコント リジェ ベレールのモノポール 特級 ラ ロマネ。ヴォーヌロマネの名立たる生産者のフラッグシップとも言えるワインをまとめてテイスティング出来る機会なんて、そうありません。
特にモノポールであるラ ロマネはフランス最小のAOCにしてロマネコンティに隣接するもっともロマネコンティに近い特級畑、価格は150000円と飲める機会なんて基本的にはこれからも無いかと思います。
そういう意味で非常に勉強になりました。

エシェゾーのフランソワフイエは、若き天才醸造家ダヴィッドデュパンがメタイヤージュしているドメーヌで、比較的歴史が浅いものの、安価ながら高次元のブルゴーニュワインを産出します。フラッグシップはクロ ド ラ ロッシュと、このエシェゾーです。特級畑の葡萄はすべてビオロジックにより栽培され、耕作は馬を使用し行われます。
ワインの色調的にノンコラージュ、ノンフィルターじゃないかな、と思います。
ジャン グリヴォーはヴォーヌロマネに拠点を置く、近年評価が高まっているドメーヌ。一時期ギィアッカをコンサルタントに迎え評価を落としたものの、現在はリュットレゾネを使用し、自然な造りをしています。フラッグシップはこのリシュブールとエシェゾー、クロ ド ヴージョです。全体的に強気な価格設定です。
そして、コント リジェ ベレール。
ドメーヌとしての歴史は浅いですが、元々高名な畑は保有しており、ブシャールやルロワから近年買い戻し、アンリジャイエやビゾーから指導を受けて2000年からドメーヌ元詰を始めています。馬を使用した耕作、ビオロジックでひたすら丁寧に葡萄を仕上げます。
葡萄は除梗され、プレス後定温浸漬され、新樽で熟成されている。
フラッグシップはラ ロマネ、エシェゾー。ラロマネは年間4000本しか生産されない。

いずれも高名な生産者と最高の畑の組み合わせ、いざ尋常に。

生産者: フランソワ フイエ
銘柄: エシェゾー グランクリュ 2007

約16000円、パーカーポイントは不明。
ノンフィルター、ノンコラージュ、抽出弱めかな。
やや濁った明るいルビー、粘性は低い。
ゼラニウムやクランベリー、ストロベリーの赤い果実、スミレや薔薇の香り、松の樹皮、オリエンタルスパイス、白檀など。
非常に柔らかい造りで、穏やかで明るいタッチの果実味の強いエシェゾー。
タンニンは柔らかく、酸味も穏やか。今回テイスティングした卓抜したワインの中では圧倒的にインパクトが足りないが、俯瞰した時に非常に優れたエシェゾーである事は間違いない。


生産者: コント リジェ ベレール
銘柄: ヴォーヌロマネ プルミエクリュ オーレイニョ 2008

約23000円、パーカーポイント94点。
色調は透明感かある深いルビー。
ともすればパワー感についてはラ ロマネを超えるかもしれない。
特徴的なオリエンタルなお香、中華料理的なスパイス、八角、薔薇のアロマオイル、噛む様な甘やかなラズベリー、ダークチェリーの果実味を中心に、松、ムスク、舐めし皮、ゴム。徐々に果実の甘さが主体的になってくる。ゼラニウムの爽やかな香りも。香りの要素が渾然一体と立ち上る。
ラ ロマネと比べるとシンプルで、固有の要素と果実味がメインで、一体感のある造り。ただシンプルと言っても並のグランクリュの複雑さ、パワー感は優に超える卓抜した造り。
酸味もタンニンも強いが、あくまで果実本来含有している程度で、より凝縮感が表現されている。


生産者: ジャン グリヴォー
銘柄: リシュブール グランクリュ 2008

約63000円、パーカーポイント93点。
色調は濃いルビー、粘性は中庸。
ミネラル感やゼラニウムやオレンジピールを感じさせる、爽やかでエレガントなニュアンス。瑞々しく、果皮の厚いダークチェリー、紫スモモの密度の高い果実味。
オリエンタルなお香、薔薇のアロマオイルを中心に、野生的な毛皮やパストラミハム、生肉。樹脂、僅かにコリアンダー、八角っぽさがある。
ラ ロマネに比べて凝縮した果実と爽やかな清涼感のある香りがやや前に出ていると思う。
柔らかく、爽やかな酸味。
タンニンも優しく、グリヴォーのワインにたまに感じる樽の苦味か全く無くピュアな造り。
時間が経つと動物的な香りは血液の鉄分となり、より果実とクローヴ、レモンの香りが強くなる。
非常にレベルの高いリシュブール。


生産者: コント リジェ ベレール
銘柄: ラ ロマネ グランクリュ 2006

約160000円、パーカーポイント93点。
フランス最小のアペラシオンにして、コント リジェ ベレールのモノポール。価格はDRCのラターシュ並。
色調は若干深めのルビー。粘性は中庸。
やや熟成感がある様な気がする。
コントリジェベレールのワインにおいて特徴的なオリエンタルなお香、五香粉、八角、ムスク、舐めし皮、ガソリンっぽい香りが全面に出ている。その後薔薇のアロマオイル、焦げたゴム、松の樹皮などのナチュラルで華やかな香りが現れる。そして急激に甘やかさが増して、ダークチェリーやアプリコットのコンポート。
最終的にはインセンスに加えてシロップ漬けしたスミレ、溶剤が中心となる。
次々と香りが移り変わっていく。
オーレイニョと比べると複雑だが、全体的に密度は高いものの落ち着いた印象。
厚い果皮の深い味わい。ややタニックで酸味か強く、密教を思わせる宗教的なイメージを想起させる。余韻は凄まじく長い。まさに官能的で突出したグランクリュ。


まずはエシェゾー。
エシェゾーらしいキュートな果実味と華やかさに溢れていてテロワールは緻密に再現されている。芳香性も高く、非常に優れているとは思う。
しかしリジェベレールの生産者の個性やジャングリヴォの強い抽出の果てに現れる深みとエレガントさと比べると分の悪い勝負であることは間違いない。
リシュブールは個性的というより、非常に鮮烈でクリアな味わい。果皮の深い抽出が薔薇とゼラニウムの香りを強く呼び起こし、驚く位の重厚な果実味をもたらしている。リシュブールというテロワールがもたらすのか、非常に野生的な側面を見せる。
ヴォーヌロマネを忠実に再現した前に挙げた2本に対して、ラ ロマネとオー レイニョは生産者の個性がはっきりと出ている。アニスや五香粉、オリエンタルなインセンスを主軸に据えた密教的ともいえる深淵と複雑に発露する野生と果実味が、殉教と背徳を内包する。リジェベレールの基本骨子。
それは村名のクロ デュ シャトー、一級レ スショでも変わらない。
アニスの甘露なニュアンスは上質なヴォーヌロマネのワインの何処かに含んでいる要素ではあるが、ここまで全面に現れる事例はあまり知らない。
オーレイニョとラ ロマネの違いは、ヴィンテージの差もあるが、多岐に渡る。構成要素は近いが、2008オーレイニョの方がごり押しに近いパワー感があり、発露する芳香性は一塊。一つの塊に大きな要素が詰め込まれている。
対してラ ロマネはシネマチックというか、構成要素が複雑なシナリオを描く様にシーンが移り変わって行く。オリエンタルな寺院を思わせる密教性、深い野生を感じさせる花々の華やかさ、そしてある一点から急激に姿を見せ始める凝縮された果実味。
2006年でこれだから、あと2年もするとより複雑味を増すんじゃないかと。
恐ろしいワイン。

現段階で最も美味しいワインを選ぶのならば迷うことなく、オーレイニョかエシェゾーだろうか。リシュブールとラ ロマネは圧倒的に優れているが、多分泥沼の様にはまりこんでしまうし、まだやや硬さが残っていると思う。
それに比べるとオー レイニョの個性と味わいのバランスは下級とはいえ素晴らしいし、エシェゾーも安価でありながらキャッチーだ。
値段的にも買うのならこっち。
むしろリジェベレールならクロ ド シャトーでも十二分に素晴らしいだろう。ラ ロマネは話しながら飲むワインじゃない、一人でじっくりと要素と向き合いながら飲むべきワインだ。



甘美な誘惑。ルソーとルシアンのマジシャンベルタン。そしてルーミエのモレサンドニプルミエ


こんばんわ。
最近ボルドーに寄り道してましたが、ちゃんとブルゴーニュもしてますよ!
飲めば飲むほど分からなくなるのかブルゴーニュ。だが、それが楽しい!

今日はシャンボールミュジニー最高の生産者の一人ジョルジュルーミエのモレ サン ドニ プルミエクリュ、ジュヴレシャンベルタン最高の生産者の一人アルマンルソー、そしてパーカーポイント高得点連発のネゴシアン、ルシアン ル モワンヌのマジ シャンベルタンです。

コート ド ニュイにおいて至高の生産者を挙げると、ジュヴレシャンベルタンならクロード デュガ、アルマンルソー、デュガ ピィ、ドゥニ モルテ。モレ サン ドニならポンソ、デュジャック。シャンボールミュジニーならヴォギュエ、ルーミエ、ジャック フレデリック ミュニレ、グロフィエ。ヴォーヌロマネならコントリジェベレール、DRC、ルロワ、エマニュエルルジェ、メオカミュゼ、アンリジャイエ。NSGならティボーリジェベレール、アンリ グーシュなど。今回のは見る人が見ればヨダレが止まらないラインナップだと思います。

ジョルジュルーミエはシャンボールミュジニーに拠点を置くブルゴーニュを代表する生産者です。旗艦銘柄は特級ミュジニー、特級ボンヌマール、一級アムルーズ。ここの特徴はその希少さです。味わい自体は人を引きつけて止まないのに、球数が少なく、村名銘柄ですら手に入れる事は滅多になく、特級ミュジニー程になると世界から引き合いがあるのに手に入れられる人はごく僅かで幻のワインとも言われています。あと値段も希少性から3万、4万当たり前、アムルーズともなると20万を超える場合も。有機農法、グリーンハーベストを実践し、マロラクティック発酵後は澱引きせず、そのまま無清澄、無濾過で瓶詰めされます。新樽比率はグラン・クリュ40~50%、プルミエ・クリュ25~40%、ヴィラージュもの15~25%。

アルマンルソーはジュヴレシャンベルタン最高の生産者のひとり。ルーミエ程では無いにせよ、旗艦銘柄の特級シャンベルタン、クロ ド ベーズ、一級クロ サン ジャック、リュショットは瞬間蒸発銘柄です。僕も実店舗で見たことありません。某百貨店では早朝列ができるほどだとか。
葡萄の平均樹齢45年以上。ただでさえ収量の少ない古木。かつ収量を更に絞ったブドウは丁寧に醸造されます。新樽比率は基本的にシャンベルタン、クロ ド ベーズ、クロ サン ジャックが100%、その他の特級は80%前後。

ルシアン ル モワンヌは有名ドメーヌから購入した60の畑の最高の葡萄を厳選した最高の樽で醸造、非常にゆっくりとマロラクティック発酵を行い、手作業で瓶詰めしていきます。特級の新樽比率は100%です。


生産者: ジョルジュ ルーミエ
銘柄: モレ サン ドニ プルミエクリュ クロ ド ラ ビュシエール 2008

約24000円、パーカーポイント93点。
抽出はやや強めで濃いめのルビー、粘性は低め。ちょっと熟成感があるような気がする...。
酸味の強いダークチェリー、ブルーベリーの凝縮感のある果実味。ややドライでストイックな味わい。
薔薇や茎、ローズヒップティーや土の香り。シシトウ、ナツメグ、焦げたゴム、ややベーコンや生肉などの野生的な香りなど。
極自然でシャンボールを想起させる様な味わい。
酸味はやや強めだが、凝縮した溌剌とした果実味と良くバランスが取れていると思う。瑞々しさが巧みに表現されている。


生産者: アルマン ルソー
銘柄: マジ シャンベルタン グランクリュ 2009


約18000円、パーカーポイントは91-94点。
やはりアルマンルソーは凄い、メチャクチャ美味い。
色調は中庸なルビー、粘性は高い。
さすがアルマンルソー、果実の甘やかさと華やかさのバランスが、まさに芸術的な域。
甘露になったメオカミュゼ、またはジュヴレシャンベルタンの力強さを再現したエマニュエル ルジェ。
薔薇やスミレの赤い花、溶剤、ファンデーションとダークチェリー、クランベリーの超凝縮した味わい。果皮の深みのあるエレガンスが凄い。
ナッツやシナモン、バニラが香水の様に溢れ出す。樹脂、ローズウッド、なめし革。徐々にオリエンタルなお香の香りも現れる。
強靭で噛む様なパワフルな果実味が、穏やかな酸と、しなやかなタンニンとともに口内に溢れ出す。
余韻も長く、まさに官能的で完璧な造り。これが中級のグランクリュだっていうのだから異常事態だ。
同生産者の方向性としてはリュショットに近いかも。クロサンジャックや特級シャンベルタンのカラーはあまり感じられない。


生産者: ルシアン ル モワンヌ
銘柄: マジ シャンベルタン グランクリュ 2009


約21000円、パーカーポイントは94-97点。
これもまた凄い。溢れ出す濃厚な香りの奔流。
色調は透明度が高いがかなり濃いルビー、粘性は高い。
ルソーと比べてかなり抽出が強く、クラクラする様な果皮の華やかで甘やかな香り。
どちらかというとワッフル、ザラメの樽香に加えて、むせ返る様な薔薇、スミレ、ゼラニウムのねっとりとした濃厚な花の香り。
香りの強度は相当なもので一気にその華やかで濃厚な香りが広がる。コンポートしたダークチェリーやジャミーなプラムの様な甘やかな果実味と、シガー、パストラミハム、樫樽、ナツメグな香り。やはりこちらもオリエンタルなお香の香りが現れる。オイルの様な濃密度。
抽出が強いせいか、こちらの方が酸味が強くタンニンも強い。ただ香りにパワー感があり、その濃厚さとは上手くバランスが取れていると思う。
僕的には凄く好きな、香ばしくクリスピーなマジ シャンベルタンだ。
タイプは違うけどこちらも口当たりとスタイルはちゃんと合致してるね。


アルマンルソー、ルシアンルモワンヌのマジシャンベルタンのテイスティング。
同じ葡萄という噂だが、なるほど根本は良く似ている。
造りは全く異なるが思想の問題で根本の果実の風味は良く似ているとと思う。
凝縮感は同程度だが、手の入れ方が全く違う、そして何れも頂点と言っても過言では無い造り。
アルマンルソーはそのテロワールをもっとも美しく見える形で表現し、ルシアンルモワンヌは強い抽出で果実の持てるポテンシャルを全て引き出そうとしている。
表現の差はあれど根本の素材の近さを感じるし、どちらも卓抜した造りである事は間違いない。
どちらが優れているかは好みの問題だと思う。

ルシアン ル モワンヌの抽出の強さには驚きを隠せない。
恐らく新樽比率は高めで、長時間の低温発酵をしているのだと思う。
濃厚というと語弊があるが、凝縮感と香りの強靭さは比類無いものがある。
そこから導き出される香水の様な香りはブルゴーニュでもトップクラスといっていい。

アルマンルソーはルシアン ル モワンヌと比較した時に、色調は薄く抽出は弱めと感じる。しかしながらその分ピノの本来の姿を映し出していて、凄くピュアな造りだと言える。
こちらも新樽比率は高めだと感じたが、抽出は少なめにしていると思う。
とにかくべらぼうなバランス感。華やかで官能的でありながら、突出した要素は無く、全ての構成要素が絡み合う様に味わいの調和をもたらしていると思う。
甘く、華やかで官能的でエレガントな、マジシャンベルタンの極致とも言える香り、味わい。
また抽出の副産物とも言えるがタンニンも酸も穏やかで、全体のイメージを「華やかでしなやか、エレガントな味わい」という一点に方向性が向いている。
イメージの想像という意味ではエリックルソーの表現力の高さが伺い知れる。やっぱりここのジュヴレシャンベルタンは凄い。群を抜いている。

そしてジョルジュルーミエの モレ サン ドニ プルミエクリュ クロ ド ラ ブシエール。
ルーミエのワインを口にする事自体がもはや奇跡という他ないが、実はさほど感動はできなかった。
ややドライで果実の瑞々しさ、酸味を主張している造りは素直に素晴らしいと思えるが、ルソーやルシアン程の感動は無いし、できる事ならばシャンボールで味わいたかった方向性ではある。少なくともモレ サン ドニというテロワールにおいて期待していたものでは無い。
ジョルジュルーミエという事で期待はしていたが、やや拍子抜けした感じも。是非ボンヌマール、ミュジニー、アムルーズで感動してみたいね!



さながら天国と地獄、ルモワスネのムルソーシャルム、グーシュの一級プリュリエ。

どうもこんばんわ。
暑すぎてちょっとバテ気味です。こういう気温ですからご飯がなかなか喉に通らない....なーんて事は全くなくて今日も米が美味い!
まぁだから何だって話ですが。
それとは全く関係なく、夏場でもブルゴーニュします。宣言します!どうでもいい!

さて、気を取り直して、本日はペロミノのシャンボールミュジニーヴィエイユヴィーニュとアンリ グーシュのNSG一級プリュリエ、そしてルモスワネのムルソー一級レ シャルムです。

アンリグーシュはニュイ サン ジョルジュの代表的な生産者。ニュイ サン ジョルジュは近隣の村の有名な生産者が脇を固めるラインとして造っていますが、このドメーヌはニュイ サン ジョルジュ一筋です。2008年から100%ビオロジックに移行、テロワールを再現する為に様々な方法に挑戦しています。マセラシオンはコンクリートタンク、熟成は新樽比率20%の樫樽で18ヶ月マロラクティック発酵を行い出荷します。ノンコラージュ、ノンフィルトレ。
ペロ ミノはワインアドヴォケイト(パーカーポイント)高得点常連ドメーヌで華やかで濃縮感のあるピュアなピノノワールを造ります。
グリーンハーベストや有機農法に積極的に取り組み、収穫は手摘みで行います。10~14日間の極低温発酵に抽出は強めに行います。新樽率は特級100%、一級50~100%、村名30%。無清澄、ノンフィルターで出荷します。
そしてルモワスネは100年以上続くブルゴーニュの老舗ネゴシアンです。現在はドメーヌ元詰が一般化していますが、ネゴシアン経由での販売が一般的だった時代、今でいう有力な生産者からワインを購入し、販売していました。そしてルモワスネが所有している地下カーヴには地域最大量とも言える古酒が眠っています。
高品質なワインの古酒をここまで溜め込んでいるネゴシアンはそうないでしょう。

ではペロミノからいってみます。


生産者: ペロ ミノ
銘柄: シャンボールミュジニー ヴィエイユヴィーニュ 2009

約8400円、2008年のパーカーポイント89点。
色調は濃いルビー、粘性が高い。
重厚な果皮の華やかな香りが特徴的な、非常に力強いシャンボールミュジニー。
スパイシーで、甘みの少ないエマニュエルルジェやメオカミュゼっぽいスタイル。シャンボールというか、どことなくニュイサンジョルジュを感じさせる味わい。
ゼラニウム、薔薇の瑞々しく華やかなニュアンスを主軸に、お香やファンデーション。そして果皮の厚いダークチェリーやブルーベリーの凝縮した瑞々しい果実味を中心に、スーボワ、クローヴ、焦げた樫など。動物的な香りはあまり感じない。
最初はあまりに力強くニュイサンジャルジュに誤認しそうだが、徐々にシャンボールっぽい、ゼラニウムと鉄っぽい凝縮感の強いダークチェリーが現れてくる。これは素晴らしい村名。
苦味もなく、爽やかな酸味と軽やかなタンニン。滑らかで綺麗なシャンボール。ジュヴレの生産者とは思えない。
とても好みの味。


生産者: アンリ グーシュ
銘柄: ニュイ サン ジョルジュ プルミエクリュ レ プリュリエ 2006

約9000円、パーカーポイント92点。
色調は彩度の低い淡いルビー、粘性は低め。
2006年と比較的若いヴィンテージだが、かなり熟成が進んでいる印象。
鉛筆の芯、茹でた野菜、ソースの様な様々な要素が溶け込んだ味わい。紫スモモ、ドライイチジクの果実味。ドライフラワー、塩ベーコン、燻製、ナツメグ、ローレル、焦げたゴムの香り。
塩分と酸を強く感じさせる。
かなり熟成感があり、本来の良さが全然見えてこない...
渋みや妙なエグみ、収斂性があって、ちょっといい状態とはいいがたかったみたい。あまり好きじゃないなぁ。


生産者: ルモスワネ ペール エ フィス
銘柄: ムルソー プルミエクリュ レ シャルム 2000

約10000円、2009年のパーカーポイントは94点。
丁度飲み頃、若々しくも複雑なニュアンスが現れ始めている。
色調は濃いめのイエロー、粘性は高い。
僅かに新世界っぽい、オイリー。
アプリコット、ライチの分厚い果実味、シャンピニオン、ハチミツ、ヘーゼルナッツ、バターを主軸に西洋サンザシ、リコリス、白胡椒などの味わい。
最初はやや酸味が強く感じたが、時間を置くと、急激にバニラ、べっ甲飴の甘やかなニュアンスが現れてくる。
分厚いボリューミーな造りでありながら酸味が強く、若々しさを感じる。酸味の強い核種系フルーツを口に含んだ様な味わい。


アンリグーシュはとても残念でした。綺麗に熟成した、彼のクロ デ ポレの出来が良かっただけに若いヴィンテージを飲んで見たかったのですが...状態があまりよくなかったのか、酸化したニュアンスを感じました。
それに比べなくてもルモワスネとペロ ミノは素晴らしかったですね。
ペロミノはメオカミュゼに近い造りで、本当に優美で鮮明。綺麗でピュアな造り。とても以前まで新樽使いまくりのパワープレイヤーだったとは信じられないくらいの自然体で果実の力を活かしたワインだったと思います。
これからこのドメーヌはもっともっと伸びそうですね。
ルモワスネもとても良かったです。
最初はどうなるかと思いましたが、抜栓から時間が経つとムルソーの典型であるボリューミーでリッチなテクスチャが現れてきます。樽がかなり効いていて、その上でキチッとした造りであったのが長寿の秘訣だったのかも。厳しい面と穏やかな面のメリハリがついていたのも良かったですね。

アンリグーシュはぶっちゃけリベンジしたい...



ナパヴァレーの太陽と風を感じさせるスーパータスカン、ルーチェ2006

こんばんわ。
本日はルーチェです。
ルーチェはサッシカイア、オルネライア、ソライアと並んでスーパータスカンの代表格とも言えるワインです。そしてキャバクラの高級ワインとしても有名ですね笑

さて、このワインの注目すべき点といえば、カリフォルニア ナパヴァレーの父、ロバートモンダヴィとイタリアの大手フレスコバルディのジョイントベンチャーであるところではないでしょうか。
ムートン×モンダヴィのオーパスワン、ムートン×コンチャイトロのアルマヴィーヴァ、クリスチャンムエックスとイングルヌックのドミナスなどフランスのワイナリーが新世界とジョイントする事が多かったですが、こちらはイタリアとカリフォルニアです。

ルーチェの葡萄はフレスコバルディのブルネッロ ディ モンタルチーノの畑のサンジョベーゼとメルローを使用し、マセラシオンはステンレスタンクを使用し、フレンチオークの小樽で12ヶ月間、スロヴェニア産木桶で更に6ヶ月間熟成。 新樽比率は60%。フィルター処理後、12ヶ月の瓶熟成を経てから出荷されます。


生産者: モンダヴィ&フレスコバルディ
銘柄: ルーチェ 2006

約19000円、パーカーポイントは89点
色調は澄んだ濃いガーネット、粘性は高め。
素晴らしいメルローの香り。
香りはボルドーに近いのに味わいは新世界っぽい。
ミントや溶剤、クレーム ド カシス、ドライプルーンの分厚いドライフルーツの様な味わい。薔薇、芍薬、シシトウ、パストラミハム、西洋杉、甘草、クローヴなど。薔薇の香りが強い。
タンニンも酸味も未だ強く濃厚だが透明感のあるアタックで、口に含むと干したフルーツの凝縮した甘みを感じられる。新世界らしいすぐに楽しめるキャッチーさがある。


個人的にはサッシカイアの様なサンテミリオンの様な強固さ、頑なさを感じさせる造りより、ルーチェの様な複雑でありながらイタリアと新世界のキャッチーさを包含する様な造りの方が好感が持てますね。
果実味なんかはイタリアの葡萄なのに、本当に新世界に近いドライプルーンの味わいが強い。
ブラインドだと、なかなかイタリアとは思えないんじゃないかな。ただ、サンジョベーゼの酸味だけが頼りという。
非常に美味い素晴らしいスーパータスカンです。

埒外の規模感を誇る右岸のメルロー、偉大なるヴァランドローとラ ドミニク

こんばんわ。
引き続きボルドーのテイスティングです。ボルドー左岸のメドックに続き、ボルドー右岸サンテミリオン2種類です。

メドックに格付けがある様にサンテミリオンにも格付けがあるのはご存知かと思います。
プルミエ グランクリュ クラッセ A、プルミエ グランクリュ クラッセ B、グランクリュ クラッセ、グランクリュの4種類。クラスAにはシュヴァルブラン、オーゾンヌの2大巨頭、クラスBはトロロン モンド、フィジャック、アンジェリスなど。グランクリュクラッセはカノン ラ ガフリエール、モンブスケなど。グランクリュは無数に存在します。
メドックと異なるところは、メドックが1855年から2回しか格付けが見直されていないのに対して、サンテミリオンは10年に1度見直される事になっています。なので、最後が2006年なので次回は2016年になります。
色々サンテミリオンの格付けにまつわる諸問題はありますが(見直し無効とか...)、基本的には新陳代謝がされていますので、メドックと比べると品質と実情が合致しています。
そんなサンテミリオン格付けですが、近年とあるシンデレラワインが登場しています。


あの時価数十万円のペトリュスとルパンと完全同格!天才醸造コンサルタント ミシェルローランが造るシンデレラワイン。

その名も「シャトー ヴァランドロー」!


はい、某Kなんとかワインさんとかワインズなんとかさんのアオリっぽく言ってみました。そろそろ詐欺で掴まんねえかな、あそこ。
それはともかくとして、シャトーヴァランドローはサンテミリオンの格付けとしては最下位にあたるサンテミリオン グランクリュに属しています。
ただし、異なるのがその品質です。
400ケースしか作られない希少性。ミシェルローランを醸造コンサルタントに迎え、品質を急激に伸ばしている。パーカーポイント高得点常連で価格が6倍以上になっている。などなど。
シンデレラワインやガレージワインの典型ですね。実際2000年前後の価格は50000円を超えています。
そういう意味合いで言うのであれば、ペトリュス、ルパンと同格とまではいかないまでも、近いレベルにまで達しているのは間違いないでしょう。

そんな伝説的なヴァランドローと、格付け上は一段階上位にいる、グランクリュ クラッセ、シャトー ラ ドミニクを頂きます。こちらも醸造コンサルタントはミシェルローラン、そして管理はヴァランドローのオーナーが行っています。いわば兄弟の様なワインとも言えます。



生産者、銘柄: シャトー ラ ドミニク 2009
品種: メルロー100%

約8000円、パーカーポイントは92-94点。
サンテミリオングランクリュ。
メルロー比率高めかな?
色調は透明度の高い黒に近いガーネット。粘性は低め。
ちょっと青っぽくてインキー。
ピーマン、西洋杉、果皮の厚いカシスやブラックベリーの果実味、芍薬、ロースト香、毛皮や甘草、クローヴ。
濃厚で力強くパワフル。
収斂性が高くまだまだタニックで酸味も強い。時間が経過すると山椒やパプリカの香りも。
全面に出ているのは青っぽさと樽香。もう少し果実味がメインになってくれると良かったかも。まぁ、これは時間の問題かな。


生産者、銘柄: シャトーヴァランドロー1999
品種: メルロー70%、カベルネフラン30%

約43000円、パーカーポイントは90点。
色調は黒に近いガーネット、澱で少し濁っている、粘性は高め。
茹でた小豆やクローヴ、甘草、焼いたゴムなどの熟成香に甘やかな西洋杉、華やかな芍薬などが中心となり、完熟したブラックベリーやカシスのジャム、タバコ、ベーコンや燻製、腐葉土、ロースト香。シベットなども。
強固でタニックな骨格、良きボルドーの熟成感が出ている。収斂性は高く、アタックは強い。
スパイスや木材、ブラックベリーの香りが強く感じることができる。


流石にヴァランドローは凄かったですね。メドックタイプとは異なりますが、メルローのボリューム感や濃厚さは凄く良く出ていると思います。
ただ両方とも惜しいなと感じる点がらいくつかあって、ドミニクは若すぎるし、ヴァランドローは澱が浮いていて若干雑味が出ていた点ですね。
そこを差し引いた場合、よりレベルの高い品質が期待できるのではないかな、と思います。
類似点としてはメルロー比率が共に高いという部分でボディの強さやパワー感が出ている部分ですが、全体的にみた時にヴィンテージに幅(2009年と1999年なので正味10年分ですね)があったので単純に比べる事はできませんでした。
ここらへんを読み取った上でテイスティングをできる技能があればいいんですが、僕には無理でした。
ともあれ、良い体験をしました。


シャトー ラ・ドミニク [2009]

シャトー ラ・ドミニク [2009]
価格:5,565円(税込、送料別)


Ch.ヴァランドロー[1999]

Ch.ヴァランドロー[1999]
価格:34,440円(税込、送料別)

ボルドー、一挙4種テイスティング。予想を超えるベイシュヴェルとデュフォールヴィヴァンに驚嘆。

こんばんは。
今日はボルドー格付けクラス一挙4種類いってみましょう!なかなか贅沢ですね。

銘柄は3級パルメのセカンドであるアルテル エゴ、4級ベイシュヴェル、2級デュフォールヴィヴァン、5級ランシュ バージュです。
ランシュバージュやアルテルエゴはともかく、ぶっちゃけベイシュヴェルとデュフォールヴィヴァンは期待してなかったです。以前飲んだ時が結構微妙な印象だったし。

ただ、それはとても失礼な事だったな、と。
デュフォールヴィヴァンも2級の品質かと問われれば微妙ですが、非常にバランスが良く凡百のボルドーとは比較にならない位風格を漂わせてましたし、ベイシュヴェルに関しては格付け以上のものを感じました。

アルテル エゴ ド パルメを作るシャトーパルメはメドック格付け3級。一級クラスに時に匹敵するスーパーセカンドと呼ばれる銘柄で大抵プリムールでも高い値段がつきます。おそらく次の格付け見直しで確実に2級に昇格すると言われています。そのセカンドがこの銘柄。マルゴーらしいエレガントな性格のファーストラベルと比較してメルロー比率が高い事から、若干丸みのあるニュアンスになっています。
シャトーベイシュヴェルはボルドーで最も美しい庭園を持つ格付け4級の伝統的なシャトーです。格付けに見合った造りで品質は高いです。メルロー比率が他のメドックのシャトーと比べるとやや高め。といっても常識の範囲内ですが、濃厚で丸みを帯びたワインを作ります。
シャトーデュフォールヴィヴァンはメドック2級シャトー。こう見ると非常に高品質でお高いワインと思われがちですが、品質を伸ばしている下位シャトーの台頭もあり、現状格付けには見合っていないとも言われます。
ただし、その分値段はリーズナブルで手は出しやすく、意外とコストパフォーマンスの良い銘柄かと思われます。
今回初のテイスティングでしたが、かなり良い印象を受けました。
もちろん他の2級シャトーに比べると厳しいですが、決して悪くはないと思います。
そしてシャトーランシュバージュ。
メドック5級にして作柄によっては第一級を脅かす、近年特に品質を上げてきたスーパーセカンドです。次回の見直し時には3級に昇格するとも言われています。ただポンテカネと共に現状の格付けに見あった金額ではないのでちょいとお高いです。


生産者、銘柄: アルテル エゴ ド パルメ 2009
品種: カベルネソーヴィニヨン 47%、メルロー 47%、プティヴェルト 6%

約11000円、パーカーポイントは89-92点
メドック格付け3級かつスーパーセカンドであるシャトーパルメのセカンドラベル。ベイシュヴェルの甘やかな風味と比べると、より滑らかでエレガント。
色調は透明度の高い黒に近いガーネット。粘性は低め。
全体的にシシトウ、ピーマンなどの青臭いニュアンスが強い様な気がする。芍薬、ラベンダーなどの華やかな香り、カシス、ブラックベリーの黒い果実味がメインとなり、ゼラニウムや甘草、クローヴ、インク、焦げたゴム、ワッフル、茹でた小豆のニュアンス。
ヴィンテージを考慮すると、収斂性やタンニンは柔らかめでエレガント。酸味もバランスが良く、じきに飲み頃になりそう。


生産者、銘柄: シャトー ベイシュヴェル 2009
品種: カベルネソーヴィニヨン 62%、メルロー 31%、カベルネフラン 5%、プティヴェルト 2%

約11000円、パーカーポイントは92-94点。
メドック格付け4級。
割と樽香が強めに出ている印象。
色調は透明度の高い黒に近いガーネット。粘性は低め。
小豆やカシス、ブラックベリーの甘やかで爽やかな果実味。ワッフルや焼いた西洋杉の香ばしいニュアンスをメインに、華やかな芍薬、燻製肉、ミントの香り。
濃厚だが、硬めのラ ドミニクと比べると甘やかでしなやか。メルロー比率が高めだと勘違いしそう。スタンダードなボルドーの方向性。
タンニンは弱めで、どちらかというと酸味の方が際立っている。一級の様な煌びやかな芳香はないものの、バランスが良く柔らかいタッチの心地よい味わい、とてもキャッチーなボルドー。


生産者、銘柄: シャトー デュフォールヴィヴァン 2008
品種: カベルネソーヴィニヨン 82%、メルロー 8%、カベルネフラン 10%

約5000円、パーカーポイント86点。
色調は淡めのガーネット、粘性は低い。
骨格的には既存のボルドーと比べて弱めだが、マルゴー村らしい華やかな香り。なるほどマルゴー2級のエレガンスはちゃんと保っている。穏やかで甘やかだ。
インキーな部分は一切なく、ボルドーのエレガントな部分が現れている。
プルーンやカシスなどの黒い果実のニュアンスとワッフル、ビターチョコレート、芍薬をメインに、腐葉土、ビスケット、甘草、クローヴ、血液など。
非常に軽やかでパワフルさに欠けるが、その分エレガンスさが突出している印象。
色調と同期する様にタンニンと酸も穏やかで柔らかい。アタックは弱く、なるほどパーカー好みではない味わい。
しかしながら、非常にワインとしては楽しめる造り。
過小評価されているシャトーだと思う。


生産者、銘柄: シャトー ランシュ バージュ 2009
品種: カベルネソーヴィニヨン 73%、メルロー 15%、カベルネフラン 10%、プティヴェルト 2%

約17000円、パーカーポイントは94-96点
メドック格付け5級だが、一級に匹敵する品質を持つスーパーセカンド。
他のワインと比べて特に全体のバランスが取れている様な気がする。ベイシュヴェルほど濃くないが、透明感の中にビシッと筋が通った豊満な味わいだ。
色調は透明度の高い黒に近いガーネット。粘性は低め。
果皮の厚いカシス、ダークチェリーの酸味の強い鮮明な果実味。
石灰や、芍薬、シシトウ、タバコ、ワッフル、西洋杉などの甘やかな樽ののニュアンスも。雑味の無い透明感のある芳香。
今でも時間を置けばかなり美味しく飲むことが出来るが、流石に骨格が強すぎて今飲むのに適さない。煌びやかさより豊満さが全面に出ている。
うーん、期待していたランシュバージュとはちょっと違うな...


私の使う「透明感」の補足ですが、ちょっと若めの一級シャトーを口にすると分かるのですが、雑味を極限まで切り落としたカベルネソーヴィニヨンのミント香って清涼感や透明感を感じせるんですよね。いずれも色調が濃いわけでは無いのにまるで香水の様な香りになるっていう。
そういう意味合いでいうとランシュバージュはいいところ行っていたと思います。ただタニックすぎるというか、石灰やシシトウのニュアンスがちょっと邪魔をしていて骨格は強いのに、ちょっと人を遠ざける硬さがあったと思います。
アルテル エゴも同様でいい線行ってるんですがエレガントさと表現している芍薬やラベンダーに対して、こちらもまだ硬すぎてもう少し熟成を要すると思います。
対してベイシュヴェルはこのクラスにありがちな透明感やエレガンスは無いものの、甘やかで濃厚な、ともすれば新世界に接近する様な味わいとボルドーらしさの均整が良く取れていたと思います。
デュフォールヴィヴァンも良かった。
骨格は弱めなんだけど、エレガンスが活きるバランスだったと思います。濃すぎるとダメだし、密度の高さでフォローするのは一級以外はなかなか難しいので、良策だったかと。
ボルドーとしては非常に薄い色調で、プルーンの甘みと華やかな芍薬の香りが、とても官能的でした。値段も安いしお得だと思います。

正直ベイシュヴェルはともかく、デュフォールヴィヴァンは舐め切っていたのですが、飲んでみるものですね。
飲まないで知識だけで遠ざけるのは勿体無いなーと切に感じた次第です。




新樽の魔術師 ドミニク ローラン、シャンパーニュに匹敵するクレマン ド ブルゴーニュ。

こんばんわ。
ここ数日間は寒い日が続きましたが、今日はまた夏らしい日差しに戻りましたね。
流石に暑い時は赤や濃厚白は楽しもうとは思えず...やはりスパークリングでしょう。

というわけで、ちょっと前に購入して在庫していたドミニクローランのクレマン ド ブルゴーニュを。
ドミニクローランといえば新樽200%の枕詞とともに語られる事が多い位、樽の風味をガッツリ効かせる、ブルゴーニュでもトップクラスのネゴシアンです。
バリックの新樽をガッツリ使っているので、数回使ってその樽はローランとしてはお役御免になるのですがそこのところは上手くやっているようで、ドメーヌの葡萄を買い付けるバーターで、他のドメーヌに使い古した樽を販売しています。使い古したといっても数回使っているだけなので、新しいとは言えないまでも十二分に使える上質な樽を卸している訳ですからドメーヌとしても助かりますよね。
余談は置いておいて、ドミニクローランは広範囲の地域のワインを販売しています。ジュヴレからコルトンまで。
最近はドメーヌものをビオディナミで始めて、新樽のイメージは少しずつ薄れつつあります。
さて、このクレマンはでリザーブワインを買い付けたものをボトリングしてます。ごく自然な味わいのピュアなスパークリングでいわゆる新樽っぽさはありません。


生産者:ドミニクローラン
銘柄:クレマン ド シャンパーニュ NV

丸井で3000円くらい。
新樽の魔術師が作るスパークリング。
色調は緑がかったレモンイエロー、粘性は低く、泡も弱め。
アリゴテ由来のエッジの立った鋭いタッチ。グレープフルーツや青りんごの果実味、しなやかなミネラル。
フレッシュハーブや蜂蜜、リコリス、ヨーグルトやバニラなどの清涼感のあるニュアンス。
シャルドネの特徴でいうとシャブリに近く、アリゴテで言うならブースロンあたりのドライな味わいが感じられる。
樽はあまり感じられない。ステンレスタンクで醸造している?
酸は強めだが泡がシルキーだからさほど気にならない。引き締まったアタック。
アリゴテ、シャルドネのアッセンブラージュながら、スタンダードなムニエ、ノワール、シャルドネのアッセンブラージュにも近い。
ムニエの代わりにアリゴテがシャルドネの個性を抑えているのだろうか。
ブラン ド ブランほどボディが強くないな。
あとドミニクローランっぽくないかも、割とスタンダードなシャンパーニュに近い。 新樽バリバリって訳でもなさそうだなぁ。


ピュアな味わいですね。美味しいです。ドミニクローランの造りからするとやや地味にも感じられますが、上質なクレマンです。
3000円と価格も手を出しやすいので、是非お試しあれ。ちなみに2010年が初リリースになります。


古典的なリナルディのバローロ単一畑、先進的なガヤの白。

こんばんわ。
今日はイタリアワインです。
大体イタリアの赤はバローロ、バルバレスコ、トスカーナの一部のワインばかりなのですが、今回も例に漏れずバローロです。
フランチェスコ リナルディという生産者のバローロ単一畑 レ ブルナーデ。
ブルゴーニュほど畑関連に関しては詳しくないので、具体的な特徴は差し控えますが、古典的なバローロだと感じました。方向性としてはチェレッタに近い味わいだと感じました。
安定した品質ですが、特に驚きに溢れたバローロではありませんでした。
調べてみるとカンヌビを持っている様なのでそれと比較することで、より楽しめるのではないかと思います。


生産者: フランチェスコ リナルディ
銘柄: バローロ レ ブルナーテ 2007
品種: ネッビオーロ

価格は7000円、パーカーポイントは91点。
色調は澄んだ淡いガーネット、やや橙を帯びている、粘性は高い。
イースト香やブルーベリージャム、ラズベリー、ドライプルーンの濃厚な果実味、スミレ、ラベンダー、スイセンなどの華やかな芳香に、やや枯れた紅茶のニュアンスが混じる。ナツメグ、シナモン、タールの様なオイリーで重いニュアンスも。チェレッタのバローロに近い。
甘やかでアフタヌーンティーを思わせる様なニュアンス。収斂性は例のごとく高いが、朴訥とした優しいニュアンスを感じる。


悪くないとは思いますし、まぁ美味しいのですが潜在的にバローロが持っている魅力を考えると「妥当な作りだな」という感想が出てきてしまいますね。バランスは良いと思いますが、もう少し華やかな香りが前に出てきても良かったのではないかと思います。
果実味に関しては文句なし。
ブルゴーニュ並にバローロは良いものを探すのは難しいですね。まぁ、いいところだとは思います、価格相応でしょうか。


次はガヤの白です。
カマルカンダブランドから発売された夏限定のワイン。
アッセンブラージュは土着品種とシャルドネ、ソーヴィニヨンブラン、ヴィオニエだったと記憶しています。
年々アッセンブラージュは変わるらしいので、今年は、ということになりますかね。
非常に優れた白ワインだと思います。
品種それぞれの特徴が現れながらも、各々でバランスが良く取れていると思います。
清涼感を重視している造りで、果実味はソーヴィニヨンブランやヴィオニエのそれに近いんですが、樽使いは新世界のシャルドネっぽい、ピュリニーっぽいボディです。
価格帯はそれなりにするのですが、価格以上の価値はある優れた白だと思います。

生産者: ガヤ
銘柄: ヴィスタマーレ 2010
品種: ヴェルメンティーノ、ヴィオニエ、シャルドネ、ソーヴィニヨンブラン

価格は5500円。
色調は濃いレモンイエロー。粘性は高い。
シャルドネとソーヴィニヨンブラン、両方の特徴を併せ持っているような気がする。不自然の無い神がかり的なアッセンブラージュ。
ピュリニーっぽい澄んだ白い花と柔らかいミネラル、青りんごや洋梨、ライム。酸味を活かした爽やかな果実味の中にオイリーなヘーゼルナッツやシャンピニオン、リコリス。ブリオッシュやスポンジケーキの甘やかさも。
酸味も、香りの爽やかさや清涼感と比べると控えめで全体的にそよ風の様に透明感がありエレガントな印象。
後味に苦味があるが、なかなかレベルの高い白。

なかなかお買い得な白だと思います。
特にそれなりにワインを嗜んでいる方であればより楽しめる味わいじゃないかと思います。


名生産者の妙技。官能のグランエシェゾー、均整のマレシャル、ジューシーなブリュレ。

こんばんは。
今日は白に続いてブルゴーニュ特集!
ニュイでもボーヌよりの村から3本です。

まずはジャック フレデリック ミュニエ。今回はニュイ サン ジョルジュですが、シャンボールミュジニーで最も偉大な生産者のうちの一人で、特級ミュジニー、特級ボンヌマール、一級アムルーズと偉大な畑は全て保有しています。彼の偉大なワインの2009年のヴィンテージはこちらでも紹介しています。
シャンポールミュジニーでも確実に5本の指には入る生産者で、リュットレゾネを実践しつつ、ステンレスタンク、木樽を併用し合理的に醸造しています。
今回のニュイサンジョルジュ1級 クロ ド ラ マレシャルはフェヴレに長い期間レンタルしていましたが、2000年代前半に返却されてから自社元詰めをしています。

ミシェルグロはヴォーヌロマネに居を構える超優良生産者。
グロ一族の長男のドメーヌです。(一族はアンヌ、ミシェル、~ペールエフィス)
旗艦銘柄は特級クロ ヴージョ、偉大なる1級畑 クロ デ レア。
個人的にも非常に気に入っているドメーヌで、比較的値段が良心的にも関わらずレジオナルなどの廉価銘柄でも非常に美味しいです。手っ取り早くブルゴーニュのエレガンスを感じたいのであればこのドメーヌでしょう。
収穫は全て手摘み、除梗後、温度管理しながらマセラシオン、前半は一日二回ルモンタージュ、後半はピジャージュ。新樽比率は平均して村名30~40%、一級50~80%、特級100%となります。

ジョルジュ ノエラは・・・うーん、個人的には良く知らない生産者です。
特級グランエシェゾー、1級プティモン、1級レ ボーモンと比較的いい畑を持っているようです。
味わい的には古典派になるんでしょうか。


生産者: ジャック フレデリック ミュニエ
銘柄: ニュイ サン ジョルジュ プルミエクリュ クロ ド ラ マレシャル 2006


約10000円、パーカーポイント91点。
色調は濃い赤みの強いルビー、いや、ガーネット。
ヴィンテージ的には若いが、抜栓後時間が経っているのでピークはすぎている。しかしながら土台が強いからか華やかなテクスチャは十分に残っている。
アロマオイルの様な薔薇、ゼラニウムの華やかな香り。鉄釘、燻製肉の動物的な熟成感。
ダークチェリー、紫スモモの果実味。ナツメグ、香水、茎っぽさも。
焦げたゴム、燻製、樹脂、松の香ばしいニュアンス。
熟成感はあるものの、メオカミュゼに近いスタイルでかなり華やかな味わい。タンニンや酸味はまだ強く、凝縮感があり、強固。余韻も長い。
うーん、流石に美味いな。フェブレイはいいネゴシアンだが、ことマレシャルに関してはいかに残念だったかわかる。


生産者: ミシェル グロ
銘柄: ヴォーヌロマネ プルミエクリュ オーブリュレ 2001

約9000円、パーカーポイント90-92点。
熟成を経ているにも関わらず若々しいテクスチャ。やはりグロは熟成しても良い。色調は淡いルビー、粘性は低い。
熟成してなお非常にジューシーで果実味に溢れている。ダークチェリーやイチジクの果肉を噛む様な果実味。
僅かに還元香を感じるが、紅茶や腐葉土、華やかなゼラニウム、ドライローズ。パストラミハムの動物的な香り。ローズヒップティー、ナツメグ、コリアンダークローヴ、甘草、藁など複雑な香りを放つ。
タンニン、酸味はまだまだ若々しく、旨味が凝縮している。一見柔和だがボディは強固で、パワフルなボディ。
熟成感に隠されてヴォーヌロマネのテロワールを見にくいが、この官能性はやはりヴォーヌロマネならではといったところだろうか。


生産者: ジョルジュ ノエラ
銘柄:グラン エシェゾー グランクリュ 1989

約14000円、パーカーポイントは不明。
流石に80年代だけにかなり熟成が進んでいるが、まだ若々しさを感じる事ができる。
色調は浮遊物が浮いているレンガがかったルビー。粘性は高い。
さすがグランエシェゾー。ヴォーヌロマネのグランクリュは特別だ。
保管が良かったのか、かなり綺麗に熟成しておりダークチェリーやクランベリー、イチジクの酸味のある果実味、ベーコン、ジビエ、なめし革などの動物的なニュアンス。お香、紅茶、コリアンダー、ナツメグなど複雑なニュアンスが複雑でありながらバランス良くまとまっている。徐々にかつお節、ゼラニウム、芍薬の華やかな香りも僅かに現れる。ピノで華やかなニュアンスが遅れてくるのは珍しい。
流石に全体的に枯れたニュアンスはあるものの89年でこれだけの味わいであれば十分。酸味も心地よく、熟成感を余す事なく味わえる。
果実感と紅茶の様なニュアンスは素直に古酒として楽しめる。


いずれもかなり熟成していた印象です。
まぁクロ ド ラ マレシャルはかなりイレギュラーですが、個人的には色調とタンニンの出方でしか酸化劣化と熟成のニュアンスはなかなか判別しにくいのであれですが・・・
オーブリュレとグランエシェゾーは流石でしたねー。熟成しながらちゃんと旨味が液体に溶け込んでいたと思います。あそこまでいくと中々テロワールは感じられにくいんですが・・・単純に飲み物として考えると非常に美味いです。
ただ若いワインが好きな私としては、オーブリュレもグランエシェゾーも2000年代中盤ので飲みたかったなぁ。
きっと華やかだったんだろうなぁ。

ミシェルグロなんかは今も全然球数あるんでオーブリュレ試してみようかな!



偉大なるブルゴーニュ白の饗宴。超絶のラフォン、ムルソーシャルム



こんばんわ。
ブルゴーニュは本当にいつでも感動的な体験をさせてくれます。
特にコントラフォン、ドミニクラフォン、(赤の名手ですが)デュジャックと来たらブルゴーニュラヴァーとしてはテンションが上がらずにはいられますまい。フォォーウ!ラフォンフォォーウ!

失礼いたしました。...まずはコントラフォンから。
説明不要かもしれませんが、コントラフォンはムルソーに拠点を置くドメーヌで、ブルゴーニュ、世界の生産者の中で常にルフレーヴ、コシュデュリと共にトップドメーヌとして語られる、シャルドネのスペシャリストです。
栽培醸造に関してはビオディナミを実践し収量を極限まで落とし、かつ無濾過、無清張で瓶詰めを行うことで品質の維持をしています。
コントラフォンのワインは特級モンラッシェ、ムルソー ペリエール、ジュヴヌヴィエール、シャルム、グッドドールなどの一級畑と村名、赤はヴォルネイを産出していますが、どの銘柄も余りに人気が高く、上位銘柄は基本的にどのヴィンテージも瞬間蒸発してしまい価格も併せなかなか入手しづらいのが現状です。

ドミニク ラフォンは、そんなコントラフォンの現当主ドミニクラフォンが個人的に運営するドメーヌ。
伝統あるコントラフォンを次世代に引き継いだ後、老後の趣味として続けるために立ち上げたそうです。
保有している畑は別としても、中身は名高きドミニクラフォンが作っているのだからコントラフォン並のクオリティ。ポートフォリオはヴォルネイ、ボーヌ、サンヴェラン、ピュリニー、ムルソーと節操なく6種類。コントラフォンでは絶対に見られない地域も含まれる為、非常に貴重です。本人はまだまだドミニクラフォン用の畑を買い足すつもりらしいのでこの先が楽しみなドメーヌ。

そしてデュジャックはモレ サン ドニの赤を得意とするコート ド ニュイを代表する有力な生産者。当主はジャックセイスでブルゴーニュでは比較的歴史の浅いドメーヌ。無濾過、無清張で自然な味わいを活かしたワインを作ります。こちらもラフォン程では無いにせよ、その品質の高さで瞬間蒸発する事もあります。

今回はそのコントラフォンの旗艦銘柄のムルソー1級シャルム、ドミニク肝入りのピュリニー1級シャンガン、デュジャックのモンリュイザンを頂きます。


生産者: ドメーヌ デュジャック
銘柄: モレ サン ドニ プルミエクリュ モン リュイザン ブラン 2008
品種: シャルドネ


約8000円、2009年はパーカーポイント90点
色調は淡いレモンイエロー、粘性は低い。とにかくシャブリの様な強固なミネラルが際立っており、総じて透明感のある爽やかな味わい。
ピュリニーの様な白い花や、溌剌としたカリン、レモンの爽やかな果実味。石灰石を舐める様なミネラル感。
フレッシュハーブ、樽がやや効いているのかフレッシュなバター、イーストなどのニュアンスも。
ただし、基本的に花とハーブ、シャープな柑橘系のニュアンスが支配的。
酸味は強めでシャンパーニュのシャルドネに近い引き締まる様なニュアンス。渋みも無く均整の取れた味わい。
ボーヌの輝かしいシャルドネとは趣が異なるが、これはこれで優れたシャルドネと言えるだろう。
最も近いのはシャブリ グランクリュだろうか。



生産者: ドミニク ラフォン
銘柄: ピュリニーモンラッシェ プルミエクリュ シャンガン 2008

約17500円、パーカーポイントは不明。
色調は淡いレモンイエロー、粘性は高い。やっぱりラフォン。
この香りの強烈さ、官能性。たまりません、中身はやはりコントラフォンだ。
石鹸の様な清涼感のある白い花、シャンピニオン、白胡椒、バター、カシューナッツ、バニラの官能的な香りを主軸に、洋梨やマンゴーの豊満な果実味、石灰を砕いた様なミネラル。オイリーで、徐々にムスクなどの動物的な香り。コントラフォンでいうとクロドラバールに近い造り。
柔らかい酸味と包み込む様な洗練されたボディ。口の中に含んだ時のオイル感と清涼感。滑らかで極めて美しい液体。
シャルドネの最も美しい姿を垣間見れる最高のワイン。


生産者:ドメーヌ デ コント ラフォン
銘柄: ムルソー プルミエクリュ レ シャルム 2008

約29000円、パーカーポイント91点。
さて、コントラフォンのシャルムである。
濃いめのレモンイエロー、粘性は高い。
ドミニクのピュリニーと比較すると、よりキャッチーで甘やかさが際立つ作りとなっている。滑らかで濃厚なタッチ。若さゆえの硬さを差し引いても衝撃的なシャルムといえる。
甘やかなバニラエッセンス、ブリオッシュ、蜂蜜の風味。ラフォン節とも言える強烈なシャンピニオン、白い花、ヘーゼルナッツの香りにヨーグルト、モカの香ばしさ、パイナップルや洋梨の爽やかな果実味に、ハーブやリコリス、白檀などの複雑な要素が絡み合っていく。
ピュリニーほどではないが、火打石のようなミネラル感がある。
酸味はやや強く骨格も強靭で、真の力を発揮するのに、やや時間が必要。
ただ今飲んでも十分すぎる程に滑らかでボリューミー。これが時間を経て硬さが解きほぐされた時の姿はちょっと想像出来ない。
ここまで完璧といえるムルソーはあまり無いと思う。素晴らしい。


いやーいやいやいやいや、本当にやべーわ、すげえわー、マジウマですわ。
いやいや美味いっつうか、すげえ。
やっぱりコントラフォンの白はヤバイ。
ドミニクのピュリニーもムルソーシャルムも卓抜しすぎている。ラフォンの村名も良かったけど、なんというか、別格。
ピュリニーはラフォンっぽさを十分に残しながらテロワールを再現しているし、シャルムはクロ ド ラ バールとは違った位置にいて、ムルソーというベースがありつつ、特異性ではなくスタンダードなムルソーの上位互角の様な感じ。完璧ですわ。
デュジャックも良かったです。
こう、シャブリの様なミネラル感と柑橘系の引き締まった味わい。柔和では無いですが、こういうタイプで完成された白もあってもいいね。
コート ド ニュイの素晴らし過ぎるピュリニー、シャサーニュ、コルトン、ムルソーに疲れた時に心地よく飲みたい感じ。
いやー、たまらん。
貴重な体験だ。





偉大なるサンテミリオン第一特別級B、シャトー フィジャック2006

こんばんわ。
さて最近またボルドーを飲みつつあります。
今回はシャトーフィジャック。サンテミリオンにおける第一特別級B(プルミエール グランクリュクラッセB)。
第一特別級Aはオーゾンヌ、シュヴァルブランの2シャトー、第一特別級Bはフィジャックを含めた10シャトー、特別級は無数にあり、基本的には第一特別級Bからがサンテミリオンにおけるグランクリュクラッセだと認識しています。
ここシャトーフィジャックはBクラスの中でも特に卓抜した品質を持っています。砂礫質土壌から生まれるこのワインのスタイルはメドックのワインに似ているが、確かにカベルネフランの力強さを感じる。
発酵とは木製槽で21~25日間。熟成はオークの新樽で18ヶ月。ノンフィルター。


生産者、銘柄: シャトー フィジャック 2006

約14000円、パーカーポイント90点。
サンテミリオン プルミエグランクリュクラッセB。
甘やかで一級シャトー並みのバランス。色調は赤みの強いガーネット、粘性は高い。
クレーム ド カシス、干したブラックベリーなどの甘やかなで膨らみのある果実味。とローストした西洋杉、ミント、ピーマン。若干ビター。カベルネフランの重い芍薬、クローヴや甘草のニュアンス。ジビエなど。
ベースは一級シャトーの様なバランスの良さがあるんだけど、カベルネフランの特徴がよく出ていて、鉄の様な重々しいカベルネフランの味わいが強い。血の匂いというか、動物的で野生的な強靭な味わい。
タンニンはやや強めだが、酸は穏やかで洗練された味わい。メドックと似ているけどややエッジーかな。


いや、フィジャックは本当に美味い。
シュヴァルブランはやや気難しいし、同じBクラスのパヴィは濃厚過ぎる。
それらのバランスの均等が非常に良く取れている。
全体的な作りとしてはメドックに近いんだけど、カベルネフランの特徴がかなりしっかり出ていて、サンテミリオンらしさをしっかり感じる事ができる。
っていうか普通に飲んでて感動できるボルドー。割と本気でメドック一級をも食い殺す事のできる稀有なシャトーだと思う。
いや、いいワインだと思います。

特異な存在感を放つ、コトーシャンプノワ アンボネイ ルージュ NV

こんばんわ。
折角長々と説明書いたのに全部消えたぜ!うふふあはは。
めんどくさいんでサクッと書き直します。

マリー ノエル ルドリュはシャンパーニュのレコルタンマニピュラン、保有畑は特級畑(村)のアンボネイとヴージィ合計6ha。基本は例に漏れずシャンパーニュを作っています。
さて、このAOCコトーシャンプノワはシャンパーニュで作られたスティルワインです。生産可能色は白、赤、ロゼ。
赤はピノノワールなどで作られますが、コトーシャンプノワにはノンヴィンテージが存在します。
シャンパーニュは区画毎、ヴィンテージ毎、品種毎にリザーブワインがあって、それをアッセンブラージュして2次発酵に回しますが、コトーシャンプノワでもそれが行われています。
今回はアンボネイ村のワインを使っています。恐らくテイスティングをした感じ、90年代後半から00年代前半のリザーブワインがメインで使われている筈。多分。
なかなか興味深いワインでした。


生産者: マリー ノエル ルドリュ
銘柄: コトーシャンプノワ アンボネイ ルージュ NV

約7000円。
茶色がかった濃いめのルビーの色調。
紅茶の様な熟成したニュアンス、沢庵やアセロラ、イチジクの果実味。腐葉土、ドライフラワー、ラベンダー、ベーコンなど。ややブランデーっぽい風味も。
酸味は滑らかで伸び伸びとしており、収斂性もタンニンもある。なかなか面白い、力強さは若々しい。


このブランデーっぽいニュアンスと熟成の味わいが、なかなかエレガントでいいんですよね。全体的にピノの熟成感がありつつ、シャンパーニュの冷涼で硬質なテロワールが感じられます。
アルザスのピノノワールに近いですね。
深さでいうなら、ブルゴーニュなんだけど、シャンパーニュのピノノワールも技の妙があっていいですね。
ただ熟成感があるから、本当の姿がわかりにくいのは難点ですね。
マニア向けかも。

高潔で華美なドメーヌメオカミュゼのオーブード、ピュリニーを想わせるボーヌ レ グレーヴ。

こんばんわ。
今回はブルゴーニュのニュイ サン ジョルジュ一級とボーヌの一級です。
生産者はメオカミュゼのドメーヌものと、トーマスモレ。

メオカミュゼはこのブログだと比較的おなじみの生産者でヴォーヌロマネの名門ドメーヌです。
メオカミュゼは黒ラベルのドメーヌもの、赤ラベルのネゴスものがありますが、赤ラベルも一級以上は栽培醸造まではメオカミュゼのチームか担当しています。(村名、レジオナルは信頼できる農家から葡萄買付)
除梗100%、低温浸漬、ノンフィルトレ。村名レジオナルは新樽50%、一級特級は新樽100%です。フラッグシップは特級リシュブール、特級クロ ヴージョ、一級 クロ パラントゥ。

カリフォルニア ソノマで修行を積んだ偉大なるベルナールモレの息子、トーマスモレ。既に一部の畑は相続されており、その畑で高品質なワインを作っています。2007年から2009年までDRCのモンラッシェで栽培責任者をしていました。


生産者: トーマス モレ
銘柄: ボーヌ プルミエクリュ レ グレーヴ 2007

約6500円。
色調は淡い済んだレモンイエロー、粘性は低い。
ボーヌのプルミエクリュてありながらピュリニーモンラッシェ的な華やかな味わい。口に含むと軽めのムルソーっぽさもある。白い花、火打石、洋梨、完熟した赤りんごやカリン、ややラムネっぽさをメインに、花の蜜やハチミツ、ドライハーブなど。
やや控え目にバター、ヘーゼルナッツの味わいがあるのは、ちょっと新世界的な側面も。
かなりミネラル感が強く硬質な質感だが、全体的な華やかな味わい。
酸味も強く、硬質なミネラルとあいまって、押し出しの強いアタック感はある。後味にやや苦味がある。
爽やかな酸とふくよかな香りがいいバランス。


生産者: ドメーヌ メオ カミュセ
銘柄: ニュイ サン ジョルジュ プルミエクリュ オー ブード 2007

約15000円、2006年はパーカーポイント90点。
ドメーヌ メオカミュゼのプルミエクリュクラスの味わいはいつでも驚く程深い。
色調は若々しく濃いルビー。粘性は高い。
滋味を感じさせる作りでダークチェリーやブルーベリーなどの果皮の厚い黒い果実、香水の様な薔薇やゼラニウムの清涼感のある花の香り、一方で動物的ななめし革、クローヴ、オリエンタルなスパイス、焦げたゴム、ローズヒップティーなど、終始華やかで奥ゆかしい雰囲気を崩さない。甘やかさは一切無く深みとエレガンスを追求している。まさに香水。
白の様な鋭い酸味と果実由来のタンニンはあるが、ゼラニウムの清涼感とダークチェリーの深みで、まさに果実を噛む様な感じ。
ヴォーヌロマネに近いエレガントで深みのある優れたプルミエクリュだ。


ボーヌはこのブログを書いてて、ガッツポーズもの。
ソノマのシャルドネとピュリニーのシャルドネのスタイルを両方とも感じられたので、生産者のバックボーンは理解しやすい様に作られてるのかな、と。
ボーヌはアペラシオンとしては地味なので、アペラシオンの特徴まではキチンと把握しているわけではありませんが、生産者と特徴はよく出ているんではないかと。

そして相変わらずドメーヌもののメオカミュゼのワインは卓抜しておりますな。
正直言うとブレがなさすぎる気もしますが、フィサン、マルサネからNSG1erから一貫した品質があるのは凄いですね。下級キュヴェには雑味があって、さながら超高品質高レベルなブルゴーニュルージュを飲んでいる気持ちになりますが、それでも凡百の村名クラスとは比較になりませんし、ドメーヌものの一級ともなれば洗練された華やかさや凝縮感があるような気がします。
ただルジェやシャルロパンと違って果実の甘やかさは前に出していない、どちらかというと果実の瑞々しさや若々しさが前に出ている気がします。
フラッグシップの話をするとメオカミュゼ、エマニュエルルジェ共にクロパラントゥーの所有者ですが、スタイルの違いが同一畑でどれだけ変わってくるのかが非常に楽しみです。
ルジェの方がアンリジャイエに近いスタイルの様ですが。
メオはストイックな作りでしたね。


二つのトラペ、ロシニョールとジャン ルイの蠱惑的なシャペルと豊満なシャンベルタン




こんばんわ。
今日は風邪引いて寝込んでました。
ちょっと調子が良くなったのでロシニョールトラペの特級シャペルシャンベルタン1990、2006、ドメーヌ トラペのシャペル シャンベルタン 2009。そしてロシニョールの特級シャンベルタン 2006の比較、いってみます。

なんとも豪華で知識欲がそそられますな。。
熟成したシャペルと新しいシャペル、生産者が違うシャペル、シャペルとシャンベルタンの違いなど、当然シャペルが基準になりますが、相対的に見れるのがシャンベルタンってのが、物凄く豪華ですね...ゴクリ。

さて、ロシニョールトラペとドメーヌ トラペ(ジャン ルイ トラペ)は兄弟です。ロシニョール家に嫁いだのは弟の方。
ジャン ルイ トラペは非常に有名なジュヴレシャンベルタンの生産者です。
区画は特級シャンベルタンから村名格まで。自然派の生産者で、96年からビオディナミを始めています。春に厳しい摘芽を行い、収量を抑え、凝縮した葡萄を収穫。除梗は30%。低温浸漬、2.3週間のピジャージュを行っています。
対してロシニョールトラペも同じく97年からビオディナミを実施、ボーヌから、ジュヴレシャンベルタンまで畑を保有しています。

さて能書きは置いておいて行ってみましょう。


生産者: ロシニョール トラペ
銘柄: シャペル シャンベルタン グランクリュ 1990

約20000円、パーカーポイント86点。
色調はやや濁ったルビー。色調的には若々しく、粘性は低い。
かなり熟成が進んでいる印象。
まだ華やかさは残っている。スミレやスモモ、ダークチェリーの果実香。
薔薇や赤い花、ほのかにベーコン、生肉。樹脂、ハーブティー、ナツメグ、クローヴ、甘草。井草の香り。
酸味とタンニンはまさに一番いい状態で絶妙。パッと花開くようなエレガントな余韻。熟成香を感じさせつつ非常に華々しい印象。
90年は古いと思ったけどそこまでではなかったなぁ。


生産者: ロシニョール トラペ
銘柄: シャペル シャンベルタン グランクリュ 2006

約 13000円、2005年のパーカーポイントは90-92点。
色調は済んだ若々しいルビー、赤みは強め。粘性は高め。
スパイシーな香りが支配的で、八角、コリアンダーの強い香り。
若々しいラズベリーやレッドカラントなどの赤い果実。ローズヒップやゼラニウムなどの清涼感のある香り。ワッフルやキャラメル、ナツメグ、オリエンタルスパイス、パストラミハムのスパイシーな香りがボディを与える。
流石にシャンベルタンより骨格は弱いが、軽やかかつオリエンタルな味わいで、とても技巧的なワイン。
綺麗な酸味とタンニンがあり、やや収斂性も感じるが、全体的に森っぽいというか、土っぽい香りが支配しているので、とても優しい印象。


生産者: トラペ ペール エ フィス
銘柄: シャペル シャンベルタン グランクリュ 2009

15000円、パーカーポイント94点。
透明感のある淡いルビー、粘性は中庸。
薔薇やゼラニウム、ミネラルなど香水の様な香りから、徐々に甘やかな果皮の厚いブルーベリーやクランベリーの果実味、焦げた藁、ローズヒップティー。うっすらと舐めし革の香りも。ルジェに近しい華やかで甘みのある味わい。
口当たりは旨味にみちていて、ギュッと引き締まる凝縮した果実味、清涼感のあるタンニンや酸味。華やかでとても色っぽいシャペルシャンベルタン。


生産者: ロシニョール トラペ
銘柄: シャンベルタン グランクリュ 2006

約17000円、2005年のパーカーポイントは92-94点。
済んだ赤色の強いルビー、粘性は中庸。
まさに強靭。シャンベルタンの特性を見事に表現している。
凝縮した甘み、薔薇やスミレな華やかな香りと、濃密なダークチェリー、ブルーベリー、ラズベリー。スパイシーな黒胡椒や香水、ほのかに茎、なめし革、松や樹脂、ローズヒップティー、ナツメグ、甘草、クローヴ。
花束の様な赤い花々、瑞々しい樹木と極限まで凝縮した果実。華やかでとてもパワフル、これがシャンベルタンだ。
流石にタンニンは強めで収斂性は高く、酸も強い。しかし、その強固すぎる骨格には考えられないほどシルキー。古典的で、ある種究極のブルゴーニュのニュアンス。


まずシャペル、1:熟成の違い。これは明らかで06年に比べてかなり熟成感が出てます。ベーコンやナツメグなど。若々しいですが、流石に06と比べると全然違いますね。
次、2:ジャン ルイのシャペルとロシニョールのシャペルの違いは、ジャン ルイがスタンダードながら超高品質な芳香に比べてロシニョールはちょっとヒネたオリエンタルなスパイスのニュアンスが強いですね。洗練されている方はジャン ルイですが、まぁ好き好きだとは思います。マセレーションの違いかしら。

最後は3:畑の違いについて。

流石に同一生産者だと作り方を変えているのはよくわかります。
シャペルがオリエンタルな複雑味を出しているのに対して、まるでジャン ルイかの様なスタンダードなジュヴレシャンベルタンを作っている。
ただ大きく違うのは凝縮性と鮮明度で、ファジーな言い方だと噛む様な果実味。洗練された味わいというかどストレートに綺麗なワイン。
背斜谷に近く風が吹き抜けるため冷涼な気候で、プレモー石灰岩、粘土質石灰岩、泥炭岩、ウミユリ石灰岩と複雑な土壌構成を持つシャンベルタン。日照条件が良くウミユリ石灰岩と粘土質の土壌で構成されているシャペルであるなら、当然晩熟のシャンベルタンの方が風味が強く、複雑て強固な骨格を持ち、シャペルは早熟ゆえに甘い果実味が現れやすいってのが概念的な話なんですが、シャペルのフィネスは醸造に所以しているのかな?
まぁ、ここは正解は出にくいので予想にとどめておこうと思います。
勉強になりましたが、ジャンベルタンは難しいですねえー。



CPに優れた可愛らしいピノノワール。コノスル スパークリング ロゼ

こんにちわ。今回はみんな大好き、コノスルです。
コノスルといえばチリにおいて超高品質の、特にピノノワールとカベルネ、カルメネールのスティルワインが有名ですが、今ひとつ地味ながらコストパフォーマンスが高いものが、まだあります。

スパークリングです。
一つはシャルドネ、ピノノワール、リースリングのブリュット。
もうひとつはこのピノノワール100%のロゼです。
価格は共に1600円。シャンパーニュであれば安くとも3倍はします。
もちろんシャンパーニュの独特の香味は気候条件、土壌的に出ませんが、こと美味さに絞れば、下手なシャンパーニュを遥かに凌ぐキャッチーさがあると思います。シャンパーニュの様な2次発酵を瓶内でするわけでは無く、タンク内で2次発酵するシャルマ方式。短期間で生産可能なのと、大量生産、保管費用の削減により安いコストで生産可能です。スキンコンタクトで香味の抽出を行っています。色調からして、多分セニエ方式でロゼにしている...はず。多分。

個人的にはボトルと色調のピンクが絶妙で可愛らしくていいですね。女性にも受けそうなので女子会とかにもいいかもしれませんね。


生産者: コノスル
銘柄: コノスル スパークリング ロゼ
品種: ピノノワール 100%

価格は約1600円。
色調は淡いピンク。泡は穏やか。
アメリカンチェリーやライム、僅かにピノの果皮に表れる赤い花のニュアンス。
果実原初の甘やかさ、溌剌とした酸味があり、心地よい。
やっぱりコノスルスパークリングは1000円台としては至宝。


コメントが短いのはさして複雑な要素が無いという所です。
ただキャッチーはキャッチーでとてもシンプルで美味しいので是非見かけたら買ってみてください。
ちゃんとピノノワールの香味もしっかりあります。

ポンソ熟成モレサンドニと甘露なトロボーの特級コルトン

こんばんわ。
今日はブルゴーニュです。
8割方ブルゴーニュですから今日も何もないんですけど。
今回はトロ ボーの特級コルトンブレッサンドとポンソのモレ サン ドニ一級です。

ポンソはかなり記事を書いているので細かい内容は省きます。今回は2000年のモレ サン ドニ一級ですが、実は一級畑のアッセンブラージュではなく、特級クロ ド ラ ロッシュの若木と一級モン リュイザンで収穫された葡萄を使っています。
この手の特級の若木を格下げして一級畑として売ってるドメーヌは割と多いです。有名どころだとヴォギュエのブルゴーニュブラン(ミュジニー若木)、DRCの一級デュヴォープロシェ(特級エシェゾー他の特級の若木)、ジャックプリウールのジュヴレシャンベルタン一級(シャンベルタン若木)など。実際ヴィエイユヴィーニュでないと見られない香味は確実にありますから、こだわる生産者はとことんこだわります。
ポンソのモレ一級も同様にクロ ド ラ ロッシュはポンソのフラッグシップとも言える銘柄ですから、格下げは当然といえば当然でしょう。
しかしながらテロワールは間違いなく特級のそれであり、そこから生み出されるワインは特級のテクスチャを持ったものとなります。

次はトロボーのコルトン ブレッサンド。トロボーはショレイ レ ボーヌの生産者で力強くパワフルなワインを産出します。グリーンハーヴェストと減農薬農法を使用し凝縮度を高めています。ポートフォリオはアロースコルトン、ショレイ、サヴィニー、ボーヌに畑を所有しています。現当主はナタリートロ。女性当主ですね。
今回のコルトンブレッサンドはワイン法上はコルトン グランクリュとなりますが、コルトンは多くのパーセルに分割されており、ブレッサンドはその一区画となります。DRCのコルトンもブレッサンドの畑を使用していますね。
コルトン赤では比較的有名なパーセルだと思います。


生産者: ドメーヌ ポンソ
銘柄: モレ サン ドニ プルミエクリュ キュヴェ デ ザルーエット 2000

約11000円、2005年のパーカーポイントは91-93点。
あれ?意外と若々しい。
というか凄いブルゴーニュらしいブルゴーニュ。モレのプルミエクリュの骨格とは思えない程複雑な構成。
色調は若々しいルビー、粘性は中庸。ほのかな熟成香を纏いながらも、若々しいギュッと引き締まったレッドカラントやダークチェリーの凝縮した果実味があり、華やかなゼラニウムや薔薇、動物的な燻製肉、スーボワ、強めの樹脂やクローヴ、甘草。お香、松や鉛筆の芯、炭焼き、タバコのスモーキーな香り。
綺麗で穏やかな酸味と、柔らかいタンニンがあり、非常にソフトなアタック。特に嫌な渋みも無い。
とても気持ち良いポンソだ。熟成した赤い果実の余韻がいつまでも残る。若かりし頃のポンソの華やかさも最高だが、熟成後のニュアンスも素晴らしい。
後で調べてみたところ、特級クロ ド ラ ロッシュと、一級モンリュイザンの葡萄を使っているとのこと。なるほど、卓抜したテロワールに納得だ。


生産者: トロ ボー
銘柄: コルトン ブレッサンド グランクリュ 2009

約12000円、パーカーポイント91-93点。
っていうかすげえ甘い!樽使いすぎだろ!
新樽比率が高いのか、成熟度が高いのか...ジュヴレシャンベルタンの作りが如き甘さ。
色調は濃いめの澄んだルビーで粘性は高い。バニラ、キャラメル、ワッフルの樽香、ダークチェリー、ブラックベリーの様な濃密な果実味。
スミレや薔薇のアロマオイル、なめし革。動物的な香りはあまり無くて、むしろ限りなくデザートにも近い甘露な味わい。ユーカリ、黒檀、鉄、クローヴ、甘草など。
香りの要素はかなり鮮明でさすがのグランクリュといったところ。
とにかく甘く、豊満なボディ。ともすればカリピノの様な豊満さを感じさせる味わいは受ける人には受けるだろう。酸味もタンニンも柔らかく、果皮の厚いブルーベリーの華やかな余韻がある。まるでフルーツケーキの様な味わい。


ポンソのモレ サン ドニ プルミエクリュはなかなか凄かったですね。流石に特級シャンベルタンや特級グリヨット、特級クロ ド ラ ロッシュと比べると見劣りするけど、特級シャペルあたりだったらいい勝負しそうな感じ。
同じポンソでも村名モレや村名ジュヴレの2000年代前半が軒並み枯れ果てていた事を考えると、プルミエクリュのレベルじゃないな、と。
まぁハズレボトルならグリヨットの2008年でもアレなんだけどね...うん。

して、トロボーなんですが、これはなかなか面白いですね。エネルギッシュで濃くて甘い。相当樽香が強いので、新樽率はかなり高いんだと思う。
ぱっと見エレガンスよりもフルーツケーキの様な厚さがあるんだけど、構成はなかなか複雑で、サヴィニーの一級ラヴィエールと比べると分厚さも複雑さも違う。ラヴィエールはベーシックなブルゴーニュだったけど、ブレッサンドは何か別物だと思う。
ボノーデュマルトレイの作るコルトンのエレガンスを考えると、同じ畑から取れた葡萄だとは思えんな...


いずれにせよなかなか面白い体験でした。




Mariage Freres Tea Salon GINZA(マリアージュ フレール 銀座: 銀座)


こんばんわ。
本日はちょっと趣向を変えましてアフタヌーンティーにいってきました。
なんだかんだで付き添いで色々行ってるウチに紅茶はハマってしまったクチです。
その一貫でたまにアフタヌーンティーにも行きます。
マンダリンオリエンタル(日比谷)、ペニンシュラ(日比谷)、セルリアンタワー(渋谷)、フォートナムアンドメイソン(二子玉川)、ロイヤルガーデンホテル(ロンドン)と幾つか行っていますが、ベストオブアフタヌーンティーは、今のところペニンシュラですね。
ファンの人と比べると行ってる回数は少ないですが、王道アフタヌーンティーであそこまでスコーンが美味しい所はあまりないと思っています。基本的にはどこも紅茶は美味しいのですが、今回のマリアージュフレールは特に美味しかったと思います。

銀座のスズラン通りにあるマリアージュフレールは地下、地上2階、3階にティーサロンを併設していて、そこでマリアージュフレールの本格的な紅茶を楽しめる様になっています。
今回はドラマ「シャーロック」のミセスハドソンのアフタヌーンティーセットと題した企画をやっていたので、折角なので行ってみました。
価格は大体3000円。アフタヌーンティーセットとしてまずまず中庸な価格帯と言えます。充実度としては...美味しいのですが茶菓子の種類、量としては他の所にかなり劣っていると思います。
もともと単価が高いティールームですし、イギリス式の3段トレイは望むべくも無いので納得ではありましたが、お茶の美味さに対して脇を固める茶菓子
が物足りないのは、残念でしたね。

■ダージリン ローズ カメリア SFTGFOP1

フルーティで澄んだ透明感のある味わい。渋みの抽出も少なく、飲み進んでも一定の味わいを楽しめるのはフランス式ならではですね。イギリス式は本場ですが、個人的にはこの抽出とポット内濃度を一定化する方法は非常に好ましいと思います。自分ではこんなに綺麗に入れられないだろうなぁ。


■ラシェット ド サンドウィッチ(燻製茶 タリー スーション薫る鶏胸肉のムース、パルマ産生ハム、ノルウェー産スモークサーモン、香草と胡瓜のフロマージュ ブラン和え)

鶏胸肉以外は基本的にベーシックなイギリス式アフタヌーンティーのサンドウィッチですな。
キュウリのサンドウィッチはイギリス式の様にキュウリ、マスタード、挟んでドーン!って感じは流石に無くてバター、フロマージュ、八角?のニュアンスがなかなか新鮮でした。
鶏胸肉のムースは、ツナサンド?と思うくらいに、ちょっと淡白。お茶の香りはほのかに感じましたが、ちょっと地味な感じでしたね。


■アソルティモン ド プティガトー(フレーヴァーティー"マルコポーロ"のマカロン、カヌレ、レモンピールのシフォンケーキ)

マリアージュフレールといえばマルコポーロですが、このマカロンはそのフレーヴァーを封じ込めたもの。
ベリーやミルクの風味を感じるマルコポーロですが、マカロン自体がキャラメルっぽい香ばしさがあって微妙に感じられる程度。あまり風味が強すぎても良くないと思うので、これ位がちょうどいいかも。
カヌレはボルドーの卵の黄身で作られたお菓子です。軽やかなルックスに反して、外はガチガチ、中はモチモチ食べ応えのあるお菓子でこれだけで結構お腹いっぱいになります。紅茶もいいですが、かなり甘いのでコーヒーにもあいそうですね。大味だし。
シフォンケーキはシフォンケーキでしたが、レモンピールのシロップがなかなか爽やかで美味しかったです。


やっぱりスコーンとエシレバターが無いと締まらないですね、アフタヌーンティーは。
基本的にお菓子類は全部美味しかったし、紅茶も最高でしたが、もう少しボリュームは欲しいなぁ。

神々の美酒。天上に至るラトゥール'78と背徳のレオヴィルラスカーズ'98。

こんにちは。
本日はボルドー特集です。
まずは1級に迫るスーパーセカンドのうちの1本、2級レオヴィルラスカーズの1998年。そして1級シャトー ラトゥールの1978年です。

正直説明不要のグランヴァンですが、説明しますと、シャトーレオヴィルラスカーズは、デュクリュボーカイユと並んで1級の存在しないサンジュリアンにおいて筆頭とされるシャトーです。
もともとポワフェレ、バルトンと同一のものでしたが、現在ラスカーズはそれらと比べても頭抜けており、その品質は1級クラスと目されています。
ラトゥールに隣接し、水はけの良い土壌と温暖な気候。神に愛されたテロワール。そして多い時は収量の約70%をセカンドに回す厳しすぎるほどの選定。ジャンユベールの狂気が生み出す、最高のカベルネ主体のワイン。

そして、シャトーラトゥールは更にレオヴィルラスカーズに隣接する一級シャトー。1855年の格付けから一度も揺るがぬ、まさに世界のトップワイン。
シャトーラトゥールはジロンド川からの反射熱が適度に温暖な気候を維持し、そこで収穫された葡萄は選果、除こう、更に選果を行い厳密に選び抜かれていく。区画に合わせた近代的なタンクで醸造し、品質の劣るものはサードのポイヤックにまで落とす事で一級の品質を保っていく。

そんなトップとも言うべきレオヴィルとラトゥールの熟成ワインともなれば、背筋も伸びますね。


生産者、銘柄: シャトー レオヴィル ラスカーズ 1998
品種: カベルネソーヴィニヨン 76%、メルロー 15%、カベルネフラン 9%

約20000円、パーカーポイント93点
10年を超える熟成を経て、なお驚くほど若々しい澄んだガーネット、粘性は低い。
堕落的で快楽に満ち溢れた甘露な
カベルネソーヴィニヨン。一点の隙も曇りも無い。
煙草のスモーキーさ。ミント、カシス、ブラックベリーの爽やかな果実味。
コーヒーや焼いた西洋杉、モカの香ばしく甘やかなニュアンス。華やかな芍薬。ピーマン、甘草、クローヴなどのニュアンス。肉感的な血液や燻製肉の香りも。
クラシックでありながら、まさに完璧で豪華で花開いているボルドー。脅威のバランス感。
澄んだクリアな味わいではない。
しかしながら雑多な中に確かな調和と、官能的な豊満さがある。
タンニンも酸も柔らかく心地よい味わい。クイーンズライクのオペレーションマインドクライムの様な重厚で複雑な香りを感じさせつつ、穏やかなタンニンとミントの香りが近付きやすさを演出する。
軽やか。
余韻は長いが次へとグラスに手を延ばしてしまう。まさに知恵の果実と言って差し支えの無い味わい。


生産者、銘柄: シャトー ラトゥール 1978
品種: カベルネソーヴィニヨン 75%、メルロー 20%、プテイヴェルト・カベルネフラン 5%

約63000円、パーカーポイント90点
色調はやや橙を帯びたガーネット、粘性は高い。やや澱が浮いている。
78と思えない若々しさ。
凝縮感が半端ない。若い頃に見られる煌びやかさは色褪せているものの、強固な骨格は修行僧の様な厳格さを見せる。
沢庵や梅しば、ドライイチジク、スモモなどの旨味に満ちた果実味。華やかな芍薬の香り、赤い花、ドライフラワーの香りを中心に、生肉、ベーコン、甘草、スモーク、炭焼き、スーボワのニュアンス。
全体的な統制の取れた濃厚な香り。
とても深い味わい。スーボワ。
強固なタンニンは強固な旨味となり、柔らかい酸味は重厚な骨格をむき出しにする。
これだけ年をとっているのにも関わらず均整の取れたニュアンスは素晴らしい。力強い味わい。すげえ、熟成ラトゥールは半端ない。
この強固さ、頑なさは天上に至る聖人にも似ている。


極論でいうなら、レオヴィルは飲み頃ジャストミート、ラトゥールはやや枯れ始めといった所でしょうか。
レオヴィルは本当に素晴らしくて、クラシックなスタイルですが、甘露で複雑味があり、ボルドーを飲む官能性を端的に示していると思います。
対してラトゥールはその強固さ故に飲み頃を過ぎても、充満したエネルギー感があって熟成香に負ける事の無い果実味を保っていたのが印象的でした。
ともにインクっぽさは皆無で、滑らかなタンニンと凝縮した旨味が、これらのワインの本当の姿を物語っているような気がします。

いや、このクラスのワインを飲むと、神妙な気持ちになりますね。
楽しんで飲むというより、その芳香に、その味わいに耽る。落ちていく。
そんな表現が近いと思います。



優美なイノセンス。マルゴー'07とパヴィヨンルージュ'09




こんにちは、今日はボルドー特集です。
先ほどはラトゥールとレオヴィルラスカーズでしたが、今回はマルゴーの2007年と、マルゴーセカンドの2009年です。
ポールポンタリエ率いるシャトーマルゴーはご存知の通りメドック一級格付けのシャトーです。ラトゥールが男性的なボルドーの筆頭とするならば、マルゴーは女性的でエレガントと表現されます。日本ではもっとも人気の高いボルドーワインと言えるでしょう。
ここ10年の低収量かつ厳しい選定によりグランヴァン比率は60%程度に。更にファーストラベルに使用される葡萄は約40%です。カベルネ比率は近年高くなる傾向で、新樽比率は100%。メルローはパヴィヨンルージュに使用されています。


生産者、銘柄: パヴィヨン ルージュ シャトー マルゴー 2009
品種: カベルネソーヴィニヨン 67%、メルロー 29%、プティヴェルト4%

約19000円、パーカーポイント91-93点
色調は澄んだ濃いガーネット、共に粘性は高い。
香水の様なマルゴーファーストと比較すると幾分か庶民的な味わい。まさにパヴィヨン。
2009年は作柄的にかなり黒めの味わいが前に出ていて、ドライプルーン、カシスの濃厚で甘やかな香りが楽しめる。そして甘草、クローヴなどのスパイス類。ピーマンの青っぽさ。穏やかなスミレや芍薬、ラベンダーなどの赤い花。チョコレートドリンクやトースト、マホガニー。
収斂性とタンニンはやや強め、酸味も強い。木樽の絶妙な使用感。華やかな香り。キャッチーな作り。


生産者、銘柄: シャトー マルゴー 2007
品種: カベルネソーヴィニヨン 82%、メルロー 7%、プティヴェルト7%、カベルネフラン 4%

約66000円、パーカーポイント92点
色調は澄んだ濃いガーネット、共に粘性は高い。
さすがマルゴー。卓上に供された瞬間から放たれる一級にしか成し得ない芳香性。瑞々しさを感じさせるクレームドカシス、ブラックベリーの濃厚かつな果実味。ミントの清涼感。
チョコレートドリンク、西洋杉、マホガニーなどの甘やかで香ばしい樽香。
徐々に現れてくる毛皮、鉄釘、ムスクなどの動物的な香り。甘草、クローヴなどのスパイスの香りが芍薬の華やかさと相まって艶やかな印象を演出する。ややゼラニウムの清涼感も。
全体的には豊満で甘やかな印象。口の中ではクレームドカシスや樽の調和の取れた甘やかな味わいが、強固なタンニンのアタックと共に広がってゆく。酸味はまだ強いが、これはこれから長い熟成を経る事で美しく変化をしていく事だろう。

自画自賛したくなるのですが、パヴィヨンルージュのプルーンっぽさや穏やかさは、恐らくメルロー比率が高い事に所以してるんですね。品種の特徴的にもそんな感じです。逆にカベルネ比率の高いマルゴーは最も左岸らしさを感じました。こう考えると本当にカベルネソーヴィニヨンって奴は高貴品種何だな、と思います。
さて、結論からいいますと、パヴィヨンはマルゴーの面影は感じるものの別物。よりキャッチーというかボディが豊満で甘やかです。マルゴーはそれに比べて透明感やエッジ、芳香の指向性、クリアさが段違いに高いです。多くはカベルネの特徴に所以するものですが、やはり雑味が少なく凝縮感が高いのは厳格な選果によるものだと思います。
どちらが悪いというわけではなく、別物と考えて差し支えはないかと思います。ただ、作柄によって比率は変わるので、カベルネ比率の高いパヴィヨンならマルゴーファーストに近い香味が出てくるかもしれません。ぶっちゃけパヴィヨンもメルローの特徴が綺麗に出ていて、方向性としてはポイヤックのピジョンラランドに近かったと思います。
マルゴーはまさにマルゴーでしたけどね。凄まじく妖艶なボディ感、あれは普通の一級でもなかなか見られないニュアンスです。

いや、この位若い方が品種特性わかりやすくていいですね。
これだけのワインで品種特性を理解出来るってのは贅沢です。


シャトー・マルゴー[2007] 750mlCh.Margaux

シャトー・マルゴー[2007] 750mlCh.Margaux
価格:58,800円(税込、送料込)

無名ながら王道のバルバレスコ単一畑

こんばんわ。

カリフォルニアでもイタリアでもパーセルやクリマの名前を冠したキュヴェは結構ありますが、ピエモンテも例に漏れずシングルヴィンヤードものがあります。
ブルゴーニュ好きとしてはシングルヴィンヤードはピンとくるものが多くて、ついつい気分的に盛り上がってしまいますね。
今回はバルバレスコのシングルヴィンヤードもの。ガイウン マルティネンガ。
マルケージ ディ グレシーは1900年から続く生産者。ガイウン マルティネンガはラパヤと並ぶバルバレスコ最上の畑マルティネンガに含まれる最上級のパーセル。フレンチバリックで20ヶ月、瓶詰め後15ヶ月の熟成の後出荷されます。畑の素姓としては最高です。
味わいはどうだろうか?


生産者: マルケージ ディ グレシー
銘柄: バルバレスコ ガイウン マルティネンガ 2003
品種: ネッビオーロ

16000円、2004年のパーカーポイントは92点。
これはかなり美味いっすなー。
清澄や濾過はしていないのか濁ったガーネットで、粘性は高い。
適度な凝縮感と熟成香があり、ブルーベリーや果皮の厚いプルーンのふくよかな香り。ややフォキシーフレーヴァが感じられる。
基本の骨格は華やか。梅の香りやパストラミハム、ベーコン、バラのアロマオイルや芍薬、ドライフラワーなどの香りが主軸となっている。
西洋杉のロースト、シナモン、ナツメグ、燻製の香り。
収斂性やアタックは凄まじく強い。口に含むと強烈なタンニンがあるが、果実感がしっかりあり、整った味わいにはなっているかも。


美味しいバルバレスコは本当にうっとりするくらい美味しいですね。
バローロにしてもそうなんですが、高レベルになってくると本当に薔薇やプルーンの分厚い香味があってびっくりします。
正直美味しさだけならブルゴーニュと同じくらい好みです。知的好奇心を掻き立てられるのはブルゴーニュですけどね。

ついつい機会があると飲んでしまうワインですな。

ガヤ、スタンダードライン3種比較テイスティング



こんばんわ。
今回はガヤのスタンダードラインです。ガヤといえば、バルバレスコ単一畑三兄弟、「ソリ サン ロレンツォ」「コスタ ルッシ」「ソリ ティルディン」、バローロ単一畑「コンテイザ」「スペルス」ですが、スタンダードラインの バルバレスコ、ダグロミス バローロもなかなかに秀逸です。単一畑の強烈な個性を押し並べた造り。価格的にもまずまず単一畑よりはマトモな価格なので、ガヤならば、まずはこちらがオススメです。

さて、今更説明が居るのかわかりませんが、ガヤはピエモンテにおける最も偉大な生産者のうちの一人です。
ポートフォリオも膨大でバルバレスコやバローロ、そして各々の単一畑。国際品種を使用したダルマジ、買収した生産者のブルネッロなど。いずれも比類なきレベルの高さ。価格も比類なき高さ。
国際品種の導入、単一畑、バリック樽の使用などイタリアにおいて革命的なシステムを数多く取り入れています。
特に単一畑はバルバレスコやバローロの名前をあえて使用せずランゲに格下げして生産しています。
なので、ボトルにはバルバレスコやバローロの表記こそありませんが実態としてはバローロ、バルバレスコの偉大な畑から産出される卓抜したネッビオーロです。

今回はそんな偉大な畑のネッビオーロがありながら、ガヤ曰くフラッグシップとされるバルバレスコ、バローロです。そして、国際品種の高品質なシャルドネもいっしょに。


生産者: ガヤ
銘柄: バローロ ダグロミス 2007
品種: ネッビオーロ

約10000円。
粘性の高い、済んだ赤みの強いルビー。
ローストした西洋杉と、果皮の厚いダークチェリー、スモモ、薔薇の華やかなニュアンスを中心に、若い葉や茎、スモーキーなタバコ、動物的な血液や鉄釘、シナモンなどのスパイス。
かなり強い苦味。除梗してないのかな?かなりタニックでパワー感がある。対して酸味は柔らかい。
アタック感は滑らかだけど、強烈な収斂性があり、今飲むにはやや適さないと思う。


生産者: ガヤ
銘柄: バルバレスコ 2008
品種: ネッビオーロ

約21000円、パーカーポイント93点。
粘性の高い、済んだ赤みの強いルビー。
バローロに比べるとよりローストした西洋杉やシナモン、ワッフルに通じる甘やかが前に出ている。ダークチェリー、紫スモモの果実味。薔薇、タバコ、鉄釘、オリエンタルなお香、八角など。
タンニン、酸、苦味ともにバローロよりバランスが取れている感じ。華やか。バローロとの根本的な差異はあまり感じられなかったが、バルバレスコの方が全体的に柔らかいテクスチャだった。ただしこちらも造りの問題が苦味があり除梗されてるのかな?と言った感じ。どうやら除梗はしているらしいのですが、どうにも。
梗というより種の苦味になるのかな。少なくとも樽系の苦味では無いような。


生産者: ガヤ
銘柄: ガヤ エ レイ シャルドネ 2009
品種: シャルドネ

約17000円、2007年のパーカーポイント92点。
色調は明るいレモンイエロー、粘性は高い。若干浮遊物がある。
フランスのコートドールのシャルドネというより新世界のシャルドネに近い。
ただ新世界の様にごり押しのコッテリさではなく、イタリアのワインらしい清涼感のある味わい。
カリン、洋梨の果実味、バニラや焦がしバターの甘み、石鹸の様な白い花を中心に、フレッシュハーブ、白檀、白胡椒、甘草などのニュアンス。
やや樽が強く、甘やかな果実と洋梨のニュアンスが新世界っぽい。
酸味は柔らかく、そこらへんも新世界っぽさを感じる部分かも。僅かに樽の苦味も感じる。



この比較でいうと、ややバルバレスコの方が華やかで飲みやすい事を除けば、ほぼバローロと近いです。
ただ、前提として基本的にかなり全体的に収斂性が高いですが、それに輪を掛けてバローロが強烈なタニックさ。
香りの華やかさに対してこれなので、「ちょっと厳しいかな」と。
その点バルバレスコの安定感は若いヴィンテージにも関わらず、なかなか良かったと思います。

そして驚きなのがシャルドネですね。
これはすごい。キスラーやコングスガードのシャルドネを想起させるボリューム感とリッチさがありつつ、軸というか、向いてる方向がもっと清涼感を重視しようとしているような気がします。イタリアのソアヴェやフリウーリのワインに見られるような清涼感というか、穏やかな白い花の香りがあります。あそこらへんはアリアニコとかトレッビアーノの酸味は強いニュアンスなんで根本は違うんですが...雰囲気というか。いや、ファジーなんですが。
酸とミネラル感が弱く、ブルゴーニュ型のシャルドネでは無い事は間違いないです。
なかなか面白いワインです。新世界にはできない芸当ですね。

いや、キスラーとかコングスガード、メッチャ美味いですが!



ガヤ・エ・レイ シャルドネ[2009]750ml

ガヤ・エ・レイ シャルドネ[2009]750ml
価格:14,175円(税込、送料別)

大手メゾン、官能のフラッグシップシャンパーニュ




こんにちわ。
そろそろ暑くなってきましたね。
こんな気候は正直赤ワインはキツイのでシャンパーニュかビールを飲みたくなります。
そんな訳でシャンパーニュ、ペリエジュエとポール ロジェのフラッグシップです。

ペリエジュエはエペルネに本拠地を置くグランメゾン。アールヌーヴォーを代表する芸術家エミールガレがボトルデザインされた事で有名で、ベルエポックはそのフラッグシップシャンパーニュ、コート デ ブランのグランクリュのシャルドネをベースに、ピノノワールとピノムニエをアッセンブラージュ。

ポールロジェもペリエジュエ同様エペルネに本拠地を置くグランメゾンで、エペルネとコート デ ブランに87haの自社畑を保有しています。サー ウィンストンチャーチルはポールロジェの誇るフラッグシップで、英国チャーチル首相に敬意を表して、偉大な年しか作られない最高級キュヴェ。1999は12番目のヴィンテージ。



生産者: ペリエ ジュエ
銘柄: ベル エポック 2004
品種: シャルドネ50%、ピノノワール45%、ピノムニエ5%

約21000円、2000年のパーカーポイントは90点。
色調は淡いレモンイエロー、粘性は高く、泡は穏やかに立ち上る。
熟成した出汁の様なニュアンスがあるがまだまだフレッシュさはある。
火打石の様なミネラル感、フレッシュなアプリコットやライチの果実味を中心に、僅かにリコリス、ローストナッツ、清涼感のあるハーブ、バニラの香りが立ち上る。
酸味は穏やかで凝縮した柑橘系の旨味がある。出汁っぽいというか旨味が凄いなぁ。


生産者: ポール ロジェ
銘柄: キュヴェ サー ウィンストン チャーチル 1999
品種: シャルドネ、ピノノワール、ピノノワールを各1/3づつ

約23000円、パーカーポイント94点。
色調はやや黄金に近いレモンイエロー、粘性は高い。泡はわずかに立ち上っている程度。
シナモンやバニラのリッチな甘み、フレッシュで濃厚なアプリコットやパイナップルの果実味。
ミネラル感は柔らかく、アーモンドや白胡椒、花の蜜、バター、イーストの複雑な香り。全体的にリッチでボリューム感の造り。
泡は優しくなっており、酸味は青りんごをかじった時のような柔かい酸味。苦味はなく非常にバランスが取れている。
素晴らしい。まさにフラッグシップの威信に掛けた最高のシャンパーニュ。


いずれも流石の造りですな。
グランメゾンよりレコルタンマニピュランの方がもてはやされがちですが、やはり大手メゾンの造りの安定の造りはハズレがありません。
こういう卓抜したシャンパーニュは出来うる事ならビーチサイドや景観のいい所で楽しみたいですね。

ちなみにエペルネのお土産、ペリエジュエのグラス。

可愛いデザインですなー。
お金のある人はデートにどうぞ!


ブルゴーニュ優良生産者の熟成プルミエクリュ

こんばんわ。
日も跨いだ所で、アダルトな熟成ブルゴーニュの時間です。
今回はコート ド ニュイのニュイサンジョルジュ、ヴォーヌロマネ、シャンボールミュジニー、3つの村の熟成したプルミエクリュです。

クロ デ ポレはニュイ サン ジョルジュの偉大な生産者であるアンリグーシュのモノポール。ニュイ サン ジョルジュ最高のテロワール、レ サンジョルジュ、レ カイユに隣接する絶好のロケーション。

ジョセフドルーアンはボーヌに本拠地を置くネゴシアンで旗艦銘柄はボーヌ プルミエクリュのクロ デ ムーシュ。他にも卓抜した特級畑を多数保有していますが、ジョセフドルーアンの代名詞といえばこれでしょうか。
今回はシャンボールのプルミエクリュ。一級畑ですが、内訳の区画は不明です。

そして、モンジャールミニュレのプティモン。モンジャールミュニレはヴォーヌロマネの大ドメーヌで、旗艦銘柄はリシュブール、グランゼシェゾー、エシェゾー、クロ ヴージョ。一級プティモンはクロパラントゥのボーヌ寄り、リシュブールの上部に位置する、こちらも絶好のロケーションの一級畑です。



生産者: アンリ グーシュ
銘柄: ニュイ サン ジョルジュ プルミエクリュ クロ デ ポレ 1999


約10000円、パーカーポイント87-89点
色調は若々しいルビー、粘性は中庸。白ワインにも似た清涼感のある味わい。
すでに20年を経過しているワインだとは思えない。
落ち着いてはいるものの綺麗なストロベリー、ラズベリーの明るい果実味。血液、なめし革、毛皮の野性味。ゼラニウム、薔薇の華やかさ。八角、クローヴ、樹脂のスパイシーさも。
やや甘みがありジュヴレっぽい雰囲気。
熟成しているのにも関わらず、ややタニックで酸も強く、収斂性も高い。熟成を経てなお力強さを感じる卓越したプルミエクリュ。


生産者: ジョセフ ドルーアン
銘柄: シャンボール ミュジニー プルミエクリュ 1988

約12000円。
色調はまだまだ若々しいルビー、ややエッジは煉瓦色か。粘性は低め。
いやっ...これ沢庵だわ...旨味がすごい旨味。ご飯が欲しくなる味わい。
沢庵やアセロラ、梅などの果実味、薔薇のドライフラワー、腐葉土、ハモン イベリコ ベジョータ、生肉などの野生的な香りを中心にして、鉛筆の針、ロースヒップティー、コリアンダー、焦げたゴム、かつお節。群を抜いた複雑さ。
酸味は心地よく、タンニンも落ち着いている。生ハムの様な旨味を伴った塩辛さがたまらない。
しかしながらシャンボールらしさは薄れており、素晴らしい熟成ピノノワールである、といった印象。


生産者: モンジャールミュニレ
銘柄: ヴォーヌロマネ プルミエクリュ レ プティモン 1999

価格は約14000円。2005年のパーカーポイントは95点。
色調は赤みの強いガーネット、粘性は低い。
かなり熟成感が出ている。
紫スモモ、梅の酸味の強い果実味、スミレ、薔薇のドライフラワーの凝縮した旨味成分。シシトウ、生肉、ジビエ、ローズヒップティー、ナツメグ、クローヴ、ファンデーション、焼いたゴムなどのニュアンス。
酸味はやや強めだが、タンニンは時を経て成分が溶け込んでおり穏やか。
熟成シャンボールの特徴がある。


これらの熟成したプルミエクリュのテロワールはワインの骨格にのみ現れている。各々が本来持っていた構成要素は10年以上の時を経て熟成香となり、それぞれに大きな差異は感じにくい。
人と同じで、年を取ると似た顔になる。
だけど、もともと出自が良い人は年を取っていてもエレガントなおじいちゃんやおばあちゃんになるもんだ。
そしてそれは年を経ないと現れない素晴らしい特徴で、熟成の素晴らしさでもある。
若々しいワインも個性的で好きだが、綺麗に熟成したワインも、それはそれでとても魅力的だ。




ブルゴーニュ白トップドメーヌの華麗なる赤の場外戦




こんにちは。
今日は面白い試み、ブルゴーニュ白ワイン(というかムルソー)のトップドメーヌと言うべきアルヌー アント、コントラフォン、コシュデュリの赤ワインです。

アペラシオンはムルソーに隣接するヴォルネイ村、そして、さらにお隣のポマール村。

今回の1級サントノ デュ ミリューはムルソー村に存在する赤の一級畑。行政区画上はムルソーですが、AOC法としてはヴォルネイに当たります。
ここら辺が大変面倒な所ですね。ちなみにブラニーという村がありますが、法律上赤しか名称を使用できない為、算出された白はムルソー(畑でいうとムルソーブラニーやスールドダーヌ)かピュリニーモンラッシェとなります。
大変面倒ですね。
ポマールはコート ド ボーヌにおいて、ヴォルネイに並ぶ赤の名産地。コシュデュリの今回の赤は法律上村名に指定される畑の名前を使用しているポマールです。
通常この手の村名畑名入りは一級以下、村名以上のなんともいえない微妙なグレードのワインですが、コシュデュリのはめっちゃ高い...ビビる。
たまにそういうのがあって、大体生産者が一番愛していて、自信のあるキュヴェである事が多いです。プリューレロックのクロ ゴワイヨットは特級並みの値段です。
このタイプは好きな人は好きでしょうね、俺も好き。


生産者: アルヌーアント
銘柄: ヴォルネイ プルミエクリュ サントノ ディ ミリュー 2006

約9000円、2009年のパーカーポイントは92点。
アルヌーアントはムルソーにおいて近年急激に評価を伸ばしているドメーヌで、現在はスター生産者であることは疑いのない事実でしょう。
化学肥料や除草剤は使用せず収量を極めて抑えた凝縮度の高いワインを生産しています。最高の畑は恐らくムルソー グドードールでしょう。
ノンフィルトレ。浮遊物がある淡いルビー、粘性が高い。
流石にラフォンやコシュデュリの赤と比べると洗練されておらず、やや閉じている香味。
ヴォルネイでありながらボリューム感があり、どちらかというとポマール的な味わい。
石灰や汁粉の様な粉っぽいニュアンス。甘やかなラズベリー、ブルーベリーなどの果皮の深みのある味わい。スミレのドライフラワー、ローズヒップティーなどのフレッシュさは無いが力強い花の香り。ベーコン、シナモン、クローヴ、焼き栗のニュアンス。熟成感を感じながら果実感が強いから、バランスが取れているとすら感じる。
酸味とタンニンは穏やかながら収斂性が高いかも。甘やかさはありながら、瑞々しさもあり全体的に穏やかでジュヴレシャンベルタン寄りのモレサンドニっぽさがある。開いたら殊更美味しいだろう。


生産者: コントラフォン
銘柄: ヴォルネイ プルミエクリュ サントノ ディ ミリュー 2006

約14000円。パーカーポイントは91点。
正真正銘、世界で5本の指に間違いなく含まれるトップ生産者。帰艦銘柄はムルソーのジュヌヴリエール、ペリエール。そして特級モンラッシェ。栽培はビオディナミ。
透明度がありつつ赤みの強いルビー。血液が如き鮮明な赤色。
まさに凝縮したフランボワーズ、ラズベリーやクランベリーのジャム!そしてスミレや薔薇の華やかでゴージャスな香り!ばあっと広がる様な華やかさは、ナカナカ他のワインでは見られない。
3本の中で最も鮮明で派手な作り。
果実や花を主軸にしながら、土の香りや、トマトジュースやなめし革、燻製香、ローズヒップティーなどのフレッシュで自然な味わいと、オリエンタルスパイス、クローヴ、シナモン、焦げた木のニュアンス。
ポマールと比較すると構成要素が酸味の強い赤い果実感が突出していて、柔らかさというより原初の自然的な鋭さ、美しさ、孤高さに近い。タンニンもそれなりにあるが、アタックがシルクの様に滑らかで、むしろ柔かいとは言えるレベルかも。
甘さはないが、果実を一番身近に感じるワイン。凄いなこれは...
シャンボールミュジニー的な味わい。酸味のあるジャムのアフター。凄いね。


生産者: コシュ デュリ
銘柄: ポマール レ バーミュリアン 2006

約31500円、パーカーポイントは不明。
こちらもラフォン、ルフレーヴと並び、世界で確実に5本の指に入るトップ生産者。帰艦銘柄はペリエール、ジュヌヴリエール、そしてコルトンシャルルマーニュ。
やや浮遊物がある淡いルビー。粘性は高い
これはいいな!
かなり華やかで甘やかな味わい。
エマニュエル ルジェの一級畑クラスを飲んでいる様な豊満な華やかさと甘やかさ。
コンポートしたアメリカンチェリーやフランボワーズなどの赤い果実。やや黒い果実の果皮も。それにワッフルや花の蜜やハチミツをかけたビスケットを中心に、黒檀、薔薇やスミレ、なめし革、ヒノキ、白胡椒、ジンジャーブレット、バニラなど。
ヴォルネイの華やかな流麗さに比べるとすごく太く強さを感じる味わい。
そして、とにかく甘い。
糖度としては低く、ドライだけれども、甘みを感じさせる構成要素が幅を聞かせている。
柔らかで、しなやかな穏やかな味わい。タンニンも柔らかく、酸も穏やかな。豊満な優しいボディが特徴。
ジュヴレシャンベルタンっぽいテクスチャだけど、綿で包まれた様な柔らかさ。



まぁ、これ程の生産者ですから当然といえば当然ですが、白が最高で赤が凡庸という事はありません。さながらニュイの特級クラスの複雑さや芳香性。
さすがです。
しかしてポマールはともかく、サントノ ディ ミリューにこれだけの差異が出たのは気になります。アルヌーアントの方がより樽のニュアンスが強く甘やか、ラフォンは赤みが相当強かったから、低温マセレーションで抽出を強めに、旧樽を上手く使っているような印象。事実はわかりませんが....
ラフォンのサントノ デュ ミリューの方がヴォルネイとしての再現度は高かったような気がします。
ノンシュガーのオーガニックなブルーベリージャムとコンポートしたラズベリーの差のような。
いずれも良かったですが、ラフォンのヴォルネイのクリアな透明感のある味わい他に無い卓抜したものですね。
ポマールもとても村名とは思えない造りで、リュジアンに隣接しているというところもあるのかポマールらしい力強い味わいでした。

いや、本当に表題にあるように華麗すぎる競演でした。あっぱれ!




悠久の果てを垣間見せるムートン '84、途上のポンテカネ'06



こんにちは。
引き続きボルドー、貴重なムートン84とポンテカネ06です。
ムートンは80年代の卓抜したヴィンテージは82年ですが、それよりも2年後のヴィンテージ。偉大な作柄の年ではありませんが、やはり一級はそれでも素晴らしいワインを醸します。
ポンテ カネは5級シャトーですが、ロバートパーカーの評価も高く、とりわけこの06には類を見ない95ポイントを与えています。ちなみに最新ヴィンテージはそれを更新して10は96-100、09は100点とされています。一級シャトーでも獲得しにくい点数だけに如何に素晴らしいワインかわかりますね。


生産者、銘柄: シャトー ポンテ カネ 2006
村名: ポイヤック
品種: 品種: CS61%, ML32%, CF5%, PV2.%

約12000円、パーカーポイント95点。
94年から劇的な品質の改善が行われ、今や上位格付クラスにも匹敵する、非常に評価の高いメドック5級シャトー。ムートンロートシルトの向かいに位置し、ビオディナミを採用し造りは古典的なポイヤックスタイルと言えます。
色調は濃い黒に近いガーネット、粘性は高め。
ややインキーの様な濃さがあり、ブラックベリー、カシスのやや若い果皮の厚いニュアンス。ミント、華やかな芍薬、溶剤。焼いた西洋杉、燻製肉、ゴム、クルミなどの香ばしい樽香が支配する。ややスパイシーな香りも。
とにかく見かけ通り、タニックで力強く、酸味も強い。
やはりボルドーでは7年の熟成などは無きに等しいか、香りはまだ閉じている。
、これから熟成を経てカシスやブラックベリーが甘やかに変化して行く中で、強固なボディは円熟味を増して、最高のバランスを見せるだろう。
カシスの清涼感のある余韻。
現在はまだ厳しいが先をみると有望すぎるシャトーである。



生産者、銘柄: シャトー ムートン ロートシルト1984
品種: CS77%, ML11%, CF10%, PV9%

価格は45000円、パーカーポイントは80点と辛口。
メドック一級格付け。
すでに28年の歳月を経た古酒にも関わらず、現在がまさに飲み頃と言わんばかりの、赤色の強いガーネット。そこに古酒にあるはずの煉瓦色は無い。
粘性は中庸。
綺麗な熟成香を帯びた複雑味。
インクの様な濃さはすでに見る影もない。甘やかなドライイチジク、ドライプルーンなどのエレガントな果実味に姿を変えている。そして果実味から徐々にビターチョコレート、コーヒーの樽香、腐葉土、タバコ、シシトウ。ベーコンや生肉など動物的な香り。
甘草、クローヴ、コリアンダーなどのスパイス類が渾然一体と立ち上ってくる。要素の多さ、複雑さはその他のボルドーと比較して群を抜いている。
タンニンは全て溶け込んでおり、柔らかで重々しさはすべて抜け切っている。驚くくらいシルキーで驚くくらい綺麗で、華やか。
口に含んだ時の香りの鮮明さが半端ない。やや収斂性が高いが、酸味はとても爽やかで柔らかい。
素晴らしい熟成ボルドー。


いや素晴らしいムートンロートシルトでした。
何かと縁があるシャトーで91,03,06を頂いた事があるのですが、このシャトーはどのヴィンテージを飲んでも素晴らしい。06の若さも91の若干熟成を帯びた風味も、味わいのロードマップに沿っているかの様に緻密に経年に沿った美味さを追求している。
ええと、キャリアプランに沿っているっていえばいいのかな?
若干、このヴィンテージのパーカーポイントはかなり辛口に採点されていますが、個人的に他のシャトーやドメーヌが得る80点とは違います。期待値に対する点数かと思います。
5大シャトーとスーパーセカンドを除けば、孤高の存在といっても差し支えないレベルではあります。
ラトゥール96年で目覚めた僕としては、ポイヤックのこのクラスのワインを飲むと、なんとも言えない気持ちになりますね。

ポンテカネは逆にまだガチガチで素直に楽しめる造りにはまだなっていませんでした。しかしながら強固なタンニンと骨格に裏付けられた骨格の強さは十分な熟成を経る事で、よりバランスが取れて行くのではないかと思われます。

ボルドーは高いですが、やはり面白いですね。


果て無き未来を予見させる、ポールベルノのビアンヴィニュ バタール モンラッシェ

こんにちは。
本日はポールペルノのビアンヴィニュ バタール モンラッシェです。

ポールペルノはピュリニーモンラッシェの生産者で、一級ピュセル、一級フォラティエール、そして特級ビアンヴニュバタールモンラッシェを保有しています。収量を抑え凝縮した葡萄を樽発酵、新樽で14ヶ月程度熟成。
とりわけ、ビアンヴニュは300樽程度しか生産されません。


生産者: ポール ペルノ
銘柄: ビアンヴィニュ バタール モンラッシェ グランクリュ 2010

価格は17000円、パーカーポイントは94点(2009年)
色調は淡いレモンイエロー、粘性は中庸。
ふくよかながら想像以上に爽やかな味わい。膨らみが隠れているが、流石にやや硬めの味わい。
大きなミネラル。石灰岩を切り崩した様な粉っぽさがある。華やかな清涼感のある白い花、花の蜜、フレッシュハーブ、カシューナッツ、シャンピニオンの香りを主軸にグレープフルーツ、洋梨、桃の果実味。
10分も経つと急激に香りが花開き、その複雑性を見せる。まさに官能的な味わい。シナモン、バニラやフルーツケーキの様な味わい。
時間を待たないと硬く果実味とのバランスは悪いが、忍耐強く待った時に現れる姿は恐ろしく優美で豊満。
レモンの様なキリッとした酸味があり、やや苦味も感じるが、流石に奥に潜む太さをかんじる。
熟成が本当に楽しみに思える味わい。


根本は非常に豊満なワイン。抜栓直後は冷ややかでミネラルが際立つが、それだけに豊満な姿を見せた時の喜びは果てないものがある。
抜栓直後の綺麗なフレッシュさから徐々に樽の肉厚さや甘やかなフルーツ、スパイスを感じられるのは、さながら少女から女性に成長する様を眺めている錯覚に陥る。オイリーさはあまり強くないが、その他の華やかな要素でバタールの豊満さを表現しているのは素晴らしい。卓抜した生産者だ。

当然ながらピュリニーとシャサーニュの孤高の存在といえば、特級ル モンラッシェですが、あの特級ひしめく丘陵地帯には数多のポスト モンラッシェが潜んでいるのではないかと思わずにはいられません。



本気のブルと合わせる、生ハム3種デギュスタシオン


こんばんわ。
さて、今日はワインで書くべきネタもないので、前から備蓄していた生ハムを3つ開けちゃいます。

ちなみに相方のお酒は、一昨日の晩の残りのジョルジュリニエのクロ サン ドニ グランクリュ。

2日経って、やっとクロサンドニが本気を出してきた。これが僕の知っているバーガンディー。
猛烈に香るブルーベリーとチェリー、シベットの香り。なめし革や血の筋など動物的な香り。素晴らしい。
これが本来のクロ サン ドニのポテンシャルか。一日も待たせるなんて人の悪いワインだ。今の感じだと気難しいタイプのジュヴレシャンベルタンに近いと思う。

さて生ハムは次の3つ。
ハモン デ テルエル、ハモン イベリコ セボ 24ヶ月熟成、ハモン イベリコ ベジョータ 32ヶ月熟成。
贅沢というか、何かを捨てないと出来ない気前の良さです。たかだか生ハムで4000円。概ねベジョータの50g 1900円が効いてるんですがね。
ワインばかりやるのも何なのでツマミもやればマンネリ打破できるかも...というちょっと打算的なエントリーです。
いつもはこんな高級なものは食わずに、大抵ワインだけかナッツかバケットです。チーズも高いので基本的には買いません。嫁のメシでお腹いっぱいにしてから酒を飲むのが俺のスタイル。


銘柄: ハモン デ テルエル

価格は75gで700円くらい。
スペイン アラゴン州テルエル地方の三元交配豚のハモンセラーノ。白豚。
やや乾いた硬めの食感。脂身は少ない。強烈な旨味成分、アミノ酸の塊。
いわゆる生ハムと比べると梅っぽいニュアンスがありアミノ酸の深みを感じる。しかしながらちょっと過剰に塩辛い味わいではあると思う。
プロシュートほどフレッシュではなく、適度にカラスミの様な味わい。
クロ サン ドニとの相性は抜群。舌が狂いそうになるくらいの旨味の爆発。


銘柄: ハモン イベリコ セボ 24ヶ月熟成

75g 1200円くらい。
ドングリを一度も食べなかったスペイン産 黒豚イベリア種の生ハム。
やや柔らかめの食感。よくある生ハムよりはすんなり千切れる程度の柔らかさ。脂身の割合は多め。
特筆すべきはトロットロの蕩けるような脂身で穀物やナッツ類の脂身の様な香ばしさが漂う。
凝縮した旨味成分。塩みは若干あるがデルエルほどではない。やや脂っぽさを感じる。
こちらもクロ サン ドニとの相性は抜群。でも実は濃厚な白ワインとも会いそうだ。ナッツの風味がマリアージュしそう。


銘柄: ハモン イベリコ ベジョータ
32ヶ月熟成

50g 1900円。
ドングリのみで飼育した最高級のスペイン産 黒豚イベリア種の生ハム。牛肉のような濃い赤色ときめ細かな脂肪が特徴。
セボに輪をかけてトロトロになった脂身、より明確になったナッツや穀物の味わいを感じさせる脂身。複雑味。ともすれば核種類のフルーティーさまで感じる。華やか。梅のような酸味と旨味の凝縮感。塩っぽさは落ち着いてきた。
やや硬めの赤み部分に対して脂身はほろほろと崩れるほど柔らかい。

クロサンドニとの相性も最高。
それこそ高級な牛肉を食っている様な陶酔感がある。ただし、当然ながら脂は強いのでそんなに多くは食べることは出来ない。


いや、結構胃に来ますね...
ハモンイベリコベジョータは最高なんだけど、かなり脂っぽいので、実際に軽めのツマミにするならテルエルくらいでいいと思います。塩辛さも丁度いい。ただしボディの強いワインにはハモンイベリコを。
今回はスーパーで買ったパック品ですが、実際スペインバルなどでハモンイベリコを頼むとこんなんが出てきます。


切ったもの。

綺麗な赤みとサシですね。
こちらはやや硬く、刺身を食べてる様な感じです。

結構生ハムは奥深くて楽しいです。
プロシュートをつまむのもよし、コッパにかぶりつくのもよし。
楽しいワインのお友達です。
プロフィール

HKO(はこ)

Author:HKO(はこ)
HKOです。
世界を股にかけない普通の内勤サラリーマン。
体はピノノワールとシャルドネで出来ていますが、最近は専らシラー、グルナッシュ、ヴィオニエなどの南仏品種や、ジンファンデルみたいな濃い品種が好み。貴重なワインや興味深いワインを求めて日夜東京を徘徊する日々。
食べ歩きを2014年頃からスタート。
ミシュラン星付きフレンチ(2017年度版まで)制覇まであと2店舗。
2店舗のハードルが高いので、最近は手軽なビストロなどを周遊。
基本フレンチ/イノベーティブ/フュージョンを愛するが、イタリアンや和食にも食指を伸ばす日々。ペアリングは考えず、皿の中で終局する世界観を大切にしています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
ついった
物欲センサー
物欲センサー2
リンク
QRコード
QR