ネゴスも秀逸、シャーヴのエルミタージュ ファルコネ

こんばんわ。
今日も暑いですね、毎日暑すぎて「ひょっとしたら俺痩せちゃったりするのかしら!?」と思って体重計に乗っては落胆する日々です。夏なんてくそくらえだ!

この手の愚痴が多いブログですが、どうかよろしくお願いします。
今日はジャン ルイ シャーヴのネゴシアンもの。JLシャーヴセレクションから、エルミタージュファルコネです。
シャーヴといえば、北部ローヌ、特にエルミタージュにおいては最良の生産者とされています。ギガルのエルミタージュ エクスヴォトも素晴らしいですが、エルミタージュといえばシャーヴという意見に異論がある人はただの一人もいないでしょう。
しかしながら需要と供給の不一致、価格的な面で手に入れられる人は極一握りです。
そんな中で現れたのがシャーヴが選び買い付けしたセレクション、JLシャーヴセレクションで、幾分かドメーヌもののエルミタージュと比較すると購入しやすい価格になっています。
有機栽培、収量制限、テロワールが表現されているドメーヌのみを選抜し、更にブドウの成長過程、収穫期及び醸造期間は連絡を取り品質保持をしています。ネゴスものとはいえシャーヴの名前を冠するとなれば当然といえば当然ですね。
ファルコネはドメーヌの葡萄と買い葡萄を評価の高い3地域からアッセンブラージュしています。

価格は7000円とエルミタージュとしては平準的な価格ですが、その品質たるや凄まじいものがあります。シャプティエのエルミタージュ ラ シゼランヌを凌駕すると個人的には思っています。



生産者: シャーヴセレクション
銘柄: エルミタージュ ファルコネ 2008
品種: シラー

価格は7000円、パーカーポイントは不明。
ちょっと絶句しちゃうくらい美味い。ネゴスものとは思えん...
色調は濃いが輝きと透明感を持ったガーネット、粘性は高い。
過剰とも言える黒胡椒の強いスパイシーさ、ブルーベリーやアメリカンチェリー、プラムのジャムの様な分厚い黒い果実味を中心に華やかな芍薬、スミレの香りやシシトウ、パストラミハム、ヒノキ、コリアンダー、クルミや炭焼き、ゴムなど。
徐々に味わいはジャミーで甘やかになってくる。穀物の様なニュアンスも。
アタックはさすがに強いが、酸味の方が目立ちタンニンはやや控えめ。ブルゴーニュライクな造りといえる。
果実の甘やかさもありキャッチーで最高のエルミタージュ。


いや、本当に美味しいです、このエルミタージュ。みっちりと目の詰まった凝縮度、ジャムの様な甘やかさと品種由来の黒胡椒のスパイスさ。どの要素も強烈な個性を放っているのに、奇跡的にバランスが取れている。
これだけのエルミタージュはあまり飲んだ事がありません。
エルミタージュと比べると北部ローヌだったらコートロティ派でしたが、一気にエルミタージュ派になっちゃうかも。でもランドンヌとなかなか甲乙つけ難い...すごいワイン。

スポンサーサイト

Fish Bank(フィッシュバンク: 汐留)


地上41階から望む汐留の景観は最高。席によってはレインボーブリッジが一望できる。


こんにちは。
先日は久々に本社に行ったので、たまにはいいものをと思い、プリフィクスのコースを食ってきました。

その日研修だったので休み時間はキチッと一時間。
移動時間を含めると約40分のコースを終わらせなくてはならない!
取り急ぎスピーディーにお願いします!とウェイターのお兄さんに前置きしつつ、地上41階からの素晴らしい景色も眺めず目の前の皿に集中!


■バケット
3種のバケット (バター、オリーブオイル)

パンの種類はプレーン、クロワッサン、紅茶フレーバーとパン3種。
オリーブオイルとバターがついてくる。
オリーブオイルはやたらとフルーティで葡萄の風味が強め。バターはかなりクリーミーで牛乳の味わいが残る。
近場の飯屋のご飯お代わり自由!と同じ感じでパンは基本食べ放題。
ただし店員さんをキャッチしないとダメ。普通なら3つか4つ食べれば十分だが2回は最低お代わりするのが俺のフレンチスタイル。
前菜が出るまでに一回分を消費した。



■前菜
鰹と冬瓜のサラダ バルサミコソース

冬瓜は煮物の様にクタクタにしてある訳ではなく、芯を残した形で歯ごたえはザクザク。
鰹の叩きはかなり味が濃いめだけど、そんなに臭みや苦味はないかも。ちょっと驚いたのは鰹節とバルサミコソースがよく合うこと。
柔らかく濃いめの味の鰹と淡白な冬瓜のザクザク感が意外とマッチ。鰹節とネギも和風の


■メイン(肉料理)
豚フィレ肉のソテー 山葵香るクリームソース

ちょっと甘みのあるマスタードソース。流石に回転数を上げないとやってけないランチだけに少々作り置きっぽい雰囲気が。塩胡椒でソテーしたお肉はちょっとボソボソ。ただ1800円と考えると凄い頑張ってると思う...

しかき付け合わせに摩り下ろしガーリックが乗っていたんだがランチでこれは厳しい...
研修でいろいろな人と実習するのに、「うわこの人ニンニクくさっ!デブだしすた丼食ってきたな!」と思われる事請け合いです。
ええ、食べましたよ、ニンニク好きだもの。


■デザート
ココナッツのソルベ ベリーソース

マスカットとマンゴー、ハーブのジュレとベリーソース。
このココナッツのソルベが非常に濃厚で多分単体で食べるとちょっとくどいかもしれないんですが、ハーブのジュレの爽やかな風味とベリーソースの酸味がうまくバランス取ってるんですよねえ。すごいいいバランスです。
そしてカリカリのクルトンっぽいも食感に飽きさせない配慮がある様な気がします。これは美味しいですね!


全部で3皿。
ちなみにランチコースは1800円。
ランチとはいえプリフィクスでこの値段は激安ですね。
色々気になるところはありましたが、値段を考えると、かなり満足度高かったです。
眺めもいいので夜もありかもしれません!
本当はワインの一杯でも引っ掛けてきたかったんだけどな...まあ無理よね。常識的に考えて..
プロフィール

HKO(はこ)

Author:HKO(はこ)
HKOです。
世界を股にかけない普通の内勤サラリーマン。
体はピノノワールとシャルドネで出来ていますが、最近は専らシラー、グルナッシュ、ヴィオニエなどの南仏品種や、ジンファンデルみたいな濃い品種が好み。貴重なワインや興味深いワインを求めて日夜東京を徘徊する日々。
食べ歩きを2014年頃からスタート。
ミシュラン星付きフレンチ(2017年度版まで)制覇まであと2店舗。
2店舗のハードルが高いので、最近は手軽なビストロなどを周遊。
基本フレンチ/イノベーティブ/フュージョンを愛するが、イタリアンや和食にも食指を伸ばす日々。ペアリングは考えず、皿の中で終局する世界観を大切にしています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
ついった
物欲センサー
物欲センサー2
リンク
QRコード
QR