ブルゴーニュ ヴォーヌロマネ集中テイスティング



どうもこんばんわ。
今晩はヴォーヌロマネ特集です。
ヴォーヌロマネ4種類をテイスティング。リシュブールに隣接する一級畑オーブリュレ、ロマネサンヴィヴァンの下部に位置する一級クロワラモー、エシェゾーとグランエシェゾーに隣接する一級レ ボーモン。そして特級エシェゾー。ヴィンテージは一級がすべて2006年、特級は2009年。


生産者: ジャック カシュー
銘柄: ヴォーヌロマネ プルミエクリュ クロワ ラモー 2006

約14500円。
色調は中庸なルビー、若干抽出は強めかな。
粘性は低め。
やや熟成感はあるが、若々しさも同時に感じる。ドライイチジクやストロベリーの果実味、薔薇、ゼラニウムの華やかな果実味。強いなめし革やムスク、西洋杉、お香、甘草、クローヴなど。
酸味とタンニンもしなやかで口の中に薔薇とイチジクの華やかさが広がる。


生産者: ジャン ジャック コンフュロン
銘柄: ヴォーヌロマネ プルミエクリュ レ ボーモン 2006

約12000円。
色調は中庸なルビー、粘性は低い。かなりの熟成感を感じる。
ドライイチジクや梅しばの発酵した果実味、薔薇、腐葉土、華やかな香りが支配的。ベーコン、樹皮、ややオイルの風味、ナツメグ、溶剤など。やや青っぽい雰囲気が感じられるが全体的に品の良い味わい。
引き締まった清涼感のあるアタックで酸味やタンニンも共に充実しているが、複雑なニュアンスがしっかりと洗われている。


生産者: ドメーヌ デュージェニー
銘柄: ヴォーヌロマネ プルミエクリュ オーブリュレ 2006

約16000円
色調は濃いルビー、粘性は高い。
デュージェニーらしく甘やかさが全体に至った味わい。
ヴィエイユヴィーニュに所以する様なシロップの様な甘さがある。熟したアメリカンチェリーやドライプルーンの凝縮した甘みがある。ただし、エシェゾーほど鮮明ではない。ただし果実味が全体的に落ち着いた事によってゼラニウムやシロップ漬けのスミレ、薔薇の香りがより鮮明になっている。野生的な面も現れており、ベーコンや香水、石灰、ビスケット、イースト香、焦げた松の樹皮のエレガントな側面も現れている。
アタックは酸味もタンニンも充実しているが甘やかでしなやか。
デュージェニーのスタイルかもしれないが。穏やかで心地よい味わい。甘やかでキャッチーだ。


生産者: ドメーヌ デュージェニー
銘柄: エシェゾー グランクリュ 2009

約30000円。パーカーポイント93-95点。
色調はかなり濃いめのルビー、いや、ガーネットかな、粘性は高い。とても甘やかでねっとりとしている、エシェゾーらしからぬ濃厚さと甘やかさ。
熟したドライプルーンやアメリカンチェリーのジャムの様な濃厚な果実味、シロップ漬けのスミレ、薔薇のアロマオイル、ヴィエイユヴィーニュに所以する甘やかさか?樽に所以する炭焼き、ワッフル、杉などの甘やかさ。動物的な野性味はあまり感じられない。ナツメグ、ビスケットなど。
アタックは強めだが滑らかなタンニンと酸。骨格は強いのだけど香りの濃厚さから良くバランスが取れていると思う。濃厚で甘やかなパワータイプ。


まず一級間での比較で言うとまずデュージェニーのオーブリュレとそれ以外に分類出来た。デュージェニーのワインは生産者の個性が非常に強く、恐らくテロワールの差異は同生産者の中でしか単純比較はできないだろう。
ジャックカシューのクロワラモーとコンフュロンのボーモンに関してはそれぞれ熟成感も近かったので、ここは比較できるかもしれない。
クロワラモーはボーモンと比較した時に華やかさは欠けるものの、柑橘系の清涼感となめし革の野生的な香りを感じた。やや一級にしては複雑さに物足りなさを感じるのは村名区画に隣接しているからだろうか。対してボーモンはより花の香りや清涼感、果実味が強く複雑なニュアンスか現れていたと思う。
エシェゾーに隣接している事から溌剌としたきめ細やかな赤い果実のニュアンスを想像していたが、思った以上に熟成が進んでいてテロワールを判断するに至らなかった。若ければエシェゾーに近くなるのかな?ちなみにエマニュエルルジェのボーモンはプティエシェゾーといった風体だったが。
デュージェニーのワインに関しては共に非常に肉感的で分厚いタッチ。エレガンスもある。強い抽出と古木に所以する凝縮感とエレガンス、全体的に甘やかでボリューム感のあるピノノワール。その中においてオーブリュレはエシェゾーと比較した時に果実の凝縮感、鮮明さにおいてやはり弱さがあると感じた。
パワー感に関してはヴィンテージに所以する部分も多分にあるが、要素の鮮明さや甘露さに関してはテロワールや醸造によるものが大きいかもしれない。エシェゾーは本当に素晴らしくてデュガピィの造りを想起させる。緻密で鮮明で、濃厚。
ややヴォーヌロマネとしては男性的な部分が前に出ていて、ブルゴーニュ全体を見回した時にヴォーヌロマネ的とは言い難いが、単純にピノノワールの造りとしては非常に偉大な造り。ルジェのバランス感と比べるとちょっと粗野だが方向性としては近いかもしれない。




エシェゾー[2006](赤)ドメーヌ・デュージェニー

エシェゾー[2006](赤)ドメーヌ・デュージェニー
価格:19,800円(税込、送料別)


スポンサーサイト
プロフィール

HKO(はこ)

Author:HKO(はこ)
HKOです。
世界を股にかけない普通の内勤サラリーマン。
体はピノノワールとシャルドネで出来ていますが、最近は専らシラー、グルナッシュ、ヴィオニエなどの南仏品種や、ジンファンデルみたいな濃い品種が好み。貴重なワインや興味深いワインを求めて日夜東京を徘徊する日々。
食べ歩きを2014年頃からスタート。
ミシュラン星付きフレンチ(2017年度版まで)制覇まであと2店舗。
2店舗のハードルが高いので、最近は手軽なビストロなどを周遊。
基本フレンチ/イノベーティブ/フュージョンを愛するが、イタリアンや和食にも食指を伸ばす日々。ペアリングは考えず、皿の中で終局する世界観を大切にしています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
ついった
物欲センサー
物欲センサー2
リンク
QRコード
QR