2012ワイン総括(白)

こんばんわ。
2012年総括、白です。

■白総評
白同様、ブルゴーニュにおいては昨年と比較して、土壌、日照、ヴィンテージを幾つかの水平垂直を経て学ぶ事が出来た。また、その他の地域に関しては、赤に対してやや経験値が劣った各品種間の差をより理解する事が出来たと思う。

■ブルゴーニュ白
順位付の基準は概ね赤と同様としているが、より白においては好みを優先させている。従って必ずしも「上位ほど偉大なワインである」という訳では無い。
ブルゴーニュ白においては、やはりコート ド ボーヌより産出されるシャルドネが上位となった。テール ブランシュ、及びモンリュイザンなどのニュイの白一級、メルキュレなどのシャロネーズも素晴らしかったが、今回はいずれもムルソー、シャサーニュ、ピュリニーに比肩する白は無かった。
なお前提として私個人としてムルソー贔屓という事をご理解ください。

1.ムルソー 1995(コシュ デュリ)
2.ムルソー プルミエクリュ ペリエール 2009(ルーロ)
3.シュヴァリエ モンラッシェ グランクリュ 2010(ラモネ)
4.バタール モンラッシェ グランクリュ 2010(ルフレーヴ)
5.ムルソー プルミエクリュ シャルム 2008(コントラフォン)
6.ピュリニー モンラッシェ プルミエクリュ シャンガン 2008(ドミニク ラフォン)
7.ムルソー クロ ド ラ バール 2009(コントラフォン)
8.ピュリニー モンラッシェ プルミエクリュ ラ ピュセル 2010(ルフレーヴ)
9.ムルソー プルミエクリュ クロ ド ラ ペリエール 2010(アルベール グリヴォー)
10.バタール モンラッシェ ポール ペルノ 2010(ポール ペルノ)

まず最上位としたのはコシュデュリの村名ムルソー。一級ではないし、ピュリニーやシャサーニュの特級ではない。
まず、村名のイメージと圧倒的に乖離した複雑さ、果実味である事、そして熟成感がバランスよく編み込まれていた事を評価したい。価格帯も村名レベルでは無いのだが、驚きと喜びに満ちた体験という意味でコシュデュリのムルソーを最上位に据えた。
次にルーロのムルソーペリエール。ムルソーとしての特徴は残しつつ強烈なミネラル感を包含し、非常に引き締まった清涼感のある印象のワイン。豊満なシュヴァリエモンラッシェと言ってもいいほど要素は充実している。
また序列3位に付けたラモネのシュヴァリエモンラッシェは更にピュリニーの特徴をすべて先鋭化させた様な作りでこちらも恐るべきミネラル感を持ったワイン。冷ややかで引き締まった強固な体躯を持ったワイン。
この2本は圧倒的にミネラル感が強く、そのミネラル感に負けないくらい、ペリエールであればオイリーさやリッチさが、シュヴァリエであれば白い花や果実味が溢れている。
ともすれば強烈なミネラル感によって閉じこもってしまいそうな香りを、卓抜したそれらの要素で均衡を保っている様な印象。そして全体的に強固で複雑なニュアンスと膨大なエネルギーを感じさせる味わいなっている。これらのことからこの2本を2位3位に選出した。

次に序列4位から8位まではルフレーヴとラフォンファミリー。
ルフレーヴだと特級バタールが最上位となり、一級ピュセルが続く。
ラフォンは、本丸コントラフォンの一級シャルム、次いでドミニクの個人ドメーヌの一級シャンガン、村名クロ ド ラ バールが続く。
ルフレーヴもラフォンも当然ながら、そのワイン作りに一本筋が通った作りをしている。
その中で卓抜したワインは数多く見られたが、特にこの5本はいずれも素晴らしく甲乙を付け難い品質だったと思う
ルフレーヴはブルゴーニュにおけるシャルドネの手本となるような、樽を抑えた透明感と凝縮した果実味を味わえるスタイルを、ラフォンはリッチで濃密感のあるスタイルを貫いていた。(ドミニクのシャンガンのピュリニーらしい清涼感やミネラルの硬質さがあるもの、どこかムルソーを感じさせるリッチで濃密な味わいだったと思う)。
これらスタイルは生産者の個性そのものだが、追従する生産者が多い為、飛び道具的な面白さは全く無かった。しかし、卓抜した品質と官能的な味わいは無二のものであり、上位3位にと全く遜色のないものだと思う。飛び道具的な個性、そして感動の瞬発力を反映せた結果、4位以下とした。二度言うが、品質としては3位以上と全く遜色はない。シャルムやバタールは品質だけで言うなら2位3位でもいいくらい。

最後の2本は完全に好みで選んでいる。ボリューム感とムルソーとしては強固なミネラルを持つクロ ド ラ ペリエール、酸味を感じるタッチから時間をおくと急激に甘さを放出するポールペルノのバタールモンラッシェだ。クロ ド ラ ペリエールのミネラル感はペリエール同様アペラシオンの個性に所以するものなのか。流石にルーロのペリエールと比較すると、やや凝縮感に欠ける部分はあるものの、非常に魅力的なミネラル重視のムルソー。いわゆるリッチでボリューミーなムルソー一本筋を立てた様な素晴らしさ。
ポールペルノは本当に好みで抜栓直後のドライさから、本当に一変して甘やかに変化して行く抑揚がいいですね。
なお今回アリゴテの可能性を見たポンソのモンリュイザン、強固でありながら甘露なボノーのコルドンシャルルマーニュ2010、可能性を感じさせたパトリックジャヴィリエのムルソーは選外としたが、これらも非常に素晴らしいブルゴーニュだったと思う。



■白(ブルゴーニュ以外)
やはり出来の良いシャルドネが好きなのか、概ね上位は新世界のシャルドネが占めるが、セミヨン、ヴィオニエ、ルーサンヌ、マルサンヌ、ソーヴィニヨンブラン、リースリング、ピノグリなど、様々な品種において偉大な白を発見することが出来た。

1.シャトーディケム 2006
2.キスラー パーメリーヒル ストーンフラットヴィンヤード 2009(キスラー)
3.コングスガード ザ ジャッジ シャルドネ 2009(コングスガード ワイナリー)
4.エルミタージュ エクス ヴォト ブラン 2009(エティエンヌ ギガル)
5.プイィフュメ ド プイィ シレックス 2008(ディディエ ダグノー)
6.コンドリュー ラ ドリアンヌ 2010(エティエンヌ ギガル)
7.エルミタージュ ブラン 2009(ジャン ルイ シャーヴ)
8.マンブール アルザス グランクリュ 2009(マルセル ダイス)
9.リースリング シンガーリーデル トロッケン ベーレン アウスレーゼ 2009(ヒルツベルガー)
10.ラ クラルテ オーブリオン 2009

・ボルドー
ディケムは圧倒的でした。
甘口で粘性は高く、複雑な芳香を放つのに、ベタついた所が全く無い。文句無しのトップ。他の辛口と単純比較は出来ないが、それを差し置いても受けた感動を考えると序列一位に相応しい。
ラクルテは非常にシャルドネにタッチが近い、それでいてやや清涼感を感じさせる濃厚だが非常によく出来たソーヴィニヨンブラン、セミヨン。それがボルドーで産出されたものであるという事に感動を覚えた。
なおいわゆるアンドゥルトゥメールの様なソーヴィニヨンブラン主体のワインからは選出すべきものは無かった。

・新世界
キスラー、コングスガードのザ ジャッジ共に本当に素晴らしいシャルドネでした。
キスラーはモンラッシェを、コングスガードはシャンパーニュの最良のブラン ド ブランやムルソーペリエールを想起させる凄まじい「新世界の」シャルドネ。価格も高いが、既にフランスのコート ドールのシャルドネに肉薄している。タダのコピーでも十二分に奇跡的だが、そこに新世界のキャッチーさやボリューム感は確かに存在する。潜在能力では無く、単純に現時点での素晴らしさを評価したい。

・ローヌ
正反対の作りながら北部の白のブルゴーニュにも劣らぬ卓抜した個性を持ったギガル、シャーヴのエルミタージュ、コンドリュー。「ローヌとは(こういうものだ)」という問いに答えられる様な画一的な作りでは無く、生産者の個性に答える事の出来るアペラシオンと品種の多様性に心底感心した。生産者が己が個性を存分に発揮している。
コンドリューはソーヴィニヨンブラン的であり、かつ複雑さと骨格を併せ持ったワインだと思うし、エルミタージュの2種に至っては片やシャルドネ的な味わい片やゲヴェルツトラミネール的な味わいと多様性に富んでいる。アッセンブラージュはほぼ変わらないのにここまで素直に味わいに変化が現れるのは驚きだ。

・ロワール、アルザス、オーストリア
いずれも個性としては異なるが、非常に偉大な3本だと思う。
ロワールのプイィフュメは元々好きなアペラシオン。シレックスはその魅力である清涼感のあるフルーティな果実味とミネラル感を極限まで突き詰めている。特にそのミネラル感たるやピュリニーやコルトンシャルルマーニュを優に凌駕する硬質さ。
そしてマンブールはピノ4種類の枠にとらわれないアッセンブラージュ、その結果シャルドネを想起させるボディ、そして貴腐やTBA(トロッケンベーレンアウスレーゼ)の様な蕩ける甘露な香りを得た異形で偉大なワイン。そのスタイル、個性は既存のアルザスの枠を大きく飛び越える。
シンガーリーデルTBAはダージリンや桃、アプリコットなどの酸味や旨味をフィネスとともに残した鮮烈な作りの甘口ワイン。
いずれも素晴らしく個性に溢れていた。基準にはならないだろうが偉大な3本である事は間違いない為、選出した。


今回はブルゴーニュのシャルドネの素晴らしさを再確認すると共に、その他の地域の白にも、その多様性に非常に魅力を感じている。
その差異を表すのは大きな所言えば生産者、品種、日照条件であるが、テロワールなどの微細な違いも今後迫って行けたらいいなぁ、と思います。
スポンサーサイト

アンリ ルブルソー、畑の個性が明確に現れたジュヴレシャンベルタン特級3種



こんばんわ。
今年も残すところ、あと3日ですね。
一年、早いもんです。

それはそれとして、更新速度はできる限り緩めずにいきます。正月は実家に帰りますが、それ以外は特になんもないので。あー、またフランス行きてえ。

今回はアンリ ルブルソーのシャルムシャンベルタン、マジシャンベルタン、シャンベルタンの3種類です。

アンリ ルブルソーはジュヴレシャンベルタン村に拠点を置く伝統的な生産者で、シャンベルタンを含む4つの特級畑を所有しています。
いずれもスター生産者の様に凝縮感が強い訳ではなく、抽出が強い訳でもなく、樽が強い訳でもなく、いわゆる非常にスタンダードなブルゴーニュルージュを作っています。ただ、テロワールの特徴に基づいた非常に厳格なワイン作りをしていると思います。


生産者: アンリ ルブルソー
銘柄: シャルム シャンベルタン グランクリュ 2000

約12300円、WA85-88pt(1999)
色調はややエッジに橙を帯びた赤みの強い明るいルビー、粘性は中庸。
かなり熟成感が出ていて、クラシックでしなやかな印象を受ける。
枯葉、紅茶などの枯れたニュアンスと共に、生肉の熟成香、レッドカラント、ストロベリー、フランボワーズの穏やかで柔らかい果実味が感じられる。控えめながらドライフラワー、スミレなどの華やかなニュアンスと腐葉土、濡れた樹皮、トリュフなどの大地香。クローヴ、鰹節、クルミのニュアンス。
酸は柔らかいがしっかりとタンニンが残っている。口に含むと枯葉などの紅茶のニュアンスが広がる。クリーミーで柔らかい印象。


生産者: アンリ ルブルソー
銘柄: マジ シャンベルタン グランクリュ 2000

約21000円、WA85-88pt(1999)
色調はややエッジに橙を帯びた赤みの強い明るいルビー、粘性は中庸。
シャルムと比べるとべらぼうにパワフルで野生的な印象を受ける。枯葉、紅茶、シベット、生肉などの枯れた香りと野生的な香りが際立っている。果実味は未だ力強く主張しておりフランボワーズ、ストロベリー、アメリカンチェリー、やや梅柴の様な旨味を感じさせる味わい。黒い果皮のスミレ、茎の華やかな香り。ローズヒップ、腐葉土、トリュフなどの大地香、クローヴ、クルミ、甘草、炭焼きなどの複雑なニュアンス。
酸もタンニンも力強く、口の中でシベットや枯葉のニュアンスが現れる。パワフルだが非常に複雑な味わいが楽しめた。


生産者: アンリ ルブルソー
銘柄: シャンベルタン グランクリュ 2000

約40000円、WA86-89pt(1999)
色調はややエッジに橙を帯びた赤みの強い明るいルビー、粘性は中庸。
力強すぎで閉じこもっている、硬い。少しづつ開いてくると果実味と花の香りを強く感じる、若々しさが突出している。
ダークチェリーやブラックベリーの厚い果皮を想起させる華やかなニュアンス。果皮から現れる華やかな薔薇やスミレのニュアンス。やや枯れた印象を受ける紅茶、ローズマリー、燻製肉の要素。控えめながらシベットやベーコンなどの野生的な香り。樹皮、トリュフの大地香。クローヴ、タール、炭焼きなど。少しずつ、枯葉などのニュアンスが現れてくる。
骨格や全体の要素が非常に力強くパワフル。群を抜いたポテンシャルがある。まだまだ熟成しそうな印象。過度に野生的では無く、強固ながらエレガンスも感じさせるグランクリュ。


さて、なかなか特徴的な3本でしたが、アペラシオンの特徴と照らし合わせていきます。

まずシャルムシャンベルタンはシャンベルタンの下部にある特級畑で、やや緩やかな斜面ですが東向きに大きく開けた立地。バジョシアンの泥灰岩とウミユリ石灰岩。

マジシャンベルタンはクロ ド ベーズ北側に隣接するグランクリュですね。序列でいうとシャンベルタンとクロ ド ベーズに次ぐ第三位とされている時が多いです。ジュラ紀中期のバトニアン地質(褐色石灰岩と粘土)で表土はやや厚め。ラヴォー渓谷とモレ渓谷の背斜面からの冷涼な風の影響を受けて硬質で骨格の強いワインになります。

シャンベルタンはジュヴレシャンベルタン最高の特級畑。土壌はジュラ紀中期のバトニアン地質(褐色石灰岩と粘土)で表土はやや厚め、土壌は概ねマジと似ており、またシャンベルタンはグリザール小渓谷からの冷涼な風の影響も受けているので、こちらも堅固で骨格の強いワインが出来上がります。この2つの畑は概ね生育期間も近いかと思います。

シャルムシャンベルタンとマジ、特級シャンベルタンの間には大きな違いがあると感じました。
今回のルブルソーを例に見ると、シャルムシャンベルタンはやはり斜面下部であり、成熟度がシャンベルタンより低いままグリザール小渓谷からの風の影響を受けるので、シャンベルタンと比べるとやはり体躯は劣るし似てもいないかな、と。
故にシャルムは12年の熟成期間に若干耐えきれていない様で、やや枯れ気味の味わいが出ていたと思います。
これがグリヨットやシャペルなら斜面下部ではあるなら風の影響は受けないのでちょっと良くなってくると思うんですが。
各渓谷からの風の影響を受けるジュヴレシャンベルタンのテロワールですが、なんとなく思ったのが相当地質と日照が好条件でない限り冷涼な風が与えるニュアンスはバランスが取りにくいのではないかなと思いました。

上記の方程式に当てはめるとシャンベルタンは相当好条件の土壌が与えられていて、下部でありつつ特級足りうるシャルムは日照は良好だが、根が経由する地層が少なくで複雑味に欠ける、そのため冷涼なニュアンスでアンバランスさが生じてしまうと。
またマジはシャンベルタンと標高、日照、地層の構成は変わらないのですが、恐らく土壌の性質そのものが若干シャンベルタンと比べると弱くシンプルになるのではないかと思います。
マジがシャンベルタンより下位のアペラシオンとすると、その下部にあるコンボット、クロ プリュール、ペリエールという一級畑指定されるのも納得、シャルムのグリザール小渓谷同様、ラヴォー渓谷からの風のニュアンスに耐えられないという認識です。
ただそうは言ってもルブルソーのマジは本当に体躯がしっかりしていて、熟成感を感じさせつつ果実味も十分に残っている。野生的でジュヴレシャンベルタンらしい堅固なニュアンスがあって非常に魅力的なワインになっていました。
対してシャンベルタンは、間違いなく若々しいのですが、やや閉じこもり気味の印象です。日照や風の影響は似たもんだと思いますので、恐らくは地層の違いによるものだと思いますが、非常に力強く複雑で、エレガンスに満ちたワインになっています。

まとめると
1:地層的にシャンベルタンはマジシャンベルタンの上位互換である
2:マジとシャンベルタン日照条件は同等である。(シャルムと一級群も)
3:冷涼な風の影響に若干差異があるかもしれないが、まあまあ近いと思う。
(グリザール小渓谷とモレー、ラヴォー渓谷)

そのため、マジとシャンベルタンは概ね地質的な問題で風味の違いが、シャンベルタンとシャルムは地層の違いで強固さに違いが出ているのではないかと考えます。

稚拙な予想ですが、年末ですし、ゆっくりとお正月に本でも眺めて調べてみようかなーと思っています。


  

サロン1999、ドゥラモット2000。鮮烈で優美なサロンファミリーの2本を利く。

こんばんわ。
引き続きシャンパーニュです。
2012年総括白編は今暫くお待ちください。(選定は終わって今一生懸命書いています)

今回のシャンパーニュは2種類。
コート デ ブラン地区のグランクリュ(村)メニル シュール オジェから産出されるシャルドネのモノセパージュ。ミレジムとしても長期に渡る10年の熟成期間を経てリリースされる、生産本数6万本、ポートフォリオはドメーヌが作る唯一のシャンパーニュにしてフラッグシップ。サロン。
そしてその姉妹シャンパーニュでもあり、そのブラン ド ブランはコート ド ブランのグランクリュから産出されるシャルドネだけを使用、6年程度の瓶内熟成を経てリリースされる。ドザージュは僅か9g。ローランペリエ傘下のドゥラモット。


生産者: ドゥラモット
銘柄: ドゥラモット ブリュット ブラン ド ブラン 2000
品種:シャルドネ 100%

約8600円、WA92pt
色調は淡いストローイエロー、粘性は中庸で、泡は細かく繊細に立ち上っている。驚異的な若々しさ。
非常にクリーミーで甘やかなシャンパーニュ。
フレッシュハーブ、甘やかな花の蜜、シロップ。白檀、焦がしたバター、ブリオッシュ、バニラ、シュトーレン、蒸かした薩摩芋などのアロマが中心となり、熟した赤リンゴ、アプリコットなどの凝縮した果実味。ローストした樽の香りが非常に主体的に現れている。ややモカの香りも。出汁の様な風味も。
酸は溌剌としており、シルキーな口当たり。口に含むとリンゴの爽やかな果実味が感じられる。


生産者: サロン
銘柄: サロン ブラン ド ブラン 1999
品種:シャルドネ 100%

約42000円、WA95pt
基本的にはドゥラモットと近い方向性。色調はやや濃いめのイエローで粘性は中庸。細かい泡がきめ細やかに溌剌と立ち上る。
熟成感と清涼感のある風味。やや強めのミネラル感。
核種類の蜜、ハチミツ、ブリオッシュ、モカ、フルーツケーキ。アプリコット、ライチの凝縮感のある果実味。石鹸やローストナッツやバニラ、クローヴ、フレッシュハーブなど。ピュリニーモンラッシェの様な強い芳香。
酸味は柔らかく、クリーミーなタッチ。クレームブリュレやリンゴの風味が口内に広がる。凄まじく流麗で複雑でしっかりした骨子を持つシャンパーニュ。


まず、今回のシャンパーニュには2つの共通点があります、まずシャルドネ100%のブラン ド ブランである事、そしてコート ド ブラン地区から産出されている事です。
コート デ ブランはその名前が指し示す通り、ほぼシャルドネの作付面積100%の地区。(シュイイだけ極僅かにピノノワールを作っています)
特級畑はシュイィ、オワリー、クラマン、アヴィーズ、オジェ、メニル シュール オジェの6つ。地質は不明ですが、作付面積の広さから考えると如何にシャルドネに向いた土地であるかというのがわかります。

さてその上で思ったのが、テイスティングコメントにも書きましたがサロンよりドゥラモットの方がリッチでボリューム感があるということです。
果実味と香ばしいロースト香が際立っていて(香りの要素的には全く違うのですが)ムルソーを想起させるテクスチャーを感じました。
同じブラン ド ブランでも、サロンは熟成香や溌剌とした果実味、樽、ミネラル、それらから生み出される複雑さを驚異的なバランスでボトルに封じた感じ。印象で言うと若干シャープな味わいというか、目の細かくて筋が通ってるというか、まあ、そんな感じです。

で、なーんとなく思ったのが、ドゥラモットはクラマンやオジェ、アヴィーズあたりの畑を使ってるんじゃないかな、と。
以前飲んだマムのクラマン単一にちょっと通じるものがあるんですよね。あとコント ド シャンパーニュもそう。
あとオジェやアヴィーズはボリュームのあるシャルドネを作れるのでこんな感じになるのかな、と。
メニルシュールオジェ単一のサロンと比べてボリューム感があるのは、おそらくそこに起因するものじゃないかと思います。ややサロンの果実味にシャープさや熟成感を感じるのは瓶内熟成期間の長さに起因するものではないかと。
凄さでいうなら、もう圧倒的にサロンですが(クリュッグにしてもそうですが、どうすればこんなに複雑な構成にして上手くまとまってるんだろう!)、キャッチーなのはドゥラモットですかね、シンプルですが、かなり美味しいと思います。

手に入らない芸術品よりも手に入りやすいコミックスに惹かれちゃう感覚に近いでしょうか。
ただいずれも後世に評価されるものがあるのは一緒かなあ、と思います。
ワインって本当に面白い!

 

2012ワイン総括(赤)

こんばんわ。
いよいよ年末ですね。

ワインブログらしく一年のワインのまとめなぞしようかと思います。
前後編の2回で。よろしければお付き合いください。


■赤総評
品種毎の個性を学んでいた昨年と比較して、ブルゴーニュにおいてはより土壌と気候を、他の地域では日照条件の差異、ヴィンテージの差異を幾つかのバーチカル、ホリゾンタルを経て体系的に学ぶ事が出来た。
来年はロワール、アルザス、ジュラサヴォワ、イタリア、ドイツ、新世界を重点的に利いていきたい。


■ブルゴーニュ赤
幾つかのパターンに沿って順位付けを行った。「樽香タイプ」「果実味タイプ」「テロワールを再現しているか」の3点に基づいている。近年、樽香=悪、強い抽出=悪という風潮がある。しかしながら高評価を受けている生産者に強い抽出(ピエールダモワやデュガピィ)や強い樽香(クロードデュガやリジェベレール)を好む生産者が存在する事を意識しなければならない。ブルゴーニュの本懐は画一的ではなく多様性と個性とその絶妙なバランスにあると強く感じた一年だった。

1.シャンボール ミュジニー プルミエクリュ レ クラ 2010(ジョルジュ ルーミエ)
2.リシュブール グランクリュ2008(ドメーヌ ド ラ ロマネコンティ)
3.エシェゾー グランクリュ2010(リジェ ベレール)
4.シャルム シャンベルタン グランクリュ 2009(クロード デュガ)
5.ヴォルネイ プルミエクリュ サントノ ディ ミリュー 2009(コントラフォン)
6.ジュヴレシャンベルタン プルミエクリュ レ コルヴォー 2006(ドメーヌ バシュレ)
7.ジュヴレシャンベルタン プルミエクリュ クロ サン ジャック 2009(アルマンルソー)
8.シャンボール ミュジニー プルミエクリュ レ ザムルーズ 2010(ロベール グロフィエ)
9.ラ グラン リュ グランクリュ2006(フランソワラマルシュ)
10.ミュジニー グランクリュ 2009(ジャック フレデリック ミニュエ)

以上を踏まえた上で個人的な所感としてはルーミエのクラ、そしてDRCのリシュブールは群を抜いていた。ルーミエは高騰しているだけのレアな生産者だろうという認識だったが、狂おしい程の中毒性と瑞々しい果実味と複雑性を包含した一級クラだった、DRCのサンヴィヴァンクラスと個人的には感じている。それがたかが(といっては失礼だが)ミュジニーやアムルーズ、ボンヌマールですら無いというのが最も驚愕すべき点だ。
よってポテンシャルや味わいが優れているDRCリシュブールより上位の序列を付けた。ルーミエは果実味を活かしたワイン造りを行っているが、まさにその上位互換がリシュブールといっていい。もちろん差異はあるがベクトルは同じ。ただ包含する要素がこちらの方が多く、複雑であると。ラフォンの赤最上級ワイン、サントノ ディ ミリュー、グロフィエのアムルーズ、ラマルシュのグランリュも同様の方向性だが、こちらは凝縮感や複雑さで序列を付けた。

次に序列的には3位、4位に付けているリジェベレール、クロードデュガは樽香が強いタイプに分類されるが、いずれも樽から放たれる強烈なインセンスに実体を持たせる様な果実味の凝縮感を包含している。よって強烈な樽があったとしてもバランスが崩れている印象は全く無い、その上で各々の生産者はテロワールを再現している。リジェベレールはエシェゾーとしては強烈な樽香を放つが、伸びやかな果実味と華やかな香りはエシェゾーそのもの。いわゆる強いワインとして評価したい。

ルソーのクロ サン ジャック、ミニュエのミュジニーは丁度この中間に位置するタイプで、奇跡的な程の樽と果実味のバランスが取れている。特にクロ サン ジャックはジュヴレシャンベルタンの強い体躯を樽に寄らず、色からは想起出来ない凝縮感のある果実味と新樽100%で上手く作り出している。ミニュエのミュジニーも同様だがこちらも土壌から想起されるミネラル感を良く表現できている。
バシュレのコルヴォーはジュヴレシャンベルタンにしてシャンボールミュジニー南側並みのミネラル感を持っていた。個性的でありながら芳香の魅力は群を抜いていた。これは卓抜さや完成度ではなく個人的な好みで選んでいる。

なおフーリエのクロ サン ジャックは今回の果実味枠がいずれも突出しすぎていた為、ヴォギュエのミュジニーVVはミネラル感だけが突出しすぎていた上に閉じていた為、選外とした。




■赤(ブルゴーニュ以外)
同一のアペラシオンにおいても生産者によって正反対のキャラクターが生まれる事がある事を強く感じることが出来た一年だった。

1.ソリ サン ロレンツォ 2003(ガヤ)
2.シャトー レオヴィルラスカーズ 1998
3.スペルス 2007(ガヤ)
4.シャトーマルゴー 2007
5.コートロティ ラ トゥルク 2008(エティエンヌ ギガル)
6.シャトー ラ コンセイヤント 2006
7.バルバレスコ アジリ リゼルヴァ 2007(ブルーノ ジャコーザ)
8.シャトー ラトゥール 2006
9.シャトー ヌフ デュ パブ 2003(アンリ ボノー)
10.ヒルサイドセレクト スタッグスリープディストラクト 2007(シェーファー)

・イタリア
ブルーノジャコーザ、ガヤの単一畑は、ネッビオーロの本当の美しさを教えてくれた。スタンダードなバローロ、バルバレスコと比較すると複雑さや芳香の力が各々ベクトルは違えど、いずれも群を抜いている。ネッビオーロの在り方を問うような作りの3本。また選外となるがしなやかでエレガントなコスタルッシも高いポテンシャルとして期待したい。

・ボルドー
ここでは個性と好みを反映して順位付けを行った。
卓抜した古酒が放つ真のボルドーの姿と言うべきレオヴィルラスカーズの甘露さは非常に本当に素晴らしかった。古酒のレベルでいうなら5大シャトーにも比肩するだろう。
またコンセイヤントに関しては実態、本質はポムロールでありながら、そのアペラシオンから想像出来ないメドックに通じるエレガンスを併せ持った稀有なタイプ、こちらは他を寄せ付けない個性を感じた。ペトリュス及びラフルールは素晴らしいワインだったが、好みの問題で選外とした。
マルゴー、ラトゥールに関しては、流石と言わざるを得ない、説明不要に卓抜している。

・ローヌ
暴力的なまでに鮮烈で緻密なエネルギーを包含したギガルのトゥルク、そして粗野なイメージのあるヌフにおいて生産者の性格と真反対の柔らかさ、エレガンスを強く押し出したアンリボノーのヌフも極めて衝撃的だった。共にローヌという出自でありながらある種正反対のキャラクターを生み出すこの生産者のワインにローヌの懐の深さを知った。白も同様だが後述する。

・新世界
残念ながら琴線に触れるワインは少なかったが、全体的にカッチリと纏まった非常に高品質なワインが多い印象。
故に個性という意味でフランス準拠で大きく抜きん出たものは少なく。その中でも新世界の個性を遺憾無く表現していたヒルサイドセレクトは素晴らしいカベルネソーヴィニヨンだったと思う。


白に続く。

繊細かつ緻密に編み込まれた熟成感、クリュッググランキュヴェ。本来の葡萄のポテンシャルを映した熟成感、ヴィンテージ1998



メリークリスマス!別に何もないですけど!メリー!クリスマス!

クリスマスはお家ですき焼き食べて、勇者ヨシヒコみながら、チーズかじりつつクリュッグとシャペル ド ミッション オーブリオンに舌鼓を打っておりました。だらだら!

さて、クリスマス特集でシャンパーニュ特集第一弾です。
今回はクリュッグのスタンダードラインのグランキュヴェ NV、そしてミレジムのヴィンテージ 1998です。

クリュッグはくぎゅ...クリュギストという熱狂的なファンがいる事で有名です。僕はあまり知らないし見た事もないのですが、いるみたいです。
圧搾機で絞られたヴァン ド キュヴェのみを20-30年使用した古い小樽でマセラシオン(新樽は使わない!)。そして、クリュッグの本懐であるブレンド作業に入ります。3つの葡萄品種を村、区画ごとに分けたベースワインに、収穫年の異なるリザーブワインをアッセンブラージュしていきます。熟練のブレンダーが舌だけを頼りに。瓶内二次発酵後グランキュヴェは6年間、ヴィンテージは10年寝かせての出荷。これらの要素が欠ける事無く行われる事で芸術的なクリュッグが作られる。
フラッグシップはブラン ド ブランの「クロ デュ メニル」、ブラン ド ノワールの「クロ ダンポネ」の2種類ですが、まあ高すぎて中々手に入らない代物です、はい。


生産者: クリュッグ
銘柄: クリュッグ グランキュヴェ NV
品種: シャルドネ、ピノノワール、ピノムニエ。比率は非公開。

約17000円、WA90pt
色調は濃いストローイエロー、ディスクは厚く、粘性は高い。泡は細かく繊細に立ち上る。
突出したミネラル感がある。
やや熟成感を感じる出汁の様な味わい。ドライシェリー。凝縮したライム、グレープフルーツ、アプリコットの果実味、塩気のあるナッツ、木樽、白い花、ハチミツ。ドライハーブ、リンゴの蜜、バニラ、キノコなどが一塊になって立ち上る。旨味の詰まった複雑な味わい。
酸味は溌剌としており口に含むと複雑な旨味、ハチミツが弾ける。
方向性としてはアンリジローと似てはいるものの独特の芳香を放つ。


生産者: クリュッグ
銘柄: クリュッグ ヴィンテージ 1998
品種: シャルドネ、ピノノワール、ピノムニエ。比率は非公開。

31500円、WA94pt
色調は濃い黄金色、粘性は高く、細やかな泡が持続的に繊細に立ち上る。
香りの広がり、立ち上がり方、繊細さは実に見事。
薩摩芋の甘露煮やバター、蜂蜜、出汁。凝縮感のある旨味を生み出すカリンや摩り下ろした紅玉、アプリコットの果実味、塩気のあるローストナッツ、リコリス。ミネラル感はあまり感じられない。徐々にシャンピニオンの香りが現れる。
伸びやかで清涼感のある非常に完成度の高い一本で、酸は生き生きとしており溌剌とした印象を受ける。またそれと同時に非常に複雑な香りが現れている。爽やかでありながら奥深いものを秘めている。


いや、流石に凄いですね。
ヴィンテージ1998は当然の様に素晴らしいんてすか、グランキュヴェも相当素晴らしい。
ここで中々不思議なのが、グランキュヴェよりヴィンテージの方がやや若々しく感じる所ですね。グランキュヴェの酸や泡は、かなり溌剌としていて若々しい印象を受けるのですが、香りに複雑な熟成香が混じっているんですよね。ベースは当然若いヴィンテージだと思うので、多分古めのリザーブワインを結構使ってるのでは、と。
これ、アンリジローにも感じる特徴だと思っています。それによってスタンダードラインとは思えない程の複雑味と繊細さがでているのではないかと。

対してヴィンテージの方は熟成感の中にも果実味の凝縮感(シャルドネっぽいですね)がしっかり残っている印象。ただ熟成に伴って泡や酸味はかなり落ち着いています。クリュッグの奇跡的なバランスにおいて苦言を呈する訳ではないのですが、より自然な熟成シャンパーニュの味わいが出ている様な気がしますね。果実味の残り方や泡の弱まり方が芳香に対して順当といいますか。そんな感じです。

個人的な感覚でいうならばヴィンテージ1998がやはり美味しいと思うのですが、趣向や工夫を感じられるのはやはりグランキュヴェですかね。
緻密という言葉が最もしっくりくる。
若いヴィンテージに編み込まれた熟成のニュアンスが不自然無く混在しているのは流石です。
ストレートな若々しいシャンパーニュも美味しいと思うのですが、ここまで作り込まれたシャンパーニュは流石の一言に尽きますねえ。

ムルソーの熟成を追う。ポリュゾ1997と村名2010

メリークリスマス!こんばんわ!
世の中はクリスマスですが、特に外に出るような事はしないで、家でゆーっくりしています。明日会社ですし。

さて、早さがウリのこのブログですが、若干更新が止まっておりました。
幾つか記事が溜まってるのでボチボチ更新できればと。
今回はムルソーです。

ムルソーは私の最も好きな濃厚でリッチなシャルドネを産出するブルゴーニュ白のアペラシオンです。
基本的な構成としては一級畑と村名畑のみで特級は不在ですが、ペリエール、ジュヌヴリエール、シャルムという特級の不在を補って余りある非常に優れた一級畑を保有しています。
また生産者にも恵まれており、コシュデュリ、アルヌーアント、コントラフォンなどのブルゴーニュ白を代表する生産者がムルソーのトップ生産者として名を連ねています。
今回はモレ サン ドニのネゴシアンであるフレデリック マニャンの村名、そして豊富な古酒を保有するネゴシアン、ルモワスネのポリュゾ。
フレデリック マニャンといえば、やはりニュイのネゴスだけにピノノワールが有名ですが、カレラやシャサーニュの生産者への研修を経たフレデリックの出自を考えると特にシャルドネも不自然を感じないですね。以下のテイスティングレポートにも書きましたが、いかにもピュリニーやシャサーニュを経た生産者らしいミネラル感溢れたムルソーを作ります。樹齢は40年以上を選定しているようです。

ルモワスネは結構この記事で話題にしているので、詳細は省きます。
ムルソーポリュゾは3つの小区画からなるアペラシオンで、最良の区画は表土の薄い急斜面上にある。一級にふさわしい密度と凝縮感があるが、御三家や近隣の一級と比較すると、やや華やかさに欠けるアペラシオン。

さて、どんなもんでしょうか?


生産者: フレドリック マニャン
銘柄: ムルソー クール ド ロッシュ 2010

色調は淡いストローイエロー、粘性は高い。
ムルソーというAOCから想起される豊満さ、ボリューム感に対して、このムルソーのミネラル感は、やや過剰な程突出している。白い花やカリン、ライチなどの清涼感のある果実味が主体となる。
口に含むと様々な要素が現れるしいわゆるムルソーなのだが、グラスにあまり香りが現れてこない。
徐々にカシューナッツや焦がしバター、杏仁豆腐、シャンピニオン、木材、そしてクレームブリュレ、花の蜜が現れる。やや薄めに感じたボディに実体が伴ってくる。
凝縮感に欠けるものの、バランスが良く、突出したミネラル、深みのある酸味、柔らかいアタック。個性的なムルソー。


生産者: ルモワスネ
銘柄: ムルソー プルミエクリュ ポリュゾ 2007

色調は黄金色、粘性は高くディスクも厚い。
ミネラル感はしっかりと感じられる。出汁、塩を振ったヘーゼルナッツ、エシレバター、シベットの複雑な香り。シャンピニオンやドライハーブ、白い花。洋梨、カリンなどのぶ厚い甘露な果実味も感じられる。
ムルソーらしくオイリーな作り。ややミネラル感は強めに感じる。
出汁やキノコ、塩気などの熟成香はかなり出ているが、果実味はしっかりと残っていて甘露。比較的若い印象を感じる。

フレデリックマニャンのムルソーはなかなか面白い作りでしたねー。
こう、普通のムルソーってナッツやバターがどっしり効いた、やや重めのシャルドネなんですけど、かなり清涼感とミネラルがあって、一瞬だけシャサーニュやピュリニーを想起させる味わいがあるんですよね。時間を経過するとすると「ああ、やっぱムルソーだな」と思うのですが、なかなか特徴的なムルソーだと思います。
ルモワスネのポリュゾはそのままの作りで、いかにもムルソー。97と15年の熟成を経ていますが、かなり若々しい印象でした。熟成香はかなり出ているのですが、果実味がたっぷり残っていて一級並のポテンシャルを感じました。
ムルソーは熟成によってかなり良くなってくるワインなので、色々試してみたいですね。

素晴らしいディナーと楽しむ、ブシャールの超絶ボーヌ一級、フーリエのブラン


こんばんわ。
知人宅にお呼ばれしてきました。
ワイン会だったのですが...出てくる手作りの料理がすごい事すごい事!
今回のワインは当然半端無く素晴らしいものでしたが、それも霞むくらいインパクト大の料理の数々!いや、本当にありがとうございました!
とこちらでもお礼を。

で、まずはブログの趣旨であるワインから。今回は持ち込みでブシャール ペール エ フィスのランファン ジェズュ 2008、そしてご用意頂いたフーリエのレアなブルゴーニュブラン。
抜栓は私。ブルゴーニュブランはあまり経験のない蝋封で手間取った挙句、特に乾いても染みてもいないコルクを折るという大失態...。
いやいや、お恥ずかしい。抜栓は超下手なので、80年代以前のボトルになるとほぼ確実に折るんですが、まさか最新ヴィンテージでやってしまうとは...。

フーリエはブルゴーニュでジュヴレシャンベルタンに拠点を置く生産者で、非常に手に入りにくいドメーヌのひとつです。価格は高騰しているとはいえ、品質を考慮すると、まだ良心的な生産者とも言えます。フラッグシップは一級クロ サン ジャック、特級グリオットシャンベルタン。
リュットレゾネで自然のまま栽培、摘房はせず摘芽で収量制限を行い、厳重に選果を行った葡萄を100%除梗、この手の生産者では珍しい20%の新樽比率で熟成させます。そしてノンフィルター、ノンコラージュで瓶詰め。自然な果実の風味を大切する作りです。

ブシャールはブルゴーニュの大手ネゴシアン。歴史は長く1731年にミシェルブシャールがヴォルネイの会社を購入した事から歴史が始まります。
次々と畑を買い足して行く中で1960年までは非常に高い品質を保っていたもののアンリオ社に買収される90年代中盤まで、その評価は地に落ちる。以後劇的に品質は向上している。
人手での収穫、選果台での選定、100%除梗、グラビティフロー式の醸造機を導入。新樽比率は区画、ヴィンテージによって変えているそうです。まるでトップドメーヌが如きこだわりですが、ここ最近のネゴシアンは自社で畑を持っているケースも多く、品質の高いネゴシアンは例外無く気を使った栽培醸造をしている印象。
今回はボーヌ最高の一級畑グレーヴの中にある最高の小区画、ランファン ジェズュ。


生産者: フーリエ
銘柄: ブルゴーニュ ブラン 2010

約4000円。
色調は淡いストローイエロー、粘性は非常に高い。
火打石の様なやや硬めミネラル感。
溌剌としたライム、ライチ、カリンなど爽やかで清涼感のある果実味と、白い花の蜜、バニラ、バターやフレッシュハーブなど。フレッシュな果実味が目立つ。
モレ サン ドニのモン リュイザンとシャサーニュモンラッシェの中間を行く様な非常にアロマティックでピュアな印象を受ける。酸味は柔らかく穏やか。果実味は際立っている。一概に村名以上とは言えないのは近い風味を出すアペラシオンがないから。品質自体は凄まじく高いブルゴーニュブランだ。



生産者: ブシャール ペール エ フィス
銘柄: ボーヌ プルミエクリュ グレーヴ ヴィーニュ ド ランファン ジェズュ 2008

約11000円、WA93pt
色調は濃いルビー、粘性は高め。
ロースト香が強めに出ており、モカやキャラメル、ローストナッツなどの香ばしい香りを主軸にシナモン、デーツやダークチェリー、ブルーベリーなどの黒い果皮のフルーツ。やや茎、樹皮などの青い香り。グローヴ、ナツメグ。控えめに薔薇やスミレなどのニュアンスが感じ取れる。
樽がやや強めだが、果実味のバランスが神がかり的に良い。凝縮感は特筆する程強くはなく、その分樽でカバーしている。
酸味とタンニンはとても柔らかく、シルクの様な口当たり。一般的なグランクリュを超越する素晴らしいグレーヴだ。贅沢な作りの方向性としては極限まで柔らかくしたマジシャンベルタンにも似ている。


フーリエのブルゴーニュブランはいわゆる樽のしっかり効いたシャルドネ的な感じでは無いです。故にムルソーやシャサーニュ、ピュリニーとは印象が事なっていて、どちらかといえばアリゴテ種から作られるポンソのモンリュイサンに近いニュアンス。ただアリゴテ程線が細いわけでは無く、ボディはシャルドネっぽいし、樽はボーヌの白程ではないにせよ、ちゃんと効いている。これは新樽率の低さに所以するものではないかな、と、思うのですが、まあ真偽はわかりません。ただ非常によく出来ていて、清涼感やフレッシュさがありつつ、ちゃんとバターや花の蜜などの甘露なニュアンスがあるんですよね。規模感で言ったらACブルゴーニュの枠には収まらないと思います。

そして、ランファンジュズュはマジで凄い。銘醸畑だし、評価も高いのは知ってはいるのですが、単純にブシャールのイメージと、アペラシオンとしてのボーヌのイメージが強くあって「ボーヌだし、特級レベルではないでしょ」と思っていたのですが、これはもう、ホントに凄いワインです。
結構樽がしっかり効いているのですが、それに負けないくらいの果実味があるんですよね。ロースト香と黒い熟した果実の風味が凄い官能的。
デュガピィの方向性に近いかな、と。だけど、あそこまで濃厚で厳格ではなくて、もっと柔らかくてシルキー。豊満。グランクリュ並みのレベルの高さと厳密さ。ボーヌグレーヴは市街地のすぐ上にある区画なので、若干懐疑的ではあったんですが、なるほどボーヌ最高の区画だけあって、素晴らしい果実味です。

ブシャールはお得意のACブルとラロマネくらいしか飲んだ事が無かったのですが、これだけ品質が高いとなると特級も飲んでみたいですね!


...ワイン会中に頂いたその知人宅で提供された素晴らしいコース。
すごい...すげえわ...
俺も作ってみたい!と同時にいや、無理だわーと思いました!


◆マッシュルームのバターソテー、鴨のリエット



◆アスパラガスとプロシュート



◆真鯛のカルパッチョ、スモークサーモン



◆骨付きラムのグリル



◆鴨ハンバーグ



◆ドライフルーツとチーズ



◆マリアージュフレールのマルコポーロとマカロン



最高のディナーでした!
ありがとうございました!

高品質で絶妙な安定感、プレステージシャンパーニュ3種

こんばんわ。
折角のクリスマス前という事で、シャンパーニュのテイスティングレポートです。
銘柄としては今更ですが、このブログでは取り上げていなかったので。

銘柄はドンペリニヨン、クリスタル、アンリジローのコートルージュ。
特に説明する必要もない銘柄ばかりなので省きます。


生産者: ドン ペリニヨン
銘柄: ドン ペリニヨン 2003
品種: ピノノワール、シャルドネ(ブレンド比率は非公開)

約15000円、WA96pt(2002)
色調はやや濃いめストローイエロー、粘性は高く、泡はやや落ち込んでいる。
豊満なボディのシャンパーニュで、焦がしバターやナッツ、モカなどのやや樽が前に出ているのと、比較的ピノノワール比率が高いのかシナモンやシロップなどの芳香も強く感じる。
赤リンゴ、アプリコットなどの核種系の香りとフレッシュハーブ、シャンピニオンなども。
酸味もミネラルも穏やかで全体的に非常に柔らかく滑らかな印象を受ける。


生産者: アンリ ジロー
銘柄: コート ノワール NV
品種: ピノノワール 100%

約18000円、WA93pt
ブラン ド ノワール。
色調はより濃いイエロー、粘性は中庸、泡は細かく、力強く立ち上る。
しっかりとしたミネラル感。
ニュアンスに若干ピノっぽい熟成感か出ている。出汁の様な旨味や青リンゴやカリンの溌剌とした果実味の蜜、バター、塩ナッツ、トースト、樹皮、リコリスなど。
アンリジローらしい複雑な複雑のシャンパーニュ。旨味を伴う強烈な酸味があり、広がる木材の香りが個性的。


生産者: ルイ ロデレール
銘柄: クリスタル 2005
品種: ピノノワール55%、シャルドネ45%

約25000円、WA97pt(2004)
色調は濃いストローイエロー、粘性は高く、細かい泡が繊細に立ち上る。
十分なミネラル感。
ドンペリニヨンと比べるとハチミツや白い花の蜜など甘やかな香りが強く、果実味とロースト香りのバランスがとてもいい。
焼き栗や焦がしバター、カシューナッツなどのロースト香。赤リンゴ、洋梨などの蜜、フレッシュハーブ、シナモン。やや柔らかく豊満なドンペリニヨンと比較するとシャープで切れ味のある酸が特徴的。果実味が強く非常に安定した作りのシャンパーニュ。


いずれもピノノワールとシャルドネのみ、ムニエは使用されていません。
いつ飲んでもこのグレードになると一気に香りや口当たりに高級感が出ますよね。その中でも各々にかなり個性か出ていたな、というのが所管です。
ボリューム感があって豊満なドンペリニヨン、複雑で熟成香とピノノワールの風味を強く感じさせるコード ノワール、ミネラリーで清涼感のある果実味と濃厚なロースト香を楽しめるクリスタル。

ざっとテイスティングしただけでも、以外と差異に気づく事が多くて驚きます。
ドンペリニヨンのモカのニュアンスはモエ エ シャンドン グランヴィンテージにも現れていたので、このラインの特徴なのかも。果実味はアッセンブラージュされた品種の個性が強く出ていて、ピノノワールの甘露な果実味と冷涼な産地のシャルドネの酸味のある核種系の味わいが強い様に感じました。非公開ですがなんとなく50%:50%くらいなのかなあと。ロースト香もしっかりあって相当バランスが取れてる感じです。
コード ノワールはいかにもアンリジローっぽい作りで...調べてませんが、いきなり熟成香が出ていて、きっとリザーブワインを複数、高い比率で使ってるんじゃないかと。その分香りが相当複雑で、キャッチーなクリスタルやドンペリニヨンと比べると、深みのある旨味が楽しめる作りになってます。
そしてクリスタルは本当によく出来たシャンパーニュだと思います。
やや豊満なドンペリニヨンに対してミネラルと酸味が際立っていて、より芯が通ったカッチリした骨格。そこから滲み出る凝縮された蜜の甘みや香ばしいロースト香。凄まじいバランス感。
硬さを感じない。流石です。

個人的にはクリスタルでした。
クリスタルはロゼもべらぼうに美味しくてハイエンドが卓抜して優れてるなーと思いました。(ルイロデレールのブリュットプルミエも美味しいですが...)

今度は生産者ごとのタテ、やってみたいですねえ!


しみじみと楽しむブルゴーニュ。特級ボンヌマール、一級フォラティエール。

こんばんわ。
今日は何もテーマが無い、普通のブルゴーニュテイスティングの感想です。
というか、もうほぼネタを出し尽くした感があるので、多分週末まで何も更新なくなるかもしれません。
さて、どう間を繋ごうかな...?

ドルーアンラローズのボンヌマール、ポールペルノのレ フォラティエールです。
ドルーアンラローズはジュヴレシャンベルタンの大ドメーヌですが1919年のドルーアン家との併合でボンヌマールを取得しています。新樽100%でボンヌマールのイメージに合致した...というかジュヴレシャンベルタン的なパワフルさを持ったボンヌマールを作ります。ちなみにここのドメーヌは安い上にメチャ旨なので、かなり良心的なドメーヌと言えます。
ちなみについこないだ2009の記事を書いたばかりですが、こちらはセラーに保管していた方。
ポールペルノはピュリニーモンラッシェの生産者で、一級ピュセル、一級フォラティエール、そして特級ビアンヴニュバタールモンラッシェを保有しています。収量を抑え凝縮した葡萄を樽発酵、新樽で14ヶ月程度熟成して出荷します。値段的にもまずまず良心的な生産者だと思います。

ではいってみます!


生産者: ドルーアンラローズ
銘柄: ボンヌ マール グランクリュ 2008

15000円、WA89-91pt
外観は澄んだ色味の強いルビー、粘性は高い。
(抜栓2日目、セラーから出した直後と比べると)やはり温度が戻るとなかなか良い。複雑だ。
ダークチェリーやプラムなどの黒系果実の果皮の華やかさ、グローヴや甘草などのスパイス、薔薇の煌びやかな芳香、茎やローズウッドの樹皮、鉄釘、炭焼きなど。
基本的にドライでストイックな作りではあるが、僅かに甘やかさを見せる。
タンニン、酸味が強く、濃縮感があるが、基本的に香りが淡白というかストイックな方向なので、やや刺々しく感じる部分もある。
しかしながらしっかりと生育しボンヌマールのテロワールを映し出したワインである事は間違いない。ボンヌマールとしては平準的な作りだろうか。


生産者: ポール ペルノ
銘柄: ピュリニー モンラッシェ プルミエクリュ レ フォラティエール 2010

約11000円、WA92pt(2009)
色調は淡いストローイエロー、粘性は高い。
かなりミネラリー。火打石のニュアンス。そして溌剌としたフレッシュな果実味が魅力的。ナッツ、フレッシュなバター、出汁、そしてカリン、洋梨のシャープかつスマートな果実味。かなりオイリーで蜜蝋、白胡椒、石鹸、アスパラガス、フレッシュハーブのニュアンス。時間が立つとべらぼうに甘露に。リンゴのコンポートの様な側面も。割とイタリアっぽい?
酸は柔らかく、抜栓直後に見られた苦味も徐々に消えて行き豊満な姿を見せ始める。
ミネラリーでオイリーなフォラティエール。


うーん、ボンヌマールも良かったですが、フォラティエールが素晴らしく美味しかったですねえ。
ボンヌマールといえば前回頂いた2009に比べるとやや果実味が弱い様な気がします。比較的しっかりした濃縮度はあって水っぽい感じはしないんだけど、ややドライで冷たいタッチだったような。もともと清涼感がある作りの生産者なんですが、ちょっと何か違いますね。構造は複雑で体躯はしっかりしているしボディは申し分ないのですが...
フォラティエールの方は文句無しです。この生産者ならではのミネラリーでフレッシュな果実味から一定時間すぎると急激に甘く、濃厚に開き始めるスタイル。同生産者のビアンヴニュ バタール モンラッシェにも見られた特徴で、フォラティエールとビアンヴニュに大きな差は見られませんでした。
品質自体は一級以上であると思うので結構お得かもしれません。
生産者の力量もそうですが、ポテンシャルの高い良い畑だな、と思います。

こう、法則性無くブルゴーニュを飲むのは、やや勿体無いと思いますが、分析に寄らず、しみじみとブルゴーニュを楽しむのも良いものです。


力強さは8年如きでは変わらない。フェヴレ、特級コルトン。



こんばんわ。
本日はフェヴレのコルトンです。
1979年生まれの若き当主エルワンが指揮を取る新生フェヴレ。2007年から個別のチームによる分担制を行い、完全除梗、フラッグシップには新しい木製槽を使用し、樽はフランソワフレール社他3社に切り替えた。(※前当主の頃に使っていた樽はローストが強く、嫌な苦味が出る事が多かった)、またタンニンを減らすために、過度の抽出や樽の使用を避け、より純粋な果実味を押し出す事に成功した。
今回は大きな変革と若き息吹により品質を劇的に向上させているフェヴレの自信作、特級コルトンのモノポール(リューディ)、クロ ド コルトン フェヴレの2010と前当主の2002を飲み比べます。

クロ ド コルトン フェヴレは、ブレッサンドやクロ デュ ロワ、レ ルナルドと並び立つ特級コルトン最上の区画です。


生産者: フェヴレイ
銘柄: クロ ド コルトン フェヴレイ グランクリュ 2002

約15000円、WA85-87pt(2003)
熟成はしているが、カマンベールの様な風味が現れている。むき出しになったミネラル感。
外観はとても濃い澄んだルビー、やや浮遊物がある。粘性は高い。
樽は落ち着いていて、ダークチェリーや黒オリーブ、プラムなどのやや重たい黒系果実の凝縮感。なめし革、樹皮、紅茶、白マッシュルーム、グローヴ、焦げた木材。
薔薇のドライフラワー。甘草など。
全体的に要素が落ち着いているのもあり、ややタンニンと酸味か際立っている。果実味はやや乏しいが、複雑な芳香が口の中で広がる。


生産者: フェヴレイ
銘柄: クロ ド コルトン フェヴレイ グランクリュ 2010

16000円、WA90pt(2006)
濃密で果実味溢れる濃厚なコルトン。外観は濃く澄んだルビー、粘性は高い。やや固めのミネラルを感じる。
シナモンやワッフル、バニラなど、ややロースト香が強め。梅の甘煮、ダークチェリーやラズベリーの甘露で凝縮した旨味を感じる。華やかなスミレや薔薇、クローヴ、ハーブなど。
動物性の香りはしない。
タンニンは柔らかく、酸は溌剌としている。本来の甘さと梅しばの酸味、旨味の凝縮感がとてもいい。
樽は強めに主張しているが、キチンと果実味も窪んでいなくて、素晴らしい出来のコルトン。


正直私が早飲み派である事を差し引いても2010のコルトンはいい。
2002は素晴らしいワインの片鱗を見せるものの、今ひとつ分厚いタンニンに阻まれて熟成感や果実味が目立たない。ちょっと中抜けして、不快な要素が目立つ作りでしたが、2010にはそう言った部分は全くないです。
樽はしっかりと効いているんだけど、同じくらい強烈な旨味のある果実味が上手くバランスを取っている。そして2002に感じたささくれだったタンニンは、角が取れた様に滑らかでシルキーに。
樽の甘露さや果実の凝縮感、ともに非常に心地良いし官能的。各々の要素が型崩れしないで、きっちりと主張している。
ひとつ垢抜けた感のあるワインだと思います。素晴らしい。

前回の2010のエシェゾー、クロ ヴージョ、シャンベルタン クロ ド ベーズでも思いましたが2010のフェヴレは本当にいい!


バロン フィリップと巡る3。根源に至るムートンロートシルト(フランス)

こんにちは。
バロンフィリップ関連、最後はムートンロートシルトです。
もはや説明不要のメドックのプルミエグランクリュクラッセ。全てのジョイントベンチャーの基準となった完成されたスタイルであり根源であると。
なお今回の93のボトルは色々な事情があってラベルが無地に差し替えられた曰く付きのヴィンテージ。これは差し替えがされていないバージョン。なるほど...ちなみに白ラベルの方がレアだったりします。



生産者、銘柄: シャトー ムートン ロートシルト 1993
約60000円、WA90pt


色調はやや濃いめのくすんだガーネット、粘性は高い。
やはりボルドーは熟成している方がいい。複雑で華やか、まさに飲み頃といった状況。
腐葉土やスーボワ、トリュフ、、濡れた西洋杉、チョコレートなどの甘露で穏やかな森の様な香り。クレーム ド カシス、ブラックベリーのコンポート、ややスモーキーなタバコのニュアンス。八角、甘草などのスパイス香。ユーカリ、スミレ、ベーコン、芍薬など。
全体的に土と野生的な肉の香りが強めだが、かといって果実味が足りないわけでもなく、神がかったバランス感覚だと思う。
タンニン、酸ともにこれでもかというほど滑らかで穏やかな印象を受ける。凄まじくシルキーな作り。素晴らしいポイヤックのワインだ。



ボルドーのポイヤックにとって1993は不作の年だったようです。...この年は、ポイヤックだけではなく、フランス全域かダメだったっぽい。
確かにこの93ムートンも評価的には高くは有りませんが、さすがはムートン。熟成を経てもなおエレガンスで、複雑味を感じさせる事のできる力強さは流石ですな...
ムートンとオーパスワンは近いですが、タンニンの柔らかさ、シルキーさはなおムートンに長がありますね。その分果実味はオーパスワンほどありませんが、逆にバランスがとてもいい様な気がします。
その微妙な差異が土壌ごとの違い、テロワールを映し出しているのに他ならないんじゃないかと...
ううむ、勉強になります。


バロン フィリップと巡る2。新世界探訪、アルマヴィーヴァ(チリ)

こんばんわ。
昨日に引き続き、バロン フィリップのジョイントベンチャーを追います。
今回はチリのマイポヴァレー。現地の大手ワインメーカー(フラッグシップはドン メルチョー)であるコンチャ イ トロとムートン ロスチャイルドのジョイントベンチャー、アルマヴィーヴァです。栽培は手摘みによる収穫を実施。選果台にて丁寧に選果除梗された後、破砕。グラビディフローを行う。低温発酵後、17ヶ月フレンチオーク新樽熟成、卵白による清澄。瓶詰め出荷となります。

前回もそうでしたが、どうやらBPdRはジョイントベンチャーの際に土着品種を混ぜるのが好きらしく...オーパスワンはマルベックを、アルマヴィーヴァはカルメネールをボルドー品種にアッセンブラージュしてます。
それによってムートンとは微妙に(アルマヴィーヴァは僅かじゃないですが)異なった味わいを作り出しています。

さて、所感。やっぱ改めてボルドーとは違うよなあと。


生産者: コンチャ イ トロ × バロン フィリップ ロスチャイルド
銘柄: アルマヴィーヴァ 2009
品種: カベルネソーヴィニヨン73%、カルメネール22%、カベルネフラン4%、メルロー1%

約13000円、WA93(2007)
オーヴァチュアと比べると、これでもかという位、新世界的な作り。強烈な凝縮感と太陽を感じる。甘やかで、充実した酸味の強い果実の風味。
外観は暗いガーネット、粘性は高い。新世界のカベルネソーヴィニヨンの王道的な作り。
ガムの様なブラックベリー、ドライアプリコットの濃厚で重厚な果実味が全面に押し出されている。ローストした木材、黒檀、スミレ、タバコ、燻製肉、ユーカリの影に隠れてほのかな西洋杉の焦げる芳香、グローヴなど。
タンニンも酸味も生き生きとしており強固な骨格と豊満なボディを感じる。やや一辺倒に見えるが、太陽を素直に映し出した良いカベルネソーヴィニヨンだと思う。



カベルネソーヴィニヨンもそうですが、何よりもカルメネールの主張がなかなか強い。
一般的にボルドーに感じられる酸味とは全く趣が異なる、フルーティな酸、そしてカベルネソーヴィニヨンに所以する強固なタンニンが全体に漲っている。また品格を感じるオーヴァチュアやムートンの果実味と比べると、若干下品にも感じられる豊満で厚みのある果実味が特徴的。いわゆるチリの太陽を感じるスタイル。
ただこのワインはそれだけ終わらない。あくまで溌剌とした酸味、強固なタンニン、濃厚な果実味を主軸にしつつ、控え目ながらボルドーに所以する西洋杉やミントのニュアンスを複数包含している。芸が細かいのは多分ボルドー譲りなんだろうか。
一見、豊満で厚みのある典型的なチリのワインだが、さすがバロンフィリップ、コンチャ イ トロ。単純では終わらない作りの確かさがある。とても美味しいチリカベ。

とはいえこのワイン、レバノンのエクシールと良く似てるんだよな...アルマヴィーヴァが当然ネタ元でしょうが、コストを考えると...ううーん。


バロン フィリップと巡る1。新世界探訪、オーヴァチュア(ナパヴァレー)

こんばんわ。
本日はオーパスワン...のセカンド、オーヴァチュアです。

クラシックを聞いた人ならご存知(聞いていない人でもわかりますかね?)だと思いますが、オーパスワンは「第一楽章」、そしてセカンドのオーヴァチュアは「序曲」と。なるほど、カッコいい命名。さすが。
オーパスワンはわざわざ改めて説明する必要もないかと思いますが、ロバートモンダヴィとバロン フィリップ ロスチャイルド(ムートンの方)のジョイントベンチャーです。ナパヴァレーのプレミアムワインとして有名ですね。値段的にはカルトワインやガレージワインに比べるととても安価で比較的手に入りやすい銘柄で品質も非常に高いです。(割とこれが美味しくてワインに入ったという人を良く見かけます。然り。)
で、そのセカンドのオーヴァチュアは日本には正規輸入されてません。
...確かに正規では手に入らないんですが、ネットで並行輸入してるショップさんが結構あるんで特段手に入りにく
い訳ではありません...なのでまあ普通のセカンドラベルですね。
このワインの面白いところは通常のセカンドラベル同様ファーストの品質に達しなかった葡萄を使うのですが、複数のヴィンテージをアッセンブラージュしている点でしょうか。
スティルワインで言うならコトー シャンプノワくらいしか見たことありません。多分別枠でリザーブワインを作ってるんでしょうね。
そんな本当におまけ的なセカンドですが、そこはオーパスワン。びっくりするほど品質は高いです。


生産者: ロバート モンダヴィ × バロン フィリップ ロスチャイルド
銘柄: オーヴァチュア NV
品種: 複数ヴィンテージのカベルネソーヴィニヨン、メルロー、カベルネフラン、マルベック、プティヴェルトをアッセンブラージュ

約17000円。
オーパスワンのセカンドラベル。
色調は透明感のあるルージュ、粘性は高い。
甘やかなクレームドカシスや熟したブラックベリー、アプリコットなどの豊満で甘露な果実味と、トースト、西洋杉、カカオの様なロースト香、スミレ、ミント、口に含むとグローヴ、甘草、生肉など。
タニックだが酸は柔らかでしなやか。口に含むとスパイスや黒い果実の甘みが広がる。
ドミナスほどではないにせよ、ボルドーに急接近したワイン。それこそムートンに近いエレガントなスタイル。オーパスワンよりボルドー風かも。
あと複数ヴィンテージとは言っても大きく異なる時期のワインで無いことは確か。恐らくここ5年程度がいいところだろう。熟成感は感じない。


正直かなりいいです。素晴らしく出来がいい。
オーパスワンより若干薄めのタッチがよりボルドーっぽいエレガンスを見せていると思います。アルマヴィーヴァの様に果実味に寄りすぎているわけでもないし、果実味が欠如しているわけでもない。他の要素を掻き消さない程度の絶妙なバランス感。そしてセカンドやボルドーの4級以外に見られるタンニンや酸のざらつきがほとんど感じられない。
オーパスワンは若い時分には果実味とともに若干のざらつきを感じるのですが、やや一回り線が細い事がプラスに働いている感じ。
ただ熟成能力があるかはちょっとわからない。少なくともオーパスワン以上に熟成する事は無いと思います。

今飲んで、とても美味しいセカンドラベルだと思います。


Petit Marche(プティマルシェ:自由が丘)

こんばんわ。
10月以来、久々のフレンチです。しかも今回は嫁招待。わーい!

フレンチ行かない代わりに沖縄料理はよく食べに行ってるんですけどね...。
素朴でとてもアットホームな雰囲気が良かったです。



■前菜
ホタテ、イカ、スモークサーモンのカルパッチョ




■ワイン
ブルゴーニュ ピノノワール 2006/ラ ジブリオット




■魚料理
鯛のポワレ オマール海老のソース




■肉料理
ローストビーフ




■フロマージュ
ラミ デュ シャンベルタン、エポワス ド ブルゴーニュ、ブリー ド モー




■デザート




こう、派手な感じでは無いんですが、素朴で美味しかったです。
魚料理の皮のパリパリ具合とか、あんまり本格フレンチには無くって、こういうのがいいですよね。鯛の身もホクホクで、またオマール海老のソースがクリーミーで良く合うのです。
あと前菜はちょっとだけカレー風味。
ホタテが甘くて美味いー!
メインの肉料理はローストビーフであんまり量は無いのですが、身がほろほろ崩れるのとグレービーソースがいい感じでした。

フロマージュ。
あまり切り分けて細かい種類を食べることが無い(機会はあるんですが、大体お腹いっぱいになって断っちゃう)んですが今回は腹具合も余裕だったので注文。いつもはエポワスは臭いので避けてたんですが...や、これくらいだったら全然美味しくいただける。
近くでチーズ沢山出てくるお店探そうっと。

帰りはほろ酔い(泥酔?)でしたが、とりあえず赤いきつねを〆に食ったところまでは覚えてる...



■おまけ
行きがけに六本木ヒルズのクリスマスマーケットにもいってきました。

グリューワインとリンゴのフラムクーヘン。フラムクーヘンにかかってるクリームチーズがメチャウマ!


ボルドーと時差の無いエレガントなカベルネソーヴィニヨン。ドミナス 2006。

こんにちわ。
本日はカリフォルニア ナパヴァレーのドミナスです。

ドミナスは1983年が初ヴィンテージのクリスチャンムエックスとイングルヌックのジョイントベンチャー。
ナパヴァレーに自社畑を持ち、栽培醸造まで自社で行っています。
今でこそ破竹の勢いを続けるドミナス。しかしながらナパヴァレーでは、自らが得意とするメルローではなくカベルネソーヴィニヨンの栽培に踏み切りました。さまざまな困難があったようで、軌道に乗せるまで、実に10年もの月日が掛かっています。(土壌も右岸のメルロー向けの粘土質土壌ではなく、水はけの良い火山性地質ですからね。)
栽培はボルドーのエレガンスを得るために工夫が凝らされ、ナパの良好な日照条件を調整する為に葡萄の葉を多く茂らせる、収穫前に葡萄に水を吹きかけて清掃する、巣箱を置いて害虫駆除を自然に任せる。など非常に細かいチューニングを行っています。


生産者: ドミナス エステート
銘柄: ドミナス 2006
品種:カベルネソーヴィニヨン80%、プティヴェルト10%、メルロー5%、カベルネフラン5%

13000円、WA96pt
外観は光を通さない黒に近いガーネット。粘性は高い。
予想以上にエレガントで透明感のある作り。カリフォルニアなのに重すぎないボルドーに接近するカリフォルニア。
ドライプルーン、カシス、ブラックチェリーなどの黒い果実の甘露で凝縮されている果実味。...しかしながら暑苦しい濃密さは一切ない。そしてコーヒー、西洋杉、炭焼きなどのローステッドなニュアンス。ミント、スーボワ、生肉。甘草など。インクっぽさはない。
ボルドーに見られる要素を数多く含んでおり、ブラインドで飲んでもカリフォルニアとわからないだろう。
タニックで酸味が充実しているが、僅かに重ねた熟成がエレガンスを表している。
マルゴーやピジョンラランドに通じるエレガントで卓抜したカリフォルニアワイン。


・・・というか非常に優れたボルドーワインと言っていいかもしれません。
高精細で緻密なカリフォルニアワイン、もしくは果実味の高い明るさを感じるボルドーワイン。
比較的新世界的なニュアンスが前に出ているオーパスワンと比べて、こちらの方かよりボルドーに接近した作りだと思います。ともすればメドックよりメドックらしい作りかもしれません。
土壌としては火山性地質の為、水捌けは良いです。なのでカベルネの生育条件には合致しているのですが、ここで問題になるのは日照条件。晩熟品種のカベルネソーヴィニヨンでも一気に成熟させるナパの温暖な気候を、上手く栽培手法で回避できているのが凄いですね。

値段もボルドーのグランクリュクラッセと比べると非常に安価なので、かなりお得感があるワインですね。素晴らしい。


メオカミュゼはネゴスもいい。一級レ クラ、村名ジュヴレシャンベルタン、村名モレ サン ドニ



こんばんわ。
今日はメオカミュゼのネゴスものです。

メオカミュゼはヴォーヌロマネに拠点を置く大手ドメーヌで、一時コンサルタントとして、分益耕作人としてアンリジャイエがいた事でも有名です。
党首はジャン ニコラ メオ。
グランクリュとプルミエクリュを複数持つドメーヌ部門と拠点外の村名やプルミエクリュを生産するネゴシアン部門がありますが、基本的に一級はドメーヌ部門スタッフが栽培醸造まですべて行っているし、村名ですら夏季剪定から醸造までドメーヌ部門スタッフが面倒を見ています。畑こそ他の生産者、栽培農家のものですが、ほぼメオカミュゼのDNAが注入されていると言って過言ではないと思います。
なので、特に僕自身はドメーヌものとネゴスものと区分けをしていません。
ネゴスでも十分美味いので。
ところでこの生産者の特徴として高い新樽率が挙げられます。村名で50%、一級70%、そして特級で100%。これはドメーヌものの数値ですが、多分ネゴスも変わらないような気がします。
今日のも結構樽が強い様な気がしたので...

それではいってみましょう。


生産者: メオ カミュゼ F&S
銘柄: モレ サン ドニ 2010

約7500円、WA89-91pt(2009)
外観は濃いルビー、粘性は中庸。
こちらは甘やかで濃密でふくよかなジュヴレシャンベルタンと比べると、ちょっと角の立ったソリッドでドライな風味がある。
プラム、ダークチェリーなどの酸味が際立った風味、徐々にキャラメルやトーストなどの樽由来の香り、スミレや薔薇の華やかな香りや茎、紅茶、なめし革、グローヴ、甘草など。
タンニンも酸味も、やや刺々しいが、引き締まった体躯と充実した旨味を感じる。やや薄めの様な気もするが...


生産者: メオ カミュゼ F&S
銘柄: ジュヴレシャンベルタン 2010
約7500円、WA88-90pt(2009)

外観はやや濃いめのルビー、粘性は高い。
割と重量感のある腰の座ったジュヴレシャンベルタン。重いが濃密な甘露な香り。
デーツやプラムやブラックチェリーなどの黒系果実の濃厚な果実味、樽が結構強くトーストやキャラメルやチョコレートの様な甘露な味わいが感じられる。そして、はっきりしたスミレのニュアンス。果皮から現れる薔薇、黒檀、シナモン、僅かに毛皮やアーモンド、バニラなどの風味も。甘い。
香り、色調から抽出はやや強めな気がするが、以外と酸味もタンニンも穏やかで優しい作り。モレサンドニより丸みを感じる。
なかなか好きなタイプの作り。


生産者: メオ カミュゼ F&S
銘柄: シャンボール ミュジニー プルミエクリュ レ クラ 2010

21000円、WA88-90pt(2009)
外観は濃いルビー、粘性は高い。
村名と比べ、やはりこれだけ突出してレベルが違う。フィネスが感じられる。
充実したミネラル感と透明感のあるシャープな芳香、そして樽のふくよかな甘さが同居する。甘いのに重さは全く感じない。
紅茶、薔薇、スミレなどの華やかな香り、ダークチェリー、ブルーベリーのやや果皮の成分が強く出た華やかな果実味。クレームブリュレ、シロップなどの甘露な風味、若い葉っぱや茎、なめし革、樹皮、グローヴ、バニラなど。
一見線が細い様に見えて、引き締まった体躯、華やかな芳香。酸味やタンニンも充実しているが、しっかりとしたボディや多くの要素を持つため、自然な味わいとなっている。


この3本の間にはなかなか大きな差があって面白いです。
ジュヴレシャンベルタンは樽と果実味が強いし、モレ サン ドニがちょっと角が立った感じ。
そしてレ クラはミネラル感...岩を砕いた様なニュアンス、果実の凝縮感、樽のバランスが良い。フラジェエシェゾー寄りの立地(ミュジニー、アムルーズ寄り)は粘土より石灰を多く含む土壌の為、かなりミネラリーなニュアンスが出るんですが、ボンヌマール寄りのクラも石灰感を強く感じますね 。そして複雑。
それに比べると村名はモレもジュヴレもやはりシンプルに感じますね。そこらへんはブレンドで稀釈されてる為だと思うのですが...ただモレ サン ドニは若干好みから外れますが、ジュヴレシャンベルタンは良かったですね。単純に下位互換でここに骨格と堅牢さが伴えば一級や特級並だと。

メオカミュゼは比較テイスティングが面白いですね。ちょっとお高いのでなかなか厳しいものはありますが品質はすこぶるいいし、ちゃんと村ごとの特徴が捉えられていると思います。




強烈な個性を放つプルミエグランクリュクラッセ。2006ボルドー一級並行テイスティング


こんばんわ。
今日はブルゴーニュはお休みで、ボルドーです。たまにボルドーやその他の地域のを飲まないと、ピノ以外の感覚が本当に鈍るので...
今回はオーブリオン、マルゴー、ラトゥールの並行。本当はラフィットとムートンもあれば良かったのですが、まあ、そう都合の良い事はありません。
ヴィンテージはすべて2006となります。
全くもって説明不要かと思いますが、シャトーのざっくりした説明をすると、シャトーラトゥールはポイヤックにあるプルミエグランクリュクラッセ。セカンドラベルはレ フォール ド ラトゥール、サードラベルはポーイヤック。創設は14世紀。序列は第二位。栽培面積は78ha(うち47haがグランヴァンの区画)
シャトーマルゴーはマルゴーにあるプルミエグランクリュクラッセ。セカンドラベルはパヴィヨン ルージュ シャトー マルゴー。創設は12世紀。序列は第三位。栽培面積は赤白含め約100ha。
シャトーオーブリオンはメドック外にして例外的にメドック格付け1級とされたプルミエグランクリュクラッセ。セカンドラベルはクラレンス オーブリオン(バァン オーブリオン)。設立は15世紀ごろ。序列は第四位か第五位だったはず?栽培面積は51ha。

...事務的な文言になるのは、ボルドーで最も品質を左右するのは葡萄の出来とシャトーのセパージュ技術という側面があるからです。なんであまり土壌や醸造技術を論じても仕方ないという。
土壌が味わいにダイレクトに反映する訳ではないし、栽培醸造セパージュは既に確立されているブランドイメージをベースとして出来によって毎年変更しているし。
基本ボルドーは複数品種という調整弁があるので、品質においては安定しやすいんですよね...記録的に悪いことはここ10年では無かったような気がします。(ヴィンテージの負はブレンド比率や選果で吸収してますから)

そんな安定のボルドーですが、決して画一的ではなく、シャトーごとに沢山の個性があり、中でもメドック最上級の5本にも確固たる、そして明確な違いが存在しています。

今回はその魅了を追えたらな、と思います。


銘柄、生産者: シャトー オーブリオン 2006
品種: カベルネソーヴィニヨン45%、メルロー37%、カベルネフラン18%

94500円、WA96pt
外観はかなり濃いガーネット、粘性は高い。
かなりスモーキーでパワフル、濃厚ななカベルネソーヴィニヨンの香り。
やや硬さを感じるタバコや燻製肉、ベーコン。カシス、ブラックベリー、プルーンの豊満な果実味。ミントや焦がした西洋杉、やや土っぽさ、僅かにスミレや芍薬の芳香。ややインキーな作り。
ユーカリやクローヴ、甘草など。
ローステッドで複雑なハーブの香りが特徴的で、やや硬さを感じる作り。カシスの甘やかさはほどほど。真骨頂はこの複雑さとスモーキーさにある。やや近づきづらい印象。
タニックて収斂性は高いが、酸味は柔らかい。相変わらず複雑で難解なワインだ。


銘柄、生産者:シャトー マルゴー 2006
品種: カベルネソーヴィニヨン90%、メルロー 10%

99750円、WA94pt
おお、これぞマルゴー!華やか!
素晴らしいカベルネの香り!シャープで透明感に溢れている。
クレーム ド カシスやブラックベリーのコンポートの超濃厚で甘やかな果実味、ローストしたカカオ、シダーウッド、ミント、ユーカリ、茎やスミレや野薔薇の華やかな花の香り、やや茹でた小豆や、僅かにタバコ、腐葉土、ややシシトウっぽさ、ベーコンなど。
ややオーブリオンに比べると野性味やスモーキーさが減退している。自然な大地の華やかさを感じる。華やかで森のような清涼感があり、濃厚な果実を頬張る官能性がある。
酸味はやや強く、タンニンは充実しているが、本質はシルキーであることに尽きる。べらぼうに華やかで滑らか、豪奢なカベルネソーヴィニヨンである。シルクの様な口当たりだ。やや出汁の様な風味も。


銘柄、生産者:シャトー ラトゥール 2006
品種: カベルネソーヴィニヨン80%、メルロー15%、カベルネフラン&プティヴェルト5%

115500円、WA95pt
強靭で鉄のような風味のカベルネソーヴィニヨンだ。だがこれがラトゥール。
鉄釘や血液、そしてミントやパチュリー、西洋杉などの大地香、クローヴ、甘草などのスパイスの香りが全面に出ている。全体的にやはり堅牢な印象。ベーコンや生肉など。ぼやけた印象がない。
そして茹で小豆やカシスリキュール、ブラックベリー、ドライプルーンの凝縮した果実味、若々しい茎や土を感じさせる青っぽさ、タバコ、僅かにスミレの芳香も。松やシダーウッド、コリアンダーなど炭焼など。
全体的に青っぽく野生的で堅固な印象を受けるワイン。鉄の様な体躯のコアには強烈な果実味を内包している。
タンニン、酸味は最も力強く華やか。流石ラトゥール、最高、強固だ。


まず押し並べて思うのが、このクラスはやっぱり途轍もない品質だな、と。
2006年のポイヤック、マルゴー、グラーヴは決して突出している訳ではなく、まあ平準的なヴィンテージなのですが、それでもこのレベル。むしろこのレベルだからこそ、今この時分で飲めるという気もしますが。

さて、比較でいうと、ラトゥール、マルゴーの2本はカベルネソーヴィニヨン比率が高く、80%を超えています。エレガントで滑らか、細身で筋肉質な印象。いわゆるボルドーのスタンダードなグランヴァン(例えメドック格付け2級以下のワイン)的な造りです。
対してオーブリオンはメルロー比率がこの中でも高い。ただ妙に厳めしいスパイシーでスモーキー、そしてペタッとしたインクっぽさがあるんですよね。気品はあるんだけどより野性的な側面を強く感じる。
異質、異端児。確かにそんな雰囲気が漂う独特のグランヴァンだと思います。

ラトゥールとマルゴーは前述した様にいわゆるボルドーのグランヴァンの指標的なスタイルですが、この二者にも大きな違いが感じられます。
やや鉄や大地香、濃厚な果実味が目立つ堅牢なラトゥールと、花や甘露な果実味、シルキーで流麗なマルゴー。
この二者はボルドーというスタイルにおいては好対照、筋肉質で堅牢、そして流麗でしなやか。

共に若いのでタニックで収斂性は高いのですが、印象は構成要素の問題かなと思っていて果皮から抽出される鉄や大地香が堅い印象を、マルゴーはカカオや茎、スミレの香りが流麗な印象を与えるのだと思います。

味わいの違いは石灰岩、粘土を含む砂利の台地であるマルゴーと砂利と砂質のポイヤックとの違いなんだろうな...とも。粘土ならメルローが上手く作れそうですが、マルゴーはカベルネ主体だし...ううん、難しい。

なかなかボルドーは勉強のしがいがありますなぁ。


※メルロー(早熟品種)は粘土質を好む。吸水性が高いため、水分が保持され、かつ過剰な水分を弾く粘土質土壌が適している(らしい)。逆にカベルネソーヴィニヨン(晩熟品種)は蓄熱効果がある水捌けの良い砂利土壌を好む。カベルネは逆に水を吸わないので、あえて根を伸ばすために水捌けの良い土壌を選択する?しかし小高い丘の場合シルト、粘土の層が断続的に続いているらしく、そこで保水性を保つ。そこに届く様に葡萄の根を伸ばす。ということは低い丘の砂利地質はあまり良くないのか?


  

神々に祝福されたが如き奇跡的な造形美、ルーミエの村名、一級クラ、一級ビュシエール


こんばんわ。
さて、今回はルーミエの村名シャンボール、一級 レ クラ、一級 ビュシエールです。ヴィンテージはすべて最新の2010となります。

ジョルジュルーミエは恐らくブルゴーニュで最も人気がある生産者のうちの一人で、そもそもの生産量が少ない&市場で瞬間蒸発してしまうため滅多に見かけない、見かけてもプレミアがついてべらぼうな金額で取引されている生産者です。化学薬品、化学肥料、除草剤は使用せず、グリーンハーヴェストによる収量制限、そして無清張、無濾過で果実本来の力を引き出す造りをしています。新樽比率は村名25%、一級40%、特級50%と比較的少ない使用率となります。

村名シャンボールは村名区画と一級区画のブレンド、レ クラはシャンボールミュジニーの中心部にある村の中でトップクラスの区画で、ボンヌマール寄りの土壌ではなく、ミュジニー寄りの土壌となっています。隣接する畑はレ フュエ。ビュシエールはモレサンドニの区画ですが、シャンボールミュジニーのボンヌマールに隣接する畑ですね。

ではいってみます。


生産者: ジョルジュ ルーミエ
銘柄: シャンボール ミュジニー 2010

15300円、WA90-92pt(2009)
村名とは思えないめちゃくちゃな凝縮度。外観は濃いルビー、粘性は高い。放つ果実の香りが半端ない。
凄まじく甘露なピノノワール、だが樽は感じず、本当に果実に所以する香りだ。とてつもなく華やか。
ジャムにしたストロベリーやチェリーリキュール、などの透明感と凝縮感に満ち溢れた果実味と、薔薇やスミレの濃厚なアロマオイル、若干茎や濡れた樹皮、松の青っぽさを感じる。なめし革の野性味、オリエンタルなお香、八角、クローヴ、わずかにトマトやトーストの様な風味。
全体的に果実味が非常に強く強靭、その果実味たるやパワフルと言っていいが、エレガントで華やかである。
スキのない途轍もない村名。
酸味、タンニンは柔らかく、とにかく華やかで官能的な突出した村名ワイン。
余韻は早くも凄まじく長い。
時間が経つと黒糖の様な甘やかなニュアンスがより強く現れて来る。超濃厚だわ..こりゃすげえ!村名とは思えない!


生産者: ジョルジュ ルーミエ
銘柄: シャンボール ミュジニー プルミエクリュ レ クラ 2010

約20000円、WA91-93pt(2009)
村名も凄まじかったが、クラはその上を容易に行く。透明感と純粋感が全く違う。
外観は濃いルビーで、大きな特徴は濃縮した果実味とエレガントな花の香りであることに代わりはない。しかしながら村名と比べると、より旨味を感じさせる風味が現れており、ラムネやジャムにしたストロベリー、チェリーリキュール、ブルーベリージャムの風味が強く現れている。
薔薇やスミレのアロマオイルの様な濃厚さ。ややローステッドな樹皮、茎や若い葉っぱ、松、スーボワなどの森の中に佇んでいるかの如き清涼感。ケーキの如き甘露さ、なめし革や、スパイシーなパストラミハム、シナモン、クローヴ、八角など。ややトマトも感じる。炭焼き、ゴムなど。
口に含むと圧倒的な花の香りと果実の香りが広がる。なるほど、ここが村名と全く違うところか。
酸味は充実していてタンニンも強いが、それでも柔らかでシルキーでとんでもなく華やかだし、純粋な作り。すげえ!キラキラしたシャンボールミュジニー!
マジで凝縮感あるわ..やべえわ。
時間が経っても華やかでロースト香がなかなか出てこない。ずっと華やかさが続く。素晴らしい。強烈だ。半端ないシャンボール。


生産者: ジョルジュ ルーミエ
銘柄: モレ サン ドニ プルミエクリュ クロ ド ラ ビュシエール 2010

約15000円、WA92-94pt(2009)
より外観は濃いルビーか。粘性も高い。
全体的な雰囲気はシャンボールと異なり、やや硬い雰囲気を漂わせる。べらぼうな濃厚さや凝縮感はそのままながら、ちょっと青いトマトの様な果実感と、ジャミーなブルーベリーリキュールやダークチェリーのジャムの様な香り。
スミレより煌びやかな薔薇などの冷えた華やかさ、紅茶、白檀、スパイシー(黒胡椒風味な)な生肉、シナモン、クローヴ、リコリス、香ばしいクルミ、デーツ、ワッフルなど。焦げた木材など。
酸味やタンニンがやや強めに感じる。
レクラに比べると、同じ一級でありながらバランス感において大きく離されている。しかしながら凡百の一級、特級と比較すると十二分に素晴らしく華やか、そしてパワフルな香りだ。
徐々に茎や若葉などの香りが出てくる。不足は全くないが、村名、レ クラに見られたルーミエマジックがやや濁っている様に感じる。


なんて、最後にクロ ド ラ ビュシエールのやや辛口のコメントで締めましたが、このワインも文中で書いている通り凡百の一級や特級と比較して劣る部分は一切無く、むしろ特級クラスと言っていい造りだとは思います。ただ、魔法が掛けられた様な村名やレ クラと比べると、ややバランス感に欠ける...
これは多分透明感と凝縮した果実味を押し出す特徴に対して、やや青さが際立つのとタンニンの抽出が強い事に由縁するのかな、と思っています。モレ サン ドニのテロワールが作風に対してパワフルすぎるのかも...
それに対して一級レ クラ、村名シャンボールは、ルーミエの作風と折り目正しく華麗なシャンボールのテロワールが上手く合致してるのかも。
その結果、ピュアで透明感のある奇跡的な味わいのワインが生まれると。その味わいたるや...方向性や完成度としてはDRCと近いと思います。(ルーミエの方がやや濃いです)
ちなみに正直個人的な主観で言うとDRCのエシェゾー、グランエシェゾーであれば、レ クラの方が素晴らしいと思います。というか好み。
うーん、レ クラでこのレベルである事を考えると、正直シャンボールトップ3のボンヌマール、アムルーズ、ミュジニーとかどうなっちゃうのか正直全然想像つきません...

高くて、かついつも瞬殺されちゃう銘柄ですが(某百貨店では300人くらい並んだみたいですね...)、なるほど、納得な出来です。この魔法に掛けられた様なドラマチックで奇跡的な味わいは替えが効かないよ。

  

 

エマニュエルルジェ、熟成感が光るサヴィニー レ ボーヌ プランシェ

どうもこんばんわ。
朝に引き続いて晩のの更新です。ネタはあと二つ。
今回は比較無しの一発勝負、GFAジュヌヴレイのサヴィニー レ ボーヌですよ。

GFAジュヌヴレイは生産者ではなく、ボーヌにあるレストランのオーナーシェフが持ってる会社の名前でレストラン用のワインらしいです。そこは「へえ...」というレベルの話ですが、実際栽培醸造瓶詰までやってるのはエマニュエル ルジェだそうです。
確かにボトルにエマニュエル ルジェの名前が。レストランのハウスワインにエマニュエル ルジェって贅沢ですねー。

ちなみに日本だとAuxAmisのハウスワインをフィリップパカレが作ってますね。余談ですが。

さて、肝心のワインはサヴィニー レ ボーヌ。とても地味なアペラシオンでボーヌ、そしてショレイ レ ボーヌに隣接する村でボチボチ高品質なピノノワールを産出する所です。
...といっても流石にコルドンやヴォルネイ、ポマールなんかの有名どころに囲まれてるので、本当に地味な存在なんですけどね。ここで有名な生産者はルイ シュニュやトロ ボー、あと個人的に好きな生産者のパトリック ジャヴィリエなんかも作ってます。ルイ シュニュ以外は基本的に片手間っぽいですがね。まぁただ、どれもハズレなしというかこれらのワインを飲む限りだと悪い印象は全くないです。
なんで安くて比較的高品質であるという印象です。


生産者: GFAジュヌヴレイ(エマニュエル ルジェ)
銘柄: サヴィニー レ ボーヌ プランシェ2005

約9000円。WA88-90(ルジェ元詰の2005サヴィニーを参照)
外観は濃いルビー色で、粘性は高め。
経過年数から受ける印象より幾分か熟成感が出ている。
しかしながら熟成香からは考えられないくらい、ジャムの様なねっとりとした紫スモモ、デーツなどの超濃厚な果実味が現れている。この凝縮感のある果実味、「ああ、エマニュエルルジェだわ」って感じですね。
そしてスミレ、薔薇などの赤い花の香りや、ブランデー。熟成を感じる鰹節、血液。そしてなめし革、リコリス、クローヴ、トーストなど。液体に黒糖の様な甘露さがある。
酸味、タンニンとも滑らかで熟成ワインとしてはほぼ完璧な出来であると思う。
冷静に考えて2005年という事を考えると熟成しすぎているような気がするが、まぁそんなことはどうでもよくなる程度には美味い。


さて、ジュヌヴレイ…というかエマニュエル ルジェのサヴィニー、美味かったです。
エマニュエル ルジェも自身でサヴィニー レ ボーヌを作っていますが、恥ずかしながらそちらは飲んだ事が無くて、何となく「まぁニュイサンジョルジュとボーモン、エシェゾー飲んだし、別にいいだろ…サヴィニーだし…」と思ってたのですが、あたしって、ほんとバカ…と言った感じ。
当然ニュイサンジョルジュほどではないにせよ十分すぎるぐらいに美味いブルゴーニュでした。
プランショは調べたところ、ショレイ レ ボーヌに向けて広がる扇状地のボーヌ寄りの対斜面にある畑で、石灰質土壌が中心になるようです。長熟型だそうです。なるほど。

そんな感じです。


ボノーデュマルトレイ、コルトンシャルルマーニュ20年を検証する。


※珍しく白特級のタテ。なかなか勉強になりました。

こんばんわ。
久々に連続更新出来てホッとしてます。このブログの強みは!多分!更新速度!だと思ってるので頑張ります。

今回はボノー デュ マルトレイのコルトンシャルルマーニュ90年代2種類と00年代2種類をテイスティングしました。
赤も白も早飲み派の僕ですが、なかなか価値観を変えられてしまいました...

コルトンシャルルマーニュを語る上でボノーデュマルトレイは外す事は出来ないと思います。まさにコルトンのスペシャリスト。ラインナップは赤はコルトン、白はコルトンシャルルマーニュのみ。
粘土を含まない石灰質土壌、70~80年級の古木、徹底的に収量制限した葡萄で作られるコルトンシャルルマーニュは、アペラシオンの特徴とも言える強靭で硬質なミネラルと、豊富な果実味を併せ持っている。特級としては新樽比率は低く約30%。
ちなみにコルトンシャルルマーニュとして使われている区画はアン シャルルマーニュとル シャルルマーニュを跨ぐリューディのアッセンブラージュ。

ではいってみましょう!


生産者: ボノー デュ マルトレイ
銘柄: コルトン シャルルマーニュ グランクリュ 2010

WA94pt(2008)、16800円
外観は淡いストローイエロー、粘性は高め。ぽってりとした豊満な印象を受ける。
豊満なアプリコットや洋梨の果実味に溢れているが、テロワール由来の強靭な硬質なミネラル感が体躯を引き締めている。徐白い花やシロップの様な甘露な芳香。徐々にナッツやバターなどのオイリーな風味も現れる。
また白胡椒、シャンピニオン、シナモンなどの複雑なスパイスの香りも。
柔らかい酸味とやや際立ったタンニンを感じるが、基本的にはフルーティで華やかな印象を持ったコルトンシャルルマーニュ。
時間が立つとシャンピニオンやバターやナッツ、石鹸などのオイリーなニュアンスを感じ取れる。


生産者: ボノー デュ マルトレイ
銘柄: コルトン シャルルマーニュ グランクリュ 2002

21000円、WA92pt
外観は2010年とほぼ変わらず、淡いストローイエロー。粘性は高い。かなり熟成感が出てきている。
ミネラルは未だ堅牢で強固。そして2010と比較すると果実味により強い酸味を感じさせる。
出汁の風味を主体に、酸味や旨味を感じさせるカリンやライチの果実味。
バターやナッツの香りは依然感じるものの、やや落ち着いている。
熟成に伴なうリコリスやシャンピニオンの要素や杏仁豆腐、白胡椒、フレッシュハーブなどの風味も。
シャンパーニュのノンヴィンテージっぽい味わい。酸味は程々に残って苦味も柔らかくなっている。
しかしながら今ひとつ果実味が減退している様に感じるのは気のせいだろうか。


生産者: ボノー デュ マルトレイ
銘柄: コルトン シャルルマーニュ グランクリュ 1997

19950円、WA89pt
外観はやや濃いめの黄金色。
丁度2002は熟成の狭間だったのだろうか、若々しい2010年とも年を取った2002年とも異なっている。熟成がかなり進んだ香り。
チョーキーだがミネラル分はかなり柔らかくなっている。
ラムネの様にとても甘やかなカリン、白桃やアプリコットの甘露な芳香と、濃厚な旨味を放つ出汁、また白い花や白胡椒、リコリス、ヘーゼルナッツ、バターの豊満さ、ドライハーブなどの香り。フルーツやスパイスが沢山並んでいる海外のマーケットにいるかの様に複雑。
ミネラルがややほどけてきたのもあって、印象的にはかなり厳しさが取れた。
酸味はさらにかなり柔らかくなっている。全体的に口当たりが柔らかくなったためか、ちょっと苦味が際立って見える。


生産者: ボノー デュ マルトレイ
銘柄: コルトン シャルルマーニュ グランクリュ 1995

21000円、WA93pt
97同様、すごくいい方向に熟成が働いている。
色調はやや濃いめの黄金色。
なぜか更にチョーキーな風味が前に出ている。1997年で一度減退したと思われたミネラルがより強くなっている。ヴィンテージの特性だろうか。
強烈な旨味を放つ出汁っぽさ、洋梨、黄桃のねっとりとした甘い果実味、濃厚なシロップやバニラ、リコリス、白胡椒、ドライハーブなどのスパイスなどの風味が強い。白檀、焦がしバターやクリームなど。甘やかな風味が全体を包む。やや野生的でムスクの様な香りも。
酸味は強いが、苦味は落ち着いている。熟成を経てもっともクリーミーに柔らかくなっている印象。最もバランスが取れている。ミネラリーで甘露なコルトンシャルルマーニュ。余韻も長い。



まずブルゴーニュ白のヴィンテージでいうと、2000年代は軒並みに良いヴィンテージが続き、90年代はばらつきはありますが、たまに良いヴィンテージがあります。
ワインアドヴォケイトによると2010は未発表(ですが09と同等だと思われます)、2002年は92pt、1997年は89pt、1995年は93ptです。

この結果から見ると97が最も生育条件が悪く、最も優れているのは1995、次いで2010、2002となります。
1995年が熟成を経てもミネラルを保っており果実味も十分に豊かである事を考えると93Ptは納得感のある数値だと思います。2010年は言わずもがな、ミネラルが全身に行き渡っており、果実味豊かで溌剌とした印象を受けました。また1997の1995を超える熟成感もまあ納得です。ミネラルが全体の熟成感に消されて骨格が弱くなっていました。

さて、問題は2002で、決して悪いヴィンテージではないのですが、熟成シャンパーニュの様な風味を感じたのは何故なのか。これは良くワイン好きの人と話題になる「熟成の谷」だと思っています。
若々しい内(リリースから2,3年)と完全に熟成したワインの狭間にあるタイミングで、果実味が力強い内に熟成香が出始めると、やや野暮ったい印象になるところですね。
これがミネラルと果実味、熟成香のバランスが均一化すると、いわゆる熟成したワインになるのだと理解しています。
だいたい今なら2007年から2010年が若々しいヴィンテージで、2000年から2006年が谷に当たる部分、90年代でも弱いヴィンテージは99年から熟成を完了し、強いヴィンテージなら、まあ、95が飲み頃じゃないかと。

そういえば確かに95年くらいはあまりハズレがない事に気づきました。なるほど。実際弱いヴィンテージである97は骨格こそ弱めながら美味しいワインである事には間違いなかったし、95は素晴らしい出来でした。赤も同じでテロワール的に弱いルジェの97サヴィニーは十分に楽しめるものだったし...


まあここは生産者にもよるので一概には言えない部分ではあるのですが、基準としてなかなか勉強になりました。



DRC共同経営者プリューレ ロック、自然を感じさせる厳格なクロ デ コルヴェ、華やかなクロドベーズ


こんばんわ。
今日はプリューレロック2種類です。

いきなり余談なんですが、このブログを書く際には3冊くらいの書籍(もしくはWeb)から情報を引っ張ってきて要点だけを書いています。その中でとある本のプリューレロックの項を眺めていると詳細な作り方が載っていました。その中で気になる一文が。



「マストを沈める(全裸で飛び込むが、二酸化炭素に注意」




ほほう!全裸!全裸ときましたか!



テイスティングしていた時に「これフィルターとかコラージュとかしてないな。自然派だ。」とか思ってたんですが....

※件のアンリ フレドリック ロック氏


...あれ?全裸で飛び込んでアレとかソレとか浸かっちゃってます?挙げ句の果てにアレとかソレとか浮いちゃってます?
しかもノンコラノンフィルとか...ヤダー!しかも毛深いじゃないですかーヤダー!



...はい。(※まぁアンリが自らやってる訳ないが...)
プリューレロックはDRCの共同経営者アンリ フレドリック ロックが運営する個人ドメーヌです。とても偉大な生産者で唯一無二のアンリ節を感じさせる個性的なワイン群にはファンが多いです。栽培はビオロジックで、除梗はせず房ごと木樽にて発酵、ピジャージュは人の手にて、アルコール強化の補糖は一切せず、コルヴェは新樽100%で20ヶ月熟成させています。※クロ ド ベーズは不明ですが、畑の強さによる、との事なので多分100%かな。味わい的には70%くらいに感じたけど。

今回はニュイサンジョルジュ 一級クロ デ コルヴェと、シャンベルタン クロ ド ベーズです。
クロ デ コルヴェの畑からは実に4種類ものワインが作られます。
コルヴェの中でも若い樹齢から生産された「Nuit 1(アン)」。40年から50年の古木を使用している「ニュイサンジョルジュ プルミエクリュ」、70年を超える古木からは「ニュイサンジョルジュ プルミエクリュ ヴィエイユヴィーニュ」。
畑名「ニュイサンジョルジュ プルミエクリュ クロ デ コルヴェ」を名乗れるのは、その中で古木かつ、(エキス分や芳香が凝縮される)結実不良の葡萄を使用したもののみ。
つまり同じクロ デ コルヴェの畑でも古木か若木か結実不良を使うか使わないかで名称を変えています。これによってクロ デ コルヴェの品質が保たれているといえます。
ミルランダージュを上手く使うのはアンリジャイエの思想にも似ていると思いますね。
シャンベルタン クロ ド ベーズは、ジュヴレシャンベルタンに置いて数ある特級の中でも別格と位置づけられています。プリューレロックのキュヴェはその中でも樹齢80年を超える葡萄から作られています。

前置きがかなり長くなりましたが、テイスティングレポートいってみますね。


生産者: プリューレ ロック
銘柄: ニュイ サン ジョルジュ プルミエクリュ クロ デ コルヴェ 2005

外観は濃いルビー、粘性は高い。
華やかなクロ ド ベーズと比べてとても閉じている印象。とても厳格な雰囲気を漂わせるニュイサンジョルジュ。
ムスクや仏教的な線香、五香粉などの中華料理のスパイスが全面に満ちて行く。焦げたゴム、漢方、クローヴ、甘草などのスパイス香。ベーコンなどの野性味。
そしてやや遅れて果皮の厚いブルーベリー、ダークチェリーのじわりとした旨味を感じる芳香。瑞々しい薔薇の華やかさが現れる。
非常にタニックで酸味も充実しており、口に含んだ時の芳香の妖艶さは、所謂ニュイサンジョルジュのイメージとは合致しない。
特異でありながら、密教的な香りを感じさせる蠱惑的なワイン。


生産者: プリューレ ロック
銘柄: シャンベルタン クロ ド ベーズ グランクリュ 2005

約28000円、WAは不明。
やや濁りのある深いルビー、粘性は高い。
よりDRCと接近する、果実の瑞々しさや華やかさを重視した作り。ただやや透明感が低いというか雑味..がDRCと比べると感じるような気がする。
ややローステッドな芳香を纏いながら、仄かなオリエンタルインセンスやスパイシーな甘草やグローヴ、生肉や毛皮の様な野性的な芳香を纏っている。エキゾチックな芳香。
干したブラックベリー、ブルーベリーやダークチェリーなどの強い果皮のニュアンス。DRCと共通点があるとすれは、甘やかさがシロップ系でなく、果実原初の果実味があるという所か。しかもメチャクチャ甘い。
薔薇やスミレなどのアロマオイルの様な華やかな香り。チョコレートやトリュフ、溶剤。
全体的に凄まじい力強さを内包しているものの、酸とタンニンが充実しているものの、途轍もないシルキーさを持っている。
口の中で華やかに霧散する。クロ ド ベーズらしさが凄いある。
流石やで。


いずれも凄いパワーを秘めたワインだと思いました。
ただタイプは違います。
クロドベーズは終始開きっぱなしの華やかさ、甘やかさを感じるのに対して、コルヴェはより複雑で内向的な性質を持っている様に感じました。そして艶やかに華やかに開いて行く様は一様ではなくて、まるでスライドショーをみているかの様な多様性があります。
そう考えると質としてはコルヴェの方が高いかも。タイプが違うからかもしれないけど...

好きな人はハマるワインだと思います。コルヴェは通好み。クロドベーズは比較的万人に受け入れられそうなタイプですね。

ところでムスクというか野生的な香りはまさか...いや、まさかね。ハハハ。

 

DRC、天壌無窮を体現するエシェゾー、グランエシェゾー、ロマネサンヴィヴァン、リシュブール。



こんばんわ。
更新に大分日が空いてしまいました。
色々あって忙しくて....ってこれ毎回言っていますね(笑

さて、今回はドメーヌ ド ラ ロマネコンティ4種類のテイスティングレポートです。
別にレポートというほどのレポートではないのですが、まぁあまり飲む機会の少ないドメーヌですので出来る限り詳細にレポートしたいと思います。

前回はエシェゾー、リシュブール、ラターシュと豪華版でしたが、今回はややグレードが落ちて、エシェゾー2009、グランエシェゾー2008、ロマネサンヴィヴァン2004、リシュブール2008の4種類、いずれも若いヴィンテージになります。

DRCは言わずとも知れたブルゴーニュに置けるトップドメーヌであり、燦然と輝く最高のグランクリュ、ロマネコンティを所有する唯一のドメーヌでもあります。
その歴史は一冊本が出来るくらいなので割愛しますが、どのワインも異常に品質が高く、そしてお値段も高い事で有名ですね。現在の共同経営者はA.P.ヴィレーヌとアンリ フレデリック ロックの2名です。以前はラルー ビーズ ルロワが参画していました。保有する畑は特級エシェゾー、特級グランエシェゾー、特級ロマネサンヴィヴァン、特級リシュブール、特級ラターシュ、特級モンラッシェ、そして特級ロマネコンティです。2009年からは新たに特級コルトンをリリースしています。また各特級の若木を使った1級デュヴォープロシェなんてのもあります。
ヴォーヌロマネの特級およびモンラッシェではいずれも区画最大所有者となっています。
ちなみに自社で瓶詰めはされませんがバタールモンラッシェと一部ヴォーヌロマネの1級畑も保有しています。
基本的にビオディナミで栽培を行い馬を使って耕作をします。除梗はせず長い期間を32度から33度のマセラシオンを行ない、新樽100%で熟成を行います。清澄は卵白を使用して行います。

さて、DRC、エシェゾーから行きます。


生産者: ドメーヌ ド ラ ロマネコンティ
銘柄: エシェゾー グランクリュ 2009

約47000円、WA93-96pt
爆発的な香りの洪水。凄まじい勢いで複雑で濃厚な香りが放たれていく。外観はやや濃いめのルビー、粘性は高い。
スパイス、僅かな胡椒と、熟して濃縮されたイチゴ、ラズベリー、ダークチェリーのノンシュガージャム、カシス。
薔薇やスミレのアロマオイルや八角、五香粉、オリエンタルなインセンス。
なめし革やローストした松の木、豊かな腐葉土 、トリュフ。ゴムやナツメグなど。
ありとあらゆるピノノワールの要素が一塊となって洪水の様に立ち上がる。
とにかく芳香の強さが強烈で、口に含んだ時の凝縮感、濃縮感は群を抜いている。
その分果皮のニュアンスが強くタニックで酸も強いが、複雑な香りが口の中に爆発的に広がって行く。
完成されたエシェゾー。ヴォーヌロマネの魅力を体現したワイン。


生産者: ドメーヌ ド ラ ロマネコンティ
銘柄: グラン エシェゾー グランクリュ 2008

120750円、WA95pt
外観は淡いルビー、粘性は高い。
ベーシックでありながら、この猛烈な芳香と凝縮感はやはりDRCだけのものだ。
ジャムの様に凝縮されたイチゴやクランベリーの濃厚で凝縮された果実味。とても目が詰まっている。
それでありながら所謂濃さは感じさせず終始清涼感を漂わせている。
わずかにダークチェリーのような果皮の煌びやかさもある。それに所以する華やかな薔薇やスミレのエキス。
そしてクローヴ、甘草、八角、シナモンなどのスパイス、若葉や茎、わずかにトリュフ、燻製肉、ローズヒップティーなどの複雑で多様な要素が香水の様に溢れ出てくる。
時間が経つと焦げた樹皮やオレンジなどの清涼感も際立ってくる。
強靭な旨味に満ち溢れた味わいと爆発的な芳香。
タンニンと酸は際立っているが、度を超えた瑞々しさ、華やかさを感じる強烈な芳香から、むしろそれがあるべき姿であるような気がしてくる。
余韻は長く数分に至る。
恐るべき解像度と鮮明さで迫る怪物グランエシェゾー。


生産者: ドメーヌ ド ラ ロマネコンティ
銘柄: ロマネ サンヴィヴァン グランクリュ 2004

約140000円、WA93pt。
凄い華やか...やばいわ。放出する香りが凄まじい。しかもメチャクチャ若く感じる。
色調はとても澄んだ濃いルビー、粘性は高い。
とても甘やかで妖艶な...途轍もなく凝縮感のあるストロベリーリキュール、透明感のあるブルーベリー。
瑞々しい薔薇やスミレのアロマオイルの芳香、野性的ななめし革や生肉。
甘草、トリュフ、紅茶、グローヴ、シナモン、仄かなオリエンタルスパイスなど。
時間を置くと全体的に若葉や茎っぽい芳香に変わっていき、スパイシーな要素が際立ってくる。
果皮の煌びやかなタンニン、溌剌とした酸味、シロップの様な甘やかさではなく、果実由来の瑞々しい甘さが全体に広がる。
包含する要素がメチャクチャ多い。全体的に凄まじく透明感がある。
そのくせ口に含んだ時の酸味とタンニンを伴った濃密感は群を抜く。
余韻はとてつもなく長い。


生産者: ドメーヌ ド ラ ロマネコンティ
銘柄: リシュブール グランクリュ 2008

約140000円、WA96pt。
しなやかで柔らかいサンヴィヴァンに比べて、リシュブールは全体的に野生的で力強い。
色調は濃いルビー、粘性は高い。
漲るミネラル。サンヴィヴァンの方が開いている。
途轍もなくジューシーでイチゴ、クランベリー、ブルーベリーのジャムの甘やかで力強い果実味。
途轍もない凝縮感、重量感。そして薔薇やスミレなどむせかえるような赤い花の香水の芳香。
ややドライながら奥底からひき出るような果実味がある。
トリュフ、茎、若葉、の青さや野生的な生肉。焦げた松、トーストの香ばしい香り。
お香、グローヴなどの妖艶な雰囲気も纏う。
雨上がりの森の中にいるような青く、大地の香りがする。
味わい的には他のDRCと同様にスタンダードなヴォーヌロマネを踏襲していながら、途轍もないレベル感で仕上がっている。
充実したタンニンと酸味でありながらシルキーで柔らかく、豊満な果実味豊かで清涼感がありながらパワフル。甘い。
口に含むと複雑で妖艶で華やかな果実と花々の香りが口内に広がる。最高...なんじゃこりゃというワイン。
口の中の余韻がいつまでも消える事は無い。


と、ここまで飲んでみてまずDRCのワインに共通するのは「透明感」「果実の凝縮感」「芳香の強烈さ」ですかね。
びっくりする程色は淡いルビーなのに、香りや凝縮感は外観のイメージを遥かに飛び越える。
ごく自然で瑞々しいイチゴやベリー類の様々な赤い果実が、あり得ないくらいの凝縮感、質量を持って液体に封じ込まれている。それでありながら大地香や樹皮の香りが透明感や清涼感をもたらしているんですね。
かつまるで可視化されたかのような強烈な芳香を纏っている。香りの揺らぎがまるでタバコの煙の様にゆらいでいるのがわかるんですよ。
これから見るにDRCは「非常に完成され尽くしたブルゴーニュのスタンダード」というような気がします。
勿論、デュガピィやリジェベレールがスタンダードではないとは言いませんが...ともかくブルゴーニュの特徴を端的に表しているのではないかと。

次、キュべ別の比較ですが、これはかなり明確に差別化されている様な気がします。
瑞々しいエシェゾー、瑞々しく複雑さを増したグランエシェゾー、柔らかく果実味と華やかさを突出させたロマネサンヴィヴァン、やや厳格で野性的なリシュブール。
共通している項目は先述した通りですが、その中で、一部主張する要素が異なっていたり、要素の切り替わりが異なっていたりしています。
今回ヴィンテージはバラバラなので単純比較はできませんが、圧倒的だったのはリシュブール、次いで熟成香をやや纏わせたロマネサンヴィヴァン、強烈な芳香を放ったエシェゾー、そしてやや落ち着いていたグランエシェゾーという序列になるかと。そもそもエシェゾーとグランエシェゾーは僅差でグランエシェゾーが上回っているはずですが、これは08と09ヴィンテージの差でしょうか。エシェゾーの芳香はグランエシェゾーと比べて鮮明で強烈だった印象です。
リシュブールは香りの持続性ではサンヴィヴァンに僅かに劣るとのことでしたが、これもヴィンテージでしょうか。さほど差は感じませんでした。相当な長時間、強烈な芳香を放出していた印象。一体たかが数十mlの中にどれだけ香りの要素があるんだ!?と思う程度には素晴らしい造りでした。

いや、どのワインも非常に突出していて、まさにブルゴーニュの王たる雰囲気を纏っていました。
さすがにこのレベルのワインはそうそう無いかと思いますね。
どれも素晴らしく、どれも完璧なワインでした、本当にそう思います。



いや、そう思っていました。
...ジョルジュルーミエのシャンボールミュジニーを飲むまでは。

   



プロフィール

HKO(はこ)

Author:HKO(はこ)
HKOです。
世界を股にかけない普通の内勤サラリーマン。
体はピノノワールとシャルドネで出来ていますが、最近は専らシラー、グルナッシュ、ヴィオニエなどの南仏品種や、ジンファンデルみたいな濃い品種が好み。貴重なワインや興味深いワインを求めて日夜東京を徘徊する日々。
食べ歩きを2014年頃からスタート。
ミシュラン星付きフレンチ(2017年度版まで)制覇まであと2店舗。
2店舗のハードルが高いので、最近は手軽なビストロなどを周遊。
基本フレンチ/イノベーティブ/フュージョンを愛するが、イタリアンや和食にも食指を伸ばす日々。ペアリングは考えず、皿の中で終局する世界観を大切にしています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
ついった
物欲センサー
物欲センサー2
リンク
QRコード
QR