ドニ モルテ、エレガントな一級シャンポーと脇を固める村名の2ヴィンテージを利く



こんばんわ、正月休みもほとんどの人は今日で終わりでしょうか。
※勿論4日から出勤されている方もいらっしゃるかもしれません、お疲れ様です。

さて、本日はドニ モルテの09、10の村名ジュヴレシャンベルタン、09の一級シャンポーです。
93年から類を見ないほどの豪華さと重量感のあるジュヴレシャンベルタンで評判を上げたドメーヌ。
しかしながら故ドニモルテ本人はフィネスとエレガンスを追及したかった様で、現在ドメーヌの指揮を執る息子のアルノーモルテはそうした父親の意思を受け継ぎ、エレガントな方向性を追及しています。
そのため一時期の豪華さ、重量感はやや落ち着いているみたいですね。
栽培は有機農法、1万本/haの密植、グリーンハーヴェストによる収量制限を行う。
樹齢はACジュヴレシャンベルタン 20~50年、一級シャンポー 80年の古木を使用。
酸が落ちない様に早めの収穫を行い、補糖でアルコール度数の強化を行う。
除梗100%、ACジュヴレシャンベルタン新樽率50%、プルミエクリュ以上は恐らく100%?(ソースはないです。)
フラッグシップは特級シャンベルタン、特級クロ ヴージョ。一応ラヴォー サン ジャックも入るのかな?


生産者: ドニ モルテ
銘柄: ジュヴレ シャンベルタン 2010

7200円、WA89pt(2009)
色調は済んだルビー、粘性は中庸。
村名からして既に素晴らしい香り。
五香粉、八角のオリエンタルな芳香とデーツ、アメリカンチェリーの濃縮された甘露な果実味、線香、シナモン、カカオなどの甘やかな芳香。
ほのかに薔薇や茎、燻製肉、グローヴなど。
全体的に樽の香りが前に出ているが、果実味も凝縮している。
酸味、タンニンともに柔らかで、オリエンタルな芳香が口内に溢れていく。ややボディがふんわり柔らかなのは気のせい?


生産者: ドニ モルテ
銘柄: ジュヴレ シャンベルタン 2009

7900円、WA89pt(2009)
色調は済んだルビー、粘性は中庸。
10と比べると若干樽は弱めで果実味が前に出ている印象。五香粉と八角の香りは若干弱めで、カカオや黒檀、チェリーリキュールやデーツの甘やかな果実味と、燻製肉の香りが主体的に現れている。ブリオッシュ、茎。薔薇、スミレの華やかな香り。バニラ、燻製肉、シナモン、グローヴなど。
他のワインに比べて華やかさが強く、どっしりとした感覚はない。
酸味、タンニンは柔らかく、ボディとしては10の印象と近いかもしれない。


生産者: ドニ モルテ
銘柄: ジュヴレ シャンベルタン プルミエクリュ レ シャンポー 2009

17000円、WA93pt(2009)
色調は澄んだルビー、粘性は中庸。
明らかに数段濃厚でパワフルで凝縮感がある。09の村名より10の構成要素と近く、それを先鋭化させたかの様な作り。
炒ったコーヒー豆、五香粉、八角、カカオの濃厚な樽香、ブラックチェリーやデーツの凝縮した果実味、こちらも控えめながら薔薇や茎などの青っぽいニュアンス、トリュフ、燻製肉、線香、シナモン、クローヴ、リコリス、アーモンドなど。複雑で全体的にエネルギッシュで力強く、筋肉質。
果実の凝縮感も村名と大分異なっていて、明確な輪郭のある味わい。
酸味、タンニンはやや強く残るが、その分凝縮感を助長しているような気がする。液面にパワフルな凝縮感が漲っている。タイプとしてはクロードデュガと比較したい。


いや、村名からして素晴らしいワインでした。では比較。
村名比較で言うと09よりも10の方が樽を強く感じました。
これは単純に09の方が果実味を活かしただけなのか、それとも10のヴィンテージ特性、ボディを補うために樽を強くしているのか?
新樽率は10村名と09一級とほぼ同等。もしくは若干村名の方が少なめかも。ジュヴレシャンベルタン的ではある。

で、09比較でいうと圧倒的に一級の方が樽を感じるのと、果実味の輪郭の鮮明さが際立っているように思えた。
やや膨れた印象の村名に対して一本筋が通っている。これは酸とミネラルによるものだろうか。ボディがしっかりしている印象。複雑さも感じる。

シャンポーの立地的にはジュヴレシャンベルタンの最北部に位置する一級畑なんですね。カズティエに隣接している果実味の豊かな土壌らしいので、多少樽が強めの方がバランスが取れるのかもしれません。
うーん、ここら辺の年ごとの新樽率ってどこにも載ってないんですよね。
だれかわかる人いないかなあ...教えてもらいたいなあ。

あ、ちなみに個人的にシャンポーはべらぼうに好きなタイプで、ウハウハでした。思わず笑いがこみ上げてきてしまいました...村名も良かったし。
プティットシャペル、シェルボド、ベレール、シャンポネのアッセンブラージュの一級も素晴らしいと思いましたが、やっぱシャンポーだなあ。私的には。

 
スポンサーサイト
プロフィール

HKO(はこ)

Author:HKO(はこ)
HKOです。
世界を股にかけない普通の内勤サラリーマン。
体はピノノワールとシャルドネで出来ていますが、最近は専らシラー、グルナッシュ、ヴィオニエなどの南仏品種や、ジンファンデルみたいな濃い品種が好み。貴重なワインや興味深いワインを求めて日夜東京を徘徊する日々。
食べ歩きを2014年頃からスタート。
ミシュラン星付きフレンチ(2017年度版まで)制覇まであと2店舗。
2店舗のハードルが高いので、最近は手軽なビストロなどを周遊。
基本フレンチ/イノベーティブ/フュージョンを愛するが、イタリアンや和食にも食指を伸ばす日々。ペアリングは考えず、皿の中で終局する世界観を大切にしています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
ついった
物欲センサー
物欲センサー2
リンク
QRコード
QR