メオカミュゼ、クロヴージョをも超越する最上級の一級、オーブリュレ、クロパラントゥ

こんにちわ。
本日はメオカミュゼのフラッグシップのテイスティングレビューです。

メオカミュゼはヴォーヌロマネに拠点を置く大手ドメーヌで、一時コンサルタントとして、分益耕作人としてアンリジャイエがいた事でも有名です。
1985年からアンリ ジャイエの指導を受けた現当主ジャン ニコラ メオがドメーヌの指揮を取っています。醸造責任者はクリスチャン フロワが担当しています。
グランクリュとプルミエクリュを複数持つドメーヌ部門と拠点外の村名やプルミエクリュを生産するネゴシアン部門がありますが、今回はドメーヌものの方です。減農薬農法、夏季剪定や除葉によって葡萄の腐敗を防止し、健全な葡萄を手摘みで収穫します。厳しい選果した葡萄はほぼ100%除梗。コンクリートタンクでのマセラシオン ア フロワ。新樽率は特級と1級は100%、その他は約50%で18か月間熟成。ノンフィルターで瓶詰されます。新樽率はやや高めです。

しかし、今更ですがメオカミュゼのポートフォリオの序列って不思議ですね。
あくまで彼のフラッグシップの中で言うと普通のドメーヌの序列としては...

1: リシュブール グランクリュ
2: プルミエクリュ クロ パラントゥー
3: エシェゾー グランクリュ
4: クロ ヴージョ グランクリュ or コルトン ロニェ グランクリュ
5: プルミエクリュ オー ブリュレ

...となると思いますが、どっこいドメーヌ メオカミュゼの序列は...

1: リシュブール グランクリュ
2: プルミエクリュ クロ パラントゥー
3: プルミエクリュ オー ブリュレ
4: クロ ヴージョ グランクリュ or コルトン ロニェ グランクリュ
5: エシェゾー グランクリュ

...なんですね。何故オー ブリュレが序列3位なのか...一説には単純にアンリジャイエから受け継いだ畑だから、という話は聞いた事あるんですが...。

まあ、それは袖に置いておいて、いってみましょう。


生産者: ドメーヌ メオ カミュゼ
銘柄: ヴォーヌ ロマネ プルミエクリュ オー ブリュレ 2010

42000円、WA90pt(2009)
色調は黒に近いガーネット、粘性は高め。
クロパラと同様、非常に樽が強く深みのある重厚な印象だが、こちらの方がややバランスが取れているかもしれない。
五香粉、八角、ムスク、ローストしたコーヒー豆など野生的で宗教的なニュアンスを強く感じる。そして野生的な燻製肉。ドライハーブやお香、黒檀、グローヴなどのアロマティックなスパイスや木材香が主体。
カシス、ブラックチェリーの濃厚な果実味アーモンド、トリュフ、グローヴなど。
酸味とタンニンのバランスは取れている。しかしながら共に非常に重厚で重々しいタッチ。
こちらも凝縮感があるがクロパラの様にスモモを感じさせる酸が引き締まったボディではなく、とにかくパワフル。ダークチェリーや炭焼きの香りを強く感じさせる。


生産者: ドメーヌ メオ カミュゼ
銘柄: ヴォーヌ ロマネ プルミエクリュ クロ パラントゥー 2010

63000円、WA93-95pt(2009)
色調は非常に濃いルビー、粘性は高め。
樽がかなり強めで濃厚で重々しい印象、密教的とも言える。五香粉、八角、ローストしたコーヒー豆、インセンス、タバコの香りが主体的。
野生的な毛皮や燻製肉、ムスクのニュアンス。そしてスミレ、薔薇の華やかな香り。トリュフなどの土っぽさ。カシス、ブラックチェリーの果実味。そしてゆったりとシナモン、アーモンド、リコリス、ワッフルの甘やかな香りが現れる。
徐々に多種多様な要素が液面を彩っていく。
タンニンより酸が際立つ。引き締まった凝縮感のあるスモモの果実味が際立っている。パワフルで幻想的、そして宗教的な芳香。甘露で怪しく、言いようがない程に妖艶だ。


現段階だと相当樽がブリブリ言ってますね。勿論トロッと甘い風味の樽の効き方じゃなくて、強烈にオリエンタルな風味を想起させる妖艶な効き方。
ここらへんの樽の効かせ方は最上のブルゴーニュ生産者には良く見られるタイプだと思います、ジュヴレシャンベルタンならドニ モルテやクロードデュガ、ミュニレ ジブール。ヴォーヌロマネならリジェベレール、セシル トランブレーとか。
恐らく長期熟成でバランスを取る為の手法だと思いますが、かなりオーブリュレ、クロ パラントゥ共にこれらの要素が目立ちます。

さてその上で


オーブリュレとクロ パラントゥ、等高線としては何か近い感じがします。


が、ややクロパラントゥの方が傾斜がキツく高い位置にあるみたい(10mくらい?) その上で北東を向いている斜面でブリュレの谷から風が吹き抜けるので気候は冷涼と。オーブリュレは北半分と南半分が向かい合わせの谷みたいになってますね。ただすべて南に向かっているので日照時間は村の中で最も長いらしいです。向かい合わせの谷から風が吹くのでこちらも気候としては冷涼ですね。
ここから見るに気候としてはほぼクロパラントゥとブリュレは違いはなく、日照時間だけがブリュレの方が長いと、そういう事でしょうか。
で、土壌を見てみると、クロパラントゥは表土が薄く小石が多い粘土質石灰+泥土、オーブリュレは...えー、アンリジャイエはブリュレのテロワールを「クロパラントゥとブリュレは見た目似てるが、傾斜を1,2メートル下っただけで表土と下層土が違う」としか言及してません(ジャッキーリゴー著 Henri Jauer, Vigneron a Vosne Romaneeより)。なのでわかりません。

で、結論としては土壌=ほぼ同じ?クロパラントゥの方がミネラル多め? 気候=ほぼ同じ。日照時間=オーブリュレの方が長い。

つまりはクロパラントゥのテイスティングに感じた酸や引き締まった感じは土壌と過剰すぎない日照条件によるもので、オーブリュレに感じたタンニンや酸のがっしりした果実味は日照時間の長さに伴う果皮の厚さによるものだと認識しました。はい。

で、考察はここまでにして、シンプルな感想はというと、もう感無量ですね。
若いヴィンテージのメオカミュゼでしたが、クロパラントゥを飲むという感動がすごい。DRCのリシュブールより感動している。
すっごい美味しいのは異論無いんですが、単純に好みで言うとルーミエやDRCの方が好きなタイプです。
ただ、クロパラントゥを飲めた、ってのは本当に感動です。
やったね!次はエマニュエル ルジェのクロパラントゥも飲んでみたいな!
アンリジャイエは...まあ、無理っしょ。

 
スポンサーサイト
プロフィール

HKO(はこ)

Author:HKO(はこ)
HKOです。
世界を股にかけない普通の内勤サラリーマン。
体はピノノワールとシャルドネで出来ていますが、最近は専らシラー、グルナッシュ、ヴィオニエなどの南仏品種や、ジンファンデルみたいな濃い品種が好み。貴重なワインや興味深いワインを求めて日夜東京を徘徊する日々。
食べ歩きを2014年頃からスタート。
ミシュラン星付きフレンチ(2017年度版まで)制覇まであと2店舗。
2店舗のハードルが高いので、最近は手軽なビストロなどを周遊。
基本フレンチ/イノベーティブ/フュージョンを愛するが、イタリアンや和食にも食指を伸ばす日々。ペアリングは考えず、皿の中で終局する世界観を大切にしています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
ついった
物欲センサー
物欲センサー2
リンク
QRコード
QR