2013ワイン総括


※来年は午年です。

こんにちはHKOです。
いよいよ2013年も最終日となりました。
みなさん、今年も一年間ありがとうございました。

という訳で本日は年末恒例のワインは総括です。今年も様々なワインと出会う事が出来ました。特に古酒は一期一会のところが多いので、幸運にも心に残る程のワインを飲むことが出来て非常に感謝をしております。

ではいってみましょう。

◼︎赤総評
2010年、2009年とブルゴーニュにおいては良ヴィンテージか続いたが、2011年という平凡なヴィンテージを改めて検証する事ができた。また土壌、気候、日照条件の差異により踏み込んだ検証を年代を絡めて比較することにより、よりブルゴーニュへの理解を深める事ができた。
前年の目標通りロワール、アルザス、イタリア、新世界に関してはより理解を深める事ができた。特にロワールは今まで白以外は敬遠していたアンジュ エ ソーミュールエリアの赤、アルザスの冷涼なピノノワールを経験し、そのテロワールへの理解を深めることが出来た。またイタリアに関しては古典派、革新派バローロ、バルバレスコの製法の違い、新世界に関しては地域差を理解したと思う。
全体で言うと今年はテロワールの違いに加えて、製法の差異に関して大きく踏み込む事ができたと思う。
来年は今年見送ったジュラサヴォワ、ドイツの赤に加えて、新興国のワインについて深掘りして行きたいと思う。


◼︎赤(ブルゴーニュ)
今年は単純に偉大なワインと、個人的に興味深いワインの2面からランク付けをした。
去年と同様テロワールの再現を重視している。
まずはランク内にある古酒から。
基本的にはエキス感が非常に良く現れた古酒のみを選んでおり、過剰なアーシーさが出ているワインは選外としている。果実味と古酒としての複雑さ、エキス感が両立しているメオのリシュブール、フーリエのグリオットシャンベルタンを選んだ。
また最新ヴィンテージでは2011年、一部の2010年が対象になっているが、いかに2009年、そして2010年がイレギュラー的に良年か分かる結果となった。
2011年において比較的成功した生産者は下記の通り。
1: 遅摘み、かつ新樽比率が高く、抽出が強い生産者
2: 果実味を過剰に押し出さず、新樽比率と抽出が弱いシャンボールミュジニーの生産者
状況を見ながら収穫を行った生産者は概ね2009、2010年に劣る出来だった。しかしシャンボールの生産者に関してはヴィンテージの負を見事にテロワールの特徴に合致させ突出した繊細さを持つシャンボールを作っていたと思う。

1: フーリエ: グリオット シャンベルタン 1980


2: ジャック フレデリック ミニュエ: ミュジニー グランクリュ 2010


3: エマニュエル ルジェ:エシェゾー 2010


4: アルマンルソー: シャンベルタン 2010
5: ロベール グロフィエ: シャンボールミュジニー プルミエクリュ レ ザムルーズ 2011
6: ドメーヌ ローラン: エシェゾー アン オルヴォー 2009
7: デュジャック: クロ サン ドニ グランクリュ 2008
8: メオ カミュゼ: ヴォーヌロマネ プルミエクリュ クロ パラントゥー 2010
9: ジョルジュ ルーミエ: ボンヌ マール 2010
10: セラファン ペール エ フィス:ジュヴレシャンベルタン プルミエクリュ レ カズティエ 2010
11: ジョセフ ロティ: シャルム シャンベルタン キュヴェ ド トレ 2010
12: フィリップ パカレ: エシェゾー 2011
13: メオ カミュゼ: リシュブール 1988
14: ドニ モルテ: ジュヴレシャンベルタン プルミエクリュ ラヴォー サン ジャック 2011
15: ロベール シュヴィヨン: ニュイ サン ジョルジュ プルミエクリュ レ ヴォークラン 2010



◼︎赤(ブルゴーニュ以外)
満遍なく選んだつもりだが、今回非常にガチガチだったボルドーは自ずと選外となり、突出したローヌ、カリフォルニアなどの規模感の大きいパワフルなワインが殆どを占めている。実際、ローヌ、カリフォルニアのシラー、グルナッシュ、カベルネソーヴィニヨンは非常に良い出来だったと思う。
しかしながらこのパワフルなワインの中で健闘したのが、カーリーフラットとクロ ルジャールだった。カーリーフラットはオーストラリアのピノノワールでありながらさながらブルゴーニュのコートドールを思わせるワインで、クロ ルジャールは繊細なシュヴァルブランといった所だ。これらのワインはアルコール度数、濃度共に濃くはないが、新世界からでもここまで繊細な味わいのワインが現れたのは驚くべきことであると思う。

1:ジャン ルイ シャーヴ: エルミタージュ ルージュ 2010


2:シン クア ノン: ファイブシューター シラー 2010


3: ハーランエステイト: プロプライエタリーレッド 2009


4: ブルーノジャコーザ: バルバレスコ アルベルサンティ サントステファノ 2009
5: オーベール: UV-SLヴィンヤード 2010
6: ペンフォールズ: グランジ 1990
7: マーカッシン: ブルースライドリッジ ヴィンヤード1999
8: ドメーヌ デュ ペゴー: シャトー ヌフ デュ パプ キュヴェ ダ カポ 2007
9: フェレール ボベ: セレクシオエスペシャル
10: シャトー パルメ 2008
11: クリス リングランド: シラーズ 2004
12: エティエンヌ ギガル: コートロティ ムーリーヌ 2009
13: ガヤ: コスタ ルッシ 2006
14: カーリーフラット: ピノノワール マセドンレンジズ 2010
15: クロ ルジャール: ソーミュール シャンピニー レ ポワイヨー 2005




◼︎白総評
白、特にブルゴーニュは去年に増して経験値を多く積む事が出来た。また全ての特級畑(と一部の著名1級畑)を複数の生産者の水平を行うことで、より土地の表現、その醸造方法について、理解を深めることが出来たと思う。併せてブルゴーニュ以外のシャルドネに関しても、その醸造方法、土地を理解し違いを明らかにすることが出来た。
今年最も深く足を踏み込めたのはソーヴィニヨンブラン(セミヨン)とルーサンヌ、マルサンヌ、シュナンブラン。これらはボルドー、ローヌのフランスワインと新世界のワインを通して、その特徴差を実体験する事が出来たと思う。


■白(ブルゴーニュ)
今回の傾向として去年に比べると、多くのバックヴィンテージが含まれている。これは熟成の頂点に到達したシャルドネに出会う機会が多く、またその殆どが素晴らしいものであったからに他ならない。特に上位3位の熟成した特級モンラッシェ、特級ビアンヴニュは今まで飲んだブルゴーニュ白の最高峰と言っても過言ではないと思う。
基本的には今年も前回同様ピュリニー、シャサーニュ、ムルソーがほぼ上位となっている。しかしながら今回は2本のプイィフュイッセが含まれている。勿論上記の3大コート ド ボーヌのシャルドネと比べると品質のバラツキは否めないが、生産者によってはこれらのピュリニー、シャサーニュ、ムルソーに十分に匹敵し、凌駕するワインがある。
特にギュファン エナン、そしてシャトー ド フュイッセのそれはマコネとは思えない程の存在感を持ったシャルドネだったと思う。

1: エティエンヌ ソゼ: モンラッシェ 1994


2: マルキ ド ラギッシュ: モンラッシェ 1983


3: ラモネ: ビアンヴニュ バタールモンラッシェ 1988


4: コント ラフォン: ムルソー プルミエクリュ ジュヌヴリエール 1989
5: ドメーヌ ドーヴネイ: ムルソー ナルヴォー 1990
6: ルフレーヴ: シュヴァリエ モンラッシェ 1989
7: エティエンヌ ソゼ: シュヴァリエ モンラッシェ 2011
8: コシュ デュリ: ムルソー ペリエール 2010
9: ドーヴィサ: シャブリ グランクリュ レ クロ 2011
10: ギュファン エナン: プイィ フュイッセ トリ デ ゾー ド ヴィーニュ 2011
11: ミシェル コラン ドレジェ: シュヴァリエ モンラッシェ 2011
12: ルフレーヴ: ピュリニー モンラッシェ プルミエクリュ レ ピュセル 1990
13: ルフレーヴ: ビアンヴニュ バタール モンラッシェ 2000
14: シャトー ド フュイッセ: プイィ フュイッセ レ ブリュレ 2009
15: ウィリアム フェーブル: シャブリ グランクリュ レ クロ 2011



◼︎白・スパークリング(ブルゴーニュ以外)
前回の上位の多くは新世界のシャルドネだったが、今年は重点的にテイスティングを行ったシャンパーニュ、ロワール、アルザスを多く選んだ。
ロワールであればダグノーとニコラジョリー、アルザスであればトリンパックと、取り立てて新鮮味のある選択ではないが、それぞれリースリング、ソーヴィニヨンブラン、シュナンブランの最高峰を感じさせてくれる傑出した白であった。
シャンパーニュに関してはメゾンのフラッグシップ級が多く入った。これについてはシャンパーニュの見識が広がったことにより、良し悪しをより明確に見分けることが出来るようになった事に起因している。
シャルドネ、ピノノワール、ピノムニエの最高の状態を理解することで、いかにテロワールに即していながら、高い品質を保っているかを見ながら選んだ。
ボルドーに関しては多くの熟成白を飲む機会に恵まれ、熟成セミヨンの特徴をより鮮明に理解することが出来たと思う。また貴腐の熟成ポテンシャルも検証することが出来た。
非常に有意義な一年だったと思う。

1: シャトー ディケム 1940


2: ボランジェ: ヴィエイユヴィーニュ フランセーズ ブラン ド ノワール 2004


3: ビルカール サルモン: グランキュヴェ 1996


4: ラヴィル オー ブリオン 1994
13: クリュッグ: クリュッグ コレクション 1989
5: ディディエ ダグノー: ブラン フュメ ド プイィ ピュールサン 2010
6: ディディエ ダグノーブラン フュメ ド プイィ シレックス 2010
7: トリンパック: クロ サン テューヌ 2006
8: ジャック セロス: リューディ アイ コート ファロン NV
9: オーベール: シャルドネ リッチーヴィンヤード 2011
10:ニコラジョリー: ロッシュオーモワンヌ クロ ド ラ ベルジュリー 2002
11: シャトー リューセック 1959
12: シャプティエ: エルミタージュ レ ロレ 1992
13: ピーターマイケル: ソーヴィニヨンブラン ラプレミディ 2011
14: シャルルエドシック: ブラン ド ミレネール 1995
15: アグラパール エ フィス: ブラン ド ブラン ミネラル グランクリュ エクストラブリュット 2005



◼︎総評
赤白共に去年同様ブルゴーニュを中心としながら、赤であればローヌ、スペイン、ニューワールドを、白であればロワール、アルザス、ニューワールドを深掘り出来たと思う。
また前年は地域差を重点的に比較してきたが、今年はより栽培技術、醸造技術か味わいにどのような影響を与えるのかを検証し、またヴィンテージ(良年と平凡な年)ごとの生産者の作風、対応方法にも迫ることが出来た。
結果として、どんな年であれ、各テロワールを表現する方法は醸造に肝があり、生産者のポートフォリオの中には明確に差異が存在していた。ゆえに生産者のスタイルを抜きにしてテロワールを論じる事は不可能であり、生産者の醸造方法がどのようにテロワールを再現していくのか、というのを根底においた上で語られるものであると思った。
来年はヴィンテージに関しては温度、降雨量および収穫時期、醸造に関してはピジャージュ、ルモンタージュの回数、栽培については収量制限と古木の凝縮度の違いなど、よりそれぞれの要素にミクロに迫っていきたいと思う。
そしてそれらの結果を可能な限り、このブログで書いて行きたい。
エリアに関しては赤はボルドーのサンテミリオン、ポムロール。ジュラサヴォワ、アルゼンチンを、白は引き続きロワール、アルザスの他に新世界を検証したいとは思います。
余裕があれば物流に関しても迫れたらと。


以上2013年に総評でした。
皆様、今年も一年間、ありがとうございました。来年もひとりぼっちたちのテイスティング勉強会をよろしくお願いいたします。



最後にアグラパール エ フィスのミネラルのテイスティングレポートで締めたいと思います。

アグラパール エ フィスは1894年にアヴィズに設立されたレコルタン マニピュラン。現当主はパスカル アグラパール。
若手生産者、新進気鋭のRMが重視するテロワールの表現。アグラパールも例に漏れず、畑仕事を最重視し、醸造には極力手を加えない。アヴィズ、オワリィ、オジェ、クラマン。コート・デ・ブランの特級4ヶ村を含む10haを所有し、その武道の平均樹齢は約40年。馬を用いた耕作やこまめな摘房を行う事で、潜在糖度の高い武道が出来上がります。
収穫した葡萄は天然酵母による発酵を行い、25%木製樽で発酵、醸造を行う。リザーブワインの保管も木製樽を使用。澱との長い接触により複雑な酸化のニュアンスが生まれます。
今回のミネラルは特級のアヴィズ、クラマンの葡萄を使用し
36ヶ月の瓶熟成の後出荷されます。ドサージュは5g/l。

生産者: アグラパール エ フィス
銘柄: ブラン ド ブラン ミネラル エクストラブリュット グランクリュ 2005
品種: シャルドネ100%9

11000円、WA93pt(2004)
外観は中庸なストローイエローで粘性は高く、泡も溌剌と立ち上っている。
驚嘆に値する凄まじいブラン ド ブラン。
NMのフラッグシップ級のブラン ド ブランに匹敵する味わいや複雑さ。
その名の通り石を砕いた様なミネラル感があるが、シャープさや硬質さは無く、どちらかというとリッチでありながら繊細な印象を感じさせる。
ミネラル感と共に感じられるのは、軽くローストした樽の香り、果実味やマロラクティック発酵の要素。さながらブリオッシュや焼き栗、モカを思わせるバターや甘露なシロップ、カシューナッツの様な風味が主軸となり、ハチミツや白トリュフ、そしてカリンやリンゴの様な果実味が感じられる。フレッシュハーブやリコリスなどの要素も。ボディや旨味成分はピノノワールを使用したキュヴェと比べると控えめ。より繊細でリッチなスタイル。
特にその違いは口当たりに顕著で、噛むような肉厚さはないが、シャルドネらしいきめ細やかなフレッシュさ、エクストラブリュットならではのエッジの効いた酸味、豊かなナッツやフレッシュハーブの風味が口内に広がる。余韻も長く、卓抜したブラン ド ブラン。


年末らしい良いシャンパーニュで締められました。では良いお年をお過ごしください。
また2014年にお会いいたしましょう。







スポンサーサイト

【シャンパーニュ:9】驚異のグランメゾンの本気、ボランジェVVF、クリュッグコレクション、サルモンのグランキュヴェを利く



こんにちは、HKOです。
今年も残す所1日となりましたね、今年の多くの方にご覧いただいて大変感謝しております。
最後は大手ネゴシアン マニピュランのフラッグシップ級のシャンパーニュ3種類です。
ビルカールサルモンのグランキュヴェ1996、クリュッグのコレクション1989、ボランジェのヴィエイユ ヴィーニュ フランセーズ 2004です。

ビルカール サルモンは1818年にニコラ フランソワ ビルカールとエリザベス サルモンによって設立されたメゾン。
ワインの葡萄は10haの自社畑(ピノノワールのみ)、30haの35の自社以外の畑、140haの契約農家の畑から産出されています。(ピノノワール、シャルドネはモンターニュ ド ランス地区とコート ド ブラン地区、ピノムニエはヴァレ ド ラ マルヌ地区から作られています。)
自社畑から作られるピノ ノワールはマレイユ シュール アイ村と特級のアンボネイ村産で収量は40~45ha/L程度。
醸造はバリック樽で行い、コールド スタビライゼーション方式を採用、作られたワインは白亜質の天然セラーで12度の温度で寝かせられています。
今回のグランキュヴェに使用されるブドウは単一年のグランクリュ100%で、その中でも最も出来の良いブドウを選定して使用されています。醸造用の樽はブルゴーニュのバリック樽を使用し、10年間瓶内熟成を経て出荷されます。

クリュッグはクリュギストという熱狂的なファンがいる事で有名です。僕はあまり知らないし見た事もないのですが、いるみたいです。
圧搾機で絞られたプルミエールタイユのみを20-30年使用した古い小樽でマセラシオン(新樽は使わない!)。マロラクティック発酵は行わない。そして、クリュッグの本懐であるブレンド作業に入ります。3つの葡萄品種を村、区画ごとに分けたベースワインに、収穫年の異なるリザーブワインをアッセンブラージュしていきます。熟練のブレンダーが舌だけを頼りに。瓶内二次発酵後グランキュヴェは6年間、ヴィンテージは10年寝かせての出荷。これらの要素が欠ける事無く行われる事で芸術的なクリュッグが作られる。フラッグシップはブラン ド ブランの「クロ デュ メニル」、ブラン ド ノワールの「クロ ダンポネ」の2種類ですが、まあ高すぎて中々手に入らない代物です。
今回のコレクションは、クリュッグの単一ヴィンテージの中でも特に優れたヴィンテージをクリュッグの良好な環境のセラーで熟成し、最高の状態となったキュヴェをリリースしたものです。

ボランジェは1829年にジャック ボランジェによって設立されたメゾン。1884年からは英国ロイヤルワラントを取得しています。フラッグシップはグランダネ、R.D、そしてヴィエイユヴィーニュフランセーズ。
葡萄は160haの自社畑から供給されています。
ヴィエイユヴィーニュ フランセーズはアイ(ショード テール、クロ サン ジャック)ブージィ(クロワ ルージュ)最上の4つの区画からから産出されるピノノワールを使用したブラン ド ノワール。すべて継ぎ木されていない自根のヴィエイユヴィーニュのブドウを使用しています。果汁はプルミエールタイユのみ。一次発酵はすべて5年以上使用された木樽にて行われ瓶詰後、最低でもカーヴで6年間熟成。手作業でデゴルジュマンを行い、7~9g/ℓのドザージュ。その後、3ヵ月間休ませた上で出荷されます。

さてそれぞれのNM最上クラスのシャンパーニュが出そろいました。
どうでしょうか。行ってみましょう。


生産者: ビルカール サルモン
銘柄: グラン キュヴェ 1996
品種: 40%シャルドネ、60% ピノ・ノワール

37000円、WA95pt
外観はクリスタルより濃いめのストローイエロー、粘性は高く、穏やかに泡が立ち上っている。
凝縮した旨味が感じられる。
ややアーシーで白トリュフや濡れた木(檜)、出汁、クローヴやドライハーブなどの熟成した香りを感じさせる。徐々にシロップや核種系果実の蜜の香りを伴う、赤リンゴやアプリコットの充実した果実味も現れてくる。ヘーゼルナッツやバター、ほのかにバニラやシナモンの風味もあり、徐々に生き生きとした甘露さが表出してくる。熟成したシャルドネの要素もしっかりと感じられる。
全体としてはとても豊満なボディで甘露、熟成香と果実味の強さが驚異的な調和を見せている。
まだまだ酸は柔らかだが、その分強烈な旨味が口内を満たしていく。柑橘やリンゴ、シャンピニオンの余韻が広がる。香りは豊満だが口当たりはフレッシュだ。今が飲み頃だと思う。


生産者: クリュッグ
銘柄: クリュッグ コレクション プリヴェ 1989
品種: ピノ ノワール 55%、ピノ ムニエ 15%、シャルドネ 35%

105000円、WA92pt
外観はやや淡い黄金色、粘性は高く、わずかに泡が立ち上っている。
強烈な複雑さをもったシャンパーニュ。むせかえるような白トリュフや濡れた木材、枯葉、出汁の熟成香。萎れた花やローストナッツ、シェリー香。そして石灰のような強烈なミネラル。タイム、シナモンなどのスパイシーやドライハーブのニュアンス。ドライアップル、ドライベリーなどの濃厚な果実味と旨味が渾然一体となって立ち上る。徐々に甘露さが現れクリスピーな風味も現れる。
とても熟成感があり複雑な構成を旨味と香りの強さでしっかりと支えている。
酸はかなり柔らかくなり旨味の塊として表出している。シャンピニオン、出汁、ドライアップル、木材の余韻が力強く広がっていく。
大きな規模感がある古酒になっている。


生産者: ボランジェ
銘柄: ヴィエイユ ヴィーニュ フランセーズ ブラン ド ノワール 2004
品種: ピノノワール100%

105000円、WA98pt(1996)
外観はやや濃いめのストローイエロー、粘性は高く、泡は柔らかく立ち上っている。
ブラン ド ノワールらしい堅固で折り目正しい旨味と酸味が感じられる。
石のような強烈なミネラル感に引き締められた、ピノノワールのシナモンや黒砂糖の様な甘露さ。バニラ。熟した赤リンゴの果実味。強くローストしたナッツやエシレバターの様なニュアンス、シャンピニオンなどの要素が渾然一体となって感じられる。そしてフレッシュハーブやハチミツ、リコリス。フレッシュだがシャープではなく非常に肉付きの良い堅牢な味わい。
口当たりは強烈の一言。
香りの印象と同様、雑味のない純粋な果実味と膨大な旨味が一気に押し寄せてくる。
ローストナッツ、バニラ、赤リンゴ、バター、白檀...様々な要素が旨味となって余韻を残して行く。酸はシャープだが、旨味の規模感で統合している。恐ろしいシャンパーニュだ。


いや、もう感無量ですね。
素晴らしいシャンパーニュでした。どれを飲んでもすごい。
この中で感動したのは、と聞かれたら全てですとしか答えられない。
グランキュヴェとコレクション プリヴェの熟成感とそのもののポテンシャルもすごかったし、ヴィエイユヴィーニュフランセーズのパワフルさも半端なかった。それぞれスタイルもヴィンテージも異なり比較できないため、一本一本行こうかと思います。

まずビルカール サルモンのグランキュヴェから。
アーシーな白トリュフや濡れた木材、出汁の様な熟成香と、シロップ、核種系果実の蜜の果実味、バニラやシナモン、ヘーゼルナッツなどの要素が混然一体となって表れている。ピノの旨みとシャルドネの繊細な果実味、樽香が調和し、極めて複雑でありながらキャッチーな味わいになっています。酸は柔らかだが、熟成によって生まれた強烈な旨味が口内を満たしていく。
このシャンパーニュの素晴らしいところは熟成が行き過ぎていないところですね。
しっかりと熟成香はあるのに、果実味も全然残っているという。ボディもしっかりとしているし、非常に果実味と熟成香のバランスが良いシャンパーニュだな、と思いました。

次にクリュッグ コレクション プリヴェ。
こちらはより熟成が進んでいるシャンパーニュです。
白トリュフや濡れた木材、枯葉、出汁の熟成香。
萎れた花やローストナッツ、シェリー香。そして石灰のような強烈なミネラル。ドライアップル、ドライベリーなどの濃厚な果実味と旨味が渾然一体となって立ち上る。
このコレクションの最も素晴らしい所は、その香りとボディの力強さです。
もちろん香りの主体は熟成香で、果実味はやや干したようなニュアンスを帯びていますが、これだけ熟成してもむせ返るような熟成香と干した果実味がグラスから力強く立ち上ってくる。
そして酸は旨みの塊に転化しており、しっかりと熟成香を受け止めている。無論ビルカールサルモンの様な果実味は残っていませんが、熟成によって溶け込んだ様々な要素が濃厚なスープの様になっている。
大きな規模感のシャンパーニュとなっています。

最後はボランジェのヴィエイユヴィーニュ フランセーズ。
大変強固なストラクチャーと分厚い旨味の層、凝縮感を持ったブラン ド ノワールです。
石のような強烈なミネラル感に引き締められたボディに、ピノノワール特有のシナモンや黒砂糖の様な甘露さ。熟した赤リンゴの果実味。強くローストしたナッツやエシレバターの様なニュアンスが力強く感じられる。非常に生き生きとした酸が感じられるが、シャープではなく厚みのある酸で、雑味のない純粋な果実味と膨大な旨味が高い凝縮度を持った塊として存在している。
複雑さもさることながら、最も特筆すべきはミネラルと果実味の凝縮度、液体の密度、酸の厚み。膨大な熱量を抱えた液体だ。
ブラン ド ブランの繊細さやきめ細やかさとは真逆を行くダイナミックで力強いシャンパーニュであると言える。

いやはや、驚きの3本でした。
どれもタイプが異なりながら、それぞれ特筆した味わいを持った偉大なシャンパーニュ。2013年最後に相応しい素晴らしいテイスティングになったと思います。

正直来年はクロ ド メニル、クロ ダンポネ、クロ サン ティレールを飲んでみたいなぁ・・・
まぁ、無理かな、うん。はい。




【シャンパーニュ:8】安定の高品質、テタンジェ フラッグシップの真価


※(チンチンチンチン) こーころなしかさーびしいあいらーびゅーううううううう...ウッ

デランジェです。もといテタンジェです。
HKOです。年の瀬ですね。
今回はテタンジェのコント ド シャンパーニュ ブラン ド ブラン、そしてコント ド シャンパーニュ ロゼの2本です。

テランジェは1734年より続く老舗NMで1930年からテタンジェの名称でシャンパーニュを販売しています。グランクリュ、プルミエクリュ含む自社畑は288ha 34区画を保有しています。
テタンジェの最高峰といえば、やはりコント ド シャンパーニュ ブラン ド ブランでしょう。
コント ド シャンパーニュはテタンジェのフラッグシップワイン。
優れた年のコート ド ブラン地区のグランクリュ(シュイィ、クラマン、アヴィーズ、オジェ、メニル シュール オジェ)のヴァン ド キュヴェのみをアッセンブラージュしたブラン ド ブラン。全体の5%程度が100%新樽を使用。セラーにて4-5年の瓶内熟成を経て出荷される。
ロゼも同じくグランクリュから採れたピノノワール、シャルドネのヴァン ド キュヴェのみを使用。瓶内熟成期間も同じく5年以上です。

では、いってみましょう。

生産者: テタンジェ
銘柄: コント ド シャンパーニュ ブラン ド ブラン 2004
品種: シャルドネ100%

25000円、WA96pt
外観は淡いストローイエロー、粘性は低く、泡は力強く立ち上っている。
やはり安定して素晴らしいシャンパーニュだと思う。ボリューム感のあるシャルドネでありながら繊細さも感じられる。焼き栗やシロップの豊かな甘露さ、樽香。フレッシュハーブ、バターなどの濃厚な風味がフレッシュな赤リンゴ、洋梨の果実味と均整が取っている。白檀、ほのかなミネラルが感じられる。
全くもって美しいバランスで作られており、心地よい酸と繊細な果実味、構成要素が綺麗に現れている。ブランドノワールのような旨味の厚みはないが、より綺麗な酸と豊満なシャルドネの果実味(洋梨やリンゴ)、クリスピーな余韻がいつまでも残っていく。素晴らしく均整の取れた芸術的なシャンパーニュだ。


生産者: テタンジェ
銘柄: コント ド シャンパーニュ ロゼ 2005
品種: ピノノワール70%、シャルドネ30%

42000円、WA94pt(2004)
外観は淡いピンク、粘性は中庸で泡は穏やかに立ち上っている。
石を砕いた様なしっかりとしたミネラル。
フランボワーズやレッドカラントの赤い小果実のフレッシュな果実味。そして甘露な花の蜜。クローヴなどのフレッシュハーブ。ブリオッシュや白檀、ヘーゼルナッツ。シナモンのニュアンスも。
肉厚なピノの要素を持ちながら香りはとても繊細で華やか。熟成した良質なシャルドネの様な要素もある。
穏やかな酸と柔らかな泡がシナモンアップルやフランボワーズの風味を包み込みながら、長く柔らかい余韻を残して行く。複雑かつキャッチーな官能的なロゼ。


はい、流石テタンジェですね。
そもそもブラン ド ブランはシャルドネ100%、ロゼはピノノワール70%とシャルドネ30%。品種が全く違います。
ただテタンジェのスタイル自体は双方にしっかりと現れています。充実した果実味、シャンパーニュとしては強いオーク新樽の要素(溶け込んではいますが)です。
1本ずつ見て行きます。まずはブラン ドブランから。
焼き栗やシロップ、ブリオッシュの豊かな甘露さと樽香が強く感じられます。バターなどの濃厚な風味とフレッシュなハーブ、赤リンゴ、洋梨の果実味。ミネラル感は控えめ。
酸は繊細で柔らかい。よってどちらかというとリッチでボリューム感のあるブラン ド ブランだと思います。
対してロゼ。
石を砕いた様なしっかりとしたミネラルがあり、ピノノワールの果皮に由縁するフランボワーズやレッドカラントの赤い小果実のフレッシュな果実味。そして甘露な花の蜜。そしてブリオッシュや白檀、ヘーゼルナッツ。シナモンのニュアンス。
肉厚なピノの要素を持ちながら香りはとても繊細で華やか。熟成した良質なシャルドネの様な要素もある。いいとこ取りの官能的なロゼだと思います。
ナッツやブリオッシュの要素はブラン ド ブランに対してやや控えめなのに対してミネラルはロゼの方が突出しているように感じました。また肉厚な旨味があるのも特徴です。
ブラン ド ブランはより繊細でピュアな印象を受ける作りになっています。
よりロゼの方アッセンブラージュによって複雑さが増していますね。ただブラン ド ブランほどのピュアさやリッチさは無いので、優劣はなかなかつけられないと思います。
共に王道的な作りをしていますが、一般的なブラン ド ブランやロゼと比べると各要素の際立ち方がより鮮明。手っ取り早くブラン ド ブランやロゼの素晴らしさを知りたいのであれば、この2本は外せないと思います。


【シャンパーニュ:7】ルイ ロデレール、豪奢なクリスタル、ヴィンテージロゼを利く


シャッシャッシャッシャッシャ ゼビバーディ!


こんにちは、HKOです。
本日から年末にかけてシャンパーニュのレポートします。
まずはルイロデレールのブリュットヴィンテージ ロゼとクリスタルから。シャッシャッシャ!

ルイロデレールはランスに拠点を置く1776年創業のNM。ロデレールグループという大きい会社を経営しています。傘下にはボルドーのシャトーも。
現在ロデレールで保有する自社畑はモンターニュ ド ランス、コート デ ブラン、ヴァレ ド ラ マルヌ合計で213ha。約70%が一級以上の畑を保有しています。
大きな特徴としてはリザーブワインをふんだんに使うことで、40からなる畑から作られた150樽程のリザーヴワイン(2-6年熟成)が保管されており、ノンヴィンテージのシャンパーニュに90%程度がその比率だとされています。ドサージュに使用するリキュールも5年熟成を使用し、徹底的な品質管理が行われている。
今回の2本は共に単一ヴィンテージの為リザーブワインは使用していませんが瓶内で長期熟成を経てリリースされるため、品質としては同等以上でしょう。
ブリュットヴィンテージ ロゼはプルミエクリュのキュミエールから作られるシャルドネとピノノワールからなり、瓶内熟成4年、澱引き後6ヶ月の熟成を経てリリースされます。またブラックシップのクリスタルは10つのグランクリュの葡萄を使用し、瓶内熟成5年、澱引き後6ヶ月を経てリリースされます。
クリスタルといえばJay-Z他ヒップホップのアイコンとして有名ですが、どうやらボイコットされたご様子。うける。シャッシャッシャゼビバーディですね。

ではいってみましょう。


生産者: ルイ ロデレール
銘柄: ブリュット ヴィンテージ ロゼ 2008
品種:ピノノワール70%、シャルドネ30%

約9000円
外観は淡いピンクで粘性は低く、泡は柔らかく立ち上っている。
フレッシュなイチゴやフランボワーズの華やかな果実味、赤リンゴなどの風味が感じられる。ドライハーブ、ナッツなど、赤い花などの要素。
シンプルでありながら極めて完成度の高いロゼ。酸味は豊かでハツラツとしたフランボワーズ、イチゴの余韻がのこる。フレッシュかつシャープな印象と豊かな旨味を感じさせる味わい。


生産者: ルイ ロデレール
銘柄: クリスタル 2005
品種: ピノノワール55%、シャルドネ45%

30000円、WA97pt(2004)
外観はやや濃いめのストローイエロー、粘性は高く、溌剌とした泡が立ち上っている。
フレッシュかつミネラリー、そして甘露。
ピノに由縁する果実味の厚さもしっかりとありスタンダードかつ完成されたシャンパーニュであることは間違いない。柔らかなミネラル。核種系の濃厚な蜜、熟したリンゴ、パイナップルの豊かな果実味に、バターやブリオッシュ、フレッシュハーブや僅かにシャンピニオンの要素も感じられる。こちらも甘みが徐々に増してくる。シャルドネはピュリニー的な要素を包含しており、そこに大きな厚みをピノで加えている感じ。
摩り下ろしたリンゴの様なシャープかつ厚みのある酸と旨味がフレッシュな余韻を残して行く。ただ口に刺さるような酸ではなく、あくまで滑らかでスムーズやハツラツとしている酸。優美な味わいのシャンパーニュ。


最近は専らRMばかり飲んでいるのですが、やはりグランメゾンの品質の安定感は驚異的ですね。フラッグシップの単一ヴィンテージは確実に上質に仕上げてくるし、NVの品質のぶれなさは異常すぎる。このルイ ロデレールのブリュット ヴィンテージ ロゼ、そしてクリスタルも御多分に洩れず非常に堅実な作りです。
まずブリュット ヴィンテージ ロゼ。
4年間の瓶熟成、さらに澱引き後の熟成期間を考えると、この2008年が最新のヴィンテージと言えるでしょう。
セニエ法によりごく自然にピノノワールの果皮成分が抽出されており、華やかで官能的な花のニュアンスと赤い小果実と赤リンゴの溌剌とした風味が綺麗に現れています。程よく樽のニュアンスが混じっているのもいいですね。フラッグシップ級のロゼシャンパーニュと比べるとシンプルだと思いますが、非常に高い完成度で纏められています。
そしてクリスタル。
まさにフラッグシップに相応しい作りで、リンゴやパイナップルのフレッシュさ、ミネラリー、核種系の濃厚な果実味が感じられながら、瓶内熟成による複雑さ、ピノによる厚みもしっかりと感じられます。MLFや樽に由縁する要素も骨格に複雑さを与えている。
ピノで厚くなった発泡ピュリニーといったところ。すりおろしたリンゴの様な酸味はしっかりと感じられ、まだ熟成を期待できる作りだと思います。
クリスタルは明らかにしっかりと各要素との調和が取れておりスキがない緻密な作り。完璧なスタンダードシャンパーニュと言えると思います。またロゼに関してはピノノワールとシャルドネのいいとこ摂りで十二分に楽しめるロゼだったと思います。

ワインファンの間ではNMよりRMがもてはやされる風潮にありますが、やはりNMの安定的な高品質は素晴らしいと思います。


【ブルゴーニュ:50】デュージェニー、妖艶さを失わない2011ヴィンテージ。



こんにちは、HKOです。
もう年の瀬ですね、電車が空いていて大変助かります。みんなもうお休みですねグギギギ...年末もペースを崩さずいってみたいと思います。

今回はブルゴーニュ、ドメーヌ デュージェニーのヴォーヌロマネ水平です。

ドメーヌ デュージェニーはシャトーラトゥールのフランソワピノーが2006年にルネ アンジェルの畑を購入しスタートした気鋭ドメーヌ。現地スタッフを雇用し徹底的な品質管理を行っている。栽培は2009年からビオディナミを実践しています。
村名ヴォーヌロマネは樹齢は30~50年のレ コミューン、レ ヴィニューの2区画2.36haの畑のブレンド。クロ ヴージョは最上部に位置する教皇の畑(グランエシェゾーに隣接する)に1.37ha保有。樹齢は60年程度。エシェゾーはアン オルヴォーに0.55haの区画を保有しており、樹齢は90年以上。グランエシェゾーはわずか0.5haの区画。樹齢は60年となっています。
これらの区画から収穫した葡萄は、その葡萄の性質に合わせ様々な容量の木製発酵用タンクにて発酵。村名は新樽40%で12カ月、一級畑は新樽50%、特級畑は新樽70%で15ヶ月熟成を行った後、瓶詰めされます。

なんせシャトーラトゥール保有ですからお金は潤沢にあります。金と手を掛けたブルゴーニュ、どうでしょうか。


生産者: ドメーヌ デュージェニー
銘柄: ヴォーヌ ロマネ 2011

約10000円
果実の集中度はやや低めだが果皮の華やかなニュアンスが強く感じられ、ヴォーヌロマネとしては平準的な抽出だと思う。(エシェゾーの下位互換といえる作り)
さすがに特級と比較すると香りの立ち方や密度は低く感じられるが、ヴォーヌロマネとしては非常に良く出来ている。
スミレやバラ、なめし革のニュアンスやオレンジ、ダークチェリー、レッドカラントの果実味が感じられる。
徐々に花の蜜の様な甘露さやクローヴ、バニラ、アーモンドなどの風味も。
基本的に村名としてはとても良くできていてヴォーヌロマネのテロワールを再現している。酸味はしっかり効いていながらも柔らかく、タンニンも滑らか。マロラクティックによるバニラやチェリー、オレンジの要素が綺麗に余韻を残していく。十分に素晴らしい。


生産者: ドメーヌ デュージェニー
銘柄: クロ ヴージョ グランクリュ 2011

約42000円
ヴォーヌロマネの他のワインと比べると、明らかにアーシーでローステッド。スパイスやロースト香、果皮の香りが豊かに現れている。果実味はグランエシェゾーと同程度だが、より重心は低い。
マロラクティック発酵的なヨーグルトやクローヴ、土っぽさ、タバコ。ワッフルやコーヒーの様な樽香、そしてスミレの華やかさを支えるダークチェリー、ブラックベリーの熟した果実味が感じられる。燻製肉や樹皮、シナモンの風味も感じられる。
こちらもグランエシェゾーと同様の口当たりの印象でタンニン、酸は比較的強め(といってもジュヴレシャンベルタンなどの堅牢なスタイルと比べると柔らかだが)、ある種エッジの効いたヴォーヌロマネ群と比べると丸みを感じる味わいだ。マロラクティックの風味は抑え気味で黒系果実や土やロースト香が余韻を残す。


生産者: ドメーヌ デュージェニー
銘柄: エシェゾー グランクリュ 2011

約42000円、
果実味の集中度(エキス感)、抽出が村名と比較してより強くなされている。果皮から抽出される官能成分が豊かに溶け込んでいる。妖艶なエシェゾー。
ミネラル感を伴いながら、スミレ、バラの華やかな風味と、なめし革のニュアンス。五香粉や八角などのオリエンタルスパイス、密度の高い甘露な花の蜜やシナモンの風味。オレンジ、ダークチェリーやブルーベリーの果実味が感じられる。なめし革、フレッシュハーブ、松の樹皮、溶剤など。
極めて官能的で妖艶な華やかさ、野性的な風味が前に出ていながらも果実味の豊かさも際立っている。
ややタンニンが強めだが、抽出を考慮すると柔らかく感じる。また酸も穏やかでマロラクティックによるバニラ、華やかなスミレ、薔薇、樹皮などの要素が長く余韻を残す。
王道的なエシェゾーといえる。素晴らしい。


生産者: ドメーヌ デュージェニー
銘柄: グラン エシェゾー グランクリュ 2011

約50000円
エシェゾーと比べるとより重心が低く、より果実味が豊かで、抽出はなされているものの、黒系の濃いめのニュアンスに転化している。ダークチェリーやブラックベリーのリキュールの様な果実味に対してシナモンやバニラ、ヨーグルト。そしてスミレやバラなどの華やかな風味が花を添える。燻製肉やローズマリー、キャラメル、八角など。ローステッドで甘露で果実味に寄ったグランエシェゾー。ミネラルも僅かながら感じられる。
よって香りの官能成分はエシェゾーと比べると低めだが、口内での表現はエシェゾーを超えている。口の中にマロラクティックの要素は少なめでより薔薇やスミレ、ダークチェリーの純粋な果実味が余韻を残して行く。
酸とタンニンは村名、エシェゾーと比べると際立っているが、同時に熟した甘露さも感じられる。


村名からして素晴らしいですね、品質としてはブルゴーニュでも一線級だと思います(価格はお高いですが)
さて、今回4種類のテイスティングを行いましたが、下記の通り、それぞれの特徴が明らかになりました。

◼︎華やかさ、エレガントさ(抽出、ミネラル、エキス感)
クロ ヴージョ<ヴォーヌロマネ < グランエシェゾー<エシェゾー

◼︎果実味の豊かさ(果実味の熟度、甘露さ)
ヴォーヌロマネ<エシェゾー=クロ ヴージョ<グランエシェゾー

◼︎アーシーさ(樽香、梗などの要素)
ヴォーヌロマネ<エシェゾー<グランエシェゾー<クロ ヴージョ

各々の要素を見て行くと各ワインの特徴がはっきりとわかってきます。
突出したエレガンスと華やかさ、各要素の均整がとれたエシェゾー、その規模感を小さくしたヴォーヌロマネ、卓抜した果実味のリッチさと華やかさ、ロースト香が感じられるグランエシェゾー。アーシーさ、ロースト香を主軸に豊かな果実味が感じられるクロ ヴージョ。各々明確な個性の違いがありながら、バランスの崩れたワインはありません。

今回特に素晴らしかったのはエシェゾーですね。王道的なエシェゾーで果実味の集中度(エキス感)、抽出が村名と比較してより強くなされていて、果皮から抽出される官能成分、豊かなミネラル感、樽から現れる五香粉や八角の要素、甘露な花の蜜、オレンジ、ダークチェリーやブルーベリーの果実味が、エレガンスなストラクチャーを形成しています。タンニンも酸も滑らかで、余韻も華やかさを残す。
果実味は熟したニュアンスよりも凝縮感やエキス感が感じられ、抽出や樽の使い方と奇跡的な融合を果たしている。このバランスが崩れなければエシェゾーではあると思うのですが、デュージェニーのエシェゾーは非常に高い密度や要素で再現をしていると思いました。
ワインとしての品質、テロワールの再現共に2011年デュージェニーのエシェゾーは突出しています。
勿論再現性という意味ではクロ ヴージョ、グランエシェゾーもほぼ完璧ではないかと。
グランエシェゾーはエシェゾーと比べるとより果実味の熟度が豊かで、抽出はなされているものの、ダークチェリーやブラックベリーのリキュールの様な黒系果実味に対してシナモンやバニラのリッチさ、スミレやバラなどの華やかさ。燻製肉やキャラメルの樽の要素が感じられる。ミネラルは控えめで、硬質なエシェゾーと比べるとリッチな印象、ただ豊満かというとキチッと引き締まっているとは思います。
クロ ヴージョはヴォーヌロマネ系とはやはりかなり相違があるように感じられました。
果実味が豊かですが、より樽のロースト香や梗のスパイシーなニュアンスがより強く出ています。
ある種ピュアさ、妖艶さ、緻密さが目立つヴォーヌロマネに対して、より複雑性、悪く言えば雑味をあえて表現しているような気がします。
完成度は高く、堅牢で各要素の主張がデフォルメされているように感じました。

このようにデュージェニーのワインには畑ごとに明確な差異をもって分けられていると思います。テロワールが見事に再現されている。ほぼ完璧なワインだと思います。
なので、この生産者のエシェゾーが好きだからといってクロ ヴージョを選ぶと「なんか違うな?」と思う事は間違いないと思います。



エシェゾー[2006]ドメーヌ・デュージェニー

エシェゾー[2006]ドメーヌ・デュージェニー
価格:36,750円(税込、送料込)


【ボルドー:7】熟成シャトーリューセック、驚異の生命力。



メリークリスマス!HKOです。
もうやけくそです。っていうかもうクリスマス終わってますよHKOさん。
クリスマスが終わったらお正月まで一足飛びですね。特にする事がないので、ウチの小娘の世話でもしながら日本酒煽って爆睡することとします。そう上手くいくかわかりませんけど!

さて、今回は熟成シャトーリューセックです。11年熟成の2002年、そして54年熟成の1959年です。ウチの母親と同じくらいですね。

シャトー リューセックは、バロン ド ロートシルト所有のソーテルヌ最良のシャトー。ディケムに次ぐ品質を誇っています。
保有している単一区画はディケムに隣接しておりファルグとソーテルヌの丘の斜面にあり標高はディケムに次ぐ高さにある。栽培面積75haで石灰混じりの砂利質土壌。平均樹齢25年。平均収量は極めて低く15hl/ha程度。
収穫した葡萄はオーク新樽で発酵。18~30ヶ月間の熟成。清澄も濾過も行う。

ではいってみましょう。


生産者、銘柄: シャトー リューセック 2002
品種: セミヨン 92%、ソーヴィニヨン ブラン 5%、ミュスカデル 3%

約10000円、WA90pt
外観は濃い黄金色で粘性は高い。
カマンベールの熟成香、白い花や白粉。石を砕いたようなミネラル、シロップや白桃、マンゴーの熟した果実味。バニラやキャラメリゼしたナッツの風味。杏仁豆腐、ピーチティーの風味が感じられる。
セミヨンらしい華やかかつ丸みのあるボディがしっかりと感じられる。
酸はしっかりと感じられ、同時にカマンベールや白桃、ハチミツの様な濃厚な余韻が口内に残る。口当たりにざらつきは無く滑らかできめ細かいタッチ。


生産者、銘柄: シャトー リューセック 1959
品種:セミヨン 92%、ソーヴィニョン・ブラン 5%、ミュスカデル 3%

63000円、WA90pt
外観は濃い琥珀色で粘性は高い。
カマンベールや濡れた樹皮や土の香りの熟成香。紅茶やドライイチジク、ドライアプリコットの濃縮した果実味。シナモン、溶剤、ドライハーブの風味。キャラメルの様な風味も感じられる。
かなり熟成は進んでいるが、ボディはほぼ崩れていない。酸は柔らかくほとんど感じられないが、旨味成分の含有量が2002年に比べると飛躍的に多い。口に含むとドライイチジク、アプリコットの凝縮した甘露さと強烈な旨味が広がる。タッチは滑らかで流麗。
甘口ならではの力強さが感じられる。


ううむ、素晴らしいですね。
1959年は54年熟成してもまだしっかりとボディがあるという。そして2002年の若々しさよ。ブルゴーニュでいうと2002年って幾分か熟成してて飲み頃に差し掛かっていると思いますが、リューセックの2002年は途轍もなく若々しく感じます。酸もしっかりあるし。

まず2002ですが、若いと言ってもカマンベールの様な熟成香はあります。ただ基本的にはセミヨンの白い花や白粉のニュアンスやシロップや白桃、マンゴーの熟した果実味。豊かな果実味、バニラやキャラメリゼしたナッツの樽香が感じられます。酸としっかりとあるので、まだまだ力強さを感じる味わい。
醸造に伴なう要素がはっきりと前に出ており、熟成によるニュアンスは控えめ、と言えると思います。
対して1959年は全ての要素が溶け込んでいて、酸味は旨味に転化しています。
当然ながら熟成香が主体となりカマンベールのニュアンスだけではなく、濡れた樹皮や土、紅茶などの樽の要素、ドライイチジク、ドライアプリコットの干した果実味が感じられます。
また旨味が極めて多分に生成されていて、口に含むとドライイチジク、アプリコットの凝縮した甘さと旨味が広がります。
熟成によってマロラクティック発酵が進み、樽が溶け込み、旨味が増す、という一連の流れが非常に良く分かる比較だったと思います。
ヴィンテージが近いと微細な違いやヴィンテージの差、醸造の差が前に出るので(1,2年差なら生産年が早いものなのに若く感じる、というのはよくあることです。)わかりにくい部分がありますが、これだけはっきりとわかると理論と合致していて良い例になりますね。

本体の旨さも素晴らしいですが、こういった知的好奇心を刺激するのも古酒の良い所ですね。


【ローヌ: 10】ブルゴーニュのネゴスが醸すシャトーヌフの新たな顔。

メリークリスマス!HKOです。
このブログはクリスマスは何も関係ありませんし、特に考慮していません。時期ネタもありません。いつも通り平日のうちの1日なので淡々と行きたいと思います。

本日はブルゴーニュの気鋭ネゴシアン、ルシアン ル モワンヌがローヌで「作る」シャトーヌフ2種類です。
新進気鋭のネゴシアン、リュシアン ル モワンヌ。1999年に立ち上げられたこの小規模なネゴシアンはリリース直後からワインスペクテーター、ワインアドヴォケイトなどで非常に高い評価を受けています。残念な事にやや価格は高めですが。ほぼ一級畑、特級畑のみをリリースしています。
常に最高の生産者から発酵後のワインを購入し、自社でMLFおよび樽熟成を行っています。MLFは遅い時期に行われ、ステファヌシャサン製の新樽100%で18~24ヶ月熟成される。澱引きは瓶詰め直前まで行わない。
今回のシャトーヌフはローヌで自身で栽培醸造を行っているもの。
グルナッシュはシャトーヌフのアペラシオン内に最良の区画から選りすぐった果実だけを使用、ジュピーユ産の樽の中でバトナージュを行い、澱とともに最低24ヶ月熟成する。

ギガルの袖物も含めてレビューします。
ではいってみましょう。


生産者: エティエンヌ ギガル
銘柄: クローズ エルミタージュ 2009

外観は赤みの強いガーネット、粘性はやや高め。そんなに熟度は高くない、シラーに由縁する黒胡椒のスパイシーな香り。ダークチェリー、プラムのやや酸味を感じさせる果実味、松の樹皮やリコリス。燻製肉の香り。香りはしっかりと立っている。
価格に見合ったベーシックな作りのシラーだが、酸やタンニンは控えめ。ボディも中庸といったところ。コート デュ ローヌですら美味いギガルのワインとしては、やや凡庸に感じられる。価格相応か。


生産者: ルシアン ル モワンヌ
銘柄: シャトーヌフ デュ パプ マジス 2010
品種: グルナッシュ ブラン70%、クレレット10%、ルーサンヌ10%、マルサンヌ10%

外観は淡いストローイエロー、粘性は強い。
とてもブルゴーニュ グランヴァン的な樽の使い方をしている。超強烈な樽香とミネラル感。よくローストしたカシューナッツ、アーモンド、エシレバター。そして石灰を感じさせるミネラルがある。長期に渡って熟成をしそうなワイン。奥の方に重厚な果実味がありそうなんだが、なかなか見えてこない。
徐々に白い花や甘露な糖蜜、スパイシーなコリアンダーや白胡椒、カリンや桃の果実味、アスパラガスなど。しかし甘くて樽がたっぷりだ。
口当たりはグルナッシュブランらしい分厚い酸味と旨味がある。しかしながら樽のニュアンスが非常に強く、厚い果実味と共に余韻にも樽香が残る。


生産者: ルシアン ル モワンヌ
銘柄: シャトーヌフ デュ パプ オムニア 2010
品種: グルナッシュノワール80%、シラー10%、ムールヴェドル他

外観は濃いガーネット、粘性は比較的高め。
かなり抽出が強く感じられる。確かにブルゴーニュ的なスタイルの味わい。樽っぽさはそこまで強くは感じない。
果皮の厚いダークチェリーやブラックベリーの果実味、強烈なスミレや薔薇、茎、イーストや熟成肉、燻製。強い樹皮の香り、炭焼き。黒胡椒的なスパイシーなニュアンス。リコリス、ファンデーション、マホガニーなど。ややスモーキーな味わいも。野性的で有りながらブルゴーニュ的な官能成分があり、品良く仕上がっている。
また徐々にシロップやキャラメルの様な強烈な甘露な果実味が現れてくる。
ボディは非常に力強くパワフル、分厚いダークチェリー...プルーンなどの味わいと、鉛筆の芯、鉄観音。旨味の厚み、タンニンがパワフルに感じられる。

ルシアン ル モワンヌのシャトーヌフ。ブルゴーニュのネゴシアンらしい、ヌフとしては異端の作りになっています。
ブランは彼のシャルドネに通じる様な強烈な樽香と熟した果実味、ミネラルが際立っています。ローストしたアーモンド、エシレバター。そして石灰を感じさせるミネラルがある。完全に樽によって果実味に蓋がされているが、奥にある白い花や甘露な糖蜜、白胡椒、カリンや桃の果実味などの果実味の大きさはしっかりと感じられます。
またルージュに関しても一般的なヌフの様に旧樽や梗のニュアンスが前に出るような牧歌的なタイプではないし、モダンな生産者の様に過剰な果実の熟度と新樽のニュアンスが前に出るようなタイプでもありません。
適切な熟度を保持しながら果皮による官能成分を多分に抽出しており、それもまたブルゴーニュ的です。(通常のヌフでもルモンタージュとピジャージュはやっているのですが、それに増して熟度が高いのでしょうね)
こちらはとても繊細なタイプになっています。過剰な樽のニュアンスは無く、果皮の厚いダークチェリーやブラックベリーの果実味、強烈なスミレや薔薇、茎、イーストや燻製にく、黒胡椒的なスパイシーなニュアンス。ややスモーキーな香りもあります。また徐々にシロップやキャラメルの様な強烈な甘露な果実味が現れてきます。
決して果実味不足がある訳ではなく、過剰な熟度によるアルコール度数と果実味の突出を意図的に抑えているだけで果実味と樽香もあります。ローヌのテロワールでは自然に上がる熟度を抑える事でグルナッシュのエレガンスと要素の複雑性を抽出する事に成功していると思います。

両方ともローヌのテロワール、グルナッシュの特性に真摯に向き合いながら、尊重しながら、ブルゴーニュ的な観点で作り込んでいるワインだと思いました。
スペインやニューワールドの一部では果実味が過剰に出過ぎない、アルコール度数が上がり過ぎないようにする工夫は行われていますが、そもそも果実が熟しにくいブルゴーニュや、過熟を旨としたローヌではなかなか熟度を抑える志向は生まれ得ないものです。
よく見極めてワインを作ったな、と思います。
自然に任せて熟度を上げて、彼のスタイルに合わせてあげれば、きっとすごいパーカーポイントが叩き出されたと思うのですが、そうしなかったのは何か意図があったのでしょうね。


ウオッシュチーズ2種類。エポワス、ニュイドール アフィネ ド ピノノワール。
エポワスは香りが強く、口内にもウオッシュ独特の濃い臭み(蒸れた様な匂い)が感じられる。塩気もかなり強い。
ニュイドールは香りこそエポワス同様の強い刺激臭が感じられるが、塩気はさほど強くなくミルク自体の滑らかな口当たり。
エポワスはめちゃくちゃウオッシュ王道だったが、ニュイドールはかなり食べやすかった。
といってもニュイドール(ニュイサンジョルジュの方)はなかなかクセがあったが、種類の違いで結構違うもんですね。




【シンクさん:3】白ワインの穴場は実はソアヴェである

ボナセーラ!
という訳で、ようやく3回目になります。
うーん、もう少し頻度をあげれればとも思うのですが、なっかなか
酔っぱらいは大変なのです

さて、今日の特集もイタリアで。
テーマはソアヴェ!ソアーヴェ!ソアベ!
「白ワインの穴場は実はソアヴェである」
という持論をバリバリと展開しちゃおうと思います。
そう、Q&Aっぽく!

soavenosusumen.jpg



Q1:ソアヴェってあのしゃヴぁいヤツですなwww

A:いいワイナリーのモノはしゃヴぁくないです~!

ソアヴェ=安くてイマイチなしゃヴぁしゃヴぁワインという印象が一般的です。
ガルガーネガという地品種で、キャンティ同様安くてそれなりな代物扱いであり、日本地品種の甲州の方が同じジャンルでは日本では人気があるというか「日本ワインファン」に受けているかと思います。
一方、「イタリアワインファン」にとってもソアヴェは安くてそれなりでメニューにないイタリアンはイタリアンにあらずだけどしかし別に旨くもないし熱狂はしない・・・というのがおおよその見解。
実際、歴史感を調べようとイタリア系のワイン本を読んでも、比較的スルーされているぐらいです(これには驚きですが、イタリアうまい!みたいなワイン本でもソアヴェへのページのさき方は知名度の割に遥かに低いです)
ですが、それは安ソアヴェのイメージなのです
ソアヴェ=安いワイン=買うものが安くなる=対して美味しくない
というループにハマっている感がひしひしとあります。
ですが、実はソアヴェの価格帯も普通のワイン同様に2000円前後から見てみると、実はコストパフォーマンスの良い日本人向けのモノが揃っている事がわかります。
また、極めようと上を見ても基本的には(熟成モノなどは別として)6000円アンダーで買えてしまえます。
問題はむしろ、ソアヴェをボトルで何か買おうと思った時に「取り揃えがあまりない」という点があげられるぐらいかなーと。
そう、ソアヴェをワイン的な価格で・・・それこそシャルドネ同様に見ていくとコクがあり対価は非常にイイものがあったりするのです。

Q2:料理は何を合わせるの?

A:日本人が大好きな「和食と合わせる」にぴったり!

ジャパーニズはナゼかスシィとヴァインをあわせるデースSHIT!
と誰が言ったか知りませんが、和食×ワインというテーマは日本人にとっての永遠です。
海原雄山氏的ロジックだと「日本のワインであわせるべきだ」が答えになるような気がしますが、私はこの選択肢にソアヴェはありじゃないかな?と思うのです。
すっきりした味わい、フルーティーさが基調、特に甘さの部分のお米っぽさ!
味わいの傾向が和食向けの白、として是非試してみて欲しい組み合わせですね。
イタリアンとの相性も勿論いいんですが、意外な程に多くと合わせやすいのが魅力だと思います。
ただ、高級感があるソースモノなどは苦手っぽい?フレンチが一番合致しずらそーなのも特徴かも。

Q3:どんなのを買えばいいの?ソアヴェスーペリオーレ?

A:基本的には古樹と火山岩で攻める事。DOCGはイタリアの基本どおり忘れてOK!っていうかぶっちゃけ良いワイナリーを書きますね。

ソアヴェの場合、シャルドネなどとのブレンディングもありますが基本的には単一であることが多いです。
なので、割りと果実の傾向が土地や樹によってしっかり出ています。
ソアヴェの場合は火山岩とVV級の古木というのがベスト。
ソアヴェ・クラシコの表記は比較的重要かもしれません。とりあえず、平地の所謂しゃばしゃばタイプのソアヴェを回避しやすくはなります。
逆にスーペリオーレのDOCGシールはそんなに役立ちません。
もしくは、ソアーヴェを名乗っていないにも関わらずガルガーネガを使っている所謂「DOCG名乗らない系ソアヴェ」がすごくアリ。
注意する点は、ワイナリー情報を見た時に「古木」と書いておきながら樹齢30年程度だったりすることがある点で、またソアヴェの場合は評論家評価は割りとアテにしてもいい事が多いです・・・・・・
ええい!面倒ナノデス!ここは調べて呑んでねってところを書いておきます!!

・ピエロパン(伝統かつ手に入れやすいクラシコ。出来れば単一畑がいい)
・ジーニ(ギリギリでしゃばしゃば系にならない伝統系)
・レ・バティステッレ(ガルガーネガらしさと美味しさのバランスがとてもいい)
・アンセルミ(革新派のど真ん中、シャルドネも結構使うぽったりした味わい)
・スアヴィア(私のイチオシなこってり系ソアヴェの新世代)

と、私の自サイトでも取り上げた面々な訳ですが、この5社は是非攻めてみてください。
一番最下層のクラシコで充分ですが、お金に余裕のあるワインマニアは是非「単一畑」の比べのみなどが楽しいですよ。

Q4:レチョートってどうなの?

A:洋梨っぽさが際立ってめちゃうまいです

ソアヴェで忘れられないのは、レチョートの美味しさ。
これは更に球数が減りますし、仕立ての問題で値段もちょっと高めではあります。
が、試したことが無い方は一回体験していただきたいかも。
爽やか甘いデザート、という万人が楽しめるデザートワインとしていい選択肢だと思います。
貴腐やアイスヴァインは甘すぎてアカン!という人がコーヒーの前に飲むべきデザートワインのひとつ、それがレチョート・ソアヴェ。
私は甘口ワイン初心者取り込み説を提唱しているんですが、その入口にもぴったりかなぁと思います。


Q5:冬場にソアヴェ特集って・・・季節柄どうなん?

A:めっちゃよろしいですよ

上述しましたが、ソアヴェは何より「合わせやすさ」が特徴。
なので、料理とのつけあわせでの活躍の幅が広いので冬でもOKです。
季節柄と味わいの傾向から夏場にこそ、というのも最もなのですが、濃厚系ソアヴェであれば冬場もすっきりポカポカです。
え、それならシャルドネやSBを使おう?
ふふふ、ではぽったりした厚みのあるシャルドネやSBの良質な品を2000円程度で見つけられるかという問題点に至るのです。
いいシャルドネがもつミネラル感よりも火山系基質から多少クセがあるソアヴェの方が実は冬向きではないか、というのが私からの提言でございます。
これは横ミミだけで実践してないんですが「クリームシチューとも相性がいい」らしいので、料理通の方は試してみてください(ここでまさかの投げっぱなしジャーマン

soave.jpg


という辺りで、今回のソアヴェ特集、私が考える(味だけなら)最強のソアヴェをここらでノートしておきます。

BbEJ3K5IIAA5zMp.jpg

スアヴィア・ソアヴェクラシコ・ル・リーヴ(レ・リヴェ)
ガルガネガ100%のソアヴェ製法純正単一畑の革新派最高畑!
え、なにそれって?要するにこのワイナリーのフラッグシップソアヴェです!

私が自分のサイトでソアヴェ特集を組んだ際にはここのひとつ格下の単一畑の紹介でした。
何故か、というとこれがソアヴェとしては破格の5000円前後の値段であることと、インポーターの方も
「いや~この値段のソアヴェって普通は売れない在庫になっちゃうんで、催事みたいなお祭状態で出展する他ないんですよ」
という事で地味にレアアイテムになっているから。

さて。味のレビュー。
色はかなり濃厚なゴールドで、透明感はあるもののソアヴェらしいカラーリングにはあらず。
香りもラフランスのバターパイのようなキュートな香りが特徴的。
少しの蜜と香草が隠し味かな?っていうぐらい香りの段階で「一級品のデザートのよう」なのです!
味わいは非常に洗練としつつも、ぽたっと甘味と酸味がバランスよく残ります。
最後の方でじんわりと、米酒のような甘みが広がるのがポイント。
スッキリした洋梨や青い果実などのワイン要素と日本酒の味わい、そしてその両方のお酒がもつアフターのキレの良さを持ち合わせます。
ちょっとマロングラッセのような感覚もあるので、本質はやっぱり「秋のワイン」ではあると思いますが、各々の要素が本当に料理と合わせてもイけるのです。
私はこれ呑んでる時に、お惣菜で松茸おこわと合わせたのですが・・・・・・ンマイッ!


ソアヴェ特集でした、いかがでしたでしょうか?
歴史的感覚とか、土壌の感覚、というのが殆ど日本で伝わっておらず、どーにも調べるのに苦労したというかネットの基本情報程度しか専門家本でも紹介されていない部分が多かったのが調べてて残念ポイントでした。

しかしながら、その実力は書いての通り。
見なおしてみませんか?ソアヴェを。

sinqosusume.jpg

2013年現在、スアヴィアのソアヴェは楽天内は絶滅危惧種っぽい?
出来れば単一のカルボナーレ辺りをオススメしたいところですが、この広域でも発見があるはず


ソアヴェらしさを楽しむなら、むしろコレなんかはグッドかも

【ブルゴーニュ: 49】2011年トロ ボー、コルトンの無限の可能性を早期させる水平テイスティング


こんにちは、HKOでございます。
シンクさんから大変マニアックな記事が届きました。是非楽しみにしていてください。
では私の方は坦々とブルゴーニュやりますね。
本日は私の好きなトロ ボーの2011年ヴィンテージ3つの特級畑です。

トロ ボーは1921年に設立されたショレイ レ ボーヌに拠点を置く同村最高の生産者。
現在はアンヌ グロの夫ジャンポール、オリヴィエ、ナタリーが指揮を取っている。
保有している畑はアロース コルトン、ボーヌ、サヴィニー レ ボーヌ、ショレイ レ ボーヌの合計24ha。栽培はグリーンハーヴェストにより収量を制限、施肥は行わない。手摘みによって収穫された葡萄は除梗の後、コンクリートタンクとステンレスタンクにて発酵。ルモンタージュとピジャージュを時期によって変え、新樽率は村名25%、1級が35%、特級が50%で熟成される。(アロース コルトンは1級で50%)
コルトン シャルルマーニュ(リューディはル コルトン)は、50%新樽で樽発酵、樽熟成を行う。
フラッグシップはコルトン ブレッサンドとコルトン、そしてコルトン シャルルマーニュ(樹齢40年)の3つの特級畑。

ではいってみましょう。

生産者: トロ ボー
銘柄: コルトン グランクリュ 2010

WA89-91pt(2002)
外観は濃いルビー、粘性は高い。
コルトンブレッサンドと比べるとミネラル感に不足感があるが、十分に濃密で甘露だし、華やかである。ブラックベリーさのコンポートやシロップ漬けのフランボワーズの甘露な果実味、フルーツワッフル、強いスミレの香り。豊かなシナモンやクローヴなどのスパイシーさ、スモーキーな燻製肉のニュアンス、杉など。奥の方に梗とフレッシュなエキス感のある果実味も感じられる。
全体的に果実味に主軸をおきながらも果皮のスミレやスパイシーさで妖艶さがしっかりと現れている。
酸味とタンニンはブレッサンド同様厚さを感じさせながら滑らか。スミレとフランボワーズのアフターが感じられる。こっちの方がスムーズ。液体密度はブレッサンドと比べるとやや低めか。


生産者: トロ ボー
銘柄: コルトン ブレッサンド グランクリュ 2010

WA91-93pt(2009)
外観は濃いルビー、粘性は高い。
コルトンに比べると幾分かミネラル感が感じられる。スパイスや果皮などの官能的な要素も感じ取れる。コルトン同様濃密で甘露な果実味だが、よりエッジが効いた鮮明な味わい。
石を砕いた様なミネラル感、ブラックベリーやフランボワーズのコンポート。それと並行するように果皮の強いスミレやシナモン、なめし革のニュアンスが強く感じられる。フルーツワッフル、バニラ。また、ユーカリやクローヴなどの要素も感じられる。甘露だが合わせて果皮成分も強く感じられる。
タンニン、酸はしっかりとあるが、タッチはとても柔らかく滑らか。フランボワーズを噛んだ様な瑞々しい酸とワッフルの様なフィニッシュ。旨味もしっかりとあり、相変わらずこの生産者は素晴らしいと思った。


生産者: トロ ボー
銘柄: コルトン シャルルマーニュ グランクリュ 2011

WA90-92pt(2003)
外観は淡いストローイエロー、粘性は中庸。
とても均整の取れた果実味とハーブ香、そしてコルトンシャルルマーニュとしては柔らかいミネラル感が感じられる。果実味は豊かだが、濃厚とか濃密とかではなく、あくまで自然な花の蜜やシロップの様な綺麗な果実味。
カリンや洋梨などの果実味、フレッシュハーブ、プレーンなバター、石鹸。白胡椒やヘーゼルナッツの風味が感じられる。
全体的に前にミネラルや果実味を押し出すタイプではなく、しっかりと果実味を持ちながらもハーブ香などとの整合性を意識した奥ゆかしいエレガントな味わいのコルトンシャルルマーニュ。キャッチーでもある。
その割にボディはしっかりとしており高密度でずっしりとしており、太くて厚い旨味を伴った酸がある。洋梨やカリンの旨味、強いミネラルのフィニッシュ。余韻はすこぶる長い。旨味と甘味が口の中にいつまでも残る。

なかなか2011年のコルトン、およびコルトンブレッサンドは良かったと思います。過剰な程甘露でローステッドだった2009,2010に比べると良い意味で落ち着いた、均整の取れた味わいだったかと思います。

トロ ボーのコルトンはレ コンブという南西向きのコルトンの丘最下部のリューディ(サヴィニー レ ボーヌ側)、ブレッサンドはコルトン最上のリューディで東向き斜面の中腹部(ラドワ セリニー側)に位置しています、これだけ条件が違うのに場合によってはコルトンでひとまとめされてしまうのは、なかなか不思議なものですね。無論味わいにも違いが見られました。
まず共通して感じられるのはしっかりとした抽出がなされたスミレや果皮の官能成分、黒系果実のコンポートやフルーツワッフルを早期させるリッチな果実味、バニラやワッフルを思わせる程よい樽香。ボリューム感のあるたっぷりとしたボディ。厚い酸と滑らかなタッチが特徴的でした。
では違いは何か。
コルトンはとても濃密な甘露なボリューム感を主軸に押し出したワインでした。対してブレッサンドは果実味主体のコルトンと比較すると、よりきめ細やかで複雑な構成。よりミネラルや果皮成分、スパイス香が多層的に積み重なっている。相対的に果実味が控えめにも感じられるが、それは他の要素がコルトンと比べて強い為であって、決して果実味に不足があるわけではない。より鮮明な輪郭を持ったワインだと感じました。
そもそもテロワールからしてブレッサンドの方が日照条件が良く、気候もやや冷涼、中腹部の為地層が折り重なっている為、ミネラリーで複雑、凝縮感のある均整の取れたワインが出来るのは自明の理ですね。
対してコルトンはシンプルであるのも納得です。
さて最後は唯一の白、コルトンシャルルマーニュ。こちらも赤同様たっぷりとした果実味が感じられるシャルドネ。リューディは最上部に位置するル コルトン。日照条件が良く、冷涼。かつ多層的な土壌を持っているテロワール。そしてそのポテンシャルを最大限に活かす古木から作られたコルトンシャルルマーニュ。テロワールと葡萄の木の品質に関してはほぼ最高の条件。それらの条件から導き出される品質と齟齬のない極めてエレガントでミネラリーかつ果実味に溢れた作りになっていたと思います。
このコルトンシャルルマーニュの特徴として、一見品の良い瑞々しい果実味とハーブ香が前面に出ているシャサーニュ的なワインと思ってしまいますが、徐々にミネラルが液面を満たしていきます。また花の香りや石鹸など、極めて調和の取れたストラクチャーを形成していますね。そして最も驚くべきは余韻の長さ。味わいの端正さからは想像できない、いつまでも続く様な柔らかな余韻が残る。いいコルトンシャルルマーニュだと思います。

2011年のトロ ボーはなかなかお得かもしれません。詰まった様な果実味はありませんが、適度な青っぽさが複雑味を付加していて、上手く作ってあるな、という印象を受けました。

【ブルゴーニュ:48】偉大なるアンリボワイヨのクリオバタール、堅牢なプリウールのペリエール、ラフォンのシャルムを利く


こんにちは、HKOです。
最近特に寒くなりましたね...赤ワインが美味しい季節になってまいりました。
温度管理が難しい時期ですが、暖かい部屋で飲むワインは格別ですね。
本日はブルゴーニュの白になります。
ジャックプリウールのレ ペリエール、ラフォンのレ シャルム、アンリボワイヨのクリオ バタール モンラッシェです。

グランクリュコレクター、ジャックプリウール。18世紀に設立された老舗ドメーヌですが、この生産者のラインナップがびっくりするほど凄い。特級、特級格の一級だけ見ても、赤はシャンベルタン、ミュジニー、クロ ヴージョ、エシェゾー、コルトン。白はモンラッシェ、コルトンシャルルマーニュ、ムルソーペリエールと格村々の最も偉大な特級畑を大量に所有しています。過去はそんな素晴らしい畑を持ちながらもパッとしないワインを作っていた様ですが、1988年より運営会社が変わりナディーヌ ギュブランが参画してから劇的にその品質は向上しています。97年にはベストワインメーカー オブ ジ イヤーをとっている辺り、悪い作り手ではなさそうてす。今回のペリエールはビオロジックにて栽培され、19ヶ月の樽熟成を経て出荷されます。

説明不要かもしれませんが、コントラフォンはムルソーに拠点を置くドメーヌで、ブルゴーニュ、世界の生産者の中で常にルフレーヴ、コシュデュリと共にトップドメーヌとして語られる、シャルドネのスペシャリストです。
栽培醸造に関しては全ての畑でビオディナミを実践し、収量を25-40hl/haにまで落とし栽培を行う。収穫後2回の選定を行った上で圧搾、その後ステンレスタンクでデブルバージュ。新樽と旧樽へ移し低めの温度でアルコール発酵。
マロラクティック発酵を行いながら最大40%の新樽比率で21ヶ月の熟成を経て、無濾過、無清張で瓶詰めを行っています。
赤は除梗後、ステンレスタンクで6日間程度の低温浸漬。20日程度でアルコール発酵後圧搾。ピジャージュは最後の10日間のみ1日2回ピジャージュを行う。新樽比率は30%程度で18ヶ月から20ヶ月の熟成を経て瓶詰めされます。
コントラフォンの旗艦銘柄は特級モンラッシェ、ムルソー ペリエール、ジュヴヌヴィエール、シャルム。どの銘柄も人気が高く、上位銘柄は 価格も併せなかなか入手しづらいのが現状です。

アンリ ボワイヨは1885年創業のヴォルネイに拠点を置くドメーヌ。現在は5代目のアンリ ボワイヨが指揮を取っています。所有する畑はピュリニーモンラッシェとヴォルネイを中心に約15ha保有している。
リュットレゾネを実践、年に10回程度畑を耕し除草剤は不使用。収量は低く平均収量は白が45hl/ha、赤が35hl/ha程度。
春には摘芽し、夏にはグリーンハーヴェスト、収穫時は収穫しながら選定(病気の年にはピンセットで選果)、トラックに積む前に選定を行い、最良の粒のみを厳密に選び出します。暑い年はシャルドネを先に選定するなど過激な程のぶどう主体の生産を行っています。白は果実を空圧式プレスにて絞り、樽にて約20日間アルコール発酵を行います。熟成は通常よりも大きい350リットルの新樽(30-80%程度)を使用し、ワインと樽との接点を少なくして緩やかな熟成を促します。滓引きとコラージュ後、軽いフィルターをかけ瓶詰めを行います。

ではいってみましょう。


生産者: ジャックプリウール
銘柄: ムルソー プルミエクリュ ペリエール 2010

14000円、WA87-89pt(2009)
外観は淡く澄んだストローイエロー、粘性は中庸。石を舐めたようなミネラル感がある。
ムルソーらしくリッチな果実味がある、が、密度自体はそこまで高いわけではない。樽はそこまで強くないがマロラクティック発酵に起因するニュアンスがはしっかりと感じ取れる。豊かな花の蜜や洋梨、マンゴーなどの果実味、バニラやバターのニュアンス、ごくわずかにノワゼット。白い花やシナモン、ドライハーブの風味。だが根底にあるのは石のようなミネラルだ。
香りに関しては平準的なグランヴァンだが、味わいや舌触りが極めて素晴らしい!
柔らかい酸味と甘露な洋梨のニュアンス、バニラの余韻。一連の口当たりの立体感がしっかりとある。余韻は短めだが一瞬のうちにめくるめく味わいが感じられる。


生産者: コント ラフォン
銘柄: ムルソー プルミエクリュ シャルム 2010

約32000円、WA93-96pt
外観は淡いストローイエロー、粘性は中庸。
力強い樽とミネラルに隠れた膨大な果実味がある。(ソゼやルーロ、2009ラフォンと比べれば全然バランスは良いが)
張り巡らされたオイルの様なミネラル、シャンピニオン。フレッシュハーブ、素焼きのナッツのニュアンスが前にありながら、ライチや洋梨の果実味の旨味だけが感じられる。(甘みはまだ感じられないが、間違いなく香りから強固な果実味があることはわかる)
ヨーグルト、プレーンバターなどのマロラクティック発酵によるニュアンス、リコリス、樹皮など多様な要素が閉じた液体の中に包含されている。果実味はとても豊かだ。
口に含むと滑らかだが厚みのある酸と洋梨の果実味、バニラ、バター、シロップの風味が口内に広がっていく。ミネラル感も含め複雑な余韻が残る。


生産者: アンリ ボワイヨ
銘柄: クリオ バタール モンラッシェ グランクリュ 2006

約33000円、WA94-96pt(2008)
外観はやや濃い目のイエロー、粘性は高い。
樽と果実味が溶け込み始めており(完全に、ではない)クリスピーな表情が現れ始めている。あと2、3年でいい感じになりそうだ。
明確なバターやノワゼットの香り。甘露さはそこまで突出しているわけでは無いが、カリンや洋梨のしっかりとした果実味、シロップ。幾分かのミネラル感がある(この手のシャルドネにしては穏やかか)。ハーブや白い花、バニラやキノコなど。やや米酢っぽさも。
酸はまだまだ生き生きとしており熟成のポテンシャルは感じられる。まだまだフレッシュだ。口の中でカリンやマロラクティック発酵に由縁するバターの香りが広がる。
これから期待できそうなワイン。

さてさて、ではいってみましょう。
まずはジャックプリウールのムルソーペリエール。流石にラフォンやコシュデュリの様な引く手数多のスター生産者と比べると、やはり密度や樽香部分に関して不足感があります。しかし良い所はむしろそこで、今の段階でもとても美味しく飲める稀有なペリエールであります。
ペリエールはムルソー最上の1級畑。「石切場」を意味する畑名の通り若いヴィンテージだとミネラルが強すぎて、なかなか美味しく飲めません。その点プリウールのペリエールは果実味が豊かで、石を舐めた様なミネラル自体ははっきりと感じられるものの、果実味に蓋をしている訳ではありません。また樽やマロラクティック発酵によるニュアンスもワイン全体の複雑さ、果実味を際立たせる要素程度で抑えられています。密度は1級としては平準的ながらムルソーらしく洋梨やマンゴーなどのリッチで甘露な果実味、適度なミネラル、樽香が感じられる。
ムルソー一線級の生産者のスタイルに追従せず、自身のスタイルを押し出したムルソーでした。

ラフォンの2010シャルムはジャックプリウールのペリエールと比べると密度、果実味の厚みが突出しているが、それに合わせてパワフルな樽香とオイルの様な樽香があり、まさに果実味に蓋をしている状態。いわば完全に閉じている状態ですが、今飲んでも規模感とかポテンシャルは十分に感じられるのが凄いですね。流石です。
20年も熟成すれば恐ろしい姿を見せることでしょうね。
ただリリース当時の2008ヴィンテージのシャルムと比べると幾分か樽の印象が軟化している。果たして樽の利かせ方を変えたのか、果実味が際立って相対的に樽の要素か穏やかに感じられるのかは垂直しないとわかりませんが、2010年はラフォンの中では比較的わかりやすく作られていると思います。
甘露さはまだ出ていないが、ライチや洋梨の果実味の強靭な分厚い旨味だけが感じられる。プレーンバターや素焼きのナッツなどの要素も。
今飲むならプリウール、寝かせるならラフォンですね。価格差はまあ妥当だと思います。

最後はアンリボワイヨのクリオ バタール モンラッシェ。シャサーニュモンラッシェのみの唯一の特級畑(ル モンラッシェはピュリニーに跨っています)。栽培面積はわずか1ha。出会うのがそもそもレアですが、これがもう本当に素晴らしい。
樽と果実味が溶け込み始めておりクリスピーな表情が現れ始めている。あと2、3年で綺麗に熟成するのではないかと思います。果実味とマロラクティック発酵、樽のニュアンスそれぞれが均整が取れている。シャサーニュらしくミネラルは突出しておらず、あくまで果実味を前に押し出した作り。マルクコランの作りによく似ていると思います。白い花やバニラ、キノコなどの要素も感じられ、複雑なストラクチャーを構成している。
これから熟成していくと、とても良くなるのではないかと。シュヴァリエやバタール、ル モンラッシェと比べると、やはり格下感は否めませんが、ビアンヴニュと共にモンラッシェの脇を固める特級畑に相応しいワインだと思います。

やはりこのクラスのブルゴーニュ シャルドネを飲むとエレガンスさと果実味の奇跡的なバランスに驚かされますね。早飲みしても熟成させても美味い新世界のシャルドネも素晴らしいのですが、このエレガンス、複雑さ、そして一筋縄ではいかない味わいを感じるとブルゴーニュファンでよかったな、と思います。



【ブルゴーニュ:47】デュガ ピィの本懐プティシャペル、ポンソの特級コルトンを利く

こんにちは、HKOです。
例によって、本日も引き続きブルゴーニュです。デュガピィの1級プティシャペル、ポンソのコルトン、そしてオマケでシリュグの村名ヴォーヌロマネです。

ロベールシリュグは1960年創業の小規模ドメーヌ。某コミックで偉大なワインとしてグランエシェゾーが紹介されていましたが、まあ、今ではちっとも手に入りません。元からレアですが...
今回はプティモンです。
平均樹齢は45年。栽培はリュットレゾネで行われ、収穫はすべて手作業。収穫後の果実は100%除梗を行った上で、30℃から32℃の温度に維持したまま、ステンレスタンクによる発酵が行われる。プティモンは新樽比率50%で18~20ヶ月熟成される。熟成中の澱引きは2回程度。無濾過、無清張で瓶詰めされる。フラッグシップは前述の通り、グランエシェゾー。

ベルナール デュガ ピィはジュヴレシャンベルタンに拠点を置くクロードデュガの従兄弟で、クロードデュガ同様、偉大なワイン達を産出しています。
全区画で行われるビオロジック、強い密植と厳しい選定による超低収量、そして若くとも20-30年、ヴィエイユヴィーニュともなると90年もの古木を使用しています。除梗はシャンベルタンとマジは100%全房、マゾワイエール30%除梗、シャルム50%除梗。低温浸漬はなしでアルコール発酵を行う。ピジャージュ、ルモンタージュは最小限に抑えています。(といっても色調やデュガピィの哲学からすると、それなりに行っている印象)、焼きの薄い新樽を1級以上は100%使用しノンフィルター、ノンコラージュで瓶詰め後出荷される。フラッグシップは生産量わずか1樽のシャンベルタン、マゾワイエール、シャルム、マジの特級群。

ドメーヌ ポンソは1872年にウィリアム ポンソによって設立されたモレ サン ドニに拠点を置くスター生産者。
基本的には有機農法にて栽培を実践しており、畑での剪定を厳格に行い、収穫は極限まで遅らせて葡萄が完全に熟した状態で収穫します。
醸造および熟成時に新樽は一切使用せず旧樽のみ使用し、長時間の高温発酵、SO2をなるべく添加しない、など技術革新と葡萄にキチンと手を入れる事が出来るドメーヌです。ただ全体的にお値段は高め。フラッグシップはシャンベルタン、クロ ド ベーズ、クロ ド ヴージョ、クロ ド ラ ロッシュ、クロ サン ドニ、白はモンラッシェです。

では行ってみましょう!

生産者: ロベール シリュグ
銘柄: ヴォーヌ ロマネ 2010

約6000円。
外観はやや濃い目のルビーで粘性は高い。抜栓直後は樽と抽出の香りが支配的でドライな印象を受けたが、2日経過でバランスが取れてきた。
クローヴや強いスミレのニュアンス、ダークチェリーやブラックベリーの果実味、そしてシロップや湿った樹皮、燻製肉、リコリスなど。
最初は酸が立っていながらも中域がスカスカな印象を受けたが、時間が経過すると旨味も出てきて、よりグランヴァン然とした味わいとなる。際立って感動的な作りのワインでは無いがプティモンに繋がる一本だとは思う。


生産者: ベルナール デュガ ピィ
銘柄: ジュヴレ シャンベルタン プルミエクリュ プティシャペル 2007

約30000円、WA91pt
外観はややエッジが淡くなっているルビー、粘性は中庸。ややドライなジュヴレシャンベルタン。
樽が溶け込んでおり、僅かに熟成し始めている。奥の果実味の強さがしっかりと感じられる。意外と梗の香りが感じられる。
なめし革や燻製肉。ミルクティー、胡椒。紫スモモやダークチェリーのリキュール。クローヴ、わずかにキノコや濡れた樹皮、オリエンタルスパイス、落ち着いているがコーヒーや焼いたゴムなど、複雑な要素が感じられる。
タンニン、酸は力強くシッカリとしたストラクチャーと骨格がある。まだ酸、タンニンはピーキーだが、熟成すればより良くなると思う。余韻は長い。デュガピィらしい作りだと思う。


生産者: ドメーヌ ポンソ
銘柄: コルトン グランクリュ キュヴェ ブルドン 2010

約30000円、WA92-95pt
外観は澄んだ標準的なルビー、粘性は中庸。
やや酸化を感じさせるニュアンス、わずかに状態が悪かったか。ただ口当たりなどには影響は出ていないように見える。
果皮の厚いダークチェリー、ブルーベリーなどの黒系果実の果実味、黒蜜、スミレのドライフラワー。ややドライな側面を感じさせながらも甘露さも併せ持っている。徐々に熟した果実が現れてくる。鉛筆の芯、トースト、ちょっとした茎の香り、なめし革や生肉などの要素、松の木やクローヴ、ドライハーブなど。
やや密度は他のグランクリュに劣る。しかし酸とタンニンが柔らかくダークチェリーと黒糖、ドライハーブの素晴らしい余韻があり、なかなか傑出した味わいだと思う。


まずシリュグの村名ヴォーヌロマネから。
プティモンの卓抜した作りから比べると大分格差があるな、という印象です。
樽も抽出も比較的強めではあるのですが、やや果実味に不足感が感じられます。なので全体的にドライな印象を受けますね。
やや酸は経ちながらも中域の密度は低かったです。ここら辺の密度がしっかりと固まって果実味が増したのがプティモンという認識です。悪くはないですが、期待値には遠く及ばないかな、と。ACブルもそうなんですが、シリュグの本懐はやはり1級以上か...
次にデュガピィのプティシャペル。
プティシャペルはシャペルシャンベルタン下部にある一級畑。今手元に資料がないので何とも言えないのですが、確かジュヴレシャンベルタンの土壌構成は上部に行くほど表土が薄く複層構成で、下部は緩斜面で表土が暑く単地層だったかと思います。構成はバジョシアンの泥灰岩とウミユリ石灰岩。
樹齢は高いので、ミネラルの吸収は比較的しっかりしていることが想像できます。
今回のデュガピィのプティシャペルはリリース7年近く経過しており熟成によって、ほぼ樽が溶け込んでいます。果実味は例によって充実しています。やはり果皮の要素が強く、なめし革のニュアンスや、樽やMLFによる燻製肉、ミルクティー。紫スモモやダークチェリーのリキュールなどの果実味が感じられます。ミネラルはさほど強くは感じませんが、高樹齢による果実味の集中度は感じられます。デュガピィらしい作りだと思います。
最後はポンソのコルトン。
リューディ名が入ってないんで区画の混醸でしょうか。抜栓からやや時間が経っていたのか、やや酸化のニュアンスも感じられましたが、ちょっとやそっとやこのワイン、バランスを崩せないですね。
最初こそ鉛筆の芯や果皮の香りが前に出ていましたが、徐々にダークチェリー、ブルーベリーなどの黒系果実の果実味、黒蜜、スミレのドライフラワーなどの風味が感じられました。ちょっとした茎の香り、なめし革や生肉などの要素も。密度ここ他のグランクリュに劣りますが、ポンソらしい優美さがあるしなやかな酸とタンニンがあり、本来は最上級クラスの味わいを見せるのだろうと想像できます。最高の状態とは言えませんが、そのポテンシャルの高さは十分に感じる事が出来ました。ちなみにこのコルトン、2009年からのリリースらしく、まだ日が浅いので、まだまだこれからといったところでしょうね。

そんな感じです。
しかしいつ何時飲んでもデュガピィって生産者は凄いな、と思います。特に物凄い好きだ、という生産者ではないのですが年によって細かな果実味の充実度の違いはあれど、「これはちょっと」と思わせる様な微妙な出来のものって無いんですよね。かなりパワフルな生産者なので技術で負を押し切るスタイルが功を奏しているのかもしれません。


【シャンパーニュ:6】エグリウーリエ スタンダードキュヴェ2種とNM上級ミレジムを利く

こんにちは、HKOです。
もう12月ですね、色々とイベントが重なるこの時期ですが、やはりそんな時期こそシャンパーニュ!ということでシャンパーニュ4本。RMのスター、エグリウーリエ2本。ボランジェのグランダネ、ルグラのサンヴァンサンでお送りします。

エグリ ウーリエはアンボネイ村に拠点を置くRMのスター生産者。現在はフランシス エグリが指揮を取っている。農薬は使用せず、有機肥料を用いて手作業ですべての畑の手入れを行い、完熟した葡萄を収穫します。
醸造後はドミニクローラン指導の新樽発酵。46ヶ月(ヴィーニュ ヴリニィは36ヶ月)の新瓶内熟成、ドサージュは僅か3~4.5g/lです。
今回の2本はいずれも2012年デコルジュマン。ブリュット ドラディションはアンボネイ、ヴージィ、ヴェルズネイの特級畑の混醸。アンボネイ南向き緩斜面に植えられた平均樹齢40年の古樹のピノ・ノワールを使用。フラッグシップはブラン ド ノワール レ クレイエール、グランクリュ ミレジム、VP。今回はスタンダードなブリュット トラディション グランクリュ、ちょっと変わり種のムニエ100%のプルミエクリュ ヴィーニュ ド ヴリニィです。

ボランジェは1829年にジャック ボランジェによって設立されたメゾン。1884年からは英国ロイヤルワラントを取得しています。
フラッグシップはグランダネ、R.D、そしてヴィエイユヴィーニュフランセーズ。
葡萄は160haの自社畑から供給。
グランダネは特級畑のアイ、ブジー、グラマン、オジェ、ルーヴォワ、一級畑のマレイユ シュール アイ、キュイの葡萄を使用。収穫された葡萄はオーク樽で一次発酵(MLFも行う)後、コルク栓をしてカーヴで最低でも5年間熟成させます。ドザージュは7~9g/L。

R&L ルグラは、200年以上続くエペルネの南東シュイィ村の老舗ドメーヌです。
シャルドネを得意とする生産者で、そのポートフォリオの全てがグランクリュであるシュイィ村から産出されるシャルドネを使用したブラン ド ブラン。フラッグシップはプレジデンス ブラン ド ブラン、そしてサン ヴァンサン キュヴェ エクセプショナル。充実した醸造設備と伝統的な手法でフレッシュさを基調にしたシャンパーニュ造りを行っています。ドサージュは6g程度。


生産者: エグリ ウーリエ
銘柄: プルミエ クリュ ヴィーニュ ド ヴリニィ ブリュット NV
品種: ピノ ムニエ100%

7000円、WA91pt
外観は淡いストローイエローで粘性は中庸、繊細な泡が立ち上っている。
トラディショナルなシャンパーニュに近い味わいだが、その実、ピノムニエ100%という変わり種。ブラン ド ブランの様にクリスピーで甘露な訳ではなく、ブラン ド ノワールの様に酸に厚みを伴う訳ではない。シャルドネの甘露さ、ピノノワールの厚さを一回り抑えてシャープな酸でまとめた感じの味わい。
しっかりとしたミネラルがあり、赤リンゴやレモン、そしてバターや焼き栗、フレッシュハーブ、リコリス、ジンジャーブレッドの風味が感じられる。
シャープな酸味が特徴的で口に含むと充実した赤リンゴの酸が余韻を残す。ピノノワールほどではないが、厚みも感じられる。


生産者: エグリ ウーリエ
銘柄: ブリュット トラディション グランクリュ NV
品種: ピノノワール75%、シャルドネ25%

8000円、WA92pt
外観はやや濃い目のストローイエロー、粘性は高く、泡も繊細に立ち上っている。
ピノノワール主体らしい強烈な甘みとボディを感じさせるアプリコットや赤リンゴなどの果実味が感じられる。火打石のミネラル、ローストナッツやドライハーブ、リコリス、木材。徐々にモカやバターなどの香りも感じられる様になる。
非常に力強いアタックで、構成されるボディの厚さはピノノワールならでは。赤リンゴの様なハツラツとした酸と旨味が感じられる。
比較的フレッシュな部類に入るシャンパーニュ。余韻は非常に長い。


生産者: ボランジェ
銘柄 ラ グランダネ ブリュット 2004
品種:ピノノワール60%、シャルドネ40%

14000円、WA93pt(2000)
外観は淡いストローイエローで粘性は中庸、泡は繊細に立ち上っている。
ピノノワールの強い旨味がしっかりと漲っている。バターや焼き栗、糖蜜などの甘露なニュアンス。赤リンゴやハチミツの果実味。フレッシュハーブ、杏仁豆腐、シナモンなどの風味が感じられる。白檀の様な木の香りも。
ブラン ド ブランの様なローステッドでふくよかな香りが主体となるが、赤リンゴの様な厚みを伴った酸味はピノノワールならではだと思う。リッチなボリューム感、引き締まった酸の厚みが非常に巧み。
酸味と泡は柔らかく、赤リンゴの果実味が口の中に力強く広がる。余韻はやや短めだがとても純粋な味わい。


生産者: R&L ルグラ
銘柄: サン ヴァンサン キュヴェ エクセプショナル グランクリュ シュイィ ブラン ド ブラン 1990
品種: シャルドネ100%

20500円。
外観は濃いイエロー、粘性は中庸だが、泡はしっかりと立ち上っている。
シャルムと似た方向性で熟成によって強烈な旨味を持ったシャンパーニュ。
ローストナッツや濡れた木材、ドライハーブ、蜜蝋。エシレバターやドライシェリーの様な塩味。カマンベール、アプリコットや熟した赤リンゴ、濃厚な出汁の様な旨味が感じられる。しっかりと熟成した味わい。
分厚くシャープな酸味があり、かなりボティはしっかりしている印象。複雑な味わい。木材、カマンベール、赤リンゴの余韻を残していく。


まず、エグリ ウーリエから。
今回のブリュット トラディション グランクリュNV、そしてヴィーニュ ド ヴリニィ プルミエクリュNVはエグリ ウーリエの中ではスタンダードなラインのシャンパーニュと言えます。しかしスタンダードなラインでもこのクオリティ!
エグリ ウーリエのスタイルから言うとリザーブワインを多めに使った(例えばジャックセロスやアンリ ジローの様な)酸化的なスタイルではなく、より若々しくフレッシュなスタイル。それはムニエ単一にもピノ&シャルドネにも当てはまります。
ではそれぞれの特徴を。
まずムニエはピノとシャルドネの中間を行く様なスタイルで、甘露さ、クリスピーさ、重厚さや厚みはそれぞれの品種に劣りますが、逆にいずれかの要素が突出せず、いずれもバランス良く包含しており、ミネラルもしっかりとあります。
ポテンシャルとしてはやはりピノノワール、シャルドネに劣りますが、言ってしまえば水増し要員のムニエ単一としては特別良く出来ているような気がします。赤リンゴやレモンのシャープな酸を感じさせる果実味、そしてバターや焼き栗などの樽やMLFの要素も感じられます。旨味もしっかりとあります。
次にブリュットトラディション。こちらはピノノワールとシャルドネの混醸。ピノノワールの割合が高めです。よって重厚なボディと甘露さが前に出ています。幾分かシャープな酸があるムニエとはかなり様子が違いますね。熟したリンゴの風味やアプリコットの果実味と共に際立ったミネラルとローストナッツの樽香が感じられます。徐々にマロラクティック発酵のニュアンスも。口に含んだ時の厚みも特徴的です。ムニエやシャルドネだと繊細な酸になりますが、ピノノワールならではのしっかりとした厚みのある酸が感じられます。樽のニュアンスが程々に効いているのがいいですね。でもドミニクローラン程ガッツリとしていない。シャンパーニュに適した使い方をしているような気がします。
流石エグリウーリエ。スタンダードなキュヴェでこれほどとは。値段を見るととてもお得な感じがしますね。

次はボランジェのグランダネ 2004、あまり面白くないチョイスですが、味わいは流石のボランジェフラッグシップ。メチャクチャよく出来ています。ピノノワールに起因する赤リンゴ様な分厚い酸と旨味と共に、焼き栗や糖蜜、バターの様なリッチな果実味が感じられます。この甘みの乗り方はシャルドネっぽいですが、セパージュは50%に満たないのですね。シナモンや白檀の様な風味が感じられます。約10年程度の熟成は既に経ていますが、まだまだ若々しく、酸化的なニュアンスは感じられません。ただ酸のシャープさは落ち着いているし、泡が溶け込んでいる部分も、有る程度の熟成を経ていないと出ないニュアンスですね。

最後はR&Lルグラのサンヴァンサン。
流石に1990と23年程度の熟成を経ていますので、酸化的な...というか熟成したニュアンスはありますね。ブルゴーニュの熟成シャルドネ(新樽が効いていないタイプの)っぽい味わいがあります。
濡れた木樽のニュアンス、ドライハーブ、そしてエシレバターやドライシェリーの様な塩味。カマンベール、アプリコットや熟した赤リンゴの果実味があります。かなり熟成感が感じられる味わいですね。複雑です。
グランメゾンのフラッグシップ級の熟成シャンパーニュはそれこそコートドールのグランクリュの様な熟成感を感じられる様なものがありますが、こちらはちょっと違うタイプですね。出汁の様なしっかりとした味わいが感じられます。

ヴィンテージも品種もそれぞれ違うので、一概には味わいの共通点は分析できませんが、今回で最もキャッチーな味わいだったのは、やはりグランダネ2004かな、と。非常にワインとしての完成度は高く、いわゆるピーキーな酸が立っていることもなく、とてもバランスが良い。
エグリウーリエやルグラは、より厚い酸や複雑なニュアンスがあり、かなりグランダネ2004とはスタイルに違いがある様に感じられます。フレッシュさを感じられるエグリウーリエに関しては熟成によって良くなってくるかもしれません(ノンヴィンテージですが、ブリュットトラディションは熟成しそうなポテンシャルがあります。)

以上でございます。




【カリフォルニア:16】ターリーのレアジンファンデルとコングスガードシャルドネ2010を利く

こんにちは、HKOです。
本日はカリフォルニアのカルトシャルドネとジンファンデルをレポートします。

コングスガードはナパヴァレーに拠点を置くカルトワイナリー。
主にシャルドネ、シラー、ヴィオニエ、ルーサンヌ、カベルネ ソーヴィニヨンを産出していますが、このワイナリーは何と言ってもシャルドネ。ハドソンヴィンヤード、ハイドヴィンヤード(クローンはオールド ウェンテ クローン)から提供を受けており、グリーンハーヴェストによって収量は一般的なワイナリーの約半分。さらに厳格な選果が行われ、100%ブルゴーニュ産のフレンチオークで22ヶ月熟成される。勿論、無濾過、無清張で瓶詰めされます。フラッグシップはシャルドネを使用したザ ジャッジですが、今回はスタンダードなシャルドネです。

女帝へレン ターリーの弟であり、フロッグスリープの共同者であったラリーターリーが指揮を執るターリー ワイン セラーズはカリフォルニア最上のジンファンデル、プティシラーを生み出すワイナリー。
01年はワインアドヴォケイトにてジンファンデル最高点となる97点を取得しています。
今回のハイン ヴィンヤードは1908年設立のヴィンヤードで、ターリー ジンファンデルのフラッグシップとも言える単一畑です。ターリーの最高級・最高品質のフラッグシップ単一畑。新樽100%。

ではいってみましょう。


生産者: コングスガード ワイナリー
銘柄: シャルドネ ナパヴァレー 2010

13000円、WA95pt
外観は濃いイエロー、粘性は高い。
充実した果実味とマロラクティック発酵のニュアンス、樽香があるカリフォルニアらしいシャルドネ。
エシレバターやバニラ、白檀。そして糖蜜の様な甘露さとマンゴー、洋梨の濃密な果実味がある。そしてハーブや杏仁豆腐、シナモン、それらの要素ががっちりと結合してここの要素が主張している。強烈な果実味が中心にあり、素晴らしいカリフォルニアのシャルドネであることはよくわかる。
酸味は柔らかく、残糖の厚いボディがありボリューミーでリッチな雰囲気が非常に強い。


生産者:ターリー
銘柄: ジンファンデル ハイン ヴィンヤード 2000
品種:ジンファンデル100%

18000円、WA93pt
外観はやや縁が小豆色になったガーネット、粘性は高い。ジンファンデルとしては非常にエレガントで甘露な香り。やや熟成を経たオーストラリアン シラーズの様にも感じられる。バーベキューワインではない。
ドライプルーンや干したブラックベリーの濃厚な果実味、新世界らしい油粘土、スーボワの様な土の香り、薔薇やスミレの華やかな風味、濡れた樹皮、インク。良く燻製した肉やリコリス、溶剤やナツメグの風味も感じられる。タイム。徐々に黒糖の風味も。
確かに濃厚な香りではあるのだけど、非常に要素が複雑かつ華やか。綺麗に熟成しているジンファンデルだと思う。
意外とタンニンが穏やかで、酸の方が立っている。干したブラックベリーや樹皮の甘やかな風味が余韻を残して行く。


コングスガードは相変わらず素晴らしい出来でしたね、同一ヴィンテージをリリース直後にレポートしましたが、気のせいかもしれませんが、よりしっくりとくる味わいだったと思います。糖蜜やマンゴー、洋梨の様な熟した果実味、バターやバニラ、白檀などの十分なマロラクティック発酵、樽香が感じられる上質なカリフォルニア シャルドネです。ザ ジャッジやオーベールのリッチーヴィンヤードに通じる味わいですが、こちらの方がより果実味はちょっと抑え気味ですね。ただボリューミーで果実味爆弾な作りはブレてない。極めてリッチな味わいのシャルドネです。
コングスガードは機会があれば必ず飲んで行きたいワイナリーですね。
次にターリーのジンファンデル。
ジンファンデルといえば個人的にはバーベキューワインのイメージがあるのですが、そのイメージをくつがえす様な甘露かつエレガントな味わいを持ったワインになっていたと思います。よく熟したシラーズに熟成に起因する油粘土、スーボワの様なアーシーな香り、そして薔薇やスミレの香りが華を添える。まだまだインキーなニュアンスが残ってる。
そして不思議とタンニンが穏やか、酸の方が立っている。ゆえにエレガント。もっと膨らんだワインだと思ったんだけど全然違う。もっと筋肉質でしっかりとした体躯でした。
こんなジンファンデルは初めてですね。あまりジンファンデルでグランヴァンと呼べるものが少ないからかもしれませんが。偉大なワインだと思います。

偉大なシャルドネ、ジンファンデルでした。
ジンファンデルはもっと突き詰めても良い品種かもしれませんね。アルコール度数の高いだけのワインでは決してないです。


【アルザス・ロワール:3 】最高の生産者のスタンダード プイィ フュメ、熟成したコトー デュ レイヨンを利く

こんにちは、HKOです。
本日はロワールのワインです。
アンジュ エ ソーミュール地区およびセントル ニヴェルネ地区 プイィフュメの2エリアのもので、中でも銘醸地域を今回は選んでおりますよ。
ボンヌゾー、カルツ ド ショームと並ぶロワール貴腐の名産地、コトー デュ レイヨン。
サヴィニエールにおいて畑名称がそのままAOCとなっている、いわば特級的な立ち位置のロッシュ オー モワンヌ。
そしてプイィフュメはディディエダグノー、そしてパスカルジョリヴェらのスター生産者のものを。

ドメーヌ トゥーシェは1787年よりアンジュ地区に拠点を置く老舗ドメーヌ。
コトー デュ レイヨンはロワールにおけるシュナンブランの貴腐甘口ワインの名醸地。
収穫は2回(開花から約90日の早摘み葡萄20%、糖度が上がった120日後に80%)にわけて収穫、タイミング別々に醸造します。これによって酸と糖度のバランスがとれたコトー デュ レイヨンが出来上がるとのこと。
メーカーでは10年程度瓶で寝かした上で出荷する。

ドメーヌ ド モワンヌは1967年にロワールサヴィニエールに設立されたドメーヌ。
保有しているサヴィニエール ロッシュ オー モワンヌはクーレ ド セランと共にサヴィニエールの特級クラスの畑とされています。30haのうち、8haを所有。土壌はシストと砂岩で構成されている。栽培はビオディナミ。葡萄はシュナンブランの古木から5回に分けて手摘みで収穫されています。ブロックごとに20度でステンレスタンクとバリック樽で発酵。約9カ月程度の熟成を経て瓶詰めされる。マロラクティック発酵は行わない。

「ソーヴィニヨン ブランの魔術師」パスカル ジョリヴェは1982年にロワールに設立されたドメーヌ。プイィ フュメとサンセールを中心にワインを作っています。
今回のプイィ フュメ アンディジェンは年間生産量6,000本。アンティジェンの土壌は氷河期から続く石灰質で、伝統的な自然を尊重したぶどう造りを行っています。
ステンレスタンクを使用、果皮に着いた酵母で自然に発酵、澱の上で12ヶ月間熟成させたのち、ボトリングされます。

ディディエダグノーは、1983年に様々なキャリアを経てプイィフュメにドメーヌを興します。93年から有機栽培を始め、いわゆるソーヴィニヨンブランの枠組みを大きく飛び越える卓抜したプイィフュメを一貫して作り続けています。作付面積は11haほどで、その最高の区画である「シレックス」ヴィーニュフランセーズを使用した「ピュール サン」がフラッグシップとしてリリースされています。有機農法、大人数での手摘み収穫や選果。収穫した葡萄はプレス後、ステンレスタンクで2日間寝かせた後、22度まで温度を上げながら10-12日間木樽でアルコール発酵。マロラクティック発酵はしない。新樽20%-30%程度で12ヶ月シュールリーで熟成し、更に4~8ヶ月間の間ステンレスタンクで熟成する。最長で20ヶ月程度の熟成期間を経て、瓶詰めされ出荷されます。
今回のアン カイユーは現在「ブラン フュメ ド プイィ」としてボトルされているものです。


生産者: パスカル ジョリヴェ
銘柄: プイィ フュメ アンティジェン 2011
品種: ソーヴィニヨンブラン100%

約6000円。
外観は明るいストローイエロー、粘性は高め。
プイィフュメらしいミネラル感。爽やかなソーヴィニヨンブランのムスクやフォキシーフレーヴァー、ハーブの風味がありながら、非常に果実味が強く、熟した赤リンゴや蜂蜜につけたレモンなどの果実味が感じ取れる。白い花などの華やかな風味も。非常にしっかりしたボディがあり、ともすれば新世界の様な果実味にも思える。
マロラクティック発酵はしていない。
シャープで分厚い酸味と共に豊かなマスカットやハーブの香りが広がる。余韻も長い。
特徴的なボリューミーなソーヴィニヨンブランだ。


生産者: ディディエ ダグノー
銘柄: ブラン フュメ ド プイィ アン カイユー 2000
品種: ソーヴィニヨンブラン100%

約10000円。
グリーンに近いイエロー、粘性は高い。
物凄いスモーキーでミネラル感が強い。若い頃より、より際立っている様に感じられる。ムスクやドライハーブ、石鹸などの清涼感。カリン、ライチなどの果実味、核種系の甘露さが感じられる。キノコなど。ピーマンなど。
酸味はいまだ鋭くシャープ、やや凝縮度は劣るがかなり味わいとしては若い。


生産者: ドメーヌ オー モワンヌ
銘柄: サヴィニエール ロッシュ オー モワンヌ 1999
品種: シュナンブラン100%

4000円
サヴィニエールのロッシュ オー モワンヌは以前ニコラジョリーのものを飲んだことがある。貴腐の様な甘美な香りであるにも拘らず、とても口当たりはドライな印象で驚かされたが、こちらも同様の印象を受ける。
しっかりとしたミネラルがある。アルザスやドイツのトロッケンベーレンアウスレーゼなどのリースリングの様なペトロール香、カマンベールなどの熟成香やカリンや摩り下ろしたリンゴなどの甘やかな香りがある。(貴腐に通じる残糖的な香り)ドライハーブやキノコ、濡れた木、動物的な油、ミルクなどのニュアンスが感じられる。
酸は穏やか。口当たり自体には残糖分は無くドライだが、ミルクの香りと穏やかな酸と丸みの帯びたボディが調和が取れている。


生産者: ドメーヌ トゥーシェ
銘柄: コトー デュ レイヨン 1986
品種: シュナンブラン100%

約6000円、WA90pt
外観は濃い黄金色で、粘性は高い。
流石に長熟を期待するワインではないか。
やや水っぽい香りでなかなか立ってこない。
湿った土やシャンピニオン、カマンベールなどのアーシーな熟成香、出汁や蜜蝋、白胡椒など。徐々にアンズなどの果実味も漂ってくる。口に含むと、あらびっくり、とてもいい。
甘口らしい粘性と残糖、アンズのドライフルーツの風味にカマンベールやアーシーな香りが綺麗に絡んでくる。
酸味もボディを補助するようにしっかりと感じられる。


まずはプイィフュメの新しいヴィンテージと12年熟成したヴィンテージです。
今回、生産者の性質として、よく熟した果実を使ってプイィフュメを表現するパスカル ジョリヴェと、どこかブルゴーニュの偉大な生産者の作るシャルドネの堅固さにもにたダグノーのミネラリーなプイィフュメという違いがありますので、同列で語るのは非常に難しいと思います。
ですから、個別に見ていこうと思います。
パスカル ジョリヴェのアンディジェンはソーヴィニヨンブランとしてはしっかりとしたボディがあり、ロワールにはあまり見られない甘露な熟した果実の風味が感じられます。またミネラル感や爽やかなソーヴィニヨンブランのムスクやフォキシーフレーヴァー、ハーブの風味。そして豊かな厚い酸が感じられました。ボディ、果実味から見るとかなり熟成はしそうですが、過剰すぎるミネラル感は無いため、ダグノーに比べて熟成ポテンシャルはやや劣ると思います。あと2年程度で酸も落ち着いてきて味わいもピークになるのではないでしょうか。
次にディディエダグノーのブラン フュメ ド プイィ(アン カイユー)。こちらは12年程度の熟成を経ていますが、突出してスモーキーかつミネラル感が強固。またムスクやドライハーブ、石鹸などの清涼感などが前面に感じられます。彼の最新ヴィンテージに比べると、果実の風味がやや落ちている様に感じるので、これらの要素が際立っているのでは無いかと思います。核種系の甘露さも感じられるもののジョリヴェほど際立った甘露さではないと思います。キノコやピーマンなどの風味も感じられます。酸味は鋭くシャープ。
一部若いソーヴィニヨンブランらしい要素(ピーマンや酸のシャープさ)と熟成感を感じさせる果実味の落ち着きやキノコの要素が感じられ、丁度熟成の狭間なのだな、といった感じです。そもそもダグノーの若いワインは一般的なブラン フュメ ド プイィですら突出したミネラル感と果実の集中度を見せるので、たかだか10年前後ではヘタレないんでしょうな。なるほど。

次はシュナンブランの2種類。
コトー デュ レイヨンはボンヌゾー、カール ド ショーム同様ロワール最高の貴腐ワインの産地です。
ロッシュ オー モワンヌはコトー デュ レイヨンから見てロワール川対岸にあるサヴィニエールのクリュ。こちらは辛口のシュナンブランを作っています。
今回はドメーヌトゥーシェという生産者のコトー デュ レイヨン、ドメーヌ オー モワンヌのロッシュ オー モワンヌです。
まずドメーヌトゥーシェ。熟成したシュナンブランは初めてです。熟成貴腐ということで、どうしてもチラついてしまうあのプルミエグランクリュクラッセ。1940年、1990年代のをそれぞれ飲んだことがありますが、流石に1940年代のそれとくらべても、ややボディがヘタり気味の味わいでした。しかしながら残糖が残っているため、比較的楽しむ事が出来ました。
ボディは既に落ち込んでおり水っぽさを感じますが、香りは熟成に起因する複雑さがあり、土やシャンピニオン、白カビのようなアーシーな雰囲気があります。
湿った土やシャンピニオン、カマンベールなどのアーシーな熟成香、出汁っぽさも感じられます。シュナンブランらしいアンズなどの果実味もあります。酸味もあり、飲むに耐えうる貴腐になっていると思います。
ただ最上のタイミングは逃してしまっていますね。もう少し若いタイミングで飲めれば最高だったんだろうな、と思います。
最後、熟成サヴィニエール。ニコラジョリーのクロ ド ラ ベルジュリー同様貴腐の様な甘美な香りかつドライで膨らみのある味わいが感じられる。
ミネラル豊かでリースリングの様なペトロール香、白カビなどの熟成香やカリンや摩り下ろしたリンゴなどの甘やかな香りがある。濡れた木、ミルクなど穏やかな酸と丸みの帯びたボディが調和が取れている。
白カビの香りは熟成シュナンブラン共通の香りなのかな?ペトロールと併せてかなり複雑な味わいになっていたと思います。
ただスタイル的にはあまり万人向けとは言い難いですね。美味いと思えるにはそれなりの経験値が必要となるワインだと思います。

以上ロワールでした。
こう見るとアンジュ エ ソーミュールとセントルニヴェルネとだとかなり違いがあって、アンジュ エ ソーミュールのシュナンブランは(クロ ルジャールやニコラジョリーなどの有名どころ以外は)まだ地酒的なレベルですが、セントルニヴェルネは国際的に通用するワインが作られているな、と感じますね。
その中にたまーに凄くいい生産者がいて、とても興味深い地域だと思います。




【ブルゴーニュ:45】綺羅星が如きブルゴーニュルージュの生産者が作るカルト シャルドネを検証する。


こんにちは、HKOです。
本日もブルゴーニュでございます。
デュガ ピィとポンソ。でも両方とも白でございます。
デュガ ピィはシャサーニュモンラッシェ1級モルジョ、ポンソはコルトンシャルルマーニュ。赤のスター生産者の白ワインにフォーカスしております。はたして赤の生産者が作る白はどの様な特徴があるのか。それを追ってみたいと思います。

ベルナール デュガ ピィはジュヴレシャンベルタンに拠点を置くクロードデュガの従兄弟で、クロードデュガ同様、偉大なワイン達を産出しています。
全区画で行われるビオロジック、強い密植と厳しい選定による超低収量、そして若くとも20-30年、ヴィエイユヴィーニュともなると90年もの古木を使用しています。除梗はシャンベルタンとマジは100%全房、マゾワイエール30%除梗、シャルム50%除梗。低温浸漬はなしでアルコール発酵を行う。ピジャージュ、ルモンタージュは最小限に抑えています。(といっても色調やデュガピィの哲学からすると、それなりに行っている印象)、焼きの薄い新樽を1級以上は100%使用しノンフィルター、ノンコラージュで瓶詰め後出荷される。フラッグシップは生産量わずか1樽のシャンベルタン、マゾワイエール、シャルム、マジの特級群。今回はレアな白、シャサーニュモンラッシェの一級畑です。

ドメーヌ ポンソは1872年にウィリアム ポンソによって設立されたモレ サン ドニに拠点を置くスター生産者。
基本的には有機農法にて栽培を実践しており、畑での剪定を厳格に行い、収穫は極限まで遅らせて葡萄が完全に熟した状態で収穫します。
醸造および熟成時に新樽は一切使用せず旧樽のみ使用し、長時間の高温発酵、SO2をなるべく添加しない、など技術革新と葡萄にキチンと手を入れる事が出来るドメーヌです。ただ全体的にお値段は高め。フラッグシップはシャンベルタン、クロ ド ベーズ、クロ ド ヴージョ、クロ ド ラ ロッシュ、クロ サン ドニ、白はモンラッシェです。

では、いってみましょう。

生産者: ベルナール デュガ ピィ
銘柄: シャサーニュ モンラッシェ プルミエクリュ モルジョ 2010

15000円
外観は淡いストローイエロー、粘性は高く幾分かの浮遊物がある。
メチャクチャリッチでオイリーなシャサーニュモンラッシェ。ものすごく樽が効いている。オイルやローストナッツ、強いバター、五香粉が全体に漲っている。樽とともに強いミネラル感。カリンやパイナップルの酸味を伴う果実味。そしてその奥に糖蜜を思わせる新世界のシャルドネの様な凝縮した濃厚な甘露さも感じさせる。シャンピニオン、白胡椒、バニラ、ドライハーブなど。
赤ワインの方程式で作ったかの様な樽と果実の凝縮感が際立ったワイン。
酸のシャープさこそ控えめだが、厚みや重量感、余韻に残るローストナッツと果実の膨らみが素晴らしい。長熟できるワインだが、今見ても十分に偉大さは伝わってくる。
とにかく凄まじく強いボディを持ったワインだ。


生産者: ドメーヌ ポンソ
銘柄: コルトン シャルルマーニュ グランクリュ 2010

40000円、WA90-92pt(2009)
外観は澄んだ淡いストローイエロー、粘性は高い。
石を砕いた様なミネラル感、石油っぽさとともに、糖蜜や干した洋梨、マンゴーの様な凝縮な果実味が感じられる。強烈に果実味が主体となっている。(ややキャンディ香っぽさもある)、まるでシロップのようだ。
そしてフレッシュハーブ、バター、白い花や白胡椒、ノワゼットの香りが感じられる。
そして急激に現れるミネラル感。
酸味は柔らかくきめ細やか。口当たりにも甘露なフルーツの余韻が残っていく。コルトンシャルルマーニュという印象からは考えられない位濃厚かつ瑞々しい果実味がありながら、ミネラリーさとも、とても均整が取れている。美しいバランスだ。ボディもしなやかだと思う。

つくづく思ったのがこれらの生産者の白って赤と同じ方程式で作ってるな、と。デュガ ピィは新世界並みの濃厚さで、樽も過剰な程効いているし、ポンソはピーキーで華やか、伸びていく様な果実味がある。それぞれの赤にも共通している味わい。勿論そのまま赤ワインっぽい味という訳ではなく、その醸造哲学や思想がそのまま反映されている。
こういった生産者の醸造哲学や思想が全く異なるテロワールでも感じられるのは非常に面白い。いわば醸造栽培は画風でありテロワールは描く対象であるというのが良く分かるんですよね。
では個別に。
まずデュガピィのシャサーニュ1級モルジョですが、こちらは先述した通り強めのローストをかけた樽をかなり効かせています。コント ラフォンも樽は強めの方ですが、ロースト香がメチャクチャ強いあたりこちらの方が濃厚に感じますね。そしてオイルの様なミネラル。
またそれらの要素で蓋がされている状態ですが、奥にしっかりと熟した果実味が感じられます。超低収量か古木に由縁する要素だと思います。栽培醸造から見ると赤と同じような要素を持っている事がわかります。赤も古木低収量、樽香がしっかりと効いていますからね。
次にポンソのコルトンシャルルマーニュ。
これも素晴らしくて、赤と同様に純粋で綺麗なストラクチャーのコルトンシャルルマーニュだと思います。
コルトンシャルルマーニュらしい石を砕いた様なミネラル感、石油っぽさとともに、とても甘露な果実味や糖蜜などのニュアンスが感じられます。キャンディ香もあり、ほぼ樽香は感じられず(軽いノワゼットは感じますが)とても純粋な果実味が前に出ています。
そして急激にミネラルが現れるドラマティックさがある。とても均整が取れている。美しいバランスだ。いかにもポンソらしい作りで彼のクロ ド ラ ロッシュを味わった時の印象に極めて近い。
無論白なのでシャルドネの要素だが、随所に見られる赤との醸造の共通性が白中心の生産者には無い個性を持っていると思いました。

以上。
どちらとも驚異的なレベルの高さでした。
ポンソはクロ ド モンリュイザンが有名ですが、個人的にはやはりコルトンシャルルマーニュの方が素晴らしかったですね。あれはそもそもスタイルも品種も違いますので同列には並べられないのですが...
いやー作りの上手さを堪能できました。


【ブルゴーニュ:44】大手ネゴシアン ルイジャドの高品質ネゴスものを利く


こんにちは、HKOです。
たまに思うのが、そもそもの趣旨とはいえ淡々と記事をあげ続けているのって見てて面白いのかなーと思うのですが、どうですか?
備忘録兼データベース的な使用用途で始めたブログですが、そこそこ閲覧者も増えてきたので、ちょっと何か考えようと思います。
さて、本日はブルゴーニュ、メゾン ルイジャドの白2本と赤1本です。
これがなかなか面白いテイスティングでした。

ルイジャドはブルゴーニュの1859年創業の老舗ネゴシアンで、ネゴシアン業に留まらず上級キュヴェに関しては154haもの自社畑で栽培まで行っています。そして何と言ってもルイジャドといえば天才ジャックラルディエールの存在でしょう。1970年から醸造責任者としてジャドのワイン作りの指揮を取っています。
自然農法を実践しており表土のみを馬で耕作をしています。100%除梗を行ない、低温浸漬は基本的には使用せず、発酵温度の管理もせず、ルモンタージュも行わず、ごくごく自然の葡萄のポテンシャルに任せてゆっくりと時間をかけて醸造を行っています。オーク新樽比率は最大で50%程度。それでいて非常に素晴らしいワインが作れるのですから、ジャックラルディエールのセンスが光る所だと思います。現在はしっかりとラルディエールのエッセンスを受け継いだフレデリック バルニエが醸造を行っています。

ではいってみましょう。


生産者: メゾン ルイ ジャド
銘柄: ムルソー プルミエクリュ シャルム 2002

11500円、WA88-90pt
外観は濃いイエロー、粘性は中庸。
かなり果実に対して熟成感の出てきている風味、酸や出汁の様な旨味の厚さが感じられる。
熟したリンゴやライチの旨味を感じる果実味、杏仁豆腐、甘露さは強くない。熟成シャンパーニュに似た果実味の出方に近い。徐々に核種系の蜜やシロップの香りも現れてくる。ドライハーブ、白檀、タイムなど。さほど樽ががっつり効いている訳ではなく、むしろ熟した果実味主体のワイン。マロラクティック発酵によるヨーグルトの香りも。
酸の層は厚く、旨味に満ちている。パワフルなワインで、木材やリンゴの余韻を残していく。


生産者: メゾン ルイ ジャド
銘柄: シャサーニュ モンラッシェ プルミエクリュ ラ ロマネ 2009

16000円、WA92-93pt
外観は淡いストローイエロー、粘性は中庸。
石を砕いた様なミネラルがありながら、しっかりとシャサーニュらしい果実味が感じられる。果実味も強く、よくバランスが取れたシャルドネだと思う。若々しくありながら、意外と樽と果実味が溶け込んでいると感じさせる味わい。ライチや洋梨の様な果実味、バター、バニラが主体となり、僅かにシャンピニオンやドライハーブ、ヘーゼルナッツ、そして花の蜜の様なシロップの甘露さが感じられる。比較的バターリーでしっかりとマロラクティック発酵をしているであろう味わい。
酸は厚く、やや若いシャープさを残すものの、非常に各要素の調和が取れている。
口に含むとミントや熟したライチ、洋梨の風味が感じられ、綺麗な余韻を残して行く。
いいワインだなあ、熟成はしないだろうが。


生産者: メゾン ルイ ジャド
銘柄: クロ ド ラ ロッシュ グランクリュ 2006

25000円、WA94pt(2008)
外観は澄んだルビーで粘性は高め。
全房発酵の様なスパイシーなニュアンス。野性的ななめし革。オレンジやイチゴ、ダークチェリーの様な瑞々しい果実味。スミレの華やかな香りやクローヴ、コリアンダー、八角のスパイシーさ。濡れた茎。燻製の様な燻った香りも感じられる。
全房に由縁するのだろうがDRCにも似た感触を覚える。
酸味、タンニンとも極めて穏やかで、口内でオレンジやベリー類の瑞々しい果実味とスパイシーな余韻を残していく。樽が効きすぎているわけでもなく、過剰な熟度な訳ではなく全てが適切で、妖艶な芳香を放っている。
とても優美なクロ ド ラ ロッシュだ。


まずは白から。
検証数が少ないながら、今回のテイスティングでメゾン ルイジャドに対してなんとなく思ったことがあります。
ドメーヌのワインに対してメゾンは比較的早飲み出来るように意図的に作られているのではないかと思います。
ドメーヌ ルイジャドのフラッグシップ級のシュヴァリエ モンラッシェ レ ドゥモワゼルはテロワールを考慮したとしても過剰な程、堅固でガチガチだったのに対して、今回の2本、特にシャサーニュは、2009年にしてとても樽が溶け込んでいます。既に素晴らしい味わいが楽しめるものになっていました。これは赤に関しても同様です。
また大きな違いとして、過剰な樽香を効かせたり(赤で有れば)強い抽出は行なっていない、というのもあります。
今回の3本の赤白はすべて果実味主体。無論適度な樽香はありますが、長期熟成を想定したような濃厚な樽香はありません。また強い収斂性を伴う抽出の強さ、色の濃さもありません。例えば赤であれば樽より全房のスパイシーなニュアンスや瑞々しさがあり、タニックであったりスモーキーなニュアンスはありません。濃厚なスタイルの生産者とは一線を画している部分と言えると思います。
そのため10年、20年の熟成が果たして可能なのかは結構微妙なところで、これはデメリットでもあると思いますが、現状でブルゴーニュの良さを余すことなく伝えきっている素晴らしいネゴスワインだと思います。
まずは白からいきます。
今回はシャサーニュの1級畑のラ ロマネ。そして熟成したムルソー1級シャルムです。
テロワールを考慮するとピュアな果実味が特徴のシャサーニュ、濃厚でリッチなムルソー、となりますが、メゾンの熟成はどんな感じなのか。
2009年のラ ロマネは既に樽と果実味が溶け込んでいる状態でした。
各々の要素自体が、そこまでパワフルかつ堅固でないからかもしれません、ボディや酸に若々しさを感じさせながらもクリームブリュレの様な甘露で蕩ける様なシャルドネだったと思います。
正直2009年でこれかよ!と思いました。ただどこかアンバランスなところがあるか、といえばそんな事は一切なく、極めて均整のとれたラ ロマネだったと思います。普段ならこれくらい溶け込んでるタイプであれば、酸やボディが軟化している場合が多いのですが、この若さでしっかりとしたボディとともに樽と果実味が溶け込んだニュアンスが感じ取れたのは未知の体験でした。
対してシャルムは経過年数に対して若干年をとっているな、と感じました。
赤リンゴや出汁のニュアンスなど熟成ブラン ド ブランにも感じ取れる要素が前に出ており、新樽のニュアンスは(熟成香に転化し)ほぼ感じられません。マロラクティック発酵に伴う要素、旨味は極大化しています。
若々しいシャープさを残しつつも香りはかなり熟成感を感じさせる形となっていますね。
ボディに衰えはないものの、ルフレーヴやラフォンのワインと比べると、香りに関しては若干足の早さを感じます。
次に赤。
素晴らしいクロ ド ラ ロッシュでした。
方向性としてはDRCやデュジャックのスタイルと似ていると思います。というか全房の王道的な味わいですね。こちらはまだ比較的若い感じはします。オレンジやベリー類の瑞々しい果実味とスパイシーなニュアンス、わずかな樽香がとても均整が取れています。こちらも過度な抽出や樽香は無く、バランスを大切にしているのが良くわかります。
一般的なクロ ド ラ ロッシュと比べると、かなり穏やかで軽やかではありますが、ルイジャドの他のキュヴェの方向性を知るには、なかなか良いワインだと思います。(中間がわかると他のテロワールの想像をしやすいので)

以上です。
メゾンのワインは物にもよりますが、10年以内に飲むのがいいかもしれませんね。
しっかりと熟成香を含めて味わいたいのであれば、それ以降もいいと思いますが、安定した風味を味わいたいなら、そんなもんかなと思います。



【ボルドー:6】蠱惑的なボルドーブラン古酒を利く

こんにちは、HKOです。
大変ご無沙汰しております。
本日は熟成したボルドー(グラーヴ)ブラン2種類です。
ドメーヌ ド シュヴァリエ、ラヴィル オーブリオン、共にグランクリュクラッセ ド グラーヴです。

ドメーヌ ド シュヴァリエはグラーヴ特級格付シャトー。赤だけでなく非常に品質の高い白を産出する事で有名です。ちなみにグラーヴで赤白共に格付扱いのシャトーは、わずか6シャトーのみ(有名どころではブスコーやカルボニュー)。
そしてオーブリオンやド フューザル、スミス オー ラフィットは白に関しては格付け外です。まあ、品質で落ちた訳ではないです。
そんなレアな赤白格付けシャトーであるシュヴァリエ ブランの年間生産数は1000ケース。ボルドーとしては少ないですね。ただ他の地域と比べると特別少なすぎるとは思いませんし、特に手に入りにくい訳ではありません。収量は37hl/ha、平均樹齢30年で夏季選定は十分に行われ、品質がファーストラベルに満たない葡萄はレスプリ ド シュヴァリエに回される。70%新樽でバトナージュを行いながら発酵、新樽30%で18ヶ月樽熟成を行い瓶詰めを行います。

ラヴィル オー ブリオンはラ ミッション オーブリオン所有のボルドー最上の辛口白ワインの一つで1927年に、当時のシャトー ラ ミッション オーブリオンの所有者フレデリック ヴォルトナーによって設立された。追加購入したクロ ラヴェイユと含め1927~1930年はシャトー ラ ミッション オー ブリオン ブランとして販売を開始、1934年からはシャトー ラヴィル オー ブリオンとして、2009年からは元のラ ミッション オー ブリオン ブランとして、高い評価を守り続けています。
土壌はラ ミッション オー ブリオンの畑よりも砂利が少なく、粘度が高い土壌。
平均年間生産量1万200本うち95%は輸出されている。
栽培面積はわずか3.7ha、かつ平均収量35hl/haというち低収量。平均樹齢は51年。
発酵と13~16ヶ月間の熟成はオーク新樽で実施。清澄も濾過もしない。

ではいってみましょう。


生産者、銘柄: ドメーヌ ド シュヴァリエ 2003
品種: ソーヴィニヨンブラン80%、セミヨン20%

12600円、WA93pt
外観は淡いストローイエロー、粘性は中庸。
フレッシュな香りの奥に熟成した風味が感じられる。クリスピーな印象。
幾分かミネラリーで甘露。バニラやエシレバター、と結合したシロップ。そして白い花や白粉、ハチミツ、ドライハーブ。青リンゴやパイナップルの様なやや酸を感じさせる香り、わずかにシャンピニオンの風味も。
若干まだ若々しさを感じるものの、若い頃のフレッシュさと程よいドライハーブなどの熟成感があってなかなか良い。
口当たりとしての酸の密度は大分軽くなっているがまだまだシャープさは生きている。パインや白粉、バターの余韻を残して行く。


生産者、銘柄: ラヴィル オー ブリオン ブラン 1994
品種: セミヨン70%、ソーヴィニヨンブラン27%、ミュスカデル3%

約32000円、WA94pt
外観はやや濃い目の黄金色で粘性は高い。
クリスピーな風味が感じられ、樽と豊かな果実味、マロラクティック発酵による豊満なニュアンスが綺麗に溶け込んでいる。
樽に由縁するバニラやクリームブリュレのマロラクティック発酵を経た豊満な果実味も白い花やヘーゼルナッツ、シナモン、カマンベール。ドライハーブやリコリスの風味が強く感じられる。ボルドーブランらしい白檀や白い花のニュアンスが残りつつ、一塊となった複雑な要素が現れている。
酸味は厚く、しっかりとしたボディがある。過剰な冷ややかさやシャープさは感じられない。口の中でシナモンやドライハーブの風味が口の中に広がり長い余韻を残して行く。


ボルドー最上の白がしっかり熟成した姿を見るのは初めてでしたが、これが本当に見事。
ラヴィル オーブリオン、半端なくいいです。
品質としてはブルゴーニュ最上の白ワインにも匹敵するレベルのソーヴィニヨンブランとセミヨンだと思います。樽と果実味、マロラクティック発酵のニュアンスが綺麗に結合しており、クリームブリュレやバニラ、ドライハーブの風味、そしてセミヨン特有の白い花の香りが感じられます。ソーヴィニヨンブランらしいフォキシーフレーヴァーやシャープな酸味は感じられませんが、何処と無く感じるフルーティーさはソーヴィニヨンブラン由縁のものなのかと思います。スタイルとしてはクラランス ディロン家所有の他の白(プランティエールなど)にやはり近いものを感じますね。ただ約20年の熟成を経てここまで果実味が残っているのは、そもそものポテンシャルがとても高いからではないかと。
次にドメーヌ シュヴァリエ ブランですが、やはり2005年と比べてもさほど遜色の無い味わいだと思いました。
変わらずミネラルは充実しており、クリスピーな味わいを感じられます。
ただ若干2005年の方が樽が効き気味なのかバタービスケットの様な風味が感じられたのに対して、2003年は若干マロラクティックと果実味のニュアンスが前に出ていると思います。よりシャープで酸味を伴う果実味があります。なので一見なかなか若々しいと感じるのですが、口当たりの部分で中域が抜け始めており、密度は落ち始めていると感じられました。香りから察するあたりまだ10年近くは熟成するのではないかと思いますが、2003は既に飲み頃を迎えていると思います。
ボディ含め均整が取れた状態を楽しめるのは5年程度ではないかなーと。
ただ香りの変化がどう進むか分からないので、わりとボディが落ちてても美味しく頂けるかもしれないですね。
うーん、いいですね。ボルドー白。
このクラスなら比較的お金を出して買っても損しませんな。



プロフィール

HKO(はこ)

Author:HKO(はこ)
HKOです。
世界を股にかけない普通の内勤サラリーマン。
体はピノノワールとシャルドネで出来ていますが、最近は専らシラー、グルナッシュ、ヴィオニエなどの南仏品種や、ジンファンデルみたいな濃い品種が好み。貴重なワインや興味深いワインを求めて日夜東京を徘徊する日々。
食べ歩きを2014年頃からスタート。
ミシュラン星付きフレンチ(2017年度版まで)制覇まであと2店舗。
2店舗のハードルが高いので、最近は手軽なビストロなどを周遊。
基本フレンチ/イノベーティブ/フュージョンを愛するが、イタリアンや和食にも食指を伸ばす日々。ペアリングは考えず、皿の中で終局する世界観を大切にしています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
ついった
物欲センサー
物欲センサー2
リンク
QRコード
QR