【シャンパーニュ:8】安定の高品質、テタンジェ フラッグシップの真価


※(チンチンチンチン) こーころなしかさーびしいあいらーびゅーううううううう...ウッ

デランジェです。もといテタンジェです。
HKOです。年の瀬ですね。
今回はテタンジェのコント ド シャンパーニュ ブラン ド ブラン、そしてコント ド シャンパーニュ ロゼの2本です。

テランジェは1734年より続く老舗NMで1930年からテタンジェの名称でシャンパーニュを販売しています。グランクリュ、プルミエクリュ含む自社畑は288ha 34区画を保有しています。
テタンジェの最高峰といえば、やはりコント ド シャンパーニュ ブラン ド ブランでしょう。
コント ド シャンパーニュはテタンジェのフラッグシップワイン。
優れた年のコート ド ブラン地区のグランクリュ(シュイィ、クラマン、アヴィーズ、オジェ、メニル シュール オジェ)のヴァン ド キュヴェのみをアッセンブラージュしたブラン ド ブラン。全体の5%程度が100%新樽を使用。セラーにて4-5年の瓶内熟成を経て出荷される。
ロゼも同じくグランクリュから採れたピノノワール、シャルドネのヴァン ド キュヴェのみを使用。瓶内熟成期間も同じく5年以上です。

では、いってみましょう。

生産者: テタンジェ
銘柄: コント ド シャンパーニュ ブラン ド ブラン 2004
品種: シャルドネ100%

25000円、WA96pt
外観は淡いストローイエロー、粘性は低く、泡は力強く立ち上っている。
やはり安定して素晴らしいシャンパーニュだと思う。ボリューム感のあるシャルドネでありながら繊細さも感じられる。焼き栗やシロップの豊かな甘露さ、樽香。フレッシュハーブ、バターなどの濃厚な風味がフレッシュな赤リンゴ、洋梨の果実味と均整が取っている。白檀、ほのかなミネラルが感じられる。
全くもって美しいバランスで作られており、心地よい酸と繊細な果実味、構成要素が綺麗に現れている。ブランドノワールのような旨味の厚みはないが、より綺麗な酸と豊満なシャルドネの果実味(洋梨やリンゴ)、クリスピーな余韻がいつまでも残っていく。素晴らしく均整の取れた芸術的なシャンパーニュだ。


生産者: テタンジェ
銘柄: コント ド シャンパーニュ ロゼ 2005
品種: ピノノワール70%、シャルドネ30%

42000円、WA94pt(2004)
外観は淡いピンク、粘性は中庸で泡は穏やかに立ち上っている。
石を砕いた様なしっかりとしたミネラル。
フランボワーズやレッドカラントの赤い小果実のフレッシュな果実味。そして甘露な花の蜜。クローヴなどのフレッシュハーブ。ブリオッシュや白檀、ヘーゼルナッツ。シナモンのニュアンスも。
肉厚なピノの要素を持ちながら香りはとても繊細で華やか。熟成した良質なシャルドネの様な要素もある。
穏やかな酸と柔らかな泡がシナモンアップルやフランボワーズの風味を包み込みながら、長く柔らかい余韻を残して行く。複雑かつキャッチーな官能的なロゼ。


はい、流石テタンジェですね。
そもそもブラン ド ブランはシャルドネ100%、ロゼはピノノワール70%とシャルドネ30%。品種が全く違います。
ただテタンジェのスタイル自体は双方にしっかりと現れています。充実した果実味、シャンパーニュとしては強いオーク新樽の要素(溶け込んではいますが)です。
1本ずつ見て行きます。まずはブラン ドブランから。
焼き栗やシロップ、ブリオッシュの豊かな甘露さと樽香が強く感じられます。バターなどの濃厚な風味とフレッシュなハーブ、赤リンゴ、洋梨の果実味。ミネラル感は控えめ。
酸は繊細で柔らかい。よってどちらかというとリッチでボリューム感のあるブラン ド ブランだと思います。
対してロゼ。
石を砕いた様なしっかりとしたミネラルがあり、ピノノワールの果皮に由縁するフランボワーズやレッドカラントの赤い小果実のフレッシュな果実味。そして甘露な花の蜜。そしてブリオッシュや白檀、ヘーゼルナッツ。シナモンのニュアンス。
肉厚なピノの要素を持ちながら香りはとても繊細で華やか。熟成した良質なシャルドネの様な要素もある。いいとこ取りの官能的なロゼだと思います。
ナッツやブリオッシュの要素はブラン ド ブランに対してやや控えめなのに対してミネラルはロゼの方が突出しているように感じました。また肉厚な旨味があるのも特徴です。
ブラン ド ブランはより繊細でピュアな印象を受ける作りになっています。
よりロゼの方アッセンブラージュによって複雑さが増していますね。ただブラン ド ブランほどのピュアさやリッチさは無いので、優劣はなかなかつけられないと思います。
共に王道的な作りをしていますが、一般的なブラン ド ブランやロゼと比べると各要素の際立ち方がより鮮明。手っ取り早くブラン ド ブランやロゼの素晴らしさを知りたいのであれば、この2本は外せないと思います。


スポンサーサイト
プロフィール

HKO(はこ)

Author:HKO(はこ)
HKOです。
世界を股にかけない普通の内勤サラリーマン。
体はピノノワールとシャルドネで出来ていますが、最近は専らシラー、グルナッシュ、ヴィオニエなどの南仏品種や、ジンファンデルみたいな濃い品種が好み。貴重なワインや興味深いワインを求めて日夜東京を徘徊する日々。
食べ歩きを2014年頃からスタート。
ミシュラン星付きフレンチ(2017年度版まで)制覇まであと2店舗。
2店舗のハードルが高いので、最近は手軽なビストロなどを周遊。
基本フレンチ/イノベーティブ/フュージョンを愛するが、イタリアンや和食にも食指を伸ばす日々。ペアリングは考えず、皿の中で終局する世界観を大切にしています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
ついった
物欲センサー
物欲センサー2
リンク
QRコード
QR