【カリフォルニア: 19】カリフォルニアカルト6種Part3、優美なエレガンスの極致を感じさせる園、リッチで豪華なポールラトーのシャルドネ。

こんにちは、HKOです。
カリフォルニアレポート第三弾です。
昨日一昨日はカベルネソーヴィニヨン主体のワインでしたが、本日はピノノワールとシャルドネ1本ずつになります。ポール ラトーとイガイタカハです。

ポールラトーは96年よりセントラルコーストに設立されたワインメーカー。
近年急激に評価を上げている生産者で、もともとはソムリエでオーボンクリマなどでも修行していたようです。醸造、栽培に関しては詳しくはわかりませんでしたが、樽香はしっかり感じられたので、フレンチオーク小樽で新樽比率はやや高めだと思います。バランスの良いピノノワールに対して、こちらは濃厚でリッチなシャルドネになっています。ブドウはピゾーニヴィンヤードのシャルドネを使用しています。

シャトー イガイ タカハは、CWFC主宰の杉本隆英氏がプロデュースしたワイン。醸造は2005年にクラッシュパッド社が行い、現在はブリュワークリプトン、ダイアトム、タコ、パルミナ、トランセンデンス、ワインファウンドリーによって行われています。ファーストヴィンテージは2005年。
カリフォルニアの銘畑を使用した小ロット生産。それぞれのワインには家族の名前に由来した名前がついている。
今回のピノノワール「園」は美代子さんの旧姓からの1文字。生産本数はわずか580本。
ブリュワークリフトンのグレッグ ブリュワーによる一本。

では、いってみましょう。

生産者: ポールラトー
銘柄: イースト オブ エデン ピゾーニ ヴィンヤード シャルドネ 2011

10000円、95pt
外観は淡いストローイエロー、粘性は高い。
極めて豊満で、力強い果実味に満ちている新世界の王道的シャルドネ。
濃厚なシロップ、熟した洋梨やマンゴーの豊かな果実味、そしてMLFと樽が結合した焦がしバターやバニラ、杏仁豆腐の要素。ヘーゼルナッツの風味。
ミネラル感は比較的穏やかで、基本的にはリッチさに重きを置いた作りと言える。それでもオーベールほど極端ではないものの、コート ド ボーヌのそれと比べると明らかなスタイルの違いが感じられる。
そして最も特徴的なのは酸味とともに旨味が突出している部分。香りの濃厚さ、リッチさとは裏腹に、甘露さよライチやアンズの力強い余韻が残る。


生産者: イガイ タカハ
銘柄: 園 ピノノワール 2012

9000円
外観は淡いルビー、粘性は高い。
若々しく瑞々しい味わい。コート ド ニュイとは異なるニュージーランドやレディオコトーなどの酸味を感じさせるピノノワールを想起。
凝縮感があるダークチェリー、ブルーベリーの瑞々しく透明感のある果実味、そしてクローヴ、リコリスなどのスパイス、下草、ドライハーブ、スミレなどの森の様な香り。
そしてなめし革、徐々にワッフルなどのトースティな雰囲気が現れる。
酸味は充実しており、香りの繊細さとは裏腹に、アルコール度数に由縁するアタックは豊かでパワフル。ダークチェリーのフレッシュな余韻が残る。

さて、まずはポールラトーのシャルドネ。
ピノノワールはブルゴーニュとカリフォルニアのいいとこ取りのワインでしたが、シャルドネはどちらかといえば新世界王道の味わいのような気がしますね。
ブルゴーニュの最上のワインに見られる強烈なミネラル感は感じられません。とてもリッチで充実した果実味と豊かな樽香、MLFに由縁するまろやかなタッチを持ったシャルドネ。しかしながらその豊満な香りと裏腹に酸味はシャープで充実した旨味があり、ボディは引き締まった印象を受けます。
香りと味わい は不一致ですが、水膨れしたような味わいにならず、凝縮感を前に出してきたのはとてもいいですね。この手のシャルドネは時に香りだけの時もあるので。

イガイタカハの2012年は2011年とちょっと2011年の方がちょっと繊細で、密度は2012年の方が高いかもしれません。
カリフォルニアで作られる繊細なタイプのピノノワールで、ブルゴーニュの様な果皮と樽のバランスによる官能性が感じられるタイプでも、ソノマ的な樽とMLFが効いたリッチなピノノワールでもなく、ニュージーランドのフレッシュて凝縮感のある果実主体のピノノワールに近い。そしてそれを最大限生かす全房発酵によって複雑かつ密度の高い味わいを実現しています。アメリカで言うとピゾーニピゾーニやレディオコトー、タンタラとかが近いかも。手には入りにくいですが値段も品質に対して大変安いと思いますのでお買い得です。
トレンサムのモーニントン ペニンシュラの方がお得感ありますが...




スポンサーサイト

【カリフォルニア:18】カリフォルニアカルト6種Part2、驚異的な凝縮感のコルギン、豊満でリッチなムッシュエタンを利く


※スケアクロウといえばThe Pillowsの曲を思い出しますね。

こんにちは、HKOです。
引き続きカリフォルニア特集です。
昨日の2種類はナパとしては比較的密度が低めの2本でしたが、今回の2本はそのテロワールの最上を体現する、極めて素晴らしいカベルネソーヴィニヨンです。
その精緻かつ濃密な味わいはワインの官能性を端的に表したものであると思います。スケアクロウのセカンドラベル、ムッシュエタン。そしてコルギンのナンバーナインエステートです。

スケアクロウは2003年が初ヴィンテージの新進気鋭の生産者。フラッグシップのスケアクロウはいきなりWA98pt、2007年にはWA100ptを計上した、現在最も勢いのある生産者です。このワインにはイングルヌックやオーパスワン、ダックホーンにも使われているコーン エステートのフィロキセラ禍を免れたセント ジョージのブドウが使われています。保有する畑は標高は70mから100mのラザフォード西側10haの畑で土壌は粘土質と砂利質で構成されています。手摘みで収穫されたブドウは幾つかのロットに分けて発酵。フレンチ・オーク新樽95%で22ヶ月熟成後、ブレンドされる。またセカンドのムッシュエタンはフレンチ・オーク新樽85%で16ヶ月熟成。無濾過無清澄で瓶詰めされます。

コルギン セラーズはアン コルギンとジョー ヴェンダーによって1990年代初めプリチャードヒルに設立されたワイナリー。所有する畑はヘネシー湖の丘の頂上にあり、近年ⅸエステート(標高950~1,400フィートの前述のヘネシー湖を見下ろす48ヘクタールの区画)の単一畑もリリースしている。当初へレン ターリーがコルギンを手がけていたが、現在は元ピーターマイケルのマーク オーバートが手がけている。栽培責任者はデイヴィッド エイブリュー、醸造コンサルタントはアラン レイノー。
醸造は重力を利用したグラヴィティフロー、オープントップの大樽と密閉式ステンレスタンクの併用を行い、フレンチオークの新樽100%で19ヶ月間熟成後、清澄濾過なしでボトル詰めにてリリースされる。

生産者: スケアクロー
銘柄: ムッシュエタン カベルネソーヴィニヨン 2011
品種: カベルネソーヴィニヨン100%

27000円、WA96-100pt(プロプライエタリレッド 2009)
外観は濃いガーネット、粘性は高い。
シロップの様な甘露さ、強烈な果実味、極めてリッチ。これぞナパヴァレーのカベルネといった風格を感じさせる。
西洋杉、黒糖、ビターチョコ、ワッフル、シナモンなどのローストした樽と突出した果実味に起因する甘露さを中心に、煮詰めたカシスやブラックベリー、清涼感を感じさせるミント、マロラクティック発酵に起因するミルクやヨーグルトのリッチな風味が感じられます。
またスミレやハーブ、燻製肉などの要素があり、濃厚で果実味に満ちている。
パワフルなカリフォルニアの王道カベルネ、その上級スタイルと呼べる。
そのくせ極めて酸とタンニンは繊細で滑らか。口に含むと濃厚なジャムの様なブラックベリーやカシスのアフターが爆発的に広がっていく。うーむ、これは素晴らしい。

生産者: コルギン
銘柄: コルギン ナンバーナイン エステート 2010
品種:カベルネソーヴィニヨン70%、メルロー21%、カベルネフラン5%、プティヴェルト4%

56000円、93-95pt(2009)
外観は黒に近いガーネット、粘性は非常に高い。
様々な側面をみせる特異なワインである。
液体密度は4本の中では群を抜いて高く、非常に凝縮感がある。甘露でローステッド、濃厚なスタイルのワイン。
まず主張するのが黒糖やブラックベリーやカシスのコンポートなどの果実味。そして急激に燻製肉の様な野生的な風味が現れ、ミントやコーヒー、タバコなどのローステッドな要素が強く現れる。
徐々にピーマンや、マロラクティック発酵に伴うミルク、それらが調和したチョコの要素。トリュフ、リコリスなどのスパイスや土の香りが彩を添える。
初めは果実味、中盤は終始コーヒーを思わせる強烈な樽香、後半はそれらの要素が融和する、劇的なワインとなっています。基本的な印象はやはりローステッドでしょうか。
液体の凝縮感、密度は極めて高く、蜜のような果実味を包含している。酸味もタンニン、収斂性も際立っている。半端じゃないボディの厚み。カシスやベリーの果皮に由縁する濃厚なアフターがあり、豊満というより筋肉質で力強い余韻を残していくワイン。

この2本は先日レポートしたクインテッサやキングスロウと比較すると一歩二歩先に進んでいるワインだと思います。
まず液体密度が先述したワインと異なります。例えば今回のムッシュエタンはスケアクローのセカンドラベルとなりますが、先述の2本と比べると明らかに目の詰まった果実味があります。
ムッシュエタンをコルギンと比較した場合はどちらかといえば、厚みや豊満さが目立ちますが、フラッグシップに見られる凝縮感、よく熟した味わいがしっかりと感じられます。
これぞナパヴァレーの本懐といったスタイルでしょう。
煮詰めた黒果実、黒砂糖、ミルクチョコなど、見事に果実味、樽香、MLFの要素がバランス良く結合した味わいで、かつカベルネの果皮から生み出される華やかな要素や野性的な部分も併せ持った味わいだと思います。
こういった味わいから、非常に広がりのある豊満さが際立った印象を受けます。
シェーファーやハーランなどとはタイプが異なりますが、ナパヴァレーのカベルネソーヴィニヨンの最上クラスの味わいだと思います。直感的にわかりやすいですしね。

コルギンはまたムッシュエタンと比較すると広がりと豊満さより、その液体の凝縮感が際立っています。
それは液体自体の粘性や包含する果実味、糖度など様々な要素に起因していますが、ラターシュにも感じられた液体の重さが異なる印象(これは本当に最上のワインにしか出ない要素)、舌に含んだ時の重さが違う。
故にコルギンを表す時に適切なのは突出した凝縮感であると言えます。
今回のナインエステートの凝縮した果実味は、恐らく極限とも言える収量制限(1本あたり800gとも言われています)と生理的成熟のタイミングを見極めた収穫時期の決定の成せる技だと思われます。収量が少なくなればそれだけ一つの木にまで目を行き届かせる事が可能だと思いますので、至極納得感のある話ですね。結果、あのトロトロ感のある凝縮感が出るのではないかと。
また突出したロースト香が特徴です。熟成期間が一般的なフラッグシップ級と比べると短いのにも関わらず、コーヒーを想起させるような樽香がある為、かなり強くローストした樽を使用しているのではないかと思います。
またマロラクティック発酵や土のニュアンスがキッチリと存在しています。
結果として最もリッチなワインとなっていると思いますが、樽の要素が極めて強い為、この要素が液体に溶け込むまではまだ暫く時間はかかるのではないかと思います。
ただ果実味が樽に対しての不足感は無いので、熟成に合わせてその本当の姿を見せてくれると思います。

両方ともポテンシャルを感じさせる素晴らしいワインだったと思います。ただ今飲んで美味しいのはムッシュエタンですね。
コルギンは(ⅸは無いですが)10年前のヴィンテージを買うとちょっとは落ち着いているかもしれませんね。



【カリフォルニア:17】カリフォルニアカルト6種Part1、クインテッサとキングスロウが見せるナパのエレガンスな側面。

こんにちは、HKOです。
今回から3回はカリフォルニアのワインを追って行きたいと思います。
第一回はクインテッサとチェッカーボードのセカンドラベルのキングスロウです。

クインテッサはナパヴァレーのラザフォードに1994年に設立されたワイナリーで1999年が初ヴィンテージ。以降3年間はフランシスカンのワイナリーで造られていたが、グラヴィティーフローに対応した最新の醸造施設に移っている。醸造コンサルタントはジャックポワスノ。保有する畑は150ha。これらは22の小区画に分けられキュヴェの選定が成されている。収穫された自社畑葡萄は10%だけ使用。残りは売却している。
新樽比率は48%で16カ月熟成。

そしてチェッカーボードも今回取り上げています。ハーランエステートの醸造家マーサ マクラーレン(そしてロブ レヴィの奥様でもある)、コンサルタントにミシェル ロランを迎えた新進ワイナリー。
チェッカーボードはそれぞれ異なるテロワールを持つ4つの畑を所有しておりキングス ロウはチェッカーボードのセカンドラベルにあたります。チェッカーボード向けの最上のワインの残り75%キングスロウに使用する。
フレンチオークの新樽100%で24から26ヶ月熟成を経てリリースされる。

ではいってみましょう。


生産者、銘柄: クインテッサ 2010
品種:カベルネソーヴィニヨン50%、メルロー26%、マルベック・カベルネフラン・プティヴェルト24%

20000円、WA91pt(2007)
外観は濃いガーネット、粘性は高い。
ニューワールドらしい豊かな果実味があるが同時比較したコルギン、スケアクローと比較すると密度において劣る。
アーシーでローステッドな印象が先行するワインで、西洋杉、タバコ、トリュフや土の風味と燻製肉の野生的なニュアンス。そこに熟したブラックベリーやカシス、黒糖の果実味が融和。香ばしいワッフルやピーマン、リコリスなどのハーブのニュアンス。鉛筆の芯、クルミなどの要素。
きめ細やかな酸味とタンニンがあり、その液体密度から瑞々しく、酸が際立って感じられる。土やタバコ、ダークチェリーのアーシーなアフター。余韻は長い。

生産者: チェッカーボート
銘柄: キングズ ロウ 2009
品種: カベルネソーヴィニヨン94%、メルロー4%、プティヴェルト2%

20000円、93-95pt(プロプライエタリーレッド 2009)
外観は濃いめのガーネット、粘性は高い。
生肉の様な強烈な旨味を包含したカベルネソーヴィニヨン。バニラや炭焼き。瑞々しいブラックベリーやブルーベリーの果実味、清涼感のあるミントやドライハーブ、リコリス。そしてスーボワ、トリュフ、紅茶などのアーシーな要素。徐々に鉄釘のニュアンス。
タンニン、酸味はきめ細かく、果実味の豊かさに対して液体密度は平準的。ブラックベリーやブルーベリーなど果皮に起因する果実味、旨味を感じさせるアフター。


良作であり優れたカベルネソーヴィニヨンであることは間違いないが、最上クラスのカベルネが放つ官能性には一歩及ばず、強い印象を残すタイプのワインではない。
この2本はいずれも液体密度が平均的で、香りのリッチさは新世界そのものであるが、凝縮感で言えば2007年のボルドーの様なスタイルのワインとなっている。
要素自体は複雑で樽もしっかりと感じられる。いかにも金のかかっていそうな要素はアロマや味わいから感じ取れます。高級感は価格なりだと思います。
特徴としては2本ともアーシーで土や木材の香りが強く感じられます。特にそれが顕著だったのがクインテッサでタバコやトリュフの要素に熟した黒系果実が融和する形となっています。
キングスロウはクインテッサと比べると極めて瑞々しい果実味が前面に出ており、これを未熟と捉えるかは人によりますが、カリフォルニアやハーランエステイトの奥方様が作るワインとして期待する果実味は不足していますね。決して水っぽいとか、そういうのはないんですが、あくまでナパの最上クラスのワインとしては、です。
ただし酸味が綺麗で、旨味は充実しています。そのためバランスとしては良好ではないかと感じます。これがスタイルなのであれば申し分ないのですが。まあ、デクラッセ品ですので、本丸のプロプライエタリーレッドは、ひょっとしたらナパを体現するような素晴らしい味わいなのかもしれません。
クインテッサにせよ、キングスロウにせよ、単体で飲めば素晴らしいボルドーブレンドであることは明らかです。
実際の所、シャトーモンローズ2007も、2010年と比べるとまるでスタイルが異なるかの様に密度の違いがありますので、これはこれとして楽しむのが良いのではないかな、と思います。
果実味は十分、ただし最上級のナパカベルネには劣る。この2本はそんなワインです。





【ブルゴーニュ:61】孤高のモノポール、DRC ラ ターシュ 2009

こんにちは、HKOです。
連続4回のブルゴーニュレポートの最後を彩るのは、DRCの二枚看板のモノポール、ラ ターシュの2009年ヴィンテージです。

DRCは言わずとも知れたブルゴーニュに置けるトップドメーヌであり、燦然と輝く最高のグランクリュ、ロマネコンティを所有する唯一のドメーヌでもあります。
その歴史は一冊本が出来るくらいなので割愛しますが、どのワインも異常に品質が高く、そしてお値段も高い事で有名ですね。現在の共同経営者はA.P.ヴィレーヌとアンリ フレデリック ロックの2名です。以前はラルー ビーズ ルロワが参画していました。保有する畑は特級エシェゾー、特級グランエシェゾー、特級ロマネサンヴィヴァン、特級リシュブール、特級ラターシュ、特級モンラッシェ、そして特級ロマネコンティです。2009年からは新たに特級コルトンをリリースしています。また各特級の若木を使った1級デュヴォープロシェなんてのもあります。
ヴォーヌロマネの特級およびモンラッシェではいずれも区画最大所有者となっています。
ちなみに自社で瓶詰めはされませんがバタールモンラッシェと一部ヴォーヌロマネの1級畑も保有しています。
基本的にビオディナミで栽培を行い馬を使って耕作をします。除梗はせず長い期間を32度から33度のマセラシオン、新樽100%で熟成を行います。清澄は卵白を使用して行います。
今回はDRCの二枚看板のモノポール、ラ ターシュです。

それでは、いってみましょう。

生産者: ドメーヌ ド ラ ロマネコンティ
銘柄: ラ ターシュ グランクリュ 2009

472500円、WA96-98pt
外観は赤みの強いルビー、粘性は中庸。
間違いなくドメーヌ ド ラ ロマネコンティのワイン。DRCのスタイルのワイン。
一瞬で分かるのが、香りの凝縮感、爆発力がサンヴィヴァンやリシュブールとは全く異なる。極めてしなやかでありながら凝縮している。これは間違いなくテロワールに裏付けられた果実味であることは分かる。ストロベリーやダークチェリーの濃密な果実味、オレンジやグレープフルーツの清涼感、舐めし革の上に全房に起因するクローヴ、濡れた草、スミレや薔薇のアロマオイルなどの自然な要素、生肉。徐々にシナモンや花の蜜の様な甘露さ、乾いた木材のニュアンス。ミルクティーの様な風味も。樽の要素はわずかにしか感じられず、あくまで膨大な果実味、それに付随する果皮、梗の複雑な要素が一塊となって存在している。
一口口に含むと強烈な花のアロマ、様々なベリー類、濡れた草などの要素が一気に膨れ上がってくる。含んだ量は少ないのにそこから生み出される香りと旨味は無尽蔵。
その華やかな香りとは裏腹にタンニンや酸は極めて充実している。引き締まる様な収斂性がある。なんとも形容し難い素晴らしい味わい。華やかでありつつ力強い。神懸り的なグランクリュだ。


いくら言葉を費やしても、その味わいの全貌を語り尽くせないワインだと思います。
例えば理論的に分析しても陳腐な内容にしかならないようなマジックに溢れたワインだと思います。
味わいとしてはDRCの方程式に則った色、香り、味わいではあるのですがエシェゾー、グランエシェゾー、ロマネ サンヴィヴァン、リシュブールと比較した時にまずかんじるのがその凝縮度。そもそもDRCのワインはいずれも突出した凝縮感がありますが、その更に上をいく凝縮度があります。
同じg数に含まれる重みがちがう。決して粘性が高いわけではなく、香りの広がりや口に含んだ時の広がり方が他のワインとは段違いに強い。それでいて瑞々しい。赤系の小果実やグレープフルーツの様なアロマに、濡れた草や花々のアロマオイルの様な華やかな香り、乾いた木材などの樽香。シナモンや花の蜜などの2009年らしい甘露な果実味が付帯して行く。
全ての要素がエネルギーに満ちており、複雑なストラクチャーを形成、しかし純粋な味わい。雑味はない。
無尽蔵にエネルギーを生み出す永久機関の様なポテンシャルを持っている。タンニンと酸からしていつまでこの力強さを保つのか到底予測がつかない。
2000年のラターシュは謎めいていたが、2009年はより近づきやすい。しかしながら一筋縄ではいかない深遠さも併せ持っています。

安易には語れない大きな世界観を持った途轍もないワインでした。感服!

【ブルゴーニュ:60】マルサネの新星、シルヴァン パタイユのマルサネ単一畑、ロゼを効く。


※雪すごかったっすね。

こんにちは、HKOです。
本日はマルサネの新進気鋭の生産者、シルヴァン パタイユのマルサネです。
正直マルサネにこんな生産者がいたなんて知りませんでした。自然派で極めて素晴らしいピノノワールを生産しています。

シルヴァン パタイユは、マルサネを拠点とする新進気鋭の生産者でブドウ農家に生まれながら醸造、瓶詰めをしたのは本代が始めてとなります。1999年にマルサネ ラ モンターニュを祖父から引き継ぎ、2001年に設立されました。全体として15ha程度の栽培面積がありますが、殆どは賃貸契約。
ランセストラルはパタイユ最上のキュヴェで、マルサネ クロ デュ ロワ、レ ウズロワ、クレメンジョの樹齢65年~80年の古木からブドウを選定して作られています。
栽培は2008年からビオディナミで栽培。
野生酵母を使用し、100%全房で発酵させます。発酵後、新樽100%で24ヶ月間熟成。清澄をせず、軽く濾過をして瓶詰め。
マルサネ ロゼに関しては、樹齢60~70年のLa Charme Auz Pretres、Chamforeysのピノ ノワール、En Blungeyのピノ グリの古木から生産され、40~50%のブドウはすぐにプレス、残りは短期間のマセレーションを行ってからのプレスを実施。新樽30%で12ヶ月熟成、そののちステンレスタンクで12ヶ月熟成をします。

では、いってみましょう。


生産者: シルヴァン パタイユ
銘柄: フルール ド ピノ マルサネ ロゼ 2011

約5000円。
外観は淡い桜色、粘性は中庸。
基本的にはランセントラルと近い風味は感じられるものの、より茎やイチゴ、クランベリーの果実味が主張しており、ミネラルの要素もはっきりと感じ取ることが出来る。またナッツやシロップの要素、ライム、フレッシュハーブ、白胡椒など非常に華やかな風味を感じさせるロゼ。果実味は赤に近く、醸造起因の味わいは白に近いと思う。タンニンはほぼなく、酸の方が突出している。綺麗なイチゴやナッツ、バター、クローヴのアフター。


生産者: シルヴァン パタイユ
銘柄: マルサネ ランセストラル 2011

約10000円、WA89pt(2006)
外観は赤みの強いルビー、粘性は強い。
なるほど、シャロネーズやドメーヌタカヒコ、ネレッロマスカレーゼ、メンシアに感じられたピノノワール的な要素。
ジャムの様な甘露なイチゴやラズベリーなどの赤い小果実の瑞々しい果実味、凝縮した甘露なシロップ、クローヴや茎の要素。スミレや僅かに焼いた砂糖の様な風味も。ドライハーブ、なめし革、樹皮。わずかにヨーグルトの風味。
酸味とタンニンはしっかりと感じられるが非常に瑞々しさがある。イチゴやベリージャムのアフター。

大変素晴らしいワインでした。
いわゆるコート ド ニュイのワインとは趣が異なる、極めて自然な味わい。デュジャックやDRC、フィリップパカレとも異なる独特の味わい。例えばドメーヌ タカヒコのピノノワール、テッラネッレのネレッロマスカレーゼ、ラウル ペレスのメンシア、ヴィレーヌとメルキュレの様なタイプのワインだと感じました。
赤系の瑞々しい果実味と茎やスパイスなどの風味が前面に現れた味わいです。
ランセストラルはウズロワ、クロ デュ ロワなどの一級畑相当の上位の畑だけに凝縮度と果実味が明らかに高く、甘露さは他のキュヴェには決して劣らない。そして新樽のローステッドな要素があり、自然派のニュアンスがありながらリッチさも両立できています。
かつシンプルな味わいにならず、極めて完成度の高いワインとなっています。
またその完成度の高さはロゼでも健在で、よりキュートな果実味と、白ワイン的なミネラルと酸を帯びた合いの子的な味わい。マロラクティック発酵もバターの様な風味が感じられます。

マルサネというテロワールでここまでの品質を作る生産者はそういないでしょうね。
もちろんメオカミュゼやジョセフロティ、ブリュノクレールなど、最高の生産者もマルサネを作っていますが、あくまでマルサネに根ざした生産者で高品質を誇るのはシルヴァン パタイユの他にほぼ無いのではないか、と思います。



【ブルゴーニュ:59】ヴィンテージすら受け流すムルソー最上の生産者の技巧、コシュデュリの村名垂直テイスティング



こんにちは、HKOです。
さてコシュ デュリです。
ここのワインはよく希少性をもてはやされたりしますが、決してそれだけではありません。
僕は本当にすごいファンなんですけれども、まあお高くてなかなか手に入らないワインであります。ラベルからもオーラが漂ってますね!

コシュ デュリはブルゴーニュ白において最高の品質を誇るドメーヌ ルフレーヴ、コントラフォンと並ぶ大スター生産者。
この生産者の最大の特徴は「ブルゴーニュ白の最高品質」と「希少性」です。まず、普通にショップを見て回ってもまず見つけられない、ネットでもプレミア価格でべらぼうな金額で無いと手に入れる事が出来ない...(ちなみにブル白で10000円でした、ありえない。) 希少性だけだったら正直どうでもいいのですが、品質もブルゴーニュ白のトップクラス。こんなに美味いのに手に入らないのはもう拷問。
ちなみに栽培や除梗有無はあまりよくわかりませんでした(というか特別な事はしていない様です)
強いて言うなら畑は鋤で耕す。白葡萄はしっかりと破砕する。新樽率は25%以下。無濾過。

ではいってみましょう。


生産者: コシュ デュリ
銘柄: ムルソー 2010

28000円、WA89-91pt
外観は淡いストローイエローで粘性は中庸。
かなり果実味が前に出ている印象を受ける。
シロップ漬けの洋梨や黄桃の豊かな果実味とともに、バニラやバター、カシューナッツ、杏仁豆腐の風味。シナモン、ハーブ、2011年ほどではないにせよしっかりとしたミネラル感が感じられる。かなり一年で解けているのか、果実味がそもそも豊かなのか。濃厚なムルソー。徐々に焼き栗の様な要素も。
口に含んだ時の果実味は2010の方が厚みがある。村名とは思えない様に豊かな果実味があり、シロップ漬けの洋梨やバターのムルソーらしい味わいが感じられる。酸味は強くないが、旨味はよく出ている。素晴らしい味わい。


生産者: コシュ デュリ
銘柄: ムルソー 2011

28000円、WA89-91pt
外観は淡いストローイエローで粘性は中庸。
オイリーでミネラルと樽がしっかりと効いている印象。冷ややかだが堅牢かつ優美な印象を受ける
バターやオイル、石を砕いた様なミネラル、シャンピニオンの様な風味とカシューナッツの要素。カリンや洋梨の果実味。白檀、フレッシュハーブ、白い花などの要素がある。オリエンタルスパイスなど。
とにかくミネラルと樽が強烈でワインにまだまだ溶け込んでいない。
2010年と比べると酸がシャープな印象を受ける。口に含むとオイルやカリン、ミネラル感のアフター。堅牢でまだまだ開かない感じ。果実味においては2010に劣る。


コシュ デュリのムルソーは同じムルソーでも輸出先によって畑が異なるのは有名な話です。リュシェ、ヴィルイユ、ナルヴォーなどの村名区画がそれぞれの国に割り当てられています。日本への正規輸入分はムルソー ナルヴォー。ペリエールに隣接する最高位に近い村名畑です。それもあいまってか、村名としては2010、2011共に際立っています。
村名も傑出しているという意味ではルーロやコント ラフォンも同様ですが、ルーロほどミネラルによる硬さは無いですし、ラフォンほど樽の要素が突出しているわけではありません。いい意味でバランスが取れた出来になっています。
素晴らしい出来なのですが、2010年、2011年では結構味わいに乖離があります。
まずヴィンテージとして考えると2010年は極めて優れた年で、2011年は雹が降り畑に大きなダメージを受けた年であります。
さて、この差はどう出るのか。乗り切れたのか?
結果としては...意外とどっちもいい感じ?
勿論2010年は果実味が傑出しており、それは大変素晴らしいのですが、2011年も決して悪くはありません。むしろ平準的なブルゴーニュブラン村名とは比べものにならない程良いと思います。
2010年と比べると些かミネラルと樽が前に出ている印象を受けますが、奥に果実味を潜ませており、いわゆるムルソーというよりムルソーペリエールに近い作りだと思われます。上位のムルソーにはゴリゴリのミネラルも突出していますから、相対的なバランスで、そういった印象を受けるのではないかと思います。小降りのペリエールと呼べるのではないかと。
2010年はジュヌヴリエール寄りで非常に厚みのあるリッチなムルソーだと思います。一般的にムルソーのイメージに合致するのはこちらのスタイルになるかと思います。
村名としては果実味が突出しており、濃厚てパワフル。恵まれた2010年を示すような優れた村名となっています。

スタイルの違いこそあれど、コシュデュリのムルソーは別の意味合いで極めて優れた味わいを有しています。
2010年のペリエールはそれこそ2011年の村名の規模を大きくした感じでしたが、村名の方が割と万人受け(というかムルソーファンには)好まれるのではないかと。
コシュデュリ無双、2011年もビクともしませんね、この生産者。

【ブルゴーニュ: 58】シャトー ド サントネイのフラッグシップ、クロ ヴージョを利く

こんにちは、HKOです。
食道炎に関しては非常に長いお付き合いになりそうなので、土日だけ体調を鑑みながらテイスティングをして行こうと思います。
ちなみに人間ドックでは消化器、循環器、呼吸器問題なしでした。うーん?

はい、今回はシャトー ド サントネイのクロ ヴージョです。

シャトー ド サントネイはブルゴーニュ公国初代公王であるフィリップ豪胆公が所有している城で、現在はクレディ アグリコール グループの傘下となっています。醸造責任者畑ジェラール ファニョーニ氏。
主なポートフォリオはボーヌ、アロース コルトン、ポマール、サントーバン、メルキュレ。そして唯一の特級畑であるクロ ヴージョを保有。栽培はビオロジックを実践し、空気式圧搾機や自動ピジャージュなど、最新の設備にて醸造されています。

では、いってみましょう。

生産者:シャトー ド サントネ
銘柄: クロ ヴージョ グランクリュ 2010

約16000円、WA88pt(2008)
外観は赤みの強いルビー、粘性は中庸。
結構ナチュラルなスタイルのクロヴージョで樽や抽出など醸造に起因する主張はあまり無い様に思える。伝統的バローロに似たピノノワール。
トーストやイースト的な要素、ブルーベリーやスモモの酸味を感じさせる黒系の果実味。スミレや濡れた木材、枯葉などアーシーな要素、燻製肉や樹皮。クローヴやジンジャーブレッド、クルミ。
タンニン、酸味は均整が取れており、旨みが凝縮している。クローヴ、茎、ブルーベリーのアフター。いわゆるスター生産者の様なスタイルは無く独自路線を感じる。


個人的にはワイン飲みたての時に値段的にも安かった為、サントネイには大変お世話になりました。まあ、その後に洗練されたコート ド ニュイの赤を飲んで世界観が変わったわけですけども...
今回はそんなサントネイの生産者によって生み出されたニュイのクロ ヴージョ。
このワインはあまり洗練された印象は受けません。醸造技術は不明ですが、何となく味わいから伝統的なバローロを思わせるイーストの香りが感じられます。
恐らく新樽ではない、大樽を使用した熟成がなされているのではないかと思われます。
故に新樽を使ったローステッドな風味はあまりありません。アーシーな風味はクロ ヴージョっぽいとは思います。
果実味としては平準的で極度に凝縮していたり、濃縮しているわけではなく、あくまで中庸。旨味はしっかりとあります。長期熟成は多分あまり望めないタイプかもしれません。
ニュイのワインはどこかしら透明感のある味わいが見え隠れするのですが、このクロ ヴージョはちょっと田舎っぽいですね。悪くはないのですが、個人的なタイプとはちょっと離れています。
方向性として面白いワインではあるものの、ブルゴーニュの官能性を感じられるかといえば、ちょっと違うタイプのワインかな、と思います。

【シャンパーニュ:14】安価で高品質、フルーリー ペール エ フィスのブラン ド ブラン。

こんにちは、HKOです。
少し間が空いてしまいました。
本日はシャンパーニュ、フルーリー ペール エ フィスのブラン ド ブランです。

フルーリー ペール エ フィスは1895年創設のNM。現在はジャン ピエール フルーリーが指揮しています。オーブ最良の生産者であり、ビオディナミ農法の先駆者と呼ばれています。1970年から有機栽培を開始、1992年には全ての畑においてビオディナミを実践。
今回のセパージュブランは、全体の10%程度しか栽培されないシャルドネ100%のブラン ド ブラン。ステンレスタンク70%、オーク樽30%で発酵がなされます。(詳細はあまりわかりません...)

では、いってみましょう。

生産者: フルーリー ペール エ フィス
銘柄: セパージュ ブラン エクストラブリュット 2005
品種: シャルドネ100%

8700円、WA92pt(2004)
外観はやや淡い黄金色で粘性は中庸。
非常に果実味が豊かで甘露な味わいのシャンパーニュ。醸造起因の酸化的要素は感じられないが、わずかな熟成香がある。
全体的に果実味とバターの風味が主体の味わい。アンズや赤リンゴの果実味やバター、ハチミツやブリオッシュ。そしてナッツ、白檀、フレッシュなハーブな風味。ごく僅かにシェリーの要素がある。
旨味がしっかりあるが、突出している訳ではなく他の要素と調和が取れている。酸味と旨味が豊かで、リンゴとハチミツのアフターが感じられる。スタンダードでありながら完成度の高い一本。


非常にブラン ド ブランとしてよく出来ている味わいだと思います。ノンドゼにも関わらず、強烈なシャープさは無く、適度に柔らかい(恐らく熟成によるものでしょうか)
マロラクティック発酵もしっかりと行われていて、甘露な香りが漂う、さながらプティ コント ド シャンパーニュの様な風体があります。
本当に各々の要素が凄く適切で、ミネラルや樽が過剰に効いているわけでもないし、マロラクティック発酵を効かせすきた新世界っぽさがある訳でもない、あくまで果実味に主体を置いた上で、マロラクティックの風味と樽、ミネラルの要素が付加されている感じだ。白で言えばシャサーニュに近いかなと。

価格を考えると結構お得感のあるシャンパーニュかもしれません。


【ウィスキー:1】ウイスキー4種テイスティング

こんにちは、HKOです。
HKOはちょっとだけ蒸留酒も嗜みます。
ワインほど詳しくは無いですけど、日持ちするので、結構便利に飲んでおります。
テイスティングは基本ワインと同様の方式で行っていますが、何分アルコール度数が高く、ストレートで飲むとアタックが前面に出てしまう為、一口はストレート、あとは香りが一番立つ15%程度にアルコール度数を抑えたトワイスアップにしています。(体にも優しいですし...)
そんな感じでウイスキー4種のテイスティングレポートです。


生産者: ラガヴーリン
銘柄: ラガヴーリン クラシック オブ アイレイ カスク 10年

ホテル椿山荘の老舗BARであるル マーキーで樽熟成を行った(行っている)ラガヴーリン。
外観は濃い琥珀色。
消毒液やカスクのコーヒーの様なニュアンス、塩ナッツの香り。
ヒリつく様なエッジーなアルコールの荒々しい口当たり。


生産者:マークス&スペンサー
銘柄:アイラ シングルモルト スコッチウィスキー 12年
アルコール度数:40%

イギリスの総合スーパー、マークス&スペンサーのプライベートブランドウィスキー。
清澄度は高い明るい麦わら色。
メイプルシロップや麦芽やハーブオイル、リンゴなどの比較的丸みのある香りが主体的。黒土、燻製の様なスモーク香、アーモンドなど。
柔らかいアタック、ミドルボディ。
口の中で白い花や樽材の甘いアフター。


生産者:ラフロイグ
銘柄:ラフロイグ 10年
アルコール度数:40%

スタンダードなラフロイグ。
清澄度は高く、色調は麦わら色。
かなり強い燻製香、フュメ。ヨード。ニンジンのグラッセ、洋梨、メープルシロップなど。薬品やピート香が主体となっている。
アタックは硬質、口に含んだ時に焼いた樽材や火打石の様なアフター。ピーティー。


生産者: シーバスリーガル
銘柄: シーバス リーガル ゴールド シグネイチャー 18年
アルコール度数:40%

スタンダードなシーバスリーガル。
清澄度は高く、色調は中庸なブラウン。
非常に甘露でキャッチーな味わい。カラメルやバナナ、洋梨、白い花。白胡椒の様な香りが感じられる。香り同様アタックもシルキー。茹でた小豆やカラメルのアフター。
樽の香りが主体的だが、ラフロイグの様に樽特化ではなく、より調和のとれた味わい。
穏やかで膨らみのあるブレンデッド。


どのウィスキーにも一貫してピート香と樽香は存在。樽のロースト度合や蒸留時のピートにより、大なり小なりの差異はいずれにもあるものの、全体の香味の主体であり、基本的な構成する要素としての役割はどのウィスキーも変わらない。
ワインで言うノンアロマティック品種に対して第三アロマが突出している状態。
その上でピート香が突出していたのはラフロイグ、ロースト香が突出していたのはシーバスリーガルだった。
シーバスリーガルは間違いなく樽の熟成期間が長い為だと思う。樽のサイズにも起因すると思うけど調べるのが面倒なのでここはパス。ワイン同様大樽と小樽で樽香に差異が出ることは間違いない認識。ラフロイグは蒸留起因の香りが強い。
次に大きな違いが現れたのは甘みの部分。酵母、乳酸菌に起因する果実を連想させる香り。ワインで例えると第二アロマになるのかな。
バナナやニンジンのグラッセなどの風味が出るものもあれば、樽と結合してカラメルの風味が出るものもありました。
ここら辺は結構多種多様でしたが、マークス&スペンサーとシーバスリーガルのウィスキーがもっとも果実味的な甘さを感じやすかったと思います。
ストラクチャーについて。
これはシングルモルトが全体的に硬質な印象を受けるのに対してブレンデッドは丸みや柔らかさを感じることができました。これは間違いなくグレーンウィスキーによるものだと思います。これだけ突出して硬質感が無く、良い意味で飲みやすくクセがない味わいだったと思います。
独特の...という特徴が無いのが、逆に良い部分ではあるのかも。
シングルモルトはピーキーですが、より蒸留、熟成工程の影響がわかりやすく現れていると感じました。

今回まとめてテイスティングしたサンプル数が少ないのでなんとも言えないですが、糖化、発酵、蒸留、熟成の行程で付加される要素が酒蔵によってかなり違っていた印象です。
比較的短い熟成期間の物を飲みましたが、長期、短期を順に追ってテイスティングするのも面白そうですね。



【ブルゴーニュ:57】フランソワミクルスキ再戦、ポリュゾ 2007

こんにちは、HKOです。
ネタ切れ1本前です。もう流石にストックありません。
その為、暫くはコラムを連載して行きたいと思います。
おのれ食道炎め。

今回はフランソワ ミクルスキのムルソー1級畑、ポリュゾです。

フランソワミクルスキはディジョン出身の当主フランソワ ミクルスキが運営する新進ドメーヌ。5ヶ月間カレラ エステートで研修を積み、ピエール・ボワイヨにに従事し、畑の管理を担当。現在の主なポートフォリオは白はムルソーペリエール、ジュヌヴリエール、シャルム、グッドドール、ポリュゾ。赤はヴォルネイ サントノ デュ ミリュー。錚々たるムルソーの畑を保有しています。
平均収量は45hl/ha~50hl/ha程度で、オーガニックで栽培された葡萄は天然酵母で発酵され、6~8℃に保たれる地下のカーヴで3~4ヶ月発酵。その後オーク新樽で20%で12ヶ月以上、澱と共に熟成。清澄後出荷されます。            


生産者: フランソワ ミクルスキ
銘柄: ムルソー プルミエクリュ ポリュゾ 2007

約12000円、WA92pt
外観は淡いストローイエロー、粘性は中程度で清澄はしっかりとされている。
酵母香がやや強めに感じる。ミネラル感があり、ちょっと塩っぽい風味。ナッツ、塩バター、カリンや熟したリンゴの果実味、白胡椒、ドライハーブ、イーストの香り。
酸と旨味は力強いが、甘露な果実感はあまり感じられない。カリンとバター、リンゴのアフター。


うーん、以前ペリエールを飲んだ時も感じたんだけど、このスタイルは生産者の個性なのかなー。結構酵母に起因する風味がある。
シュールリーとかに良く現れる特徴。
これはルイ シュニュとかメゾン ルロワの白とかにも感じる風味なんですけれども、よく言えば旨味や複雑さを大切にした味わい、悪く言えば洗練されていない味わい。
ブルゴーニュの白はピシッとミネラルが張り詰めていて、豊かな果実味を持っているワインが好きな私としてはちょっと物足りない様に感じるスタイルです。樽はしっかりと感じるんですが、果実味がもうちょっとないと物足りない感じ。まあ、本当にここは好みの問題なんですけれども。

こういうのが好きな人は好きでしょうね。
例えるならば赤ワインの全房発酵か、除梗100%に近いのかも。2008年も同じような感じだったから多分かわんないでしょうね。

ルイシュニュの白が好きな人はどうぞ。

Chez Matsuo Aoyama Salon (シェ松尾 青山サロン: 青山)

こんにちは、HKOです。
結構前に友人に招待されたシェ松尾青山サロンの記事が放置されっぱなしだったので続き書きました。



【ヨーロッパのサロンをコンセプトにしたレストラン】
 ヨーロッパの格式ある社交空間を提供するべく、1995年にオープンした「青山サロン」。重厚な入り口から店内に入ると、ネオクラシックなインテリアと広さに期待が生まれることだろう。専用のバー、ワインカーヴ、個室を併設するバンケットルーム。ステージとバーを併設するピアノラウンジ。食事の前後を寛ぎの時間とするための充分な空間が用意されている。さらに、ピアノラウンジのステージにはラフマニノフ、ルビンシュタインも演奏したという1898年製スタインウェイのアートピアノも配され、コンサートやダンスをはじめとする様々なパーティとともに、本格的なフレンチを楽しむことができる、まさに「サロン」の役割を備えているのだ。(東京カレンダー抜粋)



はあ。そうなんですかー(棒


そんなシェ松尾 青山サロンですが、実際外観から既にすごい。

※いきなりレッドカーペットの洗礼を受ける。



※荘厳な雰囲気漂う店内。



※例のスタンウェイのアートピアノ。


まあこういうレストランなので、ちゃんとジャケットとカゴパンでキメて行きましたよ。
えっ、カゴパン?HKOさんそれはちょっと。

当然周りは給料の高そうな男女ペアが多かったですが、そんな中で男二人はかなり目立ちました。色々な意味で。
深い関係はありません。アッー♂

気圧されながらアレコレワインリストを眺めつつ最初のアミューズが到着。


■アミューズ

ムール貝ってこんなにもちもちぷちぷちしてるんだー、と驚愕。なんというか、大きいイクラを食べてるみたいな感覚。旨味のお祭りだべ。
あととなりのバケットももちもちサクサク。お魚の味と海ぶどうの塩味。ちょっとガーリック風味。最高。


ワインは赤白一本ずつ頼むか、もしくは白の一点豪華主義を貫くか迷ったのですがエティエンヌ ソゼのモンラッシェを注文。
決め手は値段。
えっ、この生産者のモンラッシェがこの値段!?普通にレストラン飲みだと市場価格×3倍だから...30万!?

驚きの価格の理由を支配人にお聞きしたら、なんでもお店立ち上げ当時ケースで仕入れたものらしく、そこから値段を変えていないのだとか。

ここら辺は老舗の強みですねー。
状態もまず心配いらないでしょうし。


■ワイン1
モンラッシェ グランクリュ 1994: エティエンヌ ソゼ

最高峰の生産者の特級モンラッシェ、しかも古酒。この状態の最高の白ワインが驚きのお値段でした。(お安い意味で)味わいはまさに官能的。あと10年もすれば最高だろうな、と。
詳しくは以前のエントリーにて。


■前菜
スコッチサーモンと毛蟹のユール仕立て レモンのクリームとキャビア 軽い瞬間フュメ

刺さっているソースをかけながら食べる。モンラッシェに合わせてフュメを少なめにしていただいたが、それでもかなり燻製香が。
ゼリー寄せなんだけど、もう凄い。レモンのクリームとサーモン、毛蟹との相性バッチリ。


■前菜2
リードヴォーとラングスティーヌのクルート セップ茸のリゾットと共に

アカザエビとリードヴォー、セップ茸のリゾットを焼いたチーズで挟んだもの。ソースは茶色はセップ茸、黄色はカボチャ。リゾットの滋養のある茸の香りと味わい、リードヴォーの濃いめの味、アカザエビのプリッとした食感が一体となっていて最高。リゾットの風味とモンラッシェの奇跡的なマリアージュが楽しめた。
メチャクチャ美味い。


■魚料理
甘鯛のスチーム 雲丹のソース 賀茂茄子と蕪のフォンダンを添えて

甘鯛が凶悪。ほろほろ崩れる柔らかさ、そしてしっかりした魚の旨味がある。
雲丹の芳醇な味わいと賀茂茄子、鯛の調和が芸術的。こちらもモンラッシェと良くマリアージュしていた。


◼︎グラニデ



肉料理に向けてグラスワインを注文。
この日グラスワインで供出されていたのは最新ヴィンテージのシャトーダルマイヤック。メドック5級シャトーが普通に供出されているのか...素晴らしい。


◼︎ワイン2
シャトー ダルマイヤック 2010

2010年のボルドーらしいたっぷりとした果実味があり、やや新世界っぽい印象を受ける。 ボルドーの繊細な側面はないものの、上質なカベルネソーヴィニヨンといった感じ。



◼︎肉料理
仔羊背肉のココットロティ ボルドー赤ワイン風味 秋野菜と共に

※ココットで焼かれた肉と野菜

※切り分けーの、ソースかけーの。

※出来上がり。

ココットで焼いた秋野菜と仔羊を切り分けて赤ワインソースをかけて供出された。仔羊の肉汁と赤ワインソースが絶妙を噛み締めるとジュワッと溢れる旨味が半端ない。うめえええええ!
シャトーダルマイヤックと脅威的なマリアージュ。脂とちょっとした癖がある羊肉に負けない果実味だからこそ合致した味わいだと思う。


この時点で結構お腹がいっぱいになってきた。(フレンチだといつもの事なのだけど)最後はデザート。


◼︎デザート

たしか唐辛子とトマトのアイスだったような気がする...どうだったかな。
結構酒が回ってて覚えてない。
ただムースと辛いものって結構合うんだな、とおぼろげながら思った。
それよりもシャアザクの様にそそり立っているツノが気になってしょうがない。


そんな感じでコース終了。
ちょっと時間が余ったので喫煙スペースで友人に頂いた葉巻とコニャックを頂いた。
「ウイスキーかブランデー、何がありますか?」と聞いたらすぐに出てきた。


...慣れているんだろうか?


ちなみに私はポールジロー25年のコニャック、友人はフランシス ダローズのバ アルマニャック 1957を注文した。



◼︎葉巻
ダビドフ ミレニアムブレンド

※高級な貰いタバコ。


◼︎コニャック
ポールジロー 25年 エクストラ ヴュー グラン シャンパーニュ プルミエクリュ ド コニャック

熟成して深みを増したコニャック。
25年間の樽熟成に加えて幾分かの瓶熟成、酸化熟成が生み出す柔らかさ。
長期樽熟成によるスモーキーさ、葉巻のスモーキーさが綺麗に合致している。


素晴らしい余韻に浸りながら、そそくさと撤収。大変素晴らしい体験だった。
価格的に暫く行けるとは思えないんだけど、おめでたい時には是非いきたいレストランだな、と思った。
ワインの状態も素晴らしいし、料理もいいし、さすがグランメゾン。
高いなりの価値があるよなー、と思いました。はい。


◼︎店舗情報
【営業時間】
昼 12:00 ~ 15:00(13:30)
夜 18:00 ~ 23:00(20:30)
【定休日】
日曜・祝日・年末年始
【駐車場】
2台(利用可能時間 12:00 ~ 23:00)
【サービス料】10%
【チャージ料】 なし
【席数】80席(個室1室)



グラン・レゼルヴ [1944] フランシス・ダローズ

グラン・レゼルヴ [1944] フランシス・ダローズ
価格:84,000円(税込、送料別)

【イタリア:6】エトナのネレッロ マスカレーゼの本懐、テッレネレのカルデラーラ ソッターナ

こんにちは、HKOです。
エトナ初体験でございます。
イイヨーイイヨーって話はよく聞いていたんですが、今一つタイミングが合わず飲めていませんでした...
今回たまたま機会があり、オススメもあったので飲んでみることとしました。

テヌータ デッラ テッレ ネレはバローロボーイズ指導していたマルク デ グラツィアが、エトナに自らの畑を購入し2002年に設立したワイナリー。
プレフィロキセラのヴィエイユヴィーニュが存在し、かつエトナ活火山によるミネラル豊かな火山灰土壌を包している。
今回のカルデラーラ ソッターナは、エトナ山北方斜面、海抜700mに位置する「カルデラーラ」に植えられた平均樹齢40~50年のネレッロ マスカレーゼを使用。造りはクラシックなブルゴーニュスタイル。10~15日間発酵の後、フレンチオーク新樽25%でMLFおよび18ヶ月間の熟成。清澄は行わない。

では、いってみましょう。


生産者: テヌータ デッラ テラ ネッロ
銘柄: エトナ ロッソ カルデラーラ ソッターナ2011
品種:ネレッロ マスカレーゼ98%、ネレッロ カプッチョ2%

約4000円、WA92pt
外観は淡いルビー、粘性は柔らかい。
確かに日本などで作られる様なピノノワールと似たニュアンスがある。繊細な味わい。
ラズベリーやイチゴの様な瑞々しい果実味、ややスパイシーなガメイの様な要素もある。茎やスミレの柔らかな華やかさ、なめし革、ミルクティー。クローヴなどのスパイシーさ。
酸味豊かで果実味も充実しており華やかなピノノワールの様な味わいがある。綺麗な味わい。


ブルゴーニュのピノノワールみたいだよ、って薦められたのですが、いわゆるコートドールのピノノワールというより、コートシャロネーズのピノノワールや、スペインのメンシアに似ているな、といった印象を受けますね。
洗練されたピノというより、ちょっと田舎っぽいピノといった感じ。
ガメイの様なラズベリーやイチゴの赤系の瑞々しい果実味があって、ちょっとスパイシーな風味、スミレの柔らかな華やかさ、なめし革など。
全体でいうと、確かにブルゴーニュっぽいコメントがでてくるのだけど、果実味とスパイシーさのバランスの部分がコートドールには無い感じ。果実味がすごく瑞々しくて、かつかなりのスパイシーさ、青っぽさが感じられるという。
ちょっと田舎っぽい感じのするワインですが、かなりのポテンシャルは感じますね。
確かにタイプとしてはピノ型だとは思います。しかし完全にコートドールを期待して飲むと、ちょっとガッカリするかもしれませんね。個人的には好きではあるのですが...

【イタリア:5】スーパートスカーナ第二弾、驚愕のサンジョベーゼ、カベルネフランを利く

こんにちは、HKOです。
本日も引き続きトスカーナのスーパータスカンを追って行きたいと思います。今回はドゥエマーニとフランチャネッロの2本です。

ドゥエマーニは2000年にイタリアの醸造コンサルタント ルカダットーマ氏によって設立された新進気鋭のワイナリー。
ルカ ダットーマはトゥアリタやマッキオーレなどの錚々たるワイナリーのコンサルタントを経験し、現在はボルゲリの近くのリパルベッラ周辺に拠点を置き、ビオディナミを実践しながらカベルネフラン100%のキュヴェ「ドゥエマーニ」を作り出しています。
ドゥエマーニの畑は平均樹齢5年。海までの距離がほど近く、日射量、海風による昼夜の寒暖差が激しい気候で、土壌は石灰質の石がふくまれる粘土質となっています。
ビオディナミによって栽培された葡萄はフレンチオークの大樽でアルコール発酵、およびMLFを実施。更に新樽比率50%のバリック、大樽で15ヶ月の熟成を経た後に出荷されます。

フォントディは1968年よりマネッティ家によって運用されているワイナリー。拠点はキャンディ地区に置き、パンザノ地域にて法規制以前からサンジョヴェーゼ100%の突出したキャンティを産出しています。
保有する130haはオーガニックの認証を受けているがぶどう栽培を行っているのはその内70haのみ。
フランチャネッロは、キャンティクラシコ地区のパンザーノにある「コンカドーロ」と呼ばれる最上の区画で作られる樹齢30年以上のサンジョヴェーゼ。全て手摘みで収穫し丹念に選別される。醸造と樽での熟成は現代的なワイナリーで行われ、重力を利用できるような、降下型の造りをしている。発酵後はバリックの新樽で18ヶ月以上熟成ののち出荷される。

さていってみましょう。

生産者、銘柄:ドゥエマーニ 2009
品種: カベルネフラン100%

約10000円、WA96pt(2008)
外観は濃い目のガーネット、粘性は高い。
やや熟成感を感じさせる濡れた木材、シャンピニオン、ピーマンなどの要素がある。煮詰めた紫スモモとブルーベリー、ドライイチジクの果実味、コリアンダーやリコリス、森の下草、ソースの様な複雑なニュアンス、生肉、そしてカラメル、コーヒーなどの樽の要素もしっかりと感じられる。
濃厚な果実味と熟成に起因した旨味が感じられる。
タンニンはやや際立つが酸は柔らかく、カベルネフランらしい青っぽい要素も感じられる。ピーマン、カシス、濡れた木材の濃厚なアフター。


生産者: フォントディ
銘柄:フランチャネッロ デッラ ピエヴェ 2010
品種:サンジョヴェーゼ100%

約10000円、WA97pt
外観は濃い目のガーネット、粘性は高い。
非常に華やかで甘露(メロンなど)なサンジョヴェーゼで、トロピカルフルーツから抽出した様な甘さに、ブルーベリーやダークチェリーの果実味が重なる。バラやクローブの要素。シロップ。シナモン、カラメルなどのちょっと焦げた甘露さ、燻製肉や紅茶の要素、白檀、焦げた木。
外観の割には、タンニンは柔らかで、抜けるような綺麗な酸味がある。ブルーベリーやチェリーの果皮の味わい、甘露さが感じられる。サンジョヴェーゼとしては濃厚だが、それでも明るい官能的なカラーが感じられる。
酸味と旨味がしっかりとありタンニンは柔らかく滑らかなタッチ、黒系ベリーの濃い甘露な味わい。

はい、そんな感じです。
まずはドゥエマーニから。
そんなに古いヴィンテージでは無いのですが、結構熟成感がありますね。
樽や醸造起因の要素はかなり落ち着いていて、他の要素と溶け込みはじめていると感じました。豊かな果実味もしっかりと残っており、トータルで完成度の高いワインです。
熟成ボルドー的な要素があり、ベリー類やドライイチジクや森の下草、濡れた木が感じられます。それと品種固有のピーマン香りも残っています。カベルネフランらしい味わいだと思います。
シュヴァルブラン、クロ ルジャール、テヌータ ディ トリローノどれに似てるかといえば、正直どれにも似ていません。
ボディならトリローノほど強くないし、クロ ルジャールほどライトではない。シュヴァルブランはそもそも味わいが違うという。
香りだとクロ ルジャールに近く!ボディはシュヴァルブランですかね...なかなか特異なカベルネフランだと思います。
早めに熟成感は出るけど、熟成のポテンシャルは高いといった印象です。

次にフランチャネッロ デッラ ピエヴェ。
これがすごく最高のサンジョベーゼでした。
メチャクチャ私好み。
ものすごくエレガントで華やか、それでいてキッチリとした果実味があり、かなりイチオシのスーパータスカンです。
非常にジューシーで甘露な味わいがベースにありながら、キチッと果皮の華やかなニュアンスや燻製肉、カラメルやシナモンのローステッドな風味があります。
サンジョベーゼとしては濃厚ですが、基本的にはミディアムボディで官能的でしなやかな味わいだと思います。
サンジョベーゼらしくタンニンより酸と旨味が際立つ味わいだと思います。
味は全然違いますがイメージとしてはテュガピィとかピエールダモワとかの立ち位置に近いかも?ペルゴールトルテとはまた逆の完成度の高さがあります。

さて個別にまずは行きましたが、個人的にドゥエマーニはさほどパッとしない...というか美味しいんですけど印象にあまり残らないワインだと感じました。いや美味しいんですけどね。
それに比べるとフランチャネッロ デッラ ピエヴェの素晴らしさたるや半端ないですね。
味わいもボディ感も完全に俺好み。これは毎年追って行きたいサンジョベーゼですねえ。


【イタリア:4】テヌータ ディ トリノーロ、フラッグシップ2本を利く



こんにちはHKOです。
本日はテヌータ ディ トリノーロのフラッグシップ2種類。トスカーナの国際品種を使用したワインです。

テヌータ ディ トリノーロは1980年台に設立されたトスカーナのサルテアーノに拠点を置く生産者。現在はシュヴァルブラン、ヴァランドローからワイン作りを学んだアンドレア フランケッティ(ロスチャイルド家とも親戚関係にあるようです)が指揮を取っている。
畑には化学肥料、堆肥は使用せず、出来るだけ小さい房、実をつけさせるため植密度を1haあたり10,000株まで上げている。更に収穫は40回ものチェックを経てブドウ一本ずつ収穫時期を見極められながら行われます。故に平均収量は極めて少なく18hl/ha程度。
テヌータ ディ トリノーロはステンレス タンクでアルコール発酵、その後オーク樽にてMLFが行われます。その後バリックサイズのオーク新樽で7ヶ月、セメントタンク6ヶ月熟成後瓶詰めされます。年間生産量は7080 本。
パラッツィはステンレス タンクでアルコール発酵、その後オーク樽にてMLFが行われます。その後バリックサイズのオーク新樽で8ヶ月、セメントタンク10ヶ月熟成後瓶詰めされます。年間生産量は3000本。

さて、いってみましょう。


生産者: テヌータ ディ トリノーロ
銘柄: パラッツィ 2011
品種: メルロー100%

約22000円、WA94pt(2009)
外観はレッグスに色が映るくらい非常に濃いガーネット。粘性は高い。
新世界的なスタイルのメルローで、果実味と共に酸が強く凝縮感があるワイン。
引き締まったドライアプリコットやプラムの厚い酸と甘露さを思わせる果実味が感じられ、また華やかなスミレや薔薇、藁やイースト香のアロマ。樹皮、リコリス、メルローらしい小豆の様な要素も感じられる。
炭焼きのニュアンスもあるが、トリノーロと比べると樽っぽさは落ち着いている。
口に含んだ時、分厚い旨味と大きな果実味が感じられ、ドライアプリコットや華やかなスミレのアフターが感じられる。
極めてタニックではあるものの酸味、旨みが豊かな為、トゲトゲしい感じはしない。アルコール度数なりの力強いアタックがある。


生産者、銘柄: テヌータ ディ トリノーローン 2011
品種: カベルネフラン90%、カベルネソーヴィニヨン6%、プティヴェルト4%

約22000円、WA97pt(2009)
外観は濃いガーネット、粘性は高い。
こちらも新世界的なスタイル。かなり熟しているように思うんだけど、カベルネフランの特性であるピーマンやハーブなどの青い風味も感じられる。
熟したブラックベリー、カシスの濃厚な果実味。藁、華やかなスミレの香り。樽に起因するコーヒーやワッフル、カラメル香。こちらはややスモーキーさを感じさせる。またイーストや土っぽさ、リコリス、クローヴの様なスパイス。溶剤などの風味。
タンニン、酸はしっかりしており、アルコール度数も高いがパラッツィと比べると幾分か滑らかで柔らかなタッチ。熟したブラックベリー、カベルネ系のリッチな香りが感じられる。


両方とも、流石に素晴らしいワインでした。
個人的にスーパータスカンって美味しいんだけど、どのワインもあんまり印象に残っていなくて(ちゃんと記憶に残ってるのはペルゴールトルテやレディガフィ、マセットくらい?あとサンジョヴェーゼ主体のとか?)あまり興味が向かないのですけど、今回の2本は結構衝撃的でしたね。
どこらへんが、というと、やっぱり新世界寄りの熟度があるところですかね。
なんというか、普通のスーパータスカンって結構品が良くまとまっていて、あまりダイナミックさが無いのですが、今回この2本はいずれも大変パワフルで力強いワインだったと思います。
カベルネフラン主体のテヌータ ディ トリノーロはしっかりとした熟度がありながら、パラッツィと比べると柔らかさや滑らかさがあるワインに仕上がっていて、過熟した果実味と豊かな樽香がバランス良く調和しています。ただ幾分かのカベルネフラン起因の青っぽさはありますが、基本的にはフランらしさも残っていていいのではないかと思います。
この青臭いニュアンスが苦手な人もいると思うのですが、個人的にはクロ ルジャールにせよシュヴァルブランにせよ同様のニュアンスが出ているので、さほど気になりません。
というかこれがないとカベルネフランっぽくないんですよね。
対してパラッツィはメルロー100%。
こちらは一般的なボルドーのメルローに見られるアーシーさはさほど感じなくて、伸びていく様な明るい果実味が主体となっています。
しかしながら、ちょっと従来のメルローと違うのが、濃厚さというより、味わいにバネがあります。これは酸度の高さと旨みを包含している分量の違いだと思いますが、どの地域のメルローとも違った印象を受けます。
品種固有の小豆香が無ければオーストラリアのシラーズと勘違いするかもしれません。
先日同じメルロー100%のル パンを頂いたのですけれども、あちらも熟度が極めて高く、やはり一瞬シラーズを感じたのですが、酸味が柔らかく、またシラーズより遥かに華やかで強い樽香が効いており、より丸みを帯びた味わいでした。ここは醸造によるものですが、根源的には似た果実味を包含しているのではないかと思います。
2011年のトスカーナのヴィンテージの特性はよくわかりませんが、もし平準的にここまで熟すとしたら恐るべき事ですね。
平均収量もシャトーヌフデュパブ並みなので、なんとなく納得の出来なような気がします。


【シンクさん:4】エルミタゼ、反逆のセパージュ~今だからこそテーブルで

こんにちは、HKOです。
本日はシンクさんの記事です。
今回のテーマはシラー、カベルネソーヴィニヨンのアッセンブラージュについての記事です。
この試み自体はニューワールド(特にオーストラリアのシラーズカベルネが有名ですね)比較的以前より行われているもので、酸度が低いカベルネに酸を添加するというものですが、その昔ボルドーでも行われていました。勿論現在の様に厳格にAOCが定められる前(1935年以前)の話ではあるのですが...
今回はそんな興味深い素晴らしい記事です!

お楽しみに!
※ちなみにHKOはピノとシラーズの混醸はウェルカムです。混醸がダメならパスグラとかオルディネールもダメじゃん?


・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ぼんじゅーる!

ゲスト寄稿もこれで4回目、トップのご紹介では私ボルドーが得意なことになってますがこれまでカリフォルニア・イタリア2回と見事にフランスで記事やってませんでした☆テヘペロ
という事で、今回こそはボルドー・・・と見せかけて裏ワザ的に全世界!
エルミタゼ(エルミターゼ)のお話です。

erumitazen.jpg
(これ超適当にパロったけど、元ネタわかっていただけるのだろうか?)

■そもそも、エルミタゼって何?

とりあえず、エルミタゼでグーグル検索すると、グーグル先生が即効で
「エルミタージュの間違いやろ^^変えておくわ感謝せぇよ^^」
と余計な事をします。
先生をかなぐり捨てて検索すると、私のブログが出てきます(苦笑
というわけで、殆ど認知されていない感じなのですが、要約すると
北ローヌのシラーがクパージュされたクラレット

です。くぱー☆ではありません。クパージュ(混醸)です。
単刀直入にカベルネ・メルロ・シラーブレンドです。
もっともわかりやすく、かつ詳しいのが漫画「ソムリエール」でっていうかこれの造語なんじゃないの?みたいな感じですらあります。

もう詳しくはコレ読んでねって感じ。
某ブックオフなら100円で売ってることもありますし立ち読み出来ますし。

2013年に日本を騒がせた「ホテルの食品偽装問題」なんて目じゃないぐらい、「エルミタゼ」はサラッとトンでもない事です。
かの昔はマルゴーやらラフィットやら(一本当時だって1万円以上のフランス最高級が)が「本来やってはいけない混ぜ物をしている」という事ですからね。
ホテルの件に例えれば
「最高級仙台牛A5ランクステーキって書いてましたけど、実は米沢牛を少し混ぜた加工肉です」
という事なワケで大問題ですよ!
・・・・・・で、この例えを聞いた時に
「え、仙台牛でも米沢でも加工がどーであれ、美味しければよくね?」
という方には、今、あえてオススメしたいのがエルミタゼなワケです。


■世界のエルミタゼを敢えて呑んでみよう!

今回の記事は、こういう提案をしたいなぁという事ナノデス。
地味にエルミタゼであることを明記しているワインってあんまりありません。
アッサンブラージュとしては、あんまり褒められた伝統ではないからです。
しかしながら、テーブル価格帯において微々に存在するコレらのワインは、特徴を把握すると結構お買い得な事も多いんですね。

☆ボルドー
GDHDo.jpg
これが噂のパルメ版エルミタゼ、ヒストリカル・センチュリー。
これでSSを書いちゃうぐらい、私の好きな一本です。
ボルドーで最も中二病な愛すべきワイナリー。なにせメドック格付けワイナリーの中でも高評価で1級クラスの値段で日本では売られているにもかかわらずコレを出しちゃうワケですから。
現状、カベルネ・メルロ・シラーなエルミタゼブレンドでは最高級の一品になります。
これに関しては同じく詳しくは「漫画ソムリエールで」という気もしますので早速自分のノートから雰囲気を。

色は濃度がかなり高く赤紫。
香りにしっとりとしたカシス、ブラックベリー、キャラメル。
味わいは非常になめらかな質感があるがシラーの印象が思いの外強く、紫系の果実感が個性を発揮しています。
綺麗にそそるカシス、プラムの印象は流石のパルメでアフターもさっぱりとしたハーブの余韻です。
口当たり自体はサラッとしているかな?と思うのですが果実味が感じられた辺りから急に沈むように重たさを感じさせるですね。
スパイシーさなどは漂失しておらず、甘味と酸味のバランスは高い位置で推移しています。
果実のパワーが先立っており本来のパルメとはかなり別物。どちらかというと「カルト」な味ナノデス。
それでいて、テクスチャはボルドーのそれ。なんとも不思議でダイナミック。独創性のある一品。

そう、カルトワイン的な濃厚さがあるんですね。
パルメって本来、マルゴーおよびカントナック付近で割りと静かなワインなのですがそこに大胆さが加わった感じ。
それでも高級感があるのがホントすごくて、パルメ本体よりも面白さなら上だと思います。

☆オーストラリア
FYHrY.jpg
カベルネ&シラー(シラーズ)といえば、この国です。
むしろオーストラリアブレンドと言った方が理解が早いかもしれませんね。シラーズメインの国で色々やるなら、当然出てくるワケで。
しかしながら、国際化という視点からだんだんとこの手のブレンドは減っているようで案外と探せなかったりします。
本来としては、逆にこの国の伝統的アッサンブラージュなのでちょっと残念?
さて今回はその中から、オックスフォードランディング・カベルネ&シラーズです。
このワイン、作り手はオックスフォードの名前だけにイギリス移民で、オーストラリアで作っているというスタンス。
値段はド安めの1500円アンダーという何とも「エルミタゼらしい」感じで購入が出来ます。

色は赤紫系で、シラーズの強さがみられ香りから味わいまでハッキリとハーブ系の葉物とユーカリの印象が強いワインです。
とことん、葉系なあたりあんまり成熟した葡萄を使っていない?ないしはユーカリ感を隠していないとも言えるのがオーストラリア的・・・・・・いえ、もしかすると葉っぱぽいの大好きなイギリス的といえるかもしれません。
これも果実部分にブルーベリーが感じられ、シラーの特徴といえる黒胡椒感はほぼ感じられませんでした。

☆イタリア
2013-05-19 17-43-16-610
イタリアにとって「カベルネもメルロもシラーも伝統品種」ですから、そこそこに混醸されてきたというのは推測されます。
「え、それって国際品種でしょ?だからDOCGもサッシカイアが例外的にあるけどないでしょ?トスカーナの連中が流行りで植えたんでしょ?」
と思った方はソムリエ試験対策しすぎです。
元々が「安く飲める水みてーなモンだぜー!うぉー!くあー!」とイタリアではワインは飲まれています。
畑に隣り合って色んなぶどう品種がうわっている=区域でぶどう品種が管理されていないような地域ですから。
むしろ、イタリアワインにおいて正確にぶどう品種が混醸されているのは近代派です(大体のセパージュ表記はあくまでも畑に植わってる木がそんな感じッスよ程度のモノ)
あのシノニムの多さやそもそもサンジョベーゼ種の葡萄の大きさが云々とか妙に細かいのは、逆に言えば「良くわかってないからこそ、分類を何とかしよう」という努力なのですから。
明確にエルミタゼ、なイタリアワインを私もあまり経験していませんが、呑んだ覚えがあるものをペタリ。
これ、インポーターでは「サッシカイアのめっちゃ近く!サッシカイアに並ぶ!」という誇大広告で売っています。
そして、その誇大広告を信ずれば、サッシカイアにシラーが使われてても不思議ではなくない?とか私みたいなのは疑ってしまうのでした。
味わいの中にこのワイン、どこかスミレっぽさが感じられ本家サッシカイアに比べるとすぐに飲める仕上がりになっていました。

☆ワシントン
715745997.jpg
うまけりゃいいだろ原理主義、といえばそうアメリカですね!
その中でも現在、色々な試行錯誤が行われているのがワシントン。
その一環としてこちらは「カベルネ50%シラー50%」というコンセプトワインです。
左下のオッサンニキ二人のコラボワインだから、それぞれが得意な葡萄を半分ずつぶっこんだら旨いぜ!
というロックなこのワイン。ドがつくほど濃いか・・・というとむしろワシントンらしい「ちょっと安い感じがする薄さだけど旨味はあるよ」というタイプ。
呑んだ当時の自分のノートを概ね抜粋しておきましょう
「色はかなり濃い紫系、香りからシラーらしいスパイスが感じられますがガツンという程ではありません。
ブルーベリージャムの味わいと、スパイシーさとコーヒーのような香ばしさが後に続き、カベルネのハーブ感もしっかり入ってきます。
これらの味わいの要素が中抜けなく、かつド派手でもなく技巧派なんですね。
樽からくるバニラもそこそこですが、基本は果実の味わい。複雑さは流石にないものの、ガツガツも飲めてしまう。
うーん、ロックだなぁ。栓を抜いた直後からバッチリ美味しく、日持ちもなかなかです。
ただし、温度は適温より低めの方がいいかも。あんまり温かいとケバケバしいでしょう」
やっぱり、ジャミーさがどこか存在しているんですね。

☆チリ
rQCjF.jpg
サラリマンH氏が絶対に取り上げないだろうワインです。絶対にだ!
何故ならば「ピノ&シラー」です。
ブルゴーニュ・フェチが聞いたらそれだけで飲みません。なのでラベルにも現れておらず私もインポーター調べしてて改めてわかったぐらい。
ちょっとエルミタゼですらないのですが、この機会に是非試してほしい代物。
そして、私自体はシラーが含まれていたとは知らずに呑んでおり更に結構高評価をつけるワインです(詳しくは自分のブログで今後とりあげようと思っているぐらいテーブルとしていいワイン)
なので簡単に書きますと「簡易RRV」なんですね。
お値段が1500円アンダーにしては、果実の勢いや甘さがあってタイミング良く飲むとルシアンリヴァーめいた濃厚なピノ果汁を感じられるんです。
ちょっとスモーキーさや肉々しいスパイシーさがあるけど、チリの特性かな?と思ったらシラーでしたっていうオチ。


■エルミタゼの特徴とは
ということで、各国から1つずつ程度紹介してまいりました。
案外とエルミタゼの多いのがイタリア、探してみると「少々のシラー」という事が結構あります。
逆に書いてて気づいたのですが、南仏特にヌフなどの南ローヌ~ラングドックルーション葡萄を主に使うスペインではシラーを使っているというケースがあまり見られません。
アルゼンチンやチリもカルメネールやマルベックがあるためか、それほど思いつかないですね。
ニュージーランドもピノや白を主軸にしているので、そもそもクラレットスタイルを探すのが難しい。
ようするに「安旨新世界」よりも「安旨伝統国家」の方がこの手のブレンドが多いワケです。

各国それぞれですが共通している特徴は

・シラーの果実感が全体に強く出るため、結果として強い味わいのワインが生まれる
・スパイシーさは案外と感じさせない事が多い(よってシラーワインとしての食べ合わせ向けでもないことが多い)
・どの国においても成り立ち以上に安めに作られる事が多い
・主だってエルミタゼであることを主張する生産者は少ない
・よって、テーブル価格帯にしては強い果実を感じた場合、疑っても良い

といった感じでしょうか。
シラー自体が「割りとわかりやすい葡萄」だけに、味わいを安定させる役目をになっていて安いワインに多い「味がうすい」を回避する手段として用いられている。

その成り立ちや異教的なブレンド(なんと、これらオージーブレンドを「世界の常識ハズレ?」と表する初心者向けワインぼんがある程です!)からか意外と狙いを定めて買うのが難しくあるエルミタゼ・ブレンド。
ただ、もしも「安めのテーブルワインで濃いのをちょっと飲みたい」というのであれば、多くの単一ブレンドなどよりも選択して面白さを感じられるかもしれません。

今だからこそ、エルミタゼ。
反逆的で中二病な、尖った高校生みたいな世界観も案外楽しいのではと思います。

sinqosusume.jpg

個人的にスッゴク買いたいセット


エルミタゼ感を知る+ワシントンを知るという2つの利点があり。カルトっぽいし

【シャンパーニュ:13】ピエール カロのクロ ジャカン、アンリジローのラタフィアを利く

こんにちは、HKOです。
本日はシャンパーニュ地方の2種類のワインです(1本は泡ではありません)。

ピエール カロは1985年に設立されたアヴィーズに拠点を置くレコルタンマニピュラン。それまでは基本的にメゾンにブドウを販売しており、現在でもボランジェにもブドウを提供しています。アヴィーズ、クラマン、シュイイ、グローヴに合計7.25haを所有し、うち4ha程度がドメーヌ本詰。生産量は4万本程度。フラッグシップは0.07haの単一畑、樹齢40年の古木を使用したクロ ジャカン、年間生産量は800本。
栽培はリュット レゾネを実践。畑での作業はすべて手作業で行われ,収穫も当然手摘みで行われる。シュールリーの状態で、12ヶ月間木製発酵槽で熟成とMLF。その後,瓶内二次発酵。32ヶ月熟成。デコルジュは2013年9月。単一年(2009年)90%とリザーヴワイン10%のアッサンブラージュ。

アンリ ジローはアイ村に拠点を置くネゴシアンマニピュラン。フランソワ エマールによって1625年設立されました。
以前から非常に高い評価を受けていたNMですが、ここのところ日本向けにも解禁されたようで、たまに見かけるようになりました。
アンリジローはシャンパーニュだけでなくラタフィアも作っています。ラタフィアはブランデーを添加したフォーティファイドワイン。アイの自社畑から採れたピノノワール、シャルドネのみを使用し毎年継ぎ足しながら熟成させるソレラ方式を実施しています。

では、いってみましょう。


生産者: アンリ ジロー
銘柄: ラタフィア ド シャンパーニュ NV
品種: ピノノワール70%、シャルドネ30%

約5000円
外観は濃い目のストローイエロー、粘性は高い。
豊かなロースト香がありカラメルや糖蜜、バター、バニラと共に、華やかなブランデー、ドライグレープ、ドライマンゴーの果実味。そして濡れた木材などの熟成したニュアンス。
アタックは力強く、酸も豊か。
甘口らしい濃厚で力強いボディがあり、ブランデーと甘露な干し葡萄やバニラのアフターが残る。ブランデーの要素が強い。


生産者: ピエール カロ
銘柄: クロ ジャカン アヴィーズ グランクリュ ブラン ド ブラン NV
品種: シャルドネ100%

約17000円
外観はストローイエロー、粘性は柔らかい。泡は柔らかく立ち上っている。
酸化的な要素は無く、強烈なミネラル感があり、旨味に満ちている。カシューナッツやバターの風味とカリン、赤リンゴの風味が感じられる。味わいとしてはかなり旨味に寄っている。ハチミツの蜜っぽさがあり、白檀、濡れた木、ドライハーブなど。
綺麗な旨みがあり、赤リンゴなどの強烈な旨みがある。酸も豊か。類稀な凝縮感のある味わいでパワフルさを感じさせる。
シャルドネ100%らしい繊細さがありながら力強さもある素晴らしいシャンパーニュだ。


まずラタフィアから。
思った以上にブランデーの要素がしっかりと感じられました。勿論ワインの要素も存在し、絶妙のバランスで双方の豊かな風味を感じる事の出来るラタフィア。
外観は濃い目のストローイエロー、粘性は高い。ブランデーのカラメルや糖蜜などの豊かなロースト香り。そしてワインに起因するバター、バニラ、ドライマンゴーの果実味。そして熟成を感じさせる濡れた木材などの要素。
アタックはアルコール度数が高い為力強く、酸もしっかりと残っています。
ちゃんと大本の要素に併せた味わいがそれぞれ感じられて良いですね。分かりやすい。
ボトルもオシャレだし、使うシーンも多いと思います。結構オススメかも。

次にクロ ジャカン。
ノンヴィンテージですが、いわゆるリザーブワインを沢山使った様な酸化的要素は感じられません。ただ力強いミネラル感と赤リンゴやカリンなどに起因する分厚い旨みが感じられますので、いうほど若々しくないんですが。
厚みからしてかなりパワフルなのでブラン ド ノワールと勘違いしましたが、ブラン ド ブランらしいカシューナッツやバターなどの要素や繊細さもあります。僅かにリザーブワインを感じさせる濡れた木の要素がありますが、ごく僅かです。基本的にそんなに熟成感は感じません。そして旨味と共に酸もかなり豊かだと思います。
タイプとしてはアラン ロベールのスタイルと結構似てると思います。

以上、シャンパーニュ2種類でした!!


【ボルドー:11】ル パン、ポンテ カネ。最新のパーカーポイント100点生産者を水平で。

こんにちは、HKOです。
本日は左岸、右岸の2010年の中でも突出した品質を誇るポンテ カネ、そしてボルドーのガレージワインの代表格とも言えるル パンの2種類です。

シャトー ポンテ カネはムートン ロートシルトの向かいに位置するメドック格付け5級シャトー。1994年以降急激に品質を向上させており、現在は1級シャトーに匹敵、年によって凌駕する卓抜した品質を誇る。間違いなくピジョンララント、コスデストゥルネル、パルメ、レオヴィルラスカーズ、デュクリュボーカイユ、ランシュ バージュの6大スーパーセカンドの領域に足を踏み入れているシャトーと言える。とりわけ2009年、2010年に関してはWAで連続100ptを獲得しており、その名声を確かなものとした。
現在も品質向上に力を入れており醸造用のセラーの一新、セカンドラベルの導入、新樽比率の向上、機械収穫から手摘みへの変更を経て着実にその品質を向上させている。
栽培面積は78.9ha、平均樹齢30年の葡萄を50hl/haの収量で収穫。木製発酵槽50%、コンクリートタンク40%、ステンレスタンク10%で3~4週間発酵とマセラシオンを実施。新樽60%で16ヶ月熟成し軽い清澄と濾過を行う。

シャトー ル パンはポムロールに拠点を置くガレージワイナリー。現在はシャトーペトリュスに次ぐ「高額で取引される」ワイナリーであり、極めて「生産量の少ない(ポンテカネが25万本に対して、ルパンは6000本)」ワイナリーである。もちろんセカンドラベルは存在しない。1924年からヴュー シャトー セルタンのオーナーであるタンポン家が所有しており、その畑はポムロールの中で最も高い標高に位置している。
このシャトーの特徴的な部分は極端な遅摘み、新樽発酵槽によるアルコール発酵、オーク樽によるマロラクティック発酵である。特にアルコール発酵は新樽のニュアンスはより強く付くが人手による温度管理が必要であり、全てに目が届くガレージワイナリーだからこそできる芸当である。
鉄分に富んだ砂利で構成される、その畑の面積はわずか1.2ha。平均樹齢は25年。
新樽発酵槽で21日のマセラシオン、新樽100%で18~22ケ月の熟成を行う。
ちなみにWA100ptはこの2010年以外はなく、基本的には90点代中盤から後半に位置している。品質というより希少性で値段が高騰しているワインである。


さて、行ってみましょう。


生産者、銘柄: シャトー ポンテ カネ 2010
品種: カベルネソーヴィニヨン65%、メルロー20%、プティヴェルドとカベルネフラン15%

25000円、WA100pt
極めて2010年メドック的な味わいでいて、かつその最上級を極める様な強烈な芳香を放っている。濃厚で凝縮した味わい。
外観は濃いガーネット、粘性は非常に高い。
凝縮したジャミーなブラックベリーやカシスの果実味。糖蜜を掛けたような味わいだ。そして極めてエレガントなミント、西洋杉の清涼感のある風味が広がる。樽のカフェモカやワッフル、バニラのニュアンス。薔薇やスパイシーなリコリス、ユーカリ。ややスモーキーでタバコや燻製肉、焼いたゴムの様な風味。極めて充実した果実味があり、とてもパワフル。
タニックで有りながら目が細かく、しっかりとした酸がある。濃厚なミント、ブラックベリーのアタック、甘露な余韻が長く続く。メドックの1級にも匹敵する超絶のボルドー。


生産者、銘柄: シャトー ル パン 2010
品種: メルロー100%

480000円、WA100pt
ちょっと怖いくらい爆発的な芳香を放つポムロール。濃厚で凝縮しているが、華やかさにも振り切れている。こちらも2010年のボルドーらしい味わいになっている。
外観は濃いガーネット、粘性は非常に高い。
凝縮したコンポートしたブラックベリーやプラム、デーツの果実味、バニラや黒糖、キャラメルなど。ブリオッシュ。とんでもなく甘露で、外にグングン広がっていく様な華やかさがある。まるで糖蜜をかけたフルーツケーキの様な味わい。華やかな薔薇や西洋杉などの華やかで明るい要素。燻製肉。ユーカリ、リコリス、コリアンダーなどのスパイシーさが感じられる。
これでもかというくらい外交的で華やかで甘露なのに、味わいはとても複雑で品がある。
タンニンも酸も充実しており、とてつもない液体密度がある。口の中でとろみすら感じられ、華やかな薔薇やコンポートした黒系ベリーの果実味が広がる。ツヤツヤしたなめらかなストラクチャー。恐ろしいポムロール。
濃縮度、凝縮度共に完璧。しばらく熟成しながら、何度も美味いタイミングか来ると思う。



正直ル パンって値段高いだけじゃねえの?って思ってましたが、いやー、半端ないですね...これ!めっちゃくちゃ美味いですよ!鳥肌が立ちます。マジで。

ただやっぱりメチャクチャ高い...そう考えるとポンテ カネのお買い得感が凄く際立ちますね。こちらはル パンほどの感動は無いまでも、2010年の作柄を象徴する隙の無い完璧なボルドールージュとなっています。

まずはポンテ カネからいきます。
これが先述した通り、まさしく2010年のボルドーの代表的なスタイルを踏襲していて、その最高峰といったところです。
点数こそ下回るものの唯一無二の個性をそれぞれ持っている1級シャトーとはまた別の趣があり、強引に例えるならばシャトームートンロートシルトに近いと思います。っていうのはマルゴーでもオーブリオンでもラフィットでもラトゥールでもないから。消去法ですね。ただムートンも比較的一般的な格付けシャトーのスタイルにおける最上位版という感じがするので、まああながち間違っちゃいないと思いますね。
さて、ちょっと話は逸れましたが、ポンテ カネは2010年の代表的な作りとなっています。その特徴はなんといっても膨大な果実味の凝縮感に尽きると思います。
新世界クラスの果実味を持っているのにも関わらず、品の良さがある。煮詰めたジャムの様なブラックベリーやカシスのアロマがある。そしてワッフルや糖蜜、バニラの風味が主体となっていますが、決して樽や果実味だけに頼り切った味わいではなく、ミントやスパイス、スモーキーさがあるのがいいですね。ボルドーらしいエレガンスがあります。
またアタックやアフターも特徴的で、タニックで酸も力強いのに、目が細かく、収斂性やとげとげしさを全く感じさせない味わいです。余韻も長く、確かに2010年のボルドーの中でも突出した品質があると感じられます。

次にシャトー ル パン。
2010年のメドックとは全く異なる作りでした。凝縮感、濃厚な果実味、強い樽の要素。確かにこれらが主体ではあるのですが、ラトゥールの様な重厚さとは全く真逆で、強烈な華やかさと煌びやかさを持った、極めて外交的なキャラクターとなっています。メルローに見られるフルーツケーキの様な風味があり、コンポートしたブラックベリー、プラム、そしてデーツの様な甘露さがあり、キャラメル、バニラの樽香、ブリオッシュ。そして薔薇の様な華やかさがあります。
ただ低い重心ではなく、よりしなやかで滑らかなタッチのワインで、重さを感じさせないツヤツヤした球体のストラクチャーを持っています。小豆っぽさはありません。
高い凝縮度を保ちながら、内向きではなく外向きに広がっていくかのような味わい。
素晴らしいです。
香りの華やかさ、果実味の熟度、凝縮感、タンニンと酸の豊かさ、滑らかなストラクチャー。どれをとっても最高峰の作りであることは間違いありません。
メチャクチャ派手なワインですね。メドックみたいな重厚な豪華さというよりも、鏡の回廊やムーリスのフロアの様な華美な華やかさを強く感じますね。

両方とも極めて完璧なボルドーワインだったと思います。特にル パンは個人的にはラフルールやペトリュスより好みでした。
勿論ヴィンテージにもよると思いますが、高いだけではない、というのがよーくわかりましたすみません。

いつか誰かポムロール祭りやってくれないかな...レグリースクリネ、レヴァンジル、トロタノワ、セルタン ド メイ、ル パン、ラフルール、ペトリュスとかね...。、


【ボルドー:10】熟成の頂点、不可逆を可能にするオーブリオン1989の優美なる本当の姿

こんにちは、HKOです。
本日も引き続きボルドーレポート。WA100ptを取得したシャトーオーブリオンの1989年です。

シャトー オーブリオンは5大シャトー唯一メドック以外から選定された第一級シャトー。拠点はグラーヴ地区ペサックレオニャン。現在はクラランス ディロンが指揮を執っている。一時期評価が低迷した時期があったが、1978年からネガティブセレクションをより厳格に行なうようになって以降、品質が回復し、今や第一級に恥じない品質を保持している。今回はセカンドラベル、クラランス オー ブリオン。
栽培面積は43ha、平均樹齢36年、平均収量は35ha/ha。
クリスチャンムエックス同様、房ごと切り取るグリーンハーヴェストを行ない収穫はすべて手作業で行なわれる。
温度調整をシステム的に行ないながらステンレスタンクでアルコール発酵を30℃で実施、新樽熟成期間は最大30ヶ月と瓶詰め時期が最も遅い。清澄は卵白を使用し、濾過はされない。
ロバートパーカーはオーブリオン1989に関して、「不死身のワイン1つであり、過去半世紀の若いボルドーワインでは最も偉大なものの1つであり続けている。多分これまでに造られた最も偉大なオー・ブリオンとも肩を並べられるワインとなるだろう。」と評しています。

では、行ってみましょう。


生産者、銘柄: シャトー オーブリオン 1989
品種: カベルネソーヴィニョン 45%、メルロー 37%、カベルネフラン 18%

300000円、WA100pt
飲み頃ジャストミート、恐ろしく素晴らしいボルドーと化している。外観はやや煉瓦色を帯びた淡いガーネットで粘性は高い。
形容し難い程若々しく、かつ熟成の風味が混じり合って複雑で煌びやかな様相を呈している。まず恐ろしい程の果実味がある。ただし決して下品にならずあくまで上品な果実味。濃厚というより濃密。熟したブラックベリーやコンポートしたブルーベリー、そこに絡みつく様にバニラや濡れた西洋杉、ドライイチジク、動物的な生肉、そしてスモーキーなタバコのニュアンスが現れている。枯葉やトリュフ、バラのアーシーな風味、リコリスやオリエンタルスパイス、炭焼きのニュアンスが感じられる。
これだけの要素があるのに、決して重苦しくない。むしろとても軽やかに感じられる。
酸やタンニンはとても穏やかでエキス感がある。口に含むと枯葉やハーブ、鉄分、鉛筆の芯、黒系ベリーの余韻が長く続いて行く。パンの要素も。素晴らしい。


私が今まで飲んだボルドーワインでも最上のボルドーワインだったかと思います。個人的に強く記憶に残っているラトゥール1991、レオヴィルラスカーズ1998、ムートンロートシルト2006、マルゴー1978、それらと同等以上の官能性と神懸り的なストラクチャーがあります。
個人的にはオーブリオンのミディアムボディ、スモーキーさ、ハーブっぽさがあまり好きではありませんでした。オーブリオンの真価は特に熟成した際に発揮されるというのは知識としては知っていましたが、あまり信じていなかったんですよね。
それがどうだ、このオーブリオン1989の素晴らしさ!
信じられない位、若々しく煌びやか。果実味が非常に豊かで、それでいてエレガント。そこに熟成の複雑な要素が絡み合う。
コンポートしたブラックベリー、ブルーベリーの果実味、ドライイチジク、タバコ、バニラ、生肉、濡れた西洋杉、バラなど。幾つもの要素が溶け合って一塊の凝縮したエキスを構成している。パワフルさはあまりなく、どちらかというとエレガンスの中に凄まじい熱量を潜ませているといった印象。
正直あの軽量で青い風味があるオーブリオンが熟成するとこんなにもエレガントになるのか全く理解出来ない。
ひょっとして飲んだヴィンテージが悪かったのか。いやいや、そんなことはないはずだが。
全くもって不思議ではあるものの、現実として素晴らしいオーブリオンがここにあるのだから信じざるを得ない。
不可逆を可能にする神に背く背徳の1989ヴィンテージ。素晴らしい体験でした。

[1989] ラ・ミッション・オーブリオン  750ML

[1989] ラ・ミッション・オーブリオン  750ML
価格:139,650円(税込、送料別)

プロフィール

HKO(はこ)

Author:HKO(はこ)
HKOです。
世界を股にかけない普通の内勤サラリーマン。
体はピノノワールとシャルドネで出来ていますが、最近は専らシラー、グルナッシュ、ヴィオニエなどの南仏品種や、ジンファンデルみたいな濃い品種が好み。貴重なワインや興味深いワインを求めて日夜東京を徘徊する日々。
食べ歩きを2014年頃からスタート。
ミシュラン星付きフレンチ(2017年度版まで)制覇まであと2店舗。
2店舗のハードルが高いので、最近は手軽なビストロなどを周遊。
基本フレンチ/イノベーティブ/フュージョンを愛するが、イタリアンや和食にも食指を伸ばす日々。ペアリングは考えず、皿の中で終局する世界観を大切にしています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
ついった
物欲センサー
物欲センサー2
リンク
QRコード
QR