IL PONENTINO(イル ポネンティーノ:銀座)

【前提】
※メニュー横の★はHKO主観の「もう一度食べたい度」です。シェフ渾身の一皿を素人如きの尺度と個人の趣味嗜好で、それがさも絶対の事実の様に評価するものでは一切ありません。
当てになりません、メモです。
★★★★★→今日にでももう一度食べたい!
★★★★→明日にでももう一度食べたい。
★★★→必ずもう一度食べたい。
★★→機会があればもう一度。
★→日常的に食べられると最高。




銀座ぶらぶら街歩きをしている時に偶然見つけたお店です。


こんにちは、HKOです。
休日出勤すると、周りに誰もいないのでついつい昼休みを長めにとってしまいます。
まあ、確信犯的にやっている部分は多分にあるんですが。

今回も長めのランチでハプスブルグ ファイルヒェンにでも行こうかしらと思っていたのですが、行っては見たものの満席で入れず。
失意のまま追い出され行くところが無くブラブラしてたのですが、たまたま目に付いたイタリアン。

前菜、パスタとメインで2000円、これはお安い。

もう行くところもなくて、入ったのですが、これがかなりいい感じでした。ビストロ的な気取らない感じ。
グラスワインがかなり限定されてますが、概ねコストパフォーマンスは良いと思います。


◼︎バケット(-)




◼︎おまかせ前菜3種盛り合わせ(★)

牛タンのカルパッチョ、これが柔らかい。ホールペッパーと岩塩、オリーブオイルでシンプルに仕上げてある。
真蛸のマリネはニンニクの風味、適度な酸味がある。
マスカルポーネのカプレーゼ。柔らかいマスカルポーネと甘いプチトマト、バシル。
これでその気になればワイン2杯は空けられそうだ。


◼︎パンチェッタ、パルメザンチーズと黒胡椒のカチョ エ ペペ(★★★)

少しハーブの香りがする。
パンチェッタが固め、かつ超ジューシー。噛み締めると旨味と脂の甘みがジュワッと。
そしてパルミジャーノとニンニクの風味。玉ねぎの甘みがすごい出てる。シンプルながら超美味い。
パスタの硬さも絶妙。量も複数皿の割には結構多く、この時点で結構お腹いっぱいになる。


◼︎メカジキのグリル ジェノベーゼソース(★★★)

バジルの葉、ジェノベーゼソースとグリルしたメカジキ。ちょっと岩塩が効いていて、ほろほろと崩れる。しっかりと火が通っているがメチャクチャ柔らかく、クリーミー。口に含むと溶けるよう。文句無し。


◼︎ヘーゼルナッツのトルタ(★★)

フローズンラズベリー、ブルーベリー、バニラソース、ブランデー入りのホイップ。キャラメリゼされたノワゼット、カラメルのムース。
甘みとビターさが共存する大人の味。


複雑さはないのですが、とにかくこのコストパフォーマンスと量と、素直な味わいはホント素晴らしい。
一皿あたり500円!...というと蕎麦の方が安いじゃねえかっていう話ですが、サイゼリヤと同等クラスのお値段で遥かに美味いイタリアンを食えるって凄いと思います。しかも銀座で。
かなり個人的には評価高いです。

また行きたいなー。
でも微妙に遠いんだわな。


住所: 東京都中央区銀座7-11-3 矢島ビル B1
店名: IL PONENTINO(イル ポネンティーノ)
電話番号: 03-3569-3232
営業時間:
[月~土]
11:30~16:00(L.O.15:00)
17:30~23:00(L.O.22:00)

[日・祝祭日]
11:30~16:00(L.O.15:00)
17:30~22:00(L.O.21:00)
ランチ営業、日曜営業


スポンサーサイト
プロフィール

HKO(はこ)

Author:HKO(はこ)
HKOです。
世界を股にかけない普通の内勤サラリーマン。
体はピノノワールとシャルドネで出来ていますが、最近は専らシラー、グルナッシュ、ヴィオニエなどの南仏品種や、ジンファンデルみたいな濃い品種が好み。貴重なワインや興味深いワインを求めて日夜東京を徘徊する日々。
食べ歩きを2014年頃からスタート。
ミシュラン星付きフレンチ(2017年度版まで)制覇まであと2店舗。
2店舗のハードルが高いので、最近は手軽なビストロなどを周遊。
基本フレンチ/イノベーティブ/フュージョンを愛するが、イタリアンや和食にも食指を伸ばす日々。ペアリングは考えず、皿の中で終局する世界観を大切にしています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
ついった
物欲センサー
物欲センサー2
リンク
QRコード
QR