【カリフォルニア: 41】カリフォルニアの貴重なソーヴィニヨンブラン、プティシラーの古酒を利く

こんにちは、HKOです。
本日は引き続きカリフォルニアの古酒です。
カリンセラーズの熟成ソーヴィニヨンブラン、そしてターリーのハイン ヴィンヤード プティシラーの古酒です。


【データ】
カリン セラーズは、1977年、テランス レイトン氏によってカリフォルニア北部のマリン カウンティに設立されたワイナリー。
基本的な運営は彼とその奥様で全てを担当しています。
生産量は全15種類程度ですが、総生産量は7,000ケース程度。100%シングル・ヴィンヤードのみ。基本的には全てのワインは長期の瓶熟成を経た後に市場にリリースされます。
今回のソーヴィニヨンブランは、リヴァモアリザーブとも言える1本の様です。ブドウはディケムからカッティングされたソーヴィニヨンブランが植わるウェンテヴィンヤードのもの。フレンチ・オークにて澱とともに24ヶ月熟成。その後、ろ過せずボトル詰め。瓶詰め後10年間の瓶熟を経てリリースされます。

女帝へレン ターリーの弟であり、フロッグスリープの共同者であったラリーターリーが指揮を執るターリー ワイン セラーズはカリフォルニア最上のジンファンデル、プティシラーを生み出すワイナリー。
01年はワインアドヴォケイトにてジンファンデル最高点となる97点を取得しています。
今回のハイン ヴィンヤードは1908年設立のヴィンヤードで、ターリー プティシラーのフラッグシップとも言える単一畑です。ターリーの最高級・最高品質のフラッグシップ単一畑。新樽100%。


【テイスティングコメント】
生産者: カリンセラーズ
銘柄: リヴァモア ヴァレー ソーヴィニヨン ブラン 2001
品種: ソーヴィニヨンブラン80%、セミヨン20%

6000円、WA90pt
外観は輝きのある黄金色、粘性は高い。
黄桃のコンポートや洋梨、バターの様なまろやかな香り、イースト的な焼きたてのパン、カシューナッツの様なオイリーな香りとドライハーブ、蒸した栗、蜜蝋。ほのかに感じられる白カビの風味、ヨード香りが感じられる。丸みがありながらオイリーで力強くパワフル。香りに関しては球体のバランスがある。
徐々に焼き芋を思わせるバターや穀物、蜜の風味が急激に表出。
非常に強い出汁の様な香りがあり、旨味がかなり表出している。酸から旨味への遷移が非常に芸術的で、最後にほのかに残糖分を残していく。黄桃やカリンの様なフルーティーさとバターの様な余韻を残していく。
かなり完成度の高いソーヴィニヨンブランで青さは一切無い。味わいもだんだんマロングラッセの様に。


生産者: ターリー
銘柄: ハイン ヴィンヤード プティ シラー 1996
品種: プティ シラー100%

17000円、WA96-99pt
濃いガーネット、粘性は高い。
凝縮感のある力強い果実味が特徴的で、甘さを除いた干したプラムやブラックベリーなどの果実味、ビターチョコレート、黒土の様なアロマ、タイムの様な香りが感じられる。徐々にエナメルリムーバーや灯油の様な香りが感じられる。かなり力強くまだ閉じている感じ。黒胡椒やナツメグ、西洋杉。少しインクの様な濃さがある。パストラミハム、スミレや乾いた葉の様な熟成を思わせる香りが少し現れる。黒土が徐々に馴染んで濡れた土に。
しっかりとしたタンニンがあるが、毛羽立ちは無く、酸と旨味とのバランスが良く取れている。アプリコットやブラックベリーなどの凝縮した果実と果皮の余韻が長く続いていく。


【所感】
カリンセラーズめちゃくちゃお得ですねえ...
このお値段で熟成ピークは最高すぎますね。7000円もあれば買えちゃうっていう。無論即購入。
熟成白の良さを存分に感じさせてくれる素晴らしいソーヴィニヨンブランだと思います。
黄桃や洋梨のコンポートや、バター、焼きたてのパン、剥き栗、蜜蝋などの、香ばしく甘い香りと複雑な出汁などの要素が見事に絡み合っているという。
この値段が殊更魅力に感じさせますね。
個人的には1万以上でも買っちゃいますよ、これ。
決して味わいも中抜けしてないし、未熟なソーヴィニヨンブランでもない。グラーヴあたりの上質な白ワインにも通じる味わいって感じです。
例えるならばこのリッチな感じはラヴィル オーブリオンやラクルテ オーブリオンなんかに似てるな、と。
かなりお得な一本だと思います。

次はターリーのプティシラー。
凝縮感があるのは分かるのですが、閉じた様な内向的な特徴がまず感じられます。香りが立ってこない、あの感じです。
徐々にシラー系のプラムやブラックベリーの果実味、ビターチョコや黒土の様な樽香、やや高めのアルコール度数から感じさせる溶剤や灯油のような香り。
それらがまぜこぜになって押し込められている感じ。
徐々に本質を見せ始めますが、ちょっと時間がかかりますね。ジンファンデルのキャッチーさと比較すると、少し難しいかもしれません。
口に含んだ時のタッチは素晴らしくて、毛羽立ちの無い滑らかさや果実味、酸とタンニンのバランスがとても良いです。もうちょっと馴染んだタイミングで飲んだらまた印象が変わるかもしれません。
今の段階だともうちょっと熟成するか、もしくは馴染んだタイミングが良かったと思いました。

カリンセラーズの古酒は買いですね。
めっちゃオススメです。



スポンサーサイト
プロフィール

HKO(はこ)

Author:HKO(はこ)
HKOです。
世界を股にかけない普通の内勤サラリーマン。
体はピノノワールとシャルドネで出来ていますが、最近は専らシラー、グルナッシュ、ヴィオニエなどの南仏品種や、ジンファンデルみたいな濃い品種が好み。貴重なワインや興味深いワインを求めて日夜東京を徘徊する日々。
食べ歩きを2014年頃からスタート。
ミシュラン星付きフレンチ(2017年度版まで)制覇まであと2店舗。
2店舗のハードルが高いので、最近は手軽なビストロなどを周遊。
基本フレンチ/イノベーティブ/フュージョンを愛するが、イタリアンや和食にも食指を伸ばす日々。ペアリングは考えず、皿の中で終局する世界観を大切にしています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
ついった
物欲センサー
物欲センサー2
リンク
QRコード
QR