Brassrie L'ecuin(ブラッスリー レカン:上野)

【前提】
※メニュー横の★はHKO主観の「もう一度食べたい度」です。シェフ渾身の一皿を素人如きの尺度と個人の趣味嗜好で、それがさも絶対の事実の様に評価するものでは一切ありません。
当てになりません、メモです。
★★★★★→今日にでももう一度食べたい!
★★★★→明日にでももう一度食べたい。
★★★→必ずもう一度食べたい。
★★→機会があればもう一度。
★→日常的に食べられると最高。
※★無しは「普通」です。好きじゃなかったのはそもそも書きません。


こんにちは、HKOです。
本日はレカングループのカジュアルレストランであるブラッスリーレカンに行ってまいりました。
惜しまれつつ長期休業に入った銀座レカンですが、再オープンまでの間にそのエスプリを少しでも感じたく...
本来でいうとロティスリーの方が高価格帯でそちらの方がリアルに感じられるのかもしれませんが、家からも近いのでこちらに。


見るからにパリの街場のビストロの様な雰囲気を醸し出しています。



ただ店内はもともと昭和7年に創られた上野駅貴賓室で、なかなか豪華な設えとなっています。古式ゆかしいといった感じでしょうか



価格帯が価格帯なので、あまり気負わずビールで攻めます。アサヒ ドラフトビール。
泡立ちが滑らかで美味です。


早速アミューズが供されてきます。


◾︎アミューズ: 生ハムとレタス

生ハムとレタスだった。ワインのおつまみに。


うむ、まあビストロみたいなもんですから、あんまり気にしません。
さあ前菜ですぞ。


◾︎アントレ: 牛肉、牛蒡、茸のテリーヌ 人参のムース添え(★)



牛肉の野生的な風味と牛蒡の土っぽい風味と食感、茸のコリコリとした食感が感じられる。
人参のムースは生クリームと間違えるくらいクリーミーで牛乳感が強く、ほのかに人参の風味を感じる。塩味は決して強く無いが、ムースの甘みとバランスよく調和している。
ちょっと温めの温度が微妙に気になりますが、いいと思います。
結構牛肉の味が強いですね。牛肉の甘露煮の缶詰みたいな味というか。


次はお魚です。


◾︎ポワソン: 金目鯛のポワレ マルセイユ風(★★)


ジャガイモとインゲン、金目鯛をブイヤベースのソースで。金目鯛はやや強く火が入っていて、少しパサっとしている。外側はカリカリに焼き上げられている。ブイヤベースははっきりとした魚介の風味があるが、ローブリューやセゾンと比べるとやや控えめか。塩は適切だが、肉質は人によっては好みが分かれる硬さかも。ブイヤベースの風味はとても良いのでするっと食べられる。


ちょっとだけ火入れが強い様な...?
まあ人の好みかもしれませんね。


◾︎ヴィヤンド: 蝦夷鹿のソテー グリーンペッパーソース(★★)


蝦夷鹿は鹿らしい血の風味と強い旨味があるが、どこか肉質に締まりが無い様にも思える。柔らかく嚙み切りやすくはあるが...
これはこれで滑らかでいいのかな?
グリーンペッパーソースの風味がスパイシーに旨味を引き上げているのはとてもいい感じだと思った。
ポテトグラタンはホクホクでなかなか美味しい。チーズの焦がした風味もいい。とても家庭的。
全体的には美味しい思う。


蝦夷鹿は微妙に肉質が緩い様な気がするんですが、気のせいかな...?
でも鹿の野性的な味わいは全然あったので、やっぱり人による感じかしら...
付け合わせのポテトグラタンはチーズの味が強くて、懐かしい感じ。美味しいと思います。



◾︎デセール: クレームダンジュとマロンのスープ アカシアのハチミツのアイス添え(★)

ややマロンのスープは薄めではあるものの、クレームダンジュがはっきりとした味わいなので、ちょうどいい。
クレームダンジュはやや酸味のあるヨーグルトにも近いタッチ。そこにアカシアとハチミツのアイスクリームが複雑さを与える。クレームダンジュのなかにある甘露煮も食感が面白い。


アカシアとハチミツのアイスクリームとマロンの風味が結構複雑で、それでいてちゃんと調和しているのはいい感じだと思います。


最後に食後のコーヒーを飲んで〆。
ディナーとしては4000円代の比較的手の出しやすい価格帯であるのですが、価格対比としては結構ありそうな感じだと思います。
ランチやバー利用もできるみたいなんで、そういう使い方がいいかもしれません。


住所: 東京都台東区上野7-1-1 ブラッスリーレカン
店名: Brassrie L'ecuin(ブラッスリー レカン)
電話番号: 03-5826-5822
営業時間:
年中無休
ランチ 11:00~16:30(L.O.)
ティー 13:30~16:30(L.O.)
ディナー 16:30~22:00(L.O.)


スポンサーサイト
プロフィール

HKO(はこ)

Author:HKO(はこ)
HKOです。
世界を股にかけない普通の内勤サラリーマン。
体はピノノワールとシャルドネで出来ていますが、最近は専らシラー、グルナッシュ、ヴィオニエなどの南仏品種や、ジンファンデルみたいな濃い品種が好み。貴重なワインや興味深いワインを求めて日夜東京を徘徊する日々。
食べ歩きを2014年頃からスタート。
ミシュラン星付きフレンチ(2017年度版まで)制覇まであと2店舗。
2店舗のハードルが高いので、最近は手軽なビストロなどを周遊。
基本フレンチ/イノベーティブ/フュージョンを愛するが、イタリアンや和食にも食指を伸ばす日々。ペアリングは考えず、皿の中で終局する世界観を大切にしています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
ついった
物欲センサー
物欲センサー2
リンク
QRコード
QR