【カリフォルニア:49】ジョセフ フェルプス ポートフォリオ デギュスタシオン #3 ミドルレンジ カベルネソーヴィニヨン

こんにちは、HKOです。
ジョセフ フェルプス3回目は、ついに本丸。
プロプライエタリーブレンドです。
今回は収量が多い時に作られるセカンドワイン的なイニスフリーと、スタンダードラインのナパヴァレー カベルネソーヴィニヨンです。


【データ】
ジョセフフェルブス ヴィンヤーズは1972年 セントヘレナ スプリングヴァレーに設立されたワイナリー。現在は7つの畑を保有しています(ラリーアンドハイド アンド サン、バッカス、バンカ ドラダ、ラス ロカス、ヨーントヴィル、サスコル ランチなど)。カリフォルニアで初めてシラーを栽培、また品種ではなく初めて固有のワイン名を冠したキュヴェを生産した事でも有名です。
また1999年にはジョーフェルプスによって、ピノノワールとシャルドネに特化したワイナリー(フリーストーン ヴィンヤーズ)を設立しました。
こちらはフリーストーン、クオータームーン、ファーガソンの区画を100エーカー所有しています。土壌は砂のローム層で200m~500m程度の標高の畑となっています。栽培はビオディナミ。
(ジョセフ フェルブス)
イニスフリーはカベルネソーヴィニヨンのセカンドワイン的な立ち位置で収量が多い時に作られるキュヴェ。ステンレスタンクで発酵、2~4年のバリックと大樽、アメリカンオークとフレンチオークを併用して16ヶ月熟成。
ナパヴァレー カベルネソーヴィニヨンはインシグニアのセカンド的な立ち位置のキュヴェ。ステンレスタンクで発酵の後フレンチオーク、アメリカンオークの新樽45%で18ヶ月の熟成を行います。
インシグニアはジョセフフェルプスのフラッグシップ。スタッグスリープやラザフォードのカベルネを使用して、フレンチオーク新樽100%で熟成。
バッカス ヴィンヤードはオークヴィルの同名の単一畑のブドウを使ってフレンチオーク新樽100%で熟成。
唯一の白のソーヴィニヨンブランはスプリングヴァレーヴィンヤードのブドウを使用してフレンチオーク新樽35%で澱とともに7ヶ月熟成。
(フリーストーン ヴィンヤーズ)
フォグドッグ シャルドネはフリーストーンのセカンド的な立ち位置で、ダットン ランチ ミル ステーション67%、フリーストーン33%のブドウを使ってフレンチオークで8ヶ月熟成。
フォグドッグ ピノノワールも同様のセカンド的な立ち位置。フリーストーン100%のブドウを使って25%フレンチオーク新樽を使用して熟成。
フリーストーン ヴィンヤーズ シャルドネはフリーストーン100%のブドウを使って40%フレンチオーク新樽で13ヶ月熟成。
フリーストーン ピノノワールはフリーストーン100%のブドウを使って35%新樽で13ヶ月熟成する。


【テイスティングコメント】
生産者: ジョセフ フェルプス
銘柄: イニスフリー カベルネソーヴィニヨン 2012
品種: カベルネソーヴィニヨン80%、プティヴェルト9%、メルロー5%、マルベック4%、カベルネフラン2%

約5000円
外観は赤みの強いガーネットで粘性は高い。
干したアプリコット、ブラックベリーやダークチェリーの様な濃密な果実味が前面にあり、そこに焼いた藁やトーストの様なロースト香が混じる。スミレやほのかな土っぽさ、シダ。鉄分を感じさせる燻製肉、鉄観音の少しスパイシーな香り。リコリスなどの要素も感じられる。
少しイタリアワイン的な要素を感じるカベルネソーヴィニヨンで、充実した旨味が特徴。
酸は充実しており、タンニンは意外と控えめ。
ブラックベリーやタバコ、藁の様な余韻がある。苦味などの嫌な要素は無く、極めてスムーズでバランスの良いカベルネソーヴィニヨン。新世界としてはやや軽めか。


生産者: ジョセフ フェルプス
銘柄: ナパヴァレー カベルネソーヴィニヨン 2012
品種: カベルネソーヴィニヨン91%、メルロー6%、マルベック1%、プティヴェルト1%、カベルネフラン1%

約10000円、WA89-91pt
外観は濃いガーネット、粘性は高い。
トーストやコーヒーの樽起因の香りが比較的強めに出ている。その中に熟したカシスや(ほのかに酸味を残した)ブラックベリーの果実味が感じられる。まろやかなシロップやほのかなキャラメルの様な要素、スミレ、土の様な要素、杉の木の樹皮の比較的強い要素、ベーコンや、ユーカリ、リコリスなどのスパイシーな香りと、オリエンタルスパイスなどの要素が感じられる。
こちらもタンニンや酸はかなり穏やかで、僅かながらの体躯の薄さを感じさせる。バランスが良いので気にならないが、カシスや鉄分、トーストのアロマが感じられる。


【所感】
同時に上級キュヴェと共に頂きましたが、やはりちょっと物足りなさを感じますね。どちらも密度や凝縮度がトップキュヴェと開きがある様に感じました。
イニスフリーは上位のキュヴェとはあまり似ていないので、別物として捉えられるのですが、ナパカベルネはなまじっか似てるだけに特に顕著に感じられます。
もちろんプラスの点もあります。
密度は低いながらも、かなりタンニンと酸のバランスには気を使っているのか、薄いくせに妙にタンニンが刺々しかったり、酸が際立っているという感じではありません。なので、かなり口当たりはスムーズで、飲みやすい形に仕上げられているなと。
イニスフリーは樽香や酵母の香り、酸の出方がが少しイタリアワインちっくな感じです。単純なネガティブセレクションなので、上位キュヴェとそうした違いはないものかと思うのですが...。
果実味的にはアプリコットの様な厚みのある旨味や酸を感じるもので、いわゆるニューワールドの黒系果実のジャムのような、リキュールのような、そうしたグリセリン感を伴うような粘性を感じる作りではありませんね。やや酸が優勢です。やはり少し未熟なのかもしれません。
ナパヴァレー カベルネソーヴィニヨンはイニスフリーと異なり新樽を45%使っているからか樽香がかなり強く前に表出しています。また熟したカシスやブラックベリーの果実の香りを感じるのですが、少し酸を残した様な感じ。他にもスパイスの香りがあり、イニスフリーと比べると複雑に作られています。
香りのボリューム感から行くと、やや重めのワインを想定するんですが、タンニン、酸共に穏やかで、粘性をあまり感じない。フルボディですが、やや熟度に物足りなさがありますね。薄めというか。
ちょっと香りとアタックの印象のギャップがあるので、気になる人は気になるかもしれません。
出来としてはどちらもそこそこまとまっているので、悪くはないと思います。


スポンサーサイト
プロフィール

HKO(はこ)

Author:HKO(はこ)
HKOです。
世界を股にかけない普通の内勤サラリーマン。
体はピノノワールとシャルドネで出来ていますが、最近は専らシラー、グルナッシュ、ヴィオニエなどの南仏品種や、ジンファンデルみたいな濃い品種が好み。貴重なワインや興味深いワインを求めて日夜東京を徘徊する日々。
食べ歩きを2014年頃からスタート。
ミシュラン星付きフレンチ(2017年度版まで)制覇まであと2店舗。
2店舗のハードルが高いので、最近は手軽なビストロなどを周遊。
基本フレンチ/イノベーティブ/フュージョンを愛するが、イタリアンや和食にも食指を伸ばす日々。ペアリングは考えず、皿の中で終局する世界観を大切にしています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
ついった
物欲センサー
物欲センサー2
リンク
QRコード
QR