Monnalisa Ebisu(モナリザ 恵比寿店: 恵比寿)

【前提】
※メニュー横の★はHKO主観の「もう一度食べたい度」です。シェフ渾身の一皿を素人如きの尺度と個人の趣味嗜好で、それがさも絶対の事実の様に評価するものでは一切ありません。
当てになりません、メモです。
★★★★★→今日にでももう一度食べたい!
★★★★→明日にでももう一度食べたい。
★★★→必ずもう一度食べたい。
★★→機会があればもう一度。
★→日常的に食べられると最高。



こんにちは、HKOです。



本日は恵比寿のモナリザ本店に行ってまいりました。
丸の内にもあり、自宅や勤務地からはそっちの方が近いのですが、何分席が空いておらず。
折角なので本店の方で予約をしました。



テーブルウェア。



オーナーシェフは河野 透氏。
ギィ サヴォワ、ジョルジュ ブラン、ジラルテなどで修行をし、ジョエルロブションに師事。帰国後、広尾のひらまつのシェフを経験し、タイユヴァン ロブションの初代日本人シェフを務めています。その後独立しモナリザを開店しています。
ミシュランガイド東京版 2016では*1を獲得しています。



まずはシャンパーニュを注文...するつもりはあまりなかったのですが注文。(理由は後述)



■シャンパーニュ
生産者: クロード カーズ
銘柄: グランクリュ ブラン ド ブラン NV


外観は透明感のあるストローイエローで粘性は中庸。クリーミーな泡。
全体的に香りの質を見るによくまとまっているが、香りがあまり立ってこないのはグラスの質だろうか。
バターやモカの様な滑らかさと蜜を思わせる白桃やの様な繊細な果実味がある。比較的しっかりと醸造の要素を加えている様に感じる。
ほのかにフレッシュハーブの要素などが感じられるが、多くは果実味とバターやモカの要素が味わいの多くを占める。熟した印象はあり、よくできている。
酸はかなり柔らかく、ミネラル感も控えめ。
口の中に果実味が広がる。冷涼な作りではあるが、よく熟したいいシャンパンだと思う。


結果的に頼んで良かった美味しいシャンパンでした!
さてアミューズが供されてきます。



■アミューズブーシュ「シシャモとジャガイモのフライ サフランソース」(★★)


シシャモに細切りにしたジャガイモを巻きつけフライにしたもの。上にはカイワレ。ソースはサフランで色付けしたソース。
子持ちシシャモのプチプチとした食感とパリパリと香ばしいフライの食感が楽しい。シシャモの白身的な味わいはそんなに強くなく、魚卵のふくよかな味わいとサフランソースのクリーミーな味わいが調和する。塩気は控えめ。


アミューズに手が込んでいていいですね!



■パン「フルーツ酵母を使ったパン、自家製豚肉のリエット、バター、オリーブオイル」(★)



香味野菜が入ったスパイシーな豚のリエット。
これがかなり美味。気に入った。


次は前菜です。アミューズが良かったのでなかなか期待してしまいます。


■アントレ「白子のムニエル アメリケーヌソース 釜あげシラスのブランダード添え」(★★★)


白子のムニエル、シラスとジャガイモを生地で挟んだブランダード、アメリケーヌソースのエスプーマ。野菜は春菊。
アメリケーヌソースはクリーミーでスープの様な舌触りと甲殻類の際立った風味を感じる。そのソースをキャベツと春菊がたっぷりと吸って滑らかな味わいと春菊のほのかな苦みが心地よく口の中に広がっていく。
白子はプリプリで、外側がカリッと仕上がっている。
白子の溢れ出すクリーミーさとアメリケーヌソースが調和。底に敷かれている根菜がザクザクとした食感を付加。
ほのかに感じる黒胡椒のアクセントもいい。ブランダードはコロッケの様でシラスっぽさはあまり感じないが、ジャガイモの滑らかさとフェンネルの風味はしっかりと感じられる。


次はお魚料理です。


■ポワソン「宮崎県魚オオニベのポワレ 赤ワインソース パリパリアーモンド風味」(★★★★)


ポワレしたオオニベにハラミのフリット、根セロリのソテー。ソースは出汁と赤ワインを煮詰めたポワソンルージュ。
赤ワインソースは酸味とほのかな甘みを残しながら魚の出汁の強い風味が表出している。根セロリは煮詰めた大根の様に滑らかで、セロリのほのかな清涼感のある風味も感じられる。ほのかな甘みもある。ハラミのフリットはあまり油分はなく、魚の風味とカリカリとした食感が素晴らしい。
オオニベは極めてふっくらとしっとりと仕上げられている。身の間にエキスを多分に含んでいてジューシー。
皮は強めでなかなか切れないがこちらもパリパリに火が入れられている。身の自体はしっとりとした食感だがアーモンドのポリポリさが食感を付加。ナッティーな風味も含めよく調和している。また赤ワインソースの酸味とコクも良くオオニベに合っていると思う。美味しい。


かなりいいですね...!
オオニベは初めて食べましたがしっとりとしていてエキスもしっかりとあって、火入れも良い。
またソースのマッチングもいいですね。白ワインのクリームソースではなく赤ワインというのが挑戦的でいいと思います。


■ヴィヤンド「国産牛ロース肉のグリエ カフェドパリソース 冬野菜添え」(★★★★)


国産牛のグリエとハーブとバターを合わせたカフェ ド パリ ソース。そして芽キャベツ、胡瓜、ブロッコリー、パプリカ、マリネした人参、菜の花、ロマネスコ、ユリ根の滑らかなフリット、甘いローストした新玉ねぎ、フリットした茄子、野菜とチーズを使った春巻きか添えられている。
そしてメインの肉は非常に脂が乗っていてサシが充実。とろける様な味わいに、ソースの滑らかさとハーブの清涼感が非常に調和する。肉自体にも旨味が強く力強い味わいだからソースがよく合う。火入れも非常によく、旨味と脂の甘みがちゃんと包含されている。美味。


肉料理も良かったです。
最初の給仕のありえない感じからは掛け離れた洗練された美味さ!特にソースがいいですね...


■アヴァンデセール「ストロベリーのシャーベット、ピスタチオとチョコレートのフレーク」(★)


奥にあるストロベリーの冷たいシャーベットと滑らかなペーストにカリカリとしたチョコレートとピスタチオのフレークが感じられる。チョコの中にはパチパチキャンディの弾ける食感。さっぱりとした爽やかさと食感を楽しめる。
流行りの演出なのだろうか。よく見るなこれ。


■デセール「デザートの盛り合わせ」


ランチだから盛り合わせなのかも。
デセールというかミニャルディーズ感がある...
可愛いけどコレジャナイ感...
・シナモンとレーズンのアイスクリーム
・梅とバジルのソルベ
・金柑のゼリー
・生クリームとイチゴ
・イチゴとチョコレートのムース
・カスタードのタルト
・モンブラン
・クリームブリュレ


■コーヒー




■ミニャルディーズ「オランジェットをイメージしたチョコボール、天使の羽のチュイル、オレンジのコンポート」


最後にミニャルディーズ出てきたよ...
可愛いし、美味しいしなかなかいいと思います。



あんまり言いたくないんですが、自分とこのグラスシャンパンの銘柄も答えられないのはヤバイでしょ...しかも頼んでもないのに注がれてくるし...
人多いのにちょっとねーという感じが拭えない...
たまたまなんだろうけど、ちょっと頑張ろう! ここは!
ただそれに対して料理はすごく良かった。どの皿も比較的トラディショナルながら、どれも重すぎず、美味しかったし。
あと皿そのものもsghrじゃなくてかなり拘りが見えて良いと思いましたね。かなり満足度の高いレストランだと思いました。
また来たいですね。

ご馳走様でした!



住所: 〒150-0021 東京都渋谷区恵比寿西1丁目14−144, 1F
店名: Monnalisa Ebisu(モナリザ 恵比寿)
電話番号: 03-3240-5775
営業時間:
ランチ  11:30~14:00(ラストオーダー) 閉店 15:30
ディナー 17:30~21:00(ラストオーダー) 閉店 23:00
スポンサーサイト
プロフィール

HKO(はこ)

Author:HKO(はこ)
HKOです。
世界を股にかけない普通の内勤サラリーマン。
体はピノノワールとシャルドネで出来ていますが、最近は専らシラー、グルナッシュ、ヴィオニエなどの南仏品種や、ジンファンデルみたいな濃い品種が好み。貴重なワインや興味深いワインを求めて日夜東京を徘徊する日々。
食べ歩きを2014年頃からスタート。
ミシュラン星付きフレンチ(2017年度版まで)制覇まであと2店舗。
2店舗のハードルが高いので、最近は手軽なビストロなどを周遊。
基本フレンチ/イノベーティブ/フュージョンを愛するが、イタリアンや和食にも食指を伸ばす日々。ペアリングは考えず、皿の中で終局する世界観を大切にしています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
ついった
物欲センサー
物欲センサー2
リンク
QRコード
QR