La Scogliera(ラ スコリエーラ: 赤坂)

【前提】
※メニュー横の★はHKO主観の「もう一度食べたい度」です。シェフ渾身の一皿を素人如きの尺度と個人の趣味嗜好で、それがさも絶対の事実の様に評価するものでは一切ありません。
当てになりません、メモです。
★★★★★→今日にでももう一度食べたい!
★★★★→明日にでももう一度食べたい。
★★★→必ずもう一度食べたい。
★★→機会があればもう一度。
★→日常的に食べられると最高。


こんにちは、HKOです。
本日はお呼ばれ致しまして、赤坂のスコリエーラに行ってきました。



以前1回だけ行ったことがあったのですが、その時も大変美味しいイタリア漁師料理を頂きました。
前菜祭りは正に神。まじサイコー(棒)



オーナーは八丈島出身の漁師で、毎朝築地や八丈島などから届く新鮮な魚でシチリア等の地中海料理を再現しています。
今回はスカンピとズッパディベッシェの会という事で、従来のコースと異なり、完全なカスタマイズが施された会になっています。



濃密な味わいの川中島 幻舞 澱絡み 特別純米のロックでのどを潤します。
かなり味わいが濃いお酒で、ロックの方がメロンのような香りが際立ってきます。
米のうまみも強く大変美味しいです。

早速フィンガーフードが供されます。


■フィンガーフード「しらすと桜えびのゼッポレ」

しらすと桜えびを使ったイタリアの揚げパン、ゼッポレ。
ふわふわっとした食感でしらすと桜えびの磯の風味と塩気がなかなかおいしいです。
素朴な味。


さてメインディッシュ第一陣。


巨大スカンピ君たちです!
これがマジででかい!そもそもあまり丸のままの赤座えびさんに出会ったことが無いのですが、
少なくとも体感的にもほかの写真をみて比較しても明らかにでかい!
オーナー氏も相当大きいやつです、と言ってました。



■アミューズ「岩牡蠣と巨大フレッシュスカンピ」(★★★)



フレッシュなまま、真っ二つに包丁が入れられたスカンピ君。
ツヤツヤしていて大変美味しそうです。しかも僕のは卵付き。
おおよそ自然のものとは思えないような綺麗なターコイズの卵。味の想像が全くつかないぞ・・・・
ちなみに卵は塩気は控えめで、魚卵っぽい食感も風味もあまりないです。品がいい感じです。

メインの身はムチムチしていて歯ごたえ豊か。かつ噛みしめるとクリーミーで濃厚。
ちなみに足も頂けるのですが、これが美味しくて甘海老みたいなネットリとした感じ。
身よりもクリーミーです。




伏兵の岩牡蠣。塩気は控えめ。
1つ目はぷっくりとして白子を思わせるねっとりさ。口に含んで噛みしめると、ぶわっとクリーミーさが広がります。
おかわりの2つ目はクリーミーさは控えめなんだけど、引き締まっていてさっぱりと歯ごたえ豊か。



あゝ岩牡蠣。マジで最高。

ちなみにイタリアンは不得手なんですが、スカンピ=ラングスティーヌでとても納得しました。

ここまででかなりの満足感が出てきた訳ですけども”これから”前菜が始まります。
アミューズじゃないよ!こんなの!


■前菜「前菜5種盛り合わせ」
贅沢にも前菜は5種。通常のコースだとこれらが一皿で出てきますね。
ちなみにどの料理も、ホントにものすごくパンによく合うんですよね!
無限運動不可避!

・尾長鯛のカルパッチョ(★★)

身は引きしまっていてコリコリとした触感の鯛です。脂はあまり感じなかった。
オリーブオイルの青い風味と塩の振り方が絶妙。パンに乗せて食べたい一品。

・白烏賊と茄子のマリネ(★★)

白烏賊は少し火が入っているけど、芯にコリコリとした感じが残ってます。
マリネの酸味がちょっと強めなんですけど、クタクタのナスが柔らかくて、いい感じに中和してくれます。
これもパンにすごく合う。

・ワカサギのカルピオーネ(★★)

カルピオーネ=エスカベッシュ。西洋風南蛮漬けといった感じ。
ワカサギの揚げたものに甘酢でマリネしている感じ。何気にレーズンの甘さがぴったりとハマります。

・ひこいわしのマリネ(★★)

ひこいわしにオリーブオイル、ピンクペッパー、ビネガーでマリネしたもの。
これもパンにぴったりと合う感じで最高。

・真蛸と枝豆のマリネ(★★)

枝豆がすごくいい味を出していてマリネの酸味をうまく包んでいる形。
真蛸の食感もいい。


かなりパンを食べてしまいました・・・・
次にパスタとズッパディベッシェを残しているというのに・・・
かなりお腹が温まってきた感があります。


■パスタ「無加水自家製麺トンナレッリを使ったパスタ」
・殻付き生ウニたっぷりのソースのトンナレッリ(★★★)


殻には何も入ってません。
フレッシュなウニを使っているからか、あまり臭みは無く、どちらかと言えばクリームやバターの風味が良く出ていると思います。
ウニの風味が強すぎても何なので、これぐらいがちょうどよかったです。
麺はしっとりモッチモチで超うまかった。


・自家製本マグロのカラスミとアスパラガスのソース(★★★)


カラスミとカラスミパウダーを使った濃厚なソース。
しっかりとした塩気とカラスミの磯の香りがいい感じです。こちらの麺も最高。


ハーフポーションかとは思いますが、2皿分なので結構な満足感がありましたね。どちらも美味しかったですが、個人的にはウニの方が好みでした。

さてさて、最後はズッパです!
僕はフレンチのブイヤベースやスープ ド ポワソン、カサゴや鯛、ホウボウを使ったものがとても好きなんですけども、まさに待望のイタリア版のスープ ド ポワソン、ズッパ ディ ベッシェでございます。



■メイン「真魚鰹のズッパ ディ ペッシェ」(★★★+)

うおおおおお!すげえええええ!
真魚鰹ーーー!!俺だーーッ!どこにいるーー!



ニヤリ...!




アサリ、ムール貝、マテ貝、海老、烏賊、スカンピの殻などの魚介類がたっぷり入った漁師風スープです!




取り分け。スープは少ないようです。
南仏のスープ ド ポワソンとは大分違いますね、まず香味野菜やエルブ ド プロヴァンスの風味というよりは、トマトの方が強い様な気がしますね。
出汁の風味が強烈なのは変わらないのですが、こっちのはスープというより具を食べる感じがします。
ただ貝類や烏賊、海老は勿論の事、鯛のようにフワフワの真魚鰹に魚介類のエキスが融合、還元されて単体にはありえない複雑さを感じるのは凄いですね!
この手のは凝縮した旨味が最高だと思いますんで、それを真魚鰹と一緒に味わえるのは超良かったです。


最後は写真撮ってませんが、デセールで〆。
魚介を味わいつくした夜でした。
肉も当然好きなのですが、最近はもっぱら魚の多様性に惹かれるようになってきました。
獣肉もジビエがあるけど、なかなか時期が来ないと食べる機会も少ないですしね...
魚はその点旬ごとに結構種類もありますから。

そんな中でたくさんの魚介類を味わえたのは良かったです。最高。


住所: 東京都港区赤坂4-15-1 赤坂ガーデンシティB1
店名: La Scogliera(ラ スコリエーラ)
電話番号: 03-3586-8989
営業時間:
11:30~14:00(L.O.)、18:00~22:00(L.O.) (※土・祝は12:00~14:00(L.O.)、18:00~21:00(L.O.))
スポンサーサイト
プロフィール

HKO(はこ)

Author:HKO(はこ)
HKOです。
世界を股にかけない普通の内勤サラリーマン。
体はピノノワールとシャルドネで出来ていますが、最近は専らシラー、グルナッシュ、ヴィオニエなどの南仏品種や、ジンファンデルみたいな濃い品種が好み。貴重なワインや興味深いワインを求めて日夜東京を徘徊する日々。
食べ歩きを2014年頃からスタート。
ミシュラン星付きフレンチ(2017年度版まで)制覇まであと2店舗。
2店舗のハードルが高いので、最近は手軽なビストロなどを周遊。
基本フレンチ/イノベーティブ/フュージョンを愛するが、イタリアンや和食にも食指を伸ばす日々。ペアリングは考えず、皿の中で終局する世界観を大切にしています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
ついった
物欲センサー
物欲センサー2
リンク
QRコード
QR