La Bettola da Ochiai(ラ ベットラ ダ オチアイ:東銀座)

【前提】
※メニュー横の★はHKO主観の「もう一度食べたい度」です。シェフ渾身の一皿を素人如きの尺度と個人の趣味嗜好で、それがさも絶対の事実の様に評価するものでは一切ありません。
当てになりません、メモです。
★★★★★→今日にでももう一度食べたい!
★★★★→明日にでももう一度食べたい。
★★★→必ずもう一度食べたい。
★★→機会があればもう一度。
★→日常的に食べられると最高。


こんにちは、HKOです。
どうにもiPhone7の操作感に慣れません..


本日は東銀座のラ ベットラ ダ オチアイです。
著名な落合務氏のイタリアンで、値段的にも非常に安価で本格的なイタリアンを頂ける事で有名です。


落合務氏は、イタリアで4年間の修行の後、赤坂のグラナータのシェフに就任、97年にベットラをオープンしています。その後はテレビ雑誌などでも活躍しています。


当日ランチの予約を取れて(微妙な平日だからかも...)ちょっと行ってまいりました。

飲み物は平日の勤務前なので、さすがに酒は飲めず。
まずはフォカッチャから。


◾︎自家製フォカッチャ(★)


オリーブオイルの風味を感じるもっちりとした暖かいフォカッチャ。美味しい。


◾︎アンティパスト「カンパチのカルパッチョ」(★★)


たっぷりのミョウガ、水菜とカンパチのカルパッチョ。
マヨネーズ、ビネガーとオリーブオイルでシンプルに。カンパチは新鮮でプリプリしていて歯ごたえが豊か。
しっかりとした酸味とオリーブオイルの豊かな香りが感じられる。


◾︎プリモ「牛頰肉赤ワインソースのリガトーニ」(★★★)


濃厚!
ホロホロかつ適度な食感の牛頰肉がたっぷりと入ったペンネタイプのパスタ。粘性の高い濃厚なソースで赤ワインの風味と牛肉の出汁がしっかりと感じられて、ペンネタイプのパスタにしっかりと絡む。とてもボリューム満点。旨味と濃厚な味わい。


◾︎セコンド「仔羊の香草グリル」(★★★)


大きめのラムラックが2本。ローズマリーの香りが漂う香草焼き。マスタードとオリーブオイルで頂く。
非常にジューシーで、エキス感に溢れている。やや強めの塩気が旨味を引き出している。身は柔らかく、ナイフですんなりと切れる。
ローストではなく、グリルならではの香ばしさが素晴らしい。


以前からランニングコースの途中にあるので気にはなっていたのですが、いいですねえ、ここ。
まず、ランチコースが3皿3000円で頂けるし、量も結構あるので、かなり満足感が高いです。
今回は僕のチョイスのせいで茶色くなってしまいましたが、ニース風サラダとかはかなりいい感じでしたし、パスタランチも前菜が山盛りとお得感があります。
予約が取りにくいとのことですが、僕が行った時は空席がありましたし、意外と平日であれば当日入店出来たりするのかもしれません。
一応予約はしといた方がいいかも。



住所: 東京都中央区銀座1-21-2
店名: La Bettola da Ochiai(ラ ベットラ ダ オチアイ)
電話番号: 03-3567-5656
営業時間:
[月~金]
11:30~14:00
18:30~22:00
[土・祝]
18:00~21:30
ランチ営業
スポンサーサイト
プロフィール

HKO(はこ)

Author:HKO(はこ)
HKOです。
世界を股にかけない普通の内勤サラリーマン。
体はピノノワールとシャルドネで出来ていますが、最近は専らシラー、グルナッシュ、ヴィオニエなどの南仏品種や、ジンファンデルみたいな濃い品種が好み。貴重なワインや興味深いワインを求めて日夜東京を徘徊する日々。
食べ歩きを2014年頃からスタート。
ミシュラン星付きフレンチ(2017年度版まで)制覇まであと2店舗。
2店舗のハードルが高いので、最近は手軽なビストロなどを周遊。
基本フレンチ/イノベーティブ/フュージョンを愛するが、イタリアンや和食にも食指を伸ばす日々。ペアリングは考えず、皿の中で終局する世界観を大切にしています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
ついった
物欲センサー
物欲センサー2
リンク
QRコード
QR