【コニャック】シャトーラフィットが作る偉大なコニャック

こんにちは、HKOです。
本日はこのブログでは珍しいコニャックです。


【データ】
ラフィット ロートシルトは、伝統と格式に満ちたボルドー最高のシャトー(という見られ方をする)。ラフィットを生み出しているものの、1974年までは一級としては比較的凡庸でありながら、75年以降、エリックの行き届いた管理と、32~36ヶ月の樽熟成期間を20~30ヶ月に変更、さらに徹底したグリーンハーヴェストと意識的な遅摘みを行う事で果実味を引き出し、現在はその地位を不動のものとしている。現在はシャルル シュヴァリエがその指揮をとっている。
栽培面積は100ha、平均樹齢は45年。収量は平均で48hl/haとなっている。
栽培は先に述べたとおりグリーンハーヴェストで収量を抑えた果実を選定し、除梗機で除梗したのち、ステンレスと木製のタンクで18~24日間のマセレーションとアルコール発酵が行われる。オーク新樽16~20ヶ月で熟成を経た後に、無濾過で瓶詰めされる。
今回はコニャック。
コニャック ボルドリ地方から産出されるブランデーで、1900~1920年の大古酒の原酒をブレンドし、6年の熟成を経た上でリリースされる。
大変貴重なコニャック。


【テイスティングコメント】
生産者: シャトー ラフィット ロートシルト
銘柄: コニャック トレ ヴィエイユ レゼルヴ ド ラフィット ロートシルト

外観は黄金色、粘性は高い。
非常に洗練されたコニャックで樽が強すぎず、ともすればフレッシュな葡萄のニュアンスすら感じられる。またアルコールのギスギスした香りは控えめで丸みを感じる。
パイナップルやマスカテルな果実由来のニュアンスを主体として、エナメルリムーバー、白胡椒の様なスパイシーさ。ユーカリなどの清涼感。古紙、糖蜜やクリームの様な甘露さが徐々に現れる。
口当たりは柔らかく、お香や胡椒、熟した葡萄などの複雑な余韻を残していく。


【所感】
コニャックは一応有名どころのルイ13世とリシャールヘネシー、あとポールジローのヘリテージくらいしか抑えられてないのですが(というか他に抑えるくらいの余裕がなかった為)門外漢なのですが、これ、すごいはっきりとぶどうのニュアンスが出てますね。樽はかなり控えめ。
そして最も驚きなのが、高アルコールにも関わらず尖ったところがなくて、口の中で球体感を帯びている感じ。
熟成による複雑さも素晴らしいですが、蒸留酒にしてこの口当たりは結構度肝を抜かれましたね。
今まで飲んだ蒸留酒にはない滑らかさでした。
さすがに自前で買える値段は超えてるんですが、機会があったらこの滑らかさ、また体験してみたいですな...



スポンサーサイト
プロフィール

HKO(はこ)

Author:HKO(はこ)
HKOです。
世界を股にかけない普通の内勤サラリーマン。
体はピノノワールとシャルドネで出来ていますが、最近は専らシラー、グルナッシュ、ヴィオニエなどの南仏品種や、ジンファンデルみたいな濃い品種が好み。貴重なワインや興味深いワインを求めて日夜東京を徘徊する日々。
食べ歩きを2014年頃からスタート。
ミシュラン星付きフレンチ(2017年度版まで)制覇まであと2店舗。
2店舗のハードルが高いので、最近は手軽なビストロなどを周遊。
基本フレンチ/イノベーティブ/フュージョンを愛するが、イタリアンや和食にも食指を伸ばす日々。ペアリングは考えず、皿の中で終局する世界観を大切にしています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
ついった
物欲センサー
物欲センサー2
リンク
QRコード
QR