BENOIT Alain Dacusse TOKYO(ブノワ 東京:青山)

【前提】
※メニュー横の★はHKO主観の「もう一度食べたい度」です。シェフ渾身の一皿を素人如きの尺度と個人の趣味嗜好で、それがさも絶対の事実の様に評価するものでは一切ありません。
当てになりません、メモです。
★★★★★→今日にでももう一度食べたい!
★★★★→明日にでももう一度食べたい。
★★★→必ずもう一度食べたい。
★★→機会があればもう一度。
★→日常的に食べられると最高。


こんにちは、HKOです。
本日はブノワに行ってきました。



いやー、いいですね!!
ベージュと比べると遥かにカジュアル。
店員のノリも軽い。気取らなくてとてもいい。
ハイエンドなビストロって言った感じだ。しかもサービス料取らないんすね。すごい。

シェフはフランスで修行後シェ松尾で料理長を務めた野口貴宏氏。ミシュランガイド2016 東京版では*1を獲得しています。



ビストロと古典的なレストランの両方の雰囲気を持つ店内。



ビストロ風の店が10Fにある不思議。




ワインの前にフィンガーフードが供出。ワインを見ながらもぐもぐ。


■フィンガーフード「チーズのシュー」


スタンダードかつパリパリとした外皮の食感のチーズのシュー。


普通ですが、飾り気がなくてなかなかいいですね。
シャンパーニュはあまり飲まないシャルル ラフィットを注文しました。



生産者: シャルル ラフィット
銘柄: ブリュット キュヴェ スペシャール NV

外観は淡いストローイエロー、粘性は中庸。
しっかりとした果実の香りが感じられる。フレッシュなシトラスやリンゴの香りを感じさせながら、バターやクリームを思わせるリッチな香りを感じさせる。
またイーストやフレッシュハーブ、リコリス、白い花の要素もある。
リンゴを思わせる酸はしっかりとあり、栗やバターのような含み香りを感じさせる。
リッチでフレッシュ、バランスが良く手堅いキュヴェだと思う。



■パンとバター

ごくごく普通。よく売ってるやつっぽい。



うーん、パンも特に奇をてらった感じではないですね。
繊細というより、普通のパン屋さんで売ってるようなバケットとパンです。
ただ、あまり違和感はないですね。



■アントレ「サラダ ブノワ フォアグラ ベーコン」(★★★)


シンプルでありながら山盛りな一皿。
葉野菜にインゲンとマッシュルーム、豚肉のパテとトースト、フォアグラ、大きい自家製ベーコンを添えている。
ソースは酸味の効いたビネグレットソース。
ベーコンは柔らかくフワフワ、豚肉のパテも薄いながらも内臓をを思わせる風味があるパテドカンパーニュ。
薄くスライスしたフォアグラはトーストに乗せて。塩気とバターのような厚みがあるフォアグラにトーストが良く合う。独特の内臓的な風味がある。ねっとりとした味わいがある。
フォアグラトーストとサラダは無限運動可能。
さっぱりと、時にはフォアグラ、ベーコン、パテで濃厚に楽しめる一皿。



次はお魚料理です。



■ポワソン「帆立貝と大海老のポワレ カリフラワーとパンチェッタ」(★★)


インド洋産大海老、北海道産帆立、カリフラワー、様々なロマネスコ。白ワインを使ったカリフラワーのピューレと帆立の紐のソース。2g(+360円)の黒トリュフを添えて。
2gでも相当トリュフが香ってくる。
帆立のポワレは結構強めに火が入れられていて、しっかりとした食感。ジューシーではないが旨味もあるし、甘みもしっかりと感じられる。トリュフもしっかりとマッチする。
大海老はプリプリとしていて、歯ごたえが大変良い。
こちらも火入れがしっかりとされていてジューシーではないが、旨味が凝縮している。さらにパンチェッタが旨味を強化する。
ソースは帆立を焦がしたような風味があり、はっきりとした味わいで、カリフラワーのピューレは滑らかな味わい。クリーミー。
カリフラワーやロマネスコは帆立の出汁のソースを吸ってまろやかでありながら、旨味を感じる味わいに。



シャンパーニュがなくなったのでビールを飲みながら、待ちます。ビール美味しい。
次は鳥です...ってでかああああああ!!



■ヴィヤンド「ホロホロ鳥のオーブン焼き ポレンタ レバートースト」(★★★)


ポーションが多い!がっつりだ!
パリッと火が入れられたホロホロ鳥と、レバーペーストを付けたバケット、コーンミールを粥状にしたポレンタが付く。
モモ肉はしっかりと火が入れられていて、側面はパリパリとした火入れ。内側は大変ジューシーでホロホロ鳥のジュと肉汁が合わさってボリューム感が感じられる。食感もムチムチ。旨味は鴨には劣るがいわゆる鶏と比べると断然強い味わいだ。
胸肉もムチムチでよく脂が乗っている。
モモ肉よりより強い味わいで、ソースとの絡みもとても良い。鳥ならではの淡白感はあるけど、遥かに力強い。
レバートーストのレバーは火が入れられていて、ハンバーグのような感じ。濃厚で多少苦味はありながらもレバーの風味とサクサクしたトーストの相性は抜群にいい。
ポレンタはチーズやバターがしっかり絡まっていて、バターをたっぷりつけたパンの様な味わい。濃密。



ポーションが多いので、ここまででお腹いっぱい。
そこにダメ押しのデセールです。



■デセール「ショコラとキャラメルのブノワ風と牛乳のアイスクリーム」(★★★)


かなり濃厚な一皿。
カラメルクッキーの上にキャラメルクリームを乗せたものにチョコレートをコーティング。濃厚なショコラデセール。
そこに強い濃厚な牛乳+塩気のアイスクリーム。
下にはカラメルのクッキー。濃厚なデセール同士、濃い口で調和する。カラメルの雰囲気も本格的でローストした様な風味がしっかりと感じられる。
この皿に限ってはビストロ的な適当なものではない様に思える。



うう、お腹いっぱい....!
でもなかなか美味しかったですね。
いわゆる一つ星レストランの中では味わいも人もかなりカジュアルな方だと思います。
だから調和や繊細な火入れ、緻密な食材のペアリングは期待してはいけませんね。
その代わりゴリ押しの様なポーションとシンプルな味付けは嫌う人は少ないでしょうね。
ベージュをその前に行っていたからかもしれませんが、過剰に期待してはいけない感じかもしれません。
ちゃんと肉魚食べようと思うとそこそこしますしね...

好みの問題ですが、ワイワイみんなで食べたいのであればオススメ。緻密さやクリエイションを期待する人にはオススメできません。個人的には好きですね。



住所: 東京都渋谷区神宮前5-51-8 ラ・ポルト青山10階
店名: BENOIT Alain Dacusse TOKYO(ブノワ 東京)
電話番号: 0364194181
営業時間:
ランチ
11:30 - 16:30(14:30 L.O.)
ディナー
17:30 - 23:30(21:30 L.O.)
年中無休(年末年始を除く)
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

HKO(はこ)

Author:HKO(はこ)
HKOです。
世界を股にかけない普通の内勤サラリーマン。
体はピノノワールとシャルドネで出来ていますが、最近は専らシラー、グルナッシュ、ヴィオニエなどの南仏品種や、ジンファンデルみたいな濃い品種が好み。貴重なワインや興味深いワインを求めて日夜東京を徘徊する日々。
食べ歩きを2014年頃からスタート。
ミシュラン星付きフレンチ(2017年度版まで)制覇まであと2店舗。
2店舗のハードルが高いので、最近は手軽なビストロなどを周遊。
基本フレンチ/イノベーティブ/フュージョンを愛するが、イタリアンや和食にも食指を伸ばす日々。ペアリングは考えず、皿の中で終局する世界観を大切にしています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
ついった
物欲センサー
物欲センサー2
リンク
QRコード
QR