Le Coq(ル コック: 恵比寿)

【前提】
※メニュー横の★はHKO主観の「もう一度食べたい度」です。シェフ渾身の一皿を素人如きの尺度と個人の趣味嗜好で、それがさも絶対の事実の様に評価するものでは一切ありません。
当てになりません、メモです。
★★★★★→今日にでももう一度食べたい!
★★★★→明日にでももう一度食べたい。
★★★→必ずもう一度食べたい。
★★→機会があればもう一度。
★→日常的に食べられると最高。

こんにちは、HKOです。
本日は恵比寿にあるル コックに行ってみました。





シェフはギィサヴォワやエスペランスなどで修行を積み、Q.E.D.クラブの料理長も務めた比留間光弘氏。
ミシュランガイド東京版 2016では*1を獲得しています。



今日はハートランドビール!うまい!
フェーブルのヴァイヨンが気になったが、とりあえずビールで進めていきます。


■フィンガーフード「鶏レバー フォアグラ レーズンのペースト」(★)


滑らかな内臓の風味とブランデーっぽいほの苦さ、レーズンの甘みが調和したペースト。バケットに付けていただきます。濃厚ですが、比較的さっぱりとした一皿です。
ビールに合いますね。



■アントレ「自家製スモークサーモン サワークリーム添え」(★★)


燻製香の効いた刺身のような柔らかいサーモン。
外側は塩気が強いが、身自体は脂がのっていて塩をあまり感じない。そこにサワークリームの酸味と塩気がサーモンの風味を引き上げる。
レモンの爽やかさもしっかりと脂の乗ったサーモンにマッチする。
シンプルながら調和のとれた一皿だと思う。


■メイン「熟成南の島豚のロースト」(★★)


菜の花、玉ねぎ、カリフラワーなどのソテーした野菜に豚のロースト。あと赤ワインと豚肉のジュを使ったソースかな。
野菜にはかなりソースが良く絡み、野菜が持つ甘みを引き立てている。豚肉は香ばしくジューシーに火入れされていて美味。黒胡椒のスパイシーな風味も素晴らしい。
噛むと肉汁が溢れ出し、ソースと絡む。
脂っぽさもなく、淡白な肉をしっかりとしたソースで頂く事ができる。


あっさりとデセール。
最近多皿構成が多いからだろうか...


■デセール「胡桃とイチジクのリンツァータルト」(★)


シナモンの風味を強く感じる熱いタルト。クリームが添えてある。シンプルながら濃厚なタルトでイチジクの甘みが非常に際立つ。イチジクはタルトの生地に含まれていたのだろうか。生クリームがイチジクの甘さを抑え丸みを演出する。


■ミニャルディーズ「ショコラ3種(ナッツのチョコ、オランジェット、トリュフチョコ」

どれもしっかりとした味わいで美味。



丁度良い腹具合。美味しかったです。
しかしお昼時だというのに、お客さんが一人も来なかったのが不思議...
しっかりとした美味しいフレンチを供出していて、値段も安いのに。派手さは無いんですが、手堅くて僕は好きなんだけどなぁ。
恵比寿は派手なお店が多いし、立地的にも微妙な所だからかもしれないですね。勿体無い。
個人的には大変気に入ったので、また来たいですね。
次は4500円のコースかな。



住所: 東京都渋谷区恵比寿西2 7 2 ウィンズビル 1F
店名: Le Coq(ル コック)
電話番号: 03-3770-1915
営業時間:
12:00~(前日までの予約のみ)
18:00~22:00(L.O)
ランチ営業
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

HKO(はこ)

Author:HKO(はこ)
HKOです。
世界を股にかけない普通の内勤サラリーマン。
体はピノノワールとシャルドネで出来ていますが、最近は専らシラー、グルナッシュ、ヴィオニエなどの南仏品種や、ジンファンデルみたいな濃い品種が好み。貴重なワインや興味深いワインを求めて日夜東京を徘徊する日々。
食べ歩きを2014年頃からスタート。
ミシュラン星付きフレンチ(2017年度版まで)制覇まであと2店舗。
2店舗のハードルが高いので、最近は手軽なビストロなどを周遊。
基本フレンチ/イノベーティブ/フュージョンを愛するが、イタリアンや和食にも食指を伸ばす日々。ペアリングは考えず、皿の中で終局する世界観を大切にしています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
ついった
物欲センサー
物欲センサー2
リンク
QRコード
QR