【カリフォルニア:53】カリフォルニア カルトワイン リバイス #1


こんにちは、HKOです。
本日から2回に分けてカリフォルニアのプレステージワイン、カルトワインを見直していこうと思います。
今回はドミナス、オーパスワン、ヴェリテのミュゼです。


【データ】
ドミナス エステートは1983年から続くカリフォルニアの中でも比較的長い歴史を持つワイナリーの一つ。拠点はヨーントヴィル。シャトーペトリュスのクリスチャン ムエックスがカリフォルニアに保有するワイナリーです。ドミナスは歴史的なナパヌック・ヴィンヤード(50ha)の葡萄で造られています。
生産量は年間6000~8000ケース。50%はセカンドワインのナパヌックとして、50%はこのドミナスとしてリリースされます。フレンチオーク樽(新樽40%)で16~18ヶ月熟成でリリースされます。

オーパスワンは言わずと知れた1979年からスタートしたバロン フィリップ ド ロスチャイルドとロバート モンダヴィのジョイントベンチャー。カリフォルニアを代表するプレミアムワインです。
ナパヴァレーのオークヴィル地区に拠点を置き、伝統的なボルドー品種を栽培しています。
作付面積は68ha(使用するのは約70%程度)。
密植度は一般的な畑に比べて5~6 倍。
収穫はナイト ハーヴェストを実施。手摘みで収穫されたブドウは機械によって100%除梗。2010年から導入したオプテイカルマシンで完全に選別。以降はグラビティフローによってワイナリーを移動します。アルコール発酵とマセレーションは温度調節つきステンレス製タンクで実施。平均20日前後のスキンコンタクトをゆっくりと行った後、フリーランとプレスワインに分け、それぞれ樽熟成に100%フレンチオーク新樽で約18カ月の熟成を経て、ブレンドで瓶詰め、さらに18カ月程度の熟成を経てリリースされます。

ヴェリテはソノマ カウンティ、アレキサンダー ヴァレーに畑を保有する生産者で、
ケンダル ジャクソンのジェス ジャクソンとが、ロワールやボルドーで経験を詰んだピエール セイヤンによって設立された生産者。ヴェリテはソノマ カウンティの特に優れた4つの区画を保有しており、ポムロール、ポイヤック、サンテミリオンなどの銘醸地のスタイルを元にした、ボルドーブレンドのワインを生産しています。
メルロー主体のミューズ、カベルネフラン主体のデジール、カベルネソーヴィニヨン主体のジョワがフラッグシップとなり、2007年にはその全てでパーカーポイント100点を達成しています。
海抜100フィートから2,400フィートまで、それぞれ異なる土壌でブドウを栽培し 醸造。
醸造後、最も良いブレンドを決定した後、新樽比率100%のフレンチオークで15ヶ月から18ヶ月熟成された後に出荷されます。



【テイスティングコメント】
生産者: ドミナス エステート
銘柄: ドミナス 2009
品種: カベルネ ソーヴィニヨン 95%、プティ ヴェルド 5%

WA97pt、27000円
外観は濃いガーネット、粘性は高い。
濃密だが若干香りに勢いが不足気味。
バターやイースト的な要素に、熟したブラックベリーやカシスの風味が入り混じる。ややアルコール感が際立っておりエナメルリムーバーや漢方の様なスパイシーな要素を包含している。ほのかにパウンドケーキの様な要素。ピーマンやユーカリ、ドライハーブ的な青っぽさが出る。炭焼き、ラベンダー。土的な要素。
リコリスやジンジャーブレッドの様な風味が感じられる。
タンニンはやや荒れ気味で、酸も力強い。
球体感はあり、素性の良さを感じるものの、ややシルキーさに欠けていて、
余韻はブラックベリーやカシスの様な果実リキュールと、厚みのある苦味を感じさせる。


生産者、銘柄: オーパス ワン 2012
品種: カベルネ ソーヴィニヨン79%、カベルネ フラン7%、メルロ6%、プティ ヴェルド6%、マルベック2%

WA96pt(2010)、49000円
外観は濃いガーネット、粘性は高い。
蕩ける様に甘露で外交的な香りがムンムン。
ブリオッシュやキャラメルトフィー、コンポートしたブラックベリーやカシスなどの甘露な果実味に溢れている。
バニラの様な樽香とミルク的なマロラクティック発酵のニュアンス、果実味の甘露さが非常にバランスが取れている。 シロップの様なストレートな甘い香りがあり、バナナやワッフル、スミレの様な華やかさもある。
徐々にイーストなどもある。
動物的な要素は控えめで、ほのかにベーコンの様な香りがある。リコリスやオリエンタルスパイスの様な要素がある。
タンニン、酸共に極めて柔らかくシルキー。しなやかで柔らかい、ミルクや熟したベリーの様な余韻を長く残していく。球体感よりは広がる様なボルドー的な舌触りで、重量感はない。


生産者: ヴェリテ
銘柄: ラ ミュゼ 2010
品種: メルロー 90%、カベルネフラン7%、マルベック3%

WA94-96pt、54000円
外観は濃いガーネット、粘性は高い。
牛脂の様なオイリーさ、焼いた帆立の様なロースト香の中に、糖蜜を思わせる濃厚な果実味が潜んでいる事が分かる。最も厚みがあり、力強い。
奥にはミルクコーヒー。そしてブラックベリー、カシスのコンポートの様な香りが潜んでいる。炭焼きや濡れた土、熟成した肉の様な塩気。ドライフラワー、シナモン。
ほのかにピーマン香があるが、完全に複雑さとして作用。
ユーカリやリコリスなどの風味も感じられる。
重々しい香りに対して酸やタンニンの重々しさはあまりない。グリセリン感はしっかりと感じられるが、存外にサラリとした舌触り。タンニンは多少ざらつきがあるが、ミルクや牛脂的な余韻でさほど目立たない。収斂性は高い。


【所感】
どちらかというと今回はプレステージ寄りでしょうか。カリフォルニアの著名ワイナリー2種類です。

まずドミナスから行きましょう。
去年10月にも同じヴィンテージを飲みましたが、行ってしまうと、より冴えない感じになっています。
丁度熟成の狭間、ということかもしれません。
確かな果実味やボルドー的なマロラクティック発酵の要素などの残滓は感じられるものの、全体的に香りが全く上がってきません。それこそイーストとアルコールの要素に蓋がなされているような感じで、肉厚ながら品のあるドミナスの良さがちょっと閉じこもってしまっている印象を受けます。かなり勿体無い。
そのくせタンニンや酸は若いから、口当たりも少し微妙な感じですね。素直な感想でいうと、今飲むべきではないワインだと思います。

次にオーパスワンを飛ばしてミュゼに行きましょう。こちらも個人的にはやや厳しいな、と思うメルロー主体のワインです。おそらくこちらも丁度熟成の谷にある状態で、ストレートな果実のニュアンスは落ち着き、牛脂の様なオイリーさと焼き帆立を思わせるヨード感と樽香が前に出ています。ドミナス同様、糖蜜を思わせる確かな果実味があるにも関わらず、前述の要素で蓋が為されている状態。わずかなカベルネフランに起因するピーマンの香りがありますが、ここは特には過剰に気になることはありませんでした。
粘性も高く全体的に重々しい香りが支配しているので、タンニンや酸は非常に強いだろうと予測しましたが、その予測と反して、かなり柔らかくしなやかなタンニンと酸。サラリとした舌触り。やや冷涼なソノマだからでしょうか。香りとの印象に差分があります。
恐らく若いヴィンテージの方が美味しそうな気がします。

最後はオーパスワン。
これはもう例年なんですが、とても良いです。
非常にキャッチーに香り高く、広域に広がり魅了していく様な香りがあります。ボディ的にはこれらのワインの中ではかなり柔らかく、ボルドー的なしなやかさがありますが、とにかく香りが強烈。
フローラルで果実味にも満ち満ちています。
ブリオッシュやキャラメルトフィー、果実のコンポートの様な香りを帯びていてストレート。動物的なニュアンスとかはほとんどなく、華やかさと果実味を前面に押し出した形となっています。重量感こそないですが、素直に美味しいと思える造りだと思いますし、即効性があります。
熟成に耐えうるかといえば、他のカルトワインと比べたら早いかもしれませんが...今飲んでも最高なワインだと思います。流石オーパスワン。ナイトマーケットでなんとなく飲まれているだけではないと思います。
素晴らしい。

基本的にこの中だとオーパスワンが突出してました。
他は丁度熟成の間でしたので、少し残念でしたね...


[2012] オーパスワン  750ML

[2012] オーパスワン  750ML
価格:36,720円(税込、送料別)



正規品:[2010] ドミナス Dominus

正規品:[2010] ドミナス Dominus
価格:40,284円(税込、送料別)

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

HKO(はこ)

Author:HKO(はこ)
HKOです。
世界を股にかけない普通の内勤サラリーマン。
体はピノノワールとシャルドネで出来ていますが、最近は専らシラー、グルナッシュ、ヴィオニエなどの南仏品種や、ジンファンデルみたいな濃い品種が好み。貴重なワインや興味深いワインを求めて日夜東京を徘徊する日々。
食べ歩きを2014年頃からスタート。
ミシュラン星付きフレンチ(2017年度版まで)制覇まであと2店舗。
2店舗のハードルが高いので、最近は手軽なビストロなどを周遊。
基本フレンチ/イノベーティブ/フュージョンを愛するが、イタリアンや和食にも食指を伸ばす日々。ペアリングは考えず、皿の中で終局する世界観を大切にしています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
ついった
物欲センサー
物欲センサー2
リンク
QRコード
QR