Le Moment(ル モマン: 都立大学)

【前提】
※メニュー横の★はHKO主観の「もう一度食べたい度」です。シェフ渾身の一皿を素人如きの尺度と個人の趣味嗜好で、それがさも絶対の事実の様に評価するものでは一切ありません。
当てになりません、メモです。
★★★★★→今日にでももう一度食べたい!
★★★★→明日にでももう一度食べたい。
★★★→必ずもう一度食べたい。
★★→機会があればもう一度。
★→日常的に食べられると最高。

こんにちは、HKOです。
本日は都立大学にあるル モマンに行ってまいりました。
なかなか自宅から遠く二の足を踏んでおりましたが、たまたま付近に立ち寄る機会がありましたので。



住宅街の中にある似つかわしく無いモダンなお店。



テーブルクロスは無く、カジュアルな雰囲気が漂っています。



シェフは浅岡達矢氏。
タテルヨシノ芝でシェフを務め、その後独立。
ル モマンを開業しております。
ミシュランガイド2016 東京版では*1を獲得しています。

ここは新潮流のスペインワインを推しているらしく、せっかくなので色々飲んでみようと思います。


生産者:マエティエラ
銘柄: リバリス ロゼ 2013

外観は比較的赤みの強いロゼで粘性は低い。
フルーツティーや紅茶の様なエレガントな香りを感じさせる。ほのかに牛脂の香りが感じられる。
清涼感があり、瑞々しい野いちごやレッドカラント、ライチの様な果実味が感じられる。
多少の茎っぽさ、ミント、ほのかなバターの風味が感じられる。ハチミツなどのアロマがある。
酸は非常に落ち着いていて果実味は豊か。フルーツティーの様な華やかな余韻が残る。


なかなかいいですね...!
香りに甘やかさはありますけど、さっぱりとしており清涼感があります。


■フィンガーフード「グリエールチーズを練り込んだグジェール」


熱々でフワフワのグジェール。チーズの風味がしっかりとあり、しっとりとした塩気と風味が感じられる。



■アミューズ1「春キャベツの冷たいスープ」(★)


ポトフ的。しっかりと火を入れた春キャベツの甘い風味とベーコンの様な香ばしさが感じられる。極めてクリーミー。生クリーム感が非常にある。コンソメの様な出汁的な風味もある。
冷たいが風味が際立つ。


■アミューズ2「ブランケット ド ヴォーと筍のブリック揚げ たらの芽のベニエ」(★★+)


春の苦み。軽やかなフリットで。
サクサクとしたたらの芽の食感をふわりとした衣が包み込む。
牛肉の春巻きは筍と牛肉を巻いていて、普通の春巻きと違ってバターの風味が感じられる。外側はパリパリに揚げられており、さっくりとした食感と濃厚なバターの風味のコントラストが楽しい。



■アントレ「パテ アン クルート」(★★★)


鴨肉や鶏肉、フォアグラなどを使った田舎風パテ。ガルニチュールはアーティチョーク。
パイが非常にサクサク!
田舎風パテ的な内臓的な要素はありながらも変な癖は無く、滑らかで肉の旨味やオイリーさがしっかりとある。
パイのバターの風味もパテの風味に厚みを与える。素晴らしい。ちなみに肉の塊もちゃんと入っていて、食べ応えもしっかりとある。ただ、これはパテ全般に言えるのだけど、やや脂が強いのでこの量だと人によっては結構しんどいかも...


前菜の段階でお腹がいい具合に。
いや、まだ全然食べられるけど、これ最終的にはいい落とし所になりそうな気がする。


■ポワソン「的鯛のポワレ マルニエールソース」(★★★+)


皮はサクサク、身はしっとりとした鯛のグリエ。
ムール貝、アサリ、エシャロットと魚介のダシを使った強い旨味と酸味のあるマルニエールソース。
鯛にはしっかりとエキスが残っているし、ソースとの相性も非常にいい。塩と魚介の出汁、香味野菜の風味が鯛にしっかりと吸い込まれていく。貝類の旨味と鯛の味わいって本当に合うな...旨味が引き立つ。というか相乗する。


お魚美味です...!
マルニエールソースいいですね。ブールブランもいいですが、こっちもガラッとタイプが変わっていいかもです。
次は赤ワイン。


生産者: カステル デングス
銘柄: アクスプ ピノノワール 2012

外観は赤みの強いガーネット、粘性は高い。
非常に甘露さが際立つピノノワールでニューワールドともブルゴーニュとも全く異なるタイプ。
樽香が目立たない、熟したタイプのピノノワール。
熟したアメリカンチェリーやブラックベリーのコンポート、牛脂の様なオイル感、なめし皮や燻製肉の様な風味。
ドライフラワーの様な香りが感じられる。
基本的には華やかであるものの、ドライでは無くよく熟したピノノワールの風合いがある。クローヴやほのかに紅茶の要素がある。
タンニンや酸は柔らかく、口に含むとベリーのコンポートの様な甘露なグリセリン感のある味わいが広がる。
ボリューム感のあるピノノワールだと思う。


あんまり濃いタイプでは無いっすね。
でも甘みは際立っていてグリセリン感あります。
樽樽してない新世界のピノノワールって感じかも。


■ヴィヤンド「鶉のフォアグラファルシ」(★★★★+)


鶉の胸肉でフォアグラを包んで。さらにちりめんキャベツ、鶉肉のミンチでファルシ。ガルニチュールは蕪のファルシで、中にはキノコが入っている。ソースはジュ ド カイユ。
あっ、これめっちゃ美味いやつや。
鶉のミンチ肉がしっかりと肉汁エキスを持っていて大変ジューシー、それでいて中の胸肉がしっかりとした食感があり、複雑さとしてフォアグラの風味が在る。ちりめんキャベツのサクサク感も良いアクセントになっている。
淡白な鶉を非常にボリューム感溢れる一皿に仕上げていると思う。
付け合わせの蕪のファルシはキノコの細切れが入っている。シャンピニオンの豊かな香りと食感。まるで肉が入っているみたい。蕪は非常に甘いと思う。


非常に美味しかったです。
特に鶉のファルシ非常に良かったです。
最後はデセール。


■デセール「温かいチョコレートケーキとバニラアイス」(★)


スフレの様な温かいチョコレートケーキで、中はトロトロ熱々。非常に甘露。濃厚なチョコレートケーキ。
その中でバニラアイスの冷たさが非常に気持ちいい。


■ミニャルディーズ「アーモンドのチュイル、キノコを模したマシュマロ、ココナッツの焼き菓子 」(★)



デセールはシンプルでしたね。
でもスタンダードながら美味しかったです。


これで6500円!安い!大満足です。
しかもこれディナーなのに...

なんというかいいんすかって感じで。
しかも7皿構成ですよ。相当ありますよね。
基本的にはどの皿も良かったんですが、特筆すべきは鶉のファルシですね。
ジューシーさと肉質が両立して、かつ淡白な鶉をフォアグラで補強するってすごいや...
ここはデイリーできたいんですが、まあ遠くてしんどいですね。
雰囲気もいいし、オススメです。



住所: 東京都目黒区柿の木坂1-34-14 1F
店名: Le Moment(ル モマン)
電話番号: 03-6421-3839
営業時間:
11:30~13:30(L.O) 18:00~21:00(L.O)
ランチ営業、日曜営業
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

HKO(はこ)

Author:HKO(はこ)
HKOです。
世界を股にかけない普通の内勤サラリーマン。
体はピノノワールとシャルドネで出来ていますが、最近は専らシラー、グルナッシュ、ヴィオニエなどの南仏品種や、ジンファンデルみたいな濃い品種が好み。貴重なワインや興味深いワインを求めて日夜東京を徘徊する日々。
食べ歩きを2014年頃からスタート。
ミシュラン星付きフレンチ(2017年度版まで)制覇まであと2店舗。
2店舗のハードルが高いので、最近は手軽なビストロなどを周遊。
基本フレンチ/イノベーティブ/フュージョンを愛するが、イタリアンや和食にも食指を伸ばす日々。ペアリングは考えず、皿の中で終局する世界観を大切にしています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
ついった
物欲センサー
物欲センサー2
リンク
QRコード
QR