ロバートモンダヴィ ナパヴァレー カベルネソーヴィニヨン 2008

おはようございます。
昨日はお家でロバート モンダヴィのナパヴァレー カベルネソーヴィニヨンを開けました。ここを見ると高いブルゴーニュばかり開けている様に思えますが、普段は慎ましいデイリーばかり、ロバートモンダヴィのスタンダードキュベでも滅多に開けられません。


生産者:ロバートモンダヴィワイナリー
銘柄:ロバートモンダヴィナパヴァレーカベルネソーヴィニヨン

価格は36米ドル、パーカーポイント89点
中々に上質なナパヴァレーのカベルネソーヴィニヨン。
甘やかながらボルドーのシャトーを想起させる香りと味わい。
ドライプルーンとブラックベリーの濃厚な果実味、スミレ、ピーマン香、パストラミハム、西洋杉、ほのかにクローヴと甘草も香る。炭焼きの樽香も。
一般的なナパヴァレーの濃厚で甘みのあるタイプを基軸にしているものの、スレンダーでエレガンスさを感じる造り。タンニンと収斂性は強く、若干のとげは感じるものの、さすがのロバートモンダヴィであると思う。この直線上に確かにオーパスワンの姿が見え隠れする。
樽香と果実香はオーパスワンに比べるとかなり弱めだがボディはこちらの方が強い。
それが若干のバランスの悪さにも感じる。


国内で買ったら確か4000円台中盤くらい。
コストコで3000円台後半、グァムでは免税店で、かつセール対象商品になっていて9ドルっつう超安価で買えました。
もう1本くらい買っておけば良かったなぁ。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

HKO(はこ)

Author:HKO(はこ)
HKOです。
世界を股にかけない普通の内勤サラリーマン。
体はピノノワールとシャルドネで出来ていますが、最近は専らシラー、グルナッシュ、ヴィオニエなどの南仏品種や、ジンファンデルみたいな濃い品種が好み。貴重なワインや興味深いワインを求めて日夜東京を徘徊する日々。
食べ歩きを2014年頃からスタート。
ミシュラン星付きフレンチ(2017年度版まで)制覇まであと2店舗。
2店舗のハードルが高いので、最近は手軽なビストロなどを周遊。
基本フレンチ/イノベーティブ/フュージョンを愛するが、イタリアンや和食にも食指を伸ばす日々。ペアリングは考えず、皿の中で終局する世界観を大切にしています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
ついった
物欲センサー
物欲センサー2
リンク
QRコード
QR