北島亭(きたじまてい:四ツ谷)

【前提】
※メニュー横の★はHKO主観の「もう一度食べたい度」です。シェフ渾身の一皿を素人如きの尺度と個人の趣味嗜好で、それがさも絶対の事実の様に評価するものでは一切ありません。
当てになりません、メモです。
★★★★★→今日にでももう一度食べたい!
★★★★→明日にでももう一度食べたい。
★★★→必ずもう一度食べたい。
★★→機会があればもう一度。
★→日常的に食べられると最高。


こんにちは、HKOです。
本日は四ツ谷くんだりまで、北島亭に行ってまいりました。



二郎感。


シェフは巨匠 北島素幸氏。フランスではトロワグロ、ジョルジュブランで修行をし、帰国後はドゥロワンヌ、パンタグリュエルで勤めた後、北島亭をオープンしました。現在はスーシェフの大石義一氏が指揮を執っているようです。


北島亭といえば、やはりそのボリューム!
今回はそのボリュームを十分に感じられるラインナップを選びました。4皿ご自由にお選びくださいコース!

さて、少食のHKOは耐えられるだろうか。




本日の食材。

雲丹、鮑、セップ茸、牛肉でいきます。


ちなみに机にブシャールのマルコンソールが置いてあって、「えっ?これグラスで出してんすか?」って聞いたら出してないって。ええーー??



■アミューズ「ツブ貝のマリネ」(★)


ツルッとしたツブ貝。ビネガーと出汁を効かせた突き出し。


■アミューズ「メロンの冷たいスープ」(★)


メロンの濃密な甘みとミントの爽やかな風味。
とろとろのスープとメロンの旨いところだけ掬ったような強い食感の果肉。


ここまではまあ余裕です。
てっきり北島さん、もう引退していると思ったんですが、フロアに挨拶にいらっしゃって恐縮してしまいました...!


■1皿目「北海道産生ウニのコンソメゼリー寄せ カリフラワーのクリーム添え」(★★★★)


生うにを中心に据え、旨味の豊かなコンソメゼリー、そこに生乳感の強い厚みのあるカリフラワーのクリームを添えている。旨味豊かな出汁的なコンソメ風味にクリームが絡まると全く別の印象になる。クリームスープのような形を口の中で形成。ウニは山ほど乗っていて、存分に磯の風味とクリーミーさを味わう事ができる。
ジュンサイのプリプリとした食感が面白い。冷たいウニのクリームスープを形成する。


あー、これは確かに旨い!
そしてウニ山盛り!これは嬉しい。


■2皿目「房州産アワビのポッシェ 肝と黒ニンニクソース」(★★★)



蒸し鮑と肝と黒ニンニクのソース、ガルニチュールはビネガーを使ったオクラ、エダマメ、アスパラガス。
アワビには切れ目が細かく入っていてナイフで切りやすくなっている。アワビの強い食感、黒ニンニクと肝のソースはフルーティーな甘みとニンニクの強い風味、肝の濃厚さが味噌を思わせる。当然ながらアワビにぴったりと調和する。
アスパラガスのソテーがほのかな塩気で旨味が引き出されていていいと思います。


少ない人数で回しているからか、供出がやや遅いような気がしますね...12~3人分をアラカルトで数人で回すのは無理があるような。
お腹の中でふくらんじゃうよー!!


■3皿目「フランス ボルドー産 セップのソテー サラダ添え」(★★★+)


すごい強い香り。かなり激しくセップ茸の香りが上がってくる。
胡椒と香味野菜のふくよかな風味、比較的強めに塩が降ってある。香味野菜の甘みや塩、肉を思わせるエキスをセップ茸が完全に吸っている。食感は部位によって異なり、コリコリとした食感と、溶けたようなフワフワした食感の部位がある。フワフワの部分は良くエキスを吸ってるし、傘や外側の部分は食感豊か。


■4皿目「鹿児島産黒毛和種 A5ランク ランプ肉のステーキ フォアグラ添え トリュフソース ロッシーニ風」(★★★★+)


えっ、ごめん、でっかい。すごいでかい。
やばいよこれ。
成人男性の拳1.5個分くらいのランプ肉にフォアグラが2つ乗ってる...


厚みは親指くらい。

胡椒とトリュフの香りが華やかなソース。
やや塩気は強めでジュと塩、胡椒、トリュフで味を整えているように見える。
和牛だから、しっかりと脂が乗っている。更にそこにフォアグラが脂を添える。
先ほどまでのやや多め...ではなく本気で殺しに来た量。
かなりの重量感のある皿。強烈...!



ガルニチュールは別皿で、ミニコーン、椎茸、マッシュポテト、巨大な獅子唐。バターソテーしたインゲン。
これまで優しいメニュー構成だったが牙を剥いてきた感じ...やば。でも美味しい。



■「スイカ」

さわやかー


■「クレーム キャラメル」(★★)


濃厚なトロトロのプリン。キャラメリゼした強い風味。プチプチした食感はバニラビーンズだろうか。
シルキーや滑らかさは無いんだけど、こうトロトロした目の粗い感じのプリン。美味しい。


■「ミニャルディーズのみなさん」


さくらんぼ、いちご、ぶどう、焼き菓子諸々。
も...もう十分ですーー!!


美味しかった...今回適当に好みとシェフのオススメを選んでいったんですけど、良かった。
普通に冷前菜、温前菜、魚、肉だったら死んでたところだ...危ない。シェフのコンサルティングに感謝だぜ。
3皿目まで「なんだヨユーじゃんwww」とか思ってたんだけど、メインを見て、あ、これメインは絶対複数皿頼んじゃダメなやつだと思った。命拾いした気がする。、
量も凄かったが...美味しかった!
でも次は3皿ハーフポーション、1皿フルポーションのコースでいいかな。それが俺の腹的にはちょうどいい気がする。


住所: 東京都新宿区三栄町7 JHCビル 1F
店名: 北島亭(きたじまてい)
電話番号: 03-3355-6667
営業時間:
11:30~14:00(L.O.13:30)/18:00~21:00(L.O.19:30)
ランチ営業、日曜営業
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

HKO(はこ)

Author:HKO(はこ)
HKOです。
世界を股にかけない普通の内勤サラリーマン。
体はピノノワールとシャルドネで出来ていますが、最近は専らシラー、グルナッシュ、ヴィオニエなどの南仏品種や、ジンファンデルみたいな濃い品種が好み。貴重なワインや興味深いワインを求めて日夜東京を徘徊する日々。
食べ歩きを2014年頃からスタート。
ミシュラン星付きフレンチ(2017年度版まで)制覇まであと2店舗。
2店舗のハードルが高いので、最近は手軽なビストロなどを周遊。
基本フレンチ/イノベーティブ/フュージョンを愛するが、イタリアンや和食にも食指を伸ばす日々。ペアリングは考えず、皿の中で終局する世界観を大切にしています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
ついった
物欲センサー
物欲センサー2
リンク
QRコード
QR