類稀なる華やかさと軽やかさ。アンリボノーのシャトーヌフデュパブ

こんばんわ。
ローヌの伝説的な生産者、アンリボノーのシャトーヌフデュパブです。
伝説的な生産者ですが、緻密に計算されたアッセンブラージュで高品質を保つボーカステルに対して、超適当にヌフを仕込むを造る事で有名です。
丁寧に、葡萄の成熟にあわせて、適度に手を加える。適当。
故に葡萄のポテンシャルを最大限に引き出していきます。

今回始めてアンリボノーのヌフに触れましたが、相当いいです。


生産者: アンリ ボノー
銘柄: シャトー ヌフ デュ パブ 2003

約10000円、パーカーポイントは91-93点
驚くくらい華やかなシャトーヌフデュパブ。色調もヌフにしてはかなり明るめな印象。透明度の高い濃いめのルビー。

(※とにかく明るいルビー)
ボディはしっかりしている。
腐葉土、畳、ブラックベリーやスモモなどのやや酸味の強い甘やかな果実味。
スミレやパチュリー、タバコ、お香やローズウッド、シナモン、ナツメグの甘やかなスパイス香り。適度に熟成感がある。
収斂性が高く、ややタニックに感じるが、酸味も強く、ボディはしっかりしている。井草の香りに清涼感があり、十分にバランスが取れていると感じる。味わいとしては熟成したピノノワールに近い作り方をしていると思う。


いや、凄いです。
ヌフではなかなか出会えないタイプの軽やかで明るいタイプ。ジュヴレシャンベルタン的というか。
重く、複雑なヌフではなく、ピノノワールが如き静けさと複雑さを構成する卓抜したシャトーヌフデュパブだと思います。
いやしかし、ここまで軽やかで華やかなヌフが生まれる一方で、ポムロールが如き重量級のエルミタージュが存在するんだから、ローヌって不思議ですね。

本当に面白いアペラシオン。
ローヌは白も赤も常に驚きがあって楽しいです。

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【類稀なる華やかさと軽やかさ。アンリボノーのシャトーヌフデュパブ】

こんばんわ。ローヌの伝説的な生産者、アンリボノーのシャトーヌフデュパブです。伝説的な生産者ですが、緻密に計算されたアッセンブラージュで高品質を保つボーカステルに対して、...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

HKO(はこ)

Author:HKO(はこ)
HKOです。
世界を股にかけない普通の内勤サラリーマン。
体はピノノワールとシャルドネで出来ていますが、最近は専らシラー、グルナッシュ、ヴィオニエなどの南仏品種や、ジンファンデルみたいな濃い品種が好み。貴重なワインや興味深いワインを求めて日夜東京を徘徊する日々。
食べ歩きを2014年頃からスタート。
ミシュラン星付きフレンチ(2017年度版まで)制覇まであと2店舗。
2店舗のハードルが高いので、最近は手軽なビストロなどを周遊。
基本フレンチ/イノベーティブ/フュージョンを愛するが、イタリアンや和食にも食指を伸ばす日々。ペアリングは考えず、皿の中で終局する世界観を大切にしています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
ついった
物欲センサー
物欲センサー2
リンク
QRコード
QR