絶妙なボルドー感。安定のレオヴィルポワフェレ 2004

こんばんわ。
さて、ボルドーのメドック格付け2級、サンジュリアンのレオヴィル ポワフェレです。ヴィンテージは2004。
ボルドーの若いヴィンテージは硬すぎるので、2000年代前半の弱いヴィンテージが今飲み頃です。(熟成感があるタイプが好みの人はちょっと明るすぎるかもしれませんが)
品質としても2級としてはやや目立たない存在ながら価格見合いでは、かなり高い品質を保っていると思います。


生産者、銘柄 : シャトー レオヴィル ポワフェレ 2004
品種: CS 65%, ME 25%, CF 8%, PV 2%

約9000円、パーカーポイント93点。
メドック格付け2級シャトー。
かなりいい雰囲気のボルドー。
適度に熟成しており、今まさに飲み頃といった感じだ。色調はインクのように黒に近い赤。粘性は高い。
ボルドー王道の華美で甘いクレーム ド カシス、プラムの熟した果実味、スミレ、芍薬、西洋杉を中心に、トリュフ、マニキュア、燻製肉、甘草、バニラの様な風味も。インクっぽさや青っぽさはない。
ややタニックながら、それを感じさせないエレガントな果実味、充実した酸、清涼感のある木材の香り。
素晴らしいフィネスがあり、官能的なザ ボルドー。万券が飛び交うボルドーにおいて、それを必要としない価格もポイント高し。安くはないが、品質と照らし合わせた時のコストパフォーマンスは非常に良い。


なかなか良かったです。
個人的には「これこそボルドーだよ!」と唸ってしまいました。必ずしも評価が高いとは言えないシャトーですし、ヴィンテージも良くはないですが、かなり完成された味わいだと思います。
キラキラと眩暈がする様な一級シャトーほどのフィネスは無いにせよ、ボルドーってこんなに美味いのか、と思うには十分な素晴らしいサンジュリアンでした。

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【絶妙なボルドー感。安定のレオヴィルポワフェレ 2004】

こんばんわ。さて、ボルドーのメドック格付け2級、サンジュリアンのレオヴィル ポワフェレです。ヴィンテージは2004。ボルドーの若いヴィンテージは硬すぎるので、2000年代前半の弱い

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

HKO(はこ)

Author:HKO(はこ)
HKOです。
世界を股にかけない普通の内勤サラリーマン。
体はピノノワールとシャルドネで出来ていますが、最近は専らシラー、グルナッシュ、ヴィオニエなどの南仏品種や、ジンファンデルみたいな濃い品種が好み。貴重なワインや興味深いワインを求めて日夜東京を徘徊する日々。
食べ歩きを2014年頃からスタート。
ミシュラン星付きフレンチ(2017年度版まで)制覇まであと2店舗。
2店舗のハードルが高いので、最近は手軽なビストロなどを周遊。
基本フレンチ/イノベーティブ/フュージョンを愛するが、イタリアンや和食にも食指を伸ばす日々。ペアリングは考えず、皿の中で終局する世界観を大切にしています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
ついった
物欲センサー
物欲センサー2
リンク
QRコード
QR