Cote d'or(コート ドール: 三田)

【前提】
※メニュー横の★はHKO主観の「もう一度食べたい度」です。シェフ渾身の一皿を素人如きの尺度と個人の趣味嗜好で、それがさも絶対の事実の様に評価するものでは一切ありません。
当てになりません、メモです。
★★★★★→今日にでももう一度食べたい!
★★★★→明日にでももう一度食べたい。
★★★→必ずもう一度食べたい。
★★→機会があればもう一度。
★→日常的に食べられると最高。

こんにちは、HKOです。
本日は念願のコートドールに行ってまいりました。
実はこの名店も前から行こう行こうと思っており、結局今になってしまいました。


ここが三田のハウスね!



なかなかLUNA SEAフォントがカッコいいです。
店内は陽光差し込むどこか和風を感じさせる佇まい。



シェフは言わずと知れた巨匠、斉須政雄氏。
1972年に六本木レジャンス入社後、翌年渡仏。オーベルジュ ド カンカングローニュ、ヴィヴァロア、タイユバン、そしてランブロワジーを経て帰国。1986年三田コート ドール料理長に就任。現在同店オーナーシェフとして活躍中です。



ちなみに斉須さんの書籍も読んで行きましたよ!
※iBooksで配信されてます。


まずはゴッセのシャンパーニュで喉を潤し、肉と魚のコース+スペシャリテの梅干しと紫蘇のスープ(アラカルト)を注文しました。



ちなみにアラカルトはこんな感じ。


■アミューズ「赤ピーマンのムース」(★★★+)


スペシャリテ。赤ピーマンのムースとトマトのクーリを合わせたもの。
おおっ!すごいクリーミー!そして驚く程舌触りがきめ細やか。気泡のない生クリーム的な感じだ。
赤ピーマンのムースは生クリームのように生乳分が強く、その中に赤ピーマンのほのかな苦みや青さが感じられる。クリーミーなムースにトマトの旨味とフレッシュさが酸味や厚みを与えている。バスクを感じさせる組み合わせだけど、すごく品がある。非常に滑らかな口溶け。絶品。


■スープ「梅干しと青しそのスープ 糸瓜を浮かべて」(★★★)


スペシャリテ。梅干しと大葉紫蘇を使ったスープ。
純和風の滋味深さを感じる。
レモンでマリネした糸瓜が添えてある。追加でのフルポーションなので量はかなり多め。紫蘇の清涼感と梅干しとトマトの旨味、酸味の塊。当然ながら重くなく、さながらスムージー的な感じ。酸味が強いかと思いきや、意外にも滑らかでスムーズな口当たり。夏に心地よい。美味い。


■アントレ「冷製季節野菜の煮込み コリアンダー風味」(★)


スペシャリテ。季節の野菜(ニンジン、キュウリ、セロリ、ヤングコーン、カリフラワー、玉ねぎなど)の冷製のエチュベ。コリアンダー風味の風味が感じられる。シンプルに蒸した野菜。結構ビネガーがしっかりと効いている。



ワインって気分ではなかったのでビール。
フランスのクローネンベルク。安定のプレモルかと思いきや嬉しい誤算。


■ポワソン「イトヨリダイのカリカリ焼き ブールブランソース」(★★★+)


イトヨリダイのポワレにブールブランソースとブロッコリーを添えて。
皮はパリパリで、身はしっとり。ふっくらと解れるような火入れ。身から溢れるエキス感も充実。
ブールブランソースは(クラシックなそれと比べると)あまり強い味わいではなく、優しく、あくまで身の塩気とエキスに程よい立体感を与える程度の丸みとミルキーさ、酸味を感じさせる。キチンと乳化されているので、酸味と旨味がしっかりとある。美味い...


■ヴィヤンド「仔鴨のロースト 蒸し焼きキャベツ添え キャベツソース」(★★★+)


仔鴨のローストに蒸し焼きにしたキャベツを添えている。
こちらもあまり強いソースではなく、香ばしさとキャベツから滲み出た甘みを感じる繊細な淡い味わい。
仔鴨の身は柔らかくしっとりとしていて、血の野生的な味わいと強い旨味の深みが感じられる。カリッとした皮の力強い塩の味わいも好み。
香味野菜の甘みと柔らかさが力強い鴨の角を丸くする。
美味い。


クラシックかつ淡い味付けながらも極めて完成度の高いフレンチですね...!じんわりと美味い!
次はデセールです。


■ソルベ「スターアニスのソルベ」(★)


八角の風味を感じさせる爽やかな酸味のソルベ。余韻にやや苦みがある。


■デセール「白ワインのムースケーキ」(★★★+)


なにこれうまっっ!
スペシャリテ、北海道ナイアガラワインを使用したムースケーキ。斉須氏のムース、すごいですね。
ムースの滑らかさ、ミルキーさにナイアガラ種の華やかで明確なマスカットフレーバーが混じり、非常に爽やかに仕上げている。ゼリーのマスカット感をムースと繋ぎ、絶妙な厚みと爽やかさ。シンプルっぽいのに絶妙。


以上、コートドールのランチです。
本当はオックステールも頂きたかったんですが、流石にランチでディナーのコースを注文するのは気が引けてしまい...十分過ぎるほど素晴らしさを感じました。
どの料理も非常にシンプルで淡い味付けながら、凄く味が決まっていてぼんやりとしていない。
季節野菜のエチュベは少し好みから逸れましたが、夏野菜自体そこまで好きなわけでもないので、それですかね。
それ以外は本当にストライクしたというか、素直に美味しい料理が並びました。
こう、色々フレンチを頂いてきて、その中から見ると正直地味だし驚きもないのですが、とにかくそんなんを黙らせる匠の技というか、そういったものを感じましたね。
いわゆる老舗の田代シェフや北島シェフ、谷シェフ、宮代シェフ、古賀シェフにも感じましたけど、緩い皿ってほぼ皆無に等しいんですよね...
どれも洗練されているというか、半端さがないというか。
それでも僕自身はコンテンポラリーな料理が好きなので、それ自体は許容しているのですが、バックボーンの厚みが皿に滲み出ている、こう、なんというか重みが明らかに違うのは、やはり老舗ならではだなぁと。
自分が行きたい、と思っているフレンチのお店はあと残す所数店舗ですが、基本的にはこれは変わらないんだろうなーとか思ってます。


住所: 東京都港区三田5-2-18 三田ハウス1階
店名: Cote d'or(コート ドール)
電話番号: 03-3455-5145
営業時間:
【昼】 12:00~13:00(L.O)
【夜】 18:00~20:30(L.O)
ランチ営業、日曜営業
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

HKO(はこ)

Author:HKO(はこ)
HKOです。
世界を股にかけない普通の内勤サラリーマン。
体はピノノワールとシャルドネで出来ていますが、最近は専らシラー、グルナッシュ、ヴィオニエなどの南仏品種や、ジンファンデルみたいな濃い品種が好み。貴重なワインや興味深いワインを求めて日夜東京を徘徊する日々。
食べ歩きを2014年頃からスタート。
ミシュラン星付きフレンチ(2017年度版まで)制覇まであと2店舗。
2店舗のハードルが高いので、最近は手軽なビストロなどを周遊。
基本フレンチ/イノベーティブ/フュージョンを愛するが、イタリアンや和食にも食指を伸ばす日々。ペアリングは考えず、皿の中で終局する世界観を大切にしています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
ついった
物欲センサー
物欲センサー2
リンク
QRコード
QR