Aroma Fresca(アロマフレスカ:銀座)

【前提】
※メニュー横の★はHKO主観の「もう一度食べたい度」です。シェフ渾身の一皿を素人如きの尺度と個人の趣味嗜好で、それがさも絶対の事実の様に評価するものでは一切ありません。
当てになりません、メモです。
★★★★★→今日にでももう一度食べたい!
★★★★→明日にでももう一度食べたい。
★★★→必ずもう一度食べたい。
★★→機会があればもう一度。
★→日常的に食べられると最高。

こんにちは、HKOです。
本日は行きたかったけどなんとなく行ってなかったシリーズ...のアロマフレスカです。
というのも超人気店のイメージがあったので二の足を踏んでおりました、がたまたますんなりと予約が取れたので勇み足で行ってきました。


銀座1丁目のビルの12階。



見晴らしはさほどでもないですが、店内の雰囲気は抜群にいいですね。白を基調としていて、邸宅のような品の良さがあります。



陽光が非常にいい感じです。



シェフは原田慎次氏。
ミシュランガイド東京版 2016では*1を獲得しています。



まずは簡単にスプマンテで喉を潤し、前菜から入ります。
簡単にといってもオペレ ブルット ロゼ。
なかなかのものです。


◾︎アミューズ「小さなお皿をいろいろ」
・ 「うなぎとキャビア ジャガイモのフィルム」(★★★)


スモークしたうなぎ、キャビア、ジャガイモのフィルム。
燻製にされた香ばしいうなぎ、その滑らかな脂分。
ここにキャビアの塩気がハマる。パリパリとしたジャガイモのフィルムの食感も楽しい。カルダモンの風味も素晴らしい。


・「アジアの香りの車海老フライ」(★★★)


カダイフ包みにした車海老。出汁を使ったエスプーマ、根セロリのピューレ。頭から尻尾までカリカリに揚げられている。
エビの甘みが際立っていて、カダイフとしっかり揚げられた尻尾などの豊かなパリパリ食感が楽しい。甘みを引き立たせる塩具合も素晴らしい。ほのかに感じられるティーマサラの香りもエビに合っている。


・「フォアグラのフラン スパイス風味のポップコーン添え」(★★★)


フォアグラのフランに五香粉を添えたポップコーン。
五香粉の香りが強い。ラズベリーのジャムの甘さと酸味が濃厚なフォアグラのフランに合う。パリパリのポップコーンの香ばしさとクリーミーなフランも素晴らしく調和する。



◾︎前菜「軽く昆布で〆た松皮鰈のカルパッチョ仕立て」(★★★★)


華やかなプレゼンテーション。
昆布締めにした鰈、カラスミのソース、西洋ワサビのペースト。
鰈はかなりしっかりとした食感で力強い。それが昆布の旨みとオリーブオイルの滑らかさ、西洋ワサビの辛味で引き立っている。ビネガーと甘みも良く調和。
カラスミのソースは独特の風味がありながら塩気というより、オリーブオイルと混ざり合ってかなりクリーミーに仕上がっている。またヒラメの上に乗っている大根おろし的なものはしっかりとした出汁や醤油?の風味が載っていてヒラメのカルパッチョを引き締める。
酸味と辛味の調和が素晴らしい。


魚料理と思うくらいにガッツリ盛られてます。



◾︎パスタ「ベニズワイガニとカラスミのカッペリーニ」(★★★)


冷たい一口パスタ。
ベニズワイガニの磯のふくよかな風味、カラスミの香ばしい風味、カッペリーニの爽やかなオリーブオイルの風味が豊かに香る。小麦の風味も豊かで美味しい。


◾︎パスタ「フレッシュポルチーニのスパゲティ」(★★★★)


ペペロンチーノベース。大きく切ったポルチーニと大きいニンニク、そして出汁の泡を添えたもの。
ポルチーニの香りが大変豊かで芳醇。
辛味とオリーブオイルのまろやかさが良くパスタに絡んでいる。バジルの爽やかな風味。ポルチーニも食感と香り豊かで素晴らしい。


◾︎「パッションフルーツとレモンのシャーベット」


かなり引き締まった酸味のシャーベット


ここで猪に合わせて赤を投入です。



生産者: サン ファビアーノ カルチナイア
銘柄: カベルネソーヴィニヨン 2011

外観は濃いガーネットで粘性は高い。
程よい熟成感を感じながらも、明るい果実味の感じられるカベルネソーヴィニヨン。ブラックベリーやプラムのジャムのような豊かな果実味があり、ミントやハーブのような爽やかな風味が混じる。炭焼きのような馴染んだ樽の香り、ほのかにアルコール感を感じる。焦がした様な果実の甘みが基本骨子。華やかさは控えめで毛皮の様な風味、甘草的な風味もある。パンの様なイースト香。
イタリアらしいカベルネソーヴィニヨン。レベルは高い。
酸味、タンニン共に落ち着いており、舌触り滑らかで黒系ベリーの濃密な果実味が感じられる。
余韻にほのかな苦味がある。



◾︎メイン「猪のロースト 天然茸とトランペット茸 辛味大根添え」(★★★★)



断面はこんな感じ。


柚子を混ぜた辛味大根、甘辛いジュ ド マルカッサンのソース。脂身が豊かでかなりボリューミーな味わい。
クセは全くなく、力強い豚肉といった感じ。
キノコのソテーも絶品。焦がした香り豊かな茸の風味がソースを受け止め、猪肉にしっかりとした甘辛さを与える。
猪には比較的脂が多いが、辛味大根がさっぱりと洗い流してくれる。柑橘の余韻も素晴らしい。ポーションが多く、また味わいも脂身も濃いため、疲れる人は疲れるかもしれない。でも個人的にはかなり好きな感じですね。ワインとのペアリング前提で。


◾︎ドルチェ「マンゴープリン モスカートダスティのゼリー」(★★★)


濃厚なマンゴープリン、そこに爽やかなモスカートダスティとグレープフルーツの酸味が調和。すごく爽やかなデセールとなっている。特にモスカートのアロマティックな清廉さは素晴らしい。


■ミニャルディーズ



恐ろしいバランス感の良さというか、プレゼンテーション、香り、食感、味わいに至るまでかなり高いレベルで調和している気がします。
強烈な一皿は感じなかったのですが、押し並べてレベルが高く、外れを感じさせる皿がほぼない感じ。
凄い。ランチですらこれなのだからディナーだとどうなることやら。
特に気に入ったのがカルパッチョとスパゲッティー、あと猪ですね。カルパッチョは食感と香り、イカスミの感じが凄いよかったし、パスタはポルチーニの香り豊か、猪は脂っぽいですが、それを抑える形の辛味大根がよかったですね。
ワインも頼むとなかなかいいお値段しましたが、仕上がりの満足感は高かったです。(ちょっとだけワインの値付けが高かったのは気になりましたけど)


住所: 東京都中央区銀座2-6-5銀座トレシャス12F
店名: Aroma Fresca(アロマフレスカ)
電話番号: 03-3535-6667
営業時間:
[月・火・土]
17:30~23:00(L.O.20:30)

[水・木・金]
11:30~15:00(L.O13:00)
17:30~23:00(L.O.20:30)
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

HKO(はこ)

Author:HKO(はこ)
HKOです。
世界を股にかけない普通の内勤サラリーマン。
体はピノノワールとシャルドネで出来ていますが、最近は専らシラー、グルナッシュ、ヴィオニエなどの南仏品種や、ジンファンデルみたいな濃い品種が好み。貴重なワインや興味深いワインを求めて日夜東京を徘徊する日々。
食べ歩きを2014年頃からスタート。
ミシュラン星付きフレンチ(2017年度版まで)制覇まであと2店舗。
2店舗のハードルが高いので、最近は手軽なビストロなどを周遊。
基本フレンチ/イノベーティブ/フュージョンを愛するが、イタリアンや和食にも食指を伸ばす日々。ペアリングは考えず、皿の中で終局する世界観を大切にしています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
ついった
物欲センサー
物欲センサー2
リンク
QRコード
QR