CRAFTALE(クラフタル: 中目黒)

【前提】
※メニュー横の★はHKO主観の「もう一度食べたい度」です。シェフ渾身の一皿を素人如きの尺度と個人の趣味嗜好で、それがさも絶対の事実の様に評価するものでは一切ありません。
当てになりません、メモです。
★★★★★→今日にでももう一度食べたい!
★★★★→明日にでももう一度食べたい。
★★★→必ずもう一度食べたい。
★★→機会があればもう一度。
★→日常的に食べられると最高。


こんにちは、HKOです。
本日は中目黒のクラフタルです。



目黒川沿いを歩いていきます。



中目黒からは少し距離があります。



店内はアニス同様カジュアルで北欧風の趣。
シェフは大土橋 真也氏。
ジョージアンクラブ、ジョエルロブションを経て、渡仏。
パリのサチュルヌに従事、帰国後はレストランアニスを経てクラフタルのシェフに就任しています。
ミシュランガイド東京版 2017では*1を獲得しています。

ドリンクペアリングは良く見かけますが、クラフタルはパンペアリングというのがあるそうです。
なにそれ超楽しそう。


シャンパーニュはガストン シケです。




◾︎アミューズ「帆立 くるみ マッシュルーム フォアグラ」(★★★+)


ゼブラウッドに見立てたホタテのチップス クルミオイルでマリネした生ホタテ くるみパウダー マッシュルーム フォアグラのテリーヌ
磯香を強く感じさせるサクサクのチップスに瑞々しいホタテの食感と風味、クルミの芳醇な香り、フォアグラの滑らかなタッチが折り混じる。ホタテの淡白さと磯の香りのマッチングがよく、複数の食感が混じるのも面白い。



◾︎アントレ「天然鰤 黒大根 タプナード 柚子と大根のムース」
(★★★★)



パンペアリング「ムクロジ大根 甘酒の蒸しパン」


天然鰤を刺身状に。はちみつビネガーでマリネした黒大根、トリュフのタプナード 雪にみたてた柚子と大根のかき氷状のムース。
サクサクとマリネされた酸味のある黒大根、そして柚子と大根の清涼感のあるソルベが脂が豊かな鰤の豊かな風味を引き立てている。岩塩やタプナードの塩気も秀逸。
甘酒の蒸しパンはかなり酒感が強く、大根の風味と調和する。鰤もプリプリでかなり美味しい!



◾︎ポワソン「鱈 サボイキャベツ 白子のフリット」(★★★+)




バンペアリング「シュー 鱈のブランダード」


サヴォイキャベツで包んだ鱈のポシェ。ベシャメルソース。芽キャベツのロースト 白子のフリット キャベツのソース グリーンマスタード ブールブランソース。ペアリングのパンは鱈とジャガイモを練り合わせたソースを潜ませたシュー。
やや硬めに火入れされた鱈、そこにグラタン状にしたベシャメルソース。ベシャメルソースの適度な酸味と鱈のホロホロっとした淡白な風味が非常によい。滑らかなブールブランソースもクリームソース的な風合いで好相性。
白子のフリットはねっとりとした白子をカラッと揚げていて、白子だけだと重くなりそうだけど、マスタードソースの酸味と辛味でさっぱりといただける。
ペアリングのパンはシューの中にたっぷりと鱈のクリーミーなブランダードが入ったもの。



◾︎ヴィヤンド「NZ産子羊背肉のロースト 韃靼蕎麦」(★★★★)



パンペアリング 「そば粉のガレット 菊芋 キノコ」

NZ産子羊背肉の韃靼蕎麦の実をつけてロースト。そば粉のニョッキ、シンプルに焼き上げたネギ、藁状の乾燥ネギ、ゆり根とラクレットチーズのソース。ジュ ド アニョー。トリュフのソース。
濃厚かつ生乳感のあるゆり根とチーズのソース、トリュフの土の香り豊かなソース、スタンダードなジュ ド アニョー。
子羊のローストはしっとりと火が入っている。
蕎麦の実のカリカリとしたクリスピーな食感で羊の臭みをほぼ感じさせない。脂身部分はジューシーで
ローストした甘いネギがいいアクセントになっている。
ごぼうなど土の風味を感じさせるガレットが、非常にトリュフソースや羊、ネギと調和する。


◾︎デセール「モンブラン ティラミス」(★★★+)


チョコのクランブル エスプレッソのアイス マロングラッセ 凍らせた白スグリの上にマスカルポーネチーズのムース、栗のアイスクリーム メレンゲを添えたもの。
マスカルポーネのふくよかさに包まれながら徐々に白スグリの酸味やコーヒーアイスのトースティーな風味、ショコラの甘さが現れる。上の栗のアイスとメレンゲの口溶けがとても良くて滑らか。
中に栗の実自体も入っている。複雑。



かなりイノベーティブですね!
のっけのアミューズからキタァーって感じです。
味わいもかなり複雑で技巧的でものすごい好みのタイプの味わいです。
美味いです...デセールまで隙がない。
そして、パンペアリングがまた絶妙で、それだけでも一つの料理として成立している感じ。
だから料理とも驚異的に合う。パンという領域を超えているような印象すら受けます。
ある意味新機軸...そしてコストもマッハっぽい。
こちらとしては嬉しい限りなんですが大丈夫なもんでしょうか...
次は時間のあるときに高い方のコースも頼んでみたいですねえ。


住所: 東京都目黒区青葉台1-16-11 2F
店名: CRAFTALE(クラフタル)
電話番号: 05055901398
営業時間:
ディナー 17:00~22:30 (L.O.21:00)
【土・日】ランチ 11:30~14:00 (L.O.13:00)
※土日限定
ランチ営業、日曜営業
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

HKO(はこ)

Author:HKO(はこ)
HKOです。
世界を股にかけない普通の内勤サラリーマン。
体はピノノワールとシャルドネで出来ていますが、最近は専らシラー、グルナッシュ、ヴィオニエなどの南仏品種や、ジンファンデルみたいな濃い品種が好み。貴重なワインや興味深いワインを求めて日夜東京を徘徊する日々。
食べ歩きを2014年頃からスタート。
ミシュラン星付きフレンチ(2017年度版まで)制覇まであと2店舗。
2店舗のハードルが高いので、最近は手軽なビストロなどを周遊。
基本フレンチ/イノベーティブ/フュージョンを愛するが、イタリアンや和食にも食指を伸ばす日々。ペアリングは考えず、皿の中で終局する世界観を大切にしています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
ついった
物欲センサー
物欲センサー2
リンク
QRコード
QR