角打ワイン 利一郎(かくうちワイン りいちろう:押上)

【前提】
※メニュー横の★はHKO主観の「もう一度食べたい度」です。シェフ渾身の一皿を素人如きの尺度と個人の趣味嗜好で、それがさも絶対の事実の様に評価するものでは一切ありません。
当てになりません、メモです。
★★★★★→今日にでももう一度食べたい!
★★★★→明日にでももう一度食べたい。
★★★→必ずもう一度食べたい。
★★→機会があればもう一度。
★→日常的に食べられると最高。


こんにちは、HKOです。
たまに安価なビストロで頭使わずにゆっくりと美味しいものがいただきたい時があります。
そういう時は帰路にあるガール デュ リヨンか遠藤利一郎商店に行くのですが、今回どちらもあえなく満席、
遠藤利一郎で「じゃあここでとりあえず飲んでたらどうです?」って提案頂いたのが徒歩にある角打。


角打ワイン 利一郎です。

タパス料理だけかと思いきや、意外としっかりとしたグリルがあって、立ち飲みとは思えない充実振り。
ワインも10種類くらい空いていて(もちろん本店より安価なものが多いのですが)ここだけでも大変楽しめるものになっています。

さて、まずは泡...ではなく、今回は赤から行きます。
ピノノワールです。



チリの ラ クロワザードのレゼルヴ ピノノワール 2015。
よく熟した果実味、ピノらしい華やかさが素晴らしいです。

料理は丁度焼き上がったばかりという、オススメの子羊の香草焼き。
ちなみに料理人の方、めっちゃ美人です。


◾︎「子羊背肉の香草パン粉焼き」(★★)

子羊のいい意味での臭みがあり、パン粉はサクサク、しっかりとした香草の風味が感じられるグリル。元のがかなり大きかったので、なかなかリッチな感じです。確か700円くらい。
や...安い。



次はカルパッチョに合わせて、南アのリーベックセラーのシュナンブラン2015。爽やかで果実味豊かなシュナンブラン。


◾︎「鹿児島県産ヒラスズキのカルパッチョ 青山椒ソース」(★★)


青山椒がスパイシー。オリーブオイルの風味がしっかりと感じられるソース。ヒラスズキはプリプリとした食感で、しっとりしている。全体的に爽やかな味わい。



ちょっと濃いめの肴にはアリウェンのリゼルヴァ シャルドネ 2015。


◾︎「森林鶏ハムとブルーチーズクリーム」(★)

ブルーチーズクリームが美味い!
ピリッとほのかな苦味とコクがあるブルーチーズクリーム。たっぷりと鶏ハムにつけて頂く。
淡白で塩気の効いた鶏に濃厚なブルーチーズが最高に調和する。美味い。


◾︎「フレンチフライ」

まあ美味しいよね!(ポテトフライ好き)


◾︎「シュークルート」(★)


アルザス料理。ジャガイモ、ソーセージ、豚バラ肉、玉ねぎ。1人用の小さめのポーションが嬉しい。
ソーセージは粗挽きでジューシー、バラ肉はトロトロで甘い脂が至福!
ただザワークラウトがないので、ちょっと洋風おでんちっくな感じがする....



締めはカスティリヨン コート ド ボルドーのシャトーテラソン 2008。程よい熟成感が感じられるボルドー。


◾︎「本日のピザ」


シーフードのピザ。安定の美味しさ!
本当は食べるつもりじゃなかったけど、締めで食べてしまった...お腹いっぱい...


最終的には料理6皿、ワイン4杯とかなりの量を頂いてしまい、お腹パンパン。
あ、そういえば、遠藤利一郎待ちだった...けど楽しすぎて忘れてたわ...これ、カジュアルで使いやすくていいですね。結局お会計は5~6千円だったかしら。使いやすいですね。
料理は突出して美味しいわけではないんですが、とても安定感があって、かつ安くて美味しいワインを探せるのがいいですね。
またぜひ行きたいですね。


住所: 東京都墨田区押上1-31-6 スプリングハイツ 1F
店名: 角打ワイン 利一郎
電話番号: 03-3611-8634
営業時間:
17:00~24:00(フードL.O.23:00 ドリンクL.O.23:30)
[土] 16:00~24:00(フードL.O.23:00 ドリンクL.O.23:30)
[日・祝] 16:00~23:00(フードL.O.22:00 ドリンクL.O.22:30)
夜10時以降入店可、日曜営業
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

HKO(はこ)

Author:HKO(はこ)
HKOです。
世界を股にかけない普通の内勤サラリーマン。
体はピノノワールとシャルドネで出来ていますが、最近は専らシラー、グルナッシュ、ヴィオニエなどの南仏品種や、ジンファンデルみたいな濃い品種が好み。貴重なワインや興味深いワインを求めて日夜東京を徘徊する日々。
食べ歩きを2014年頃からスタート。
ミシュラン星付きフレンチ(2017年度版まで)制覇まであと2店舗。
2店舗のハードルが高いので、最近は手軽なビストロなどを周遊。
基本フレンチ/イノベーティブ/フュージョンを愛するが、イタリアンや和食にも食指を伸ばす日々。ペアリングは考えず、皿の中で終局する世界観を大切にしています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
ついった
物欲センサー
物欲センサー2
リンク
QRコード
QR