Q.E.D Club(QEDクラブ:代官山)

【前提】
※メニュー横の★はHKO主観の「もう一度食べたい度」です。シェフ渾身の一皿を素人如きの尺度と個人の趣味嗜好で、それがさも絶対の事実の様に評価するものでは一切ありません。
当てになりません、メモです。
★★★★★→今日にでももう一度食べたい!
★★★★→明日にでももう一度食べたい。
★★★→必ずもう一度食べたい。
★★→機会があればもう一度。
★→日常的に食べられると最高。

こんにちは、HKOです。


先日はワイン会でした。
ワインは個別に記事にしていますので、そちらをご参照ください。

今回の会場、Q.E.Dクラブは代官山にほど近い場所にあります。
これがまた瀟洒なレストランで、元々はハンガリー大使館の建物。調度品もエミールガレやレオナール藤田の絵画など、さながら美術館のようなものが並びます。豪華で品があります。



豪華な正門。



入り口。



VIPルーム(個室)。



調度品も豪華な感じです。



セラーがかっこいい。


館内見学。


メインダイニングに降りる階段。



なんか古いタイル。



庭。



庭から見たラウンジとメインダイニング。



ラウンジ。


料理長はタテルヨシノ芝、銀座のシェフを歴任した大村龍一郎氏。(どおりで料理が美味いわけだわ...)

今回はワインに合わせてお料理を作ってくれたみたいです。


◾︎グジェール「2種類のグジェール(クルミとバジル)」


香ばしい食感のクルミと、爽やかなバジル、2種類のグジェール。ブルーチーズを思わせるコクと苦味を感じさせるチーズの風味が共通してある。


◾︎アミューズ「ワカサギのフリット 新玉ねぎの甘みで」(★★★)


サクサクにフリットしたワカサギに、キャビア、マリネした新玉ねぎを添えている。ソースはビネグレットソース。一番上には花びらを模した新玉ねぎの外側が。緑のはエストラゴンオイルだろうか。
ワカサギのフリットは目が細かくサクサク。ソースは甘酢的で、ほのかな甘みと酸味を感じさせる。全体を引き締めるキャビアの塩気も良い。当然ながらシャンパーニュによく合った。


◾︎アントレ「鮟肝のマリネ フリュイセック添え 20年熟成バルサミコソース」(★★★+)


華やかなプレゼンテーション、濃厚な一皿。
トリュフオイルを添え浅葱を纏わせた鮟肝のテリーヌ、鮟鱇のクリーム、螺旋状の昆布、ホワイトチョコレートのエスプーマ、ドライフィグ、バルサミコソースで構成。
フォアグラと同じ解釈だろうか、濃厚なあん肝に熟成によって深みを増したバルサミコソース、軽やかなホワイトチョコレートのエスプーマ、ドライフィグで調和を図っている。鮟肝だけでも濃厚だけど、クリームと昆布で飛躍的に旨味が増す。ドーヴネのフォラティエールとは少しすれ違った。


◾︎アントレ「炭火で炙ったシャラン鴨の胸肉 春野菜を使ったレフォールのアクセントで」(★★★+)


スライスしたシャラン鴨胸肉、春野菜、金針菜、ネギ、ムカゴ、ゴボウのフリット。ビーツとレフォールのオイル。レフォールのクリームソース。
炭火が香ばしいスライスした鴨肉に、ゴボウフリットの香ばしい土の風味がよく合う。当然ホッコリとしたジャガイモ然としたムカゴと相性が良い。レフォールのオイルやエスプーマはピリッと辛く、皿全体にアクセントを与えている。土の風味を感じられるコンボットに合う。


◾︎アントレ「トリュフ 自然卵 キャベツ 美食家風ガレット」(★★★★+)


じゃがいもガレットの上に有機卵ウフポシェ。ソース ペリグー。トリュフのエスプーマ。黒トリュフのスライス。はちみつ、りんご。
非常に濃厚な一皿。よくフォアグラに使われるソースペリグーを使っているからか。マディラのコクとトリュフの香り際立つ甘辛のソースがジャガイモの甘み豊かなガレットと高相性。当然ながら卵黄とは恐ろしい組み合わせとなる。焼き鳥のタレとうずらの卵然り、すき焼きと卵然り。
甘辛い濃厚なソースには卵黄の濃厚さが奇跡的な調和を見せる。美味い。濃度は異なるが、ルネ アンジェルのヴォーヌロマネ、グランエシェゾーに良く調和した。


◾︎メイン「北海道北見から届いた野鹿のロースト ソース ポワヴラード」(★★★★+)


デザートのような見目麗しい一皿。
北海道北見産の3週間熟成した鹿肉をローストにフォアグラのポワレを添えて。ソースはポワヴラード。チョコレートのプレート。セロリとトリュフのペースト。マッシュルーム。付け合わせは洋梨のカシス煮。


ボリューム感のある一皿。濃厚な旨味と鉄分の要素をもつ熟成野鹿と重い油分を持つフォアグラ、そこにスパイシーなポワヴラードソースと焦がしたような苦みを持つチョコレートで引き締めていく。洋梨のカシス煮も相乗。
ルネ アンジェルのグランエシェゾーとよく調和した。


◾︎デセール「パルメザンのスフレ 柚子のアイスクリーム 金柑 グレープフルーツ」(★★+)


濃厚な皿の終わりは爽やかな柑橘とチーズのデセール。


◾︎ミニャルディーズ





以上です。


いや、超良かったです。
個々の料理の味わいはトラディショナルにハッキリとしていて、かなり強めの味わいの中でワインとの調和がとれています。
シェフがタテルヨシノ出身というのもあり、老舗ならではのペアリングの柔軟性を感じました。
このクラスの古酒やグランヴァンだと、イノベーティブな料理だと取り回しは難しいかもしれません。そこを古典的に、間違いがないマリアージュを見せてくれたのは感激いたしました。
雰囲気も良く、色々なシーンでお客様をお迎えするのに重宝しそうです。
ここぞの時に間違いのないレストランだと思いました。


住所: 東京都目黒区中目黒1-1-29
店名:Q.E.D Club(QEDクラブ)
電話番号: 05058694663
営業時間:
[火~金]
12:00~15:00(L.O 13:30)
18:00~23:00(L.O 20:30)
※12月のみ月曜日営業
[土・日・祝]
12:00~15:00(L.O 13:30)
18:00~22:00(L.O 19:30)
日曜営業
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

HKO(はこ)

Author:HKO(はこ)
HKOです。
世界を股にかけない普通の内勤サラリーマン。
体はピノノワールとシャルドネで出来ていますが、最近は専らシラー、グルナッシュ、ヴィオニエなどの南仏品種や、ジンファンデルみたいな濃い品種が好み。貴重なワインや興味深いワインを求めて日夜東京を徘徊する日々。
食べ歩きを2014年頃からスタート。
ミシュラン星付きフレンチ(2017年度版まで)制覇まであと2店舗。
2店舗のハードルが高いので、最近は手軽なビストロなどを周遊。
基本フレンチ/イノベーティブ/フュージョンを愛するが、イタリアンや和食にも食指を伸ばす日々。ペアリングは考えず、皿の中で終局する世界観を大切にしています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
ついった
物欲センサー
物欲センサー2
リンク
QRコード
QR