SALLE À MANGER de Hisashi WAKISAKA(サラマンジェ ド イザシ ワキサカ:銀座)

【前提】
※メニュー横の★はHKO主観の「もう一度食べたい度」です。シェフ渾身の一皿を素人如きの尺度と個人の趣味嗜好で、それがさも絶対の事実の様に評価するものでは一切ありません。
当てになりません、メモです。
★★★★★→今日にでももう一度食べたい!
★★★★→明日にでももう一度食べたい。
★★★→必ずもう一度食べたい。
★★→機会があればもう一度。
★→日常的に食べられると最高。


こんにちは、HKOです。
本日は休日出勤、悠々自適に業務できる美味しい話ではあるのですが、午前から午後に業務が被るので、ほとんどの場合、ランチには行かず、コンビニのお弁当を食べている事が多いです。
しかしながら今回はラッキーにもお昼の時間が空いていて行ってきました、サラマンジェ イザキ ワキサカ。

コリドー街付近の雑居ビルの地下にあります。
立地としては良いですが、目立ちにくい場所にありますね。

今回は3500円のランチを頂きました。


■アントレ「タヴリエ ド サプール」(★★★)


ハチノスのフリット、ルッコラのサラダ。
パン粉でカラッと揚がった、内臓っぽいしっとりとした食感のハチノス。ケイパーやマスタードの酸味かつスパイシーがあるソースが内臓の脂身にとてもよく合う。
ちょっと素朴な料理。


■メイン「国産ホルスタイン種 バヴェットのソテ エシャロットソース」(★★★★)


でっかいステーキ!
見たとき「おおお」ってなる嬉しいサイズ感。
ちなみにバベットというとハラミというイメージですが、シェフ曰く明確に異なるそうで、フィレの隣にある平たい肉、との事。カイノミ。希少部位ですね。
肉質は目が粗いが、とても柔らかくジューシーで、ほのかにレアに仕上げられている。
ソースのマスタードの素朴さ、玉ねぎの甘い香ばしい風味、牛肉の出汁の風味。目が粗い肉だから、よくソースをすくい取ってくれる。脂も適度に乗っています。
ちなみにジャガイモも名脇役でチーズ焼きで美味い。


■デザート「ブランマンジェ」

パンナコッタ。生クリームの風味とバニラがいいですね。
美味しい。


初見のお店だったので、手堅く行きましたが、かづの牛にしても良かったですね...少し勿体無かったかも。
素朴でトラッドですが、料理はとても美味しく、しかもありがたいことにランチはお得な価格帯なので、是非また時間のある時に行きたいですね。
かなりオススメです。

リヨンだと神楽坂のルグドゥノム ブション リヨネがありますが、こっちの方が僕的には近くて行きやすいです。
カワカマスのクネルやセルヴェル ド カニュも次は是非行きたいもんです。



住所: 東京都中央区銀座7-2-8 TAKAYA-GINZAビル B1F
店名: SALLE À MANGER de Hisashi WAKISAKA(サラマンジェ ド イザシ ワキサカ)
電話番号: 03-6280-6481
営業時間:
11:30~13:30(LO) 
18:00~23:00(LO)





関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

HKO(はこ)

Author:HKO(はこ)
HKOです。
世界を股にかけない普通の内勤サラリーマン。
体はピノノワールとシャルドネで出来ていますが、最近は専らシラー、グルナッシュ、ヴィオニエなどの南仏品種や、ジンファンデルみたいな濃い品種が好み。貴重なワインや興味深いワインを求めて日夜東京を徘徊する日々。
食べ歩きを2014年頃からスタート。
ミシュラン星付きフレンチ(2017年度版まで)制覇まであと2店舗。
2店舗のハードルが高いので、最近は手軽なビストロなどを周遊。
基本フレンチ/イノベーティブ/フュージョンを愛するが、イタリアンや和食にも食指を伸ばす日々。ペアリングは考えず、皿の中で終局する世界観を大切にしています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
ついった
物欲センサー
物欲センサー2
リンク
QRコード
QR