【ラングドック:5】ペイルローズの熟成クロ シラー レオーヌ。


こんにちは、HKOです。
本日はラングドックの名手、ペイルローズです。


【データ】
ドメーヌ ペイルローズはラングドック地方最高の生産者の一人。現在の当主はマルレーヌ ソリア。収穫以外は一人で全ての工程をこなしています。代表的なキュヴェはクロ デ シスト、そしてシラー レオーヌです。
クロ デ シストはシスト土壌の7つの区画に植えられたシラーを主体に仕込まれるキュヴェ。僅か25hl/haという超低収量のブドウを使用している。
またシラー レオーヌはクロ デ シストと共に双璧を成すキュヴェ。シラー90%とムールヴェドル10%で仕込まれており、収量は25hl/haと極少。畑は16ha程度、生産量はわずか30000本。ワインの熟成期間は最新ヴィンテージが2005であることからも分かるように非常に長い。


【テイスティングコメント】
生産者: ドメーヌ ペイル ローズ
銘柄: クロ シラー レオーヌ 1992

外観はやや濃いめのガーネット、粘性は高い。
果実味はとても若々しい。
焼いた松茸の様な熟成した香りが主軸。
ブラックベリーの甘いリキュールや干したプラムの様な果実味がある。溶剤や炭焼き、タバコの焦げた様なニュアンスがある。ドライフラワーや薔薇の様な華やかさ。ややインキー。ローズウッドやグローヴの要素が感じられる。
タンニンと酸は力強く、凝縮感はしっかりとあり、いかにも南仏系の果実味が漂う。
全体的にパワフルだか、香りは少し抑え気味な印象がある。


【所感】
ペイルローズはラングドック最高峰の生産者の中では異端に感じます。例えばマス ジュリアン、ラグランジュ ド ペール、マス ド ドマ ガザック。どこか国際的な評価を目指した部分があって(=フランスだとかそういう話ではない)味わい的にも非常にわかりやすいのですが、ペイルローズはワインとしての資質は高いのですが、いまひとつ方向性を掴みかねています。
前回は2005のクロ デ システ、レオーヌは樽香が際立った、やや塩気を感じさせる(熟成による酸化的なニュアンス)だったのですが、今回のは樽香は維持しながら松茸などの熟成香を表出しているものになるのですが...

香りが弱い!

もともと堅牢でさほど強い香りという訳ではないのですが、落ち着きすぎです。南仏系ではあるものの掴み所のない熟成の方向性ですね。
そもそも華やかではないっていうのもあるんですが、果実香も強い訳じゃないですからね。
もう少し注視が必要な生産者です。
世間的な評価は高いんですがねえ...(あと値段も)



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

HKO(はこ)

Author:HKO(はこ)
HKOです。
世界を股にかけない普通の内勤サラリーマン。
体はピノノワールとシャルドネで出来ていますが、最近は専らシラー、グルナッシュ、ヴィオニエなどの南仏品種や、ジンファンデルみたいな濃い品種が好み。貴重なワインや興味深いワインを求めて日夜東京を徘徊する日々。
食べ歩きを2014年頃からスタート。
ミシュラン星付きフレンチ(2017年度版まで)制覇まであと2店舗。
2店舗のハードルが高いので、最近は手軽なビストロなどを周遊。
基本フレンチ/イノベーティブ/フュージョンを愛するが、イタリアンや和食にも食指を伸ばす日々。ペアリングは考えず、皿の中で終局する世界観を大切にしています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
ついった
物欲センサー
物欲センサー2
リンク
QRコード
QR