YPSILON(イプシロン:青山)

【前提】
※メニュー横の★はHKO主観の「もう一度食べたい度」です。シェフ渾身の一皿を素人如きの尺度と個人の趣味嗜好で、それがさも絶対の事実の様に評価するものでは一切ありません。
当てになりません、メモです。
★★★★★→今日にでももう一度食べたい!
★★★★→明日にでももう一度食べたい。
★★★→必ずもう一度食べたい。
★★→機会があればもう一度。
★→日常的に食べられると最高。


こんにちは、HKOです。


本日は先日のワイン会のお料理です。
会場は青山にあるイプシロンというイタリアンレストラン。
店外の写真は撮ってませんが、見るからにおしゃれな、イノベーティブ感のあるレストランです。
オープンキッチンなのもいいし、適度にカジュアルなのもまた良いです。

料理もかなりモダンな、綺麗なプレゼンテーションで、食材同士の調和をすごく大切にしてる感じです。
ワインは先述の通り、ピエール ペテルス。
どの料理も大変ワインによく合いました。



◾︎「帆立貝と新玉葱のムース淡雪仕立て~牡丹海老 雲丹 いくらのアクセント」(★★★+)


しっとりとした新玉ねぎのムースの中にボタンエビ、雲丹、いくらを潜ませたもの。エディブルフラワーを使ったプレゼンテーションも華やかですね。
ホタテと新玉ねぎの滑らかで甘みの強いムースと、これまた別種の甘みを感じる生海老と生ウニが最高。甘みと滑らかさを軸にして、そこにいくらのほのかな塩辛さとコーンのクリスピーな食感ががアクセントとして効いている。
豪華さを感じる一皿。


◾︎「ミル貝と墨イカとホワイトマッシュルームのシャルドネビネガーマリネ~春野菜のサラダに合わせて」(★★★)


シャルドネビネガーで甘酢漬けにしたミル貝とスミイカのマリネ。コクのあるビネガーの酸っぱさとそれを包み込む甘み。野菜とスミイカ、ミル貝の食感の違いも面白い。
シャンパーニュとも非常に調和した。


◾︎「北海道根室産キンキと蛤のヴァプール~フルーツトマト"珊瑚樹"と山伏茸のプッタネスカソース」(★★★+)


キンキとハマグリの蒸し煮に唐辛子などのスパイスが効いたプッタネスカソースを添えたもの。
プッタネスカ自体魚介と相性が良いように思えるので、エキス感のあるキンキや貝類とも全く違和感がなく調和する。味わいの輪郭がはっきりとしており、とても美味しい。


◾︎「白兎とフランス産ホワイトアスパラの煮込み~イタリア産春トリュフ"ビアンケット"の香り」(★★★+)


目の前でトリュフをふりかけてくれる。香りがかなり立ってきますね...いい。
兎の煮込み。香味野菜とアスパラガスのペーストちっくなのがすごく美味しい。旨味と甘味がある。兎は少し強めの胸肉のような食感。ジューシーでエキス感が感じられる。
ホワイトアスパラガスもまだ小さいですが、甘くて、春っぽくていいですね。


◾︎「のれそれとクレソン、春菜のパスタ~カラスミをふりかけて」(★+)


アーリオオーリオベースのパスタ。のれそれという穴子(鰻)の稚魚、蕾菜、カラスミをたっぷりとふりかけてある。
のれそれって初めて食べましたけど、すごい不思議な食感。ヌルヌルしていてジュンサイのぬめりみたいなのがある。個人的にはちょっと好きじゃない食感。
オイルベースのカラスミパスタとしては最高に好きな感じなんですが...
難しい食材じゃのう...


◾︎「苺を閉じ込めたしゅわしゅわジュレ~ポール ジローのジュレ ド レザン」(★★+)


ポール ジローのグレープジュースを使ったデザート。
イチゴを入れたジュレに淡雪のようなソルベが乗っていて、それを崩して頂く。冷たさとスパークリングの刺激が面白い。イチゴとブドウジュースの甘さ含め、シャンパーニュとも相反せず楽しめるデザート。


基本的にはシャンパーニュに合うようにメニュー構成が組まれているので、どれもとても良く合っていたと思います。
料理自体もかなり素晴らしく、好みのはっきりとした味付け。価格的にもリーズナブルで、かつ比較的入りやすいのもポイント高いですね。
会社が近かったら通っちゃいますね...
やっぱりワイン好きの方は良いお店を知っているんだなあ、と。ひとりで感心してしまったりしています。


住所: 東京都港区南青山5-16-1 青山ビル1F
店名: Ypsilon Aoyama(イプシロン 青山)
電話番号: 05055927273
営業時間:
月~土 11:30~14:00(LO)
    18:00~22:00(LO)
    22:00~26:00【Barタイム(小鉢とお酒のみご注文可)】
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

HKO(はこ)

Author:HKO(はこ)
HKOです。
世界を股にかけない普通の内勤サラリーマン。
体はピノノワールとシャルドネで出来ていますが、最近は専らシラー、グルナッシュ、ヴィオニエなどの南仏品種や、ジンファンデルみたいな濃い品種が好み。貴重なワインや興味深いワインを求めて日夜東京を徘徊する日々。
食べ歩きを2014年頃からスタート。
ミシュラン星付きフレンチ(2017年度版まで)制覇まであと2店舗。
2店舗のハードルが高いので、最近は手軽なビストロなどを周遊。
基本フレンチ/イノベーティブ/フュージョンを愛するが、イタリアンや和食にも食指を伸ばす日々。ペアリングは考えず、皿の中で終局する世界観を大切にしています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
ついった
物欲センサー
物欲センサー2
リンク
QRコード
QR