【シャンパーニュ:77】セルジュ マチューの安価で高品質なBdN

こんにちは、HKOです。
本日はセルジュ マチューのスタンダードキュヴェ、トラディションです。


【データ】
(インポーター資料より)
オーブ最高の造り手にして、シャンパーニュの全生産者の中でも最も高く評価されているRMのひとつ、セルジュ・マチュー。
 当主ミッシェル・ジャコブは実質ビオロジーの極めて厳格なリュット・レゾネ栽培に精魂込め、オーブならではのリッチで贅沢感のあるピノノワールとシャルドネをつくっています。
 マチューのシャンパンはとりわけフランスのガストロノミー界で絶大な人気を博しており、“肉料理の名人”と言われながら突然「野菜料理宣言」をしてパリにセンセーションを巻き起こした3つ星「アルページュ」の天才シェフ、アラン・パッサール、同じくパリの名店「アピシウス」のジャン・ピエール・ヴィガト、ランスの名門「ボワイエ・レ・クレイエール」のジェラール・ボワイエといったフランスを代表するグランシェフ達が惜しみない賞賛の声を送っています。また、2004年度世界ソムリエ・コンクールで優勝したパリの3つ星「ル・サンク」のエンリコ・ベルナルドが仏「フィガロ」誌に発表したトップ10シャンパンの中にも、マチューのブリュット・プレスティージュが入っています(他はサロン'90など)。
 しかしまずは、「オーブの魂」というべきピノノワール100%のスタンダードキュヴェ「ブリュット・トラディション」をお勧めします。
キュヴェ トラディション ブラン ド ノワール NVはピノノワール100%のブラン・ド・ノワール。平均樹齢35年。現在販売中のものは、2010年産が85%、2009年産が15%のブレンド。ドザージュは8.6~9.5g/l。24ヶ月熟成。


【テイスティングメモ】
生産者: セルジュ マチュー
銘柄: キュヴェ トラディション ブラン ド ノワール NV
品種: ピノノワール100%

微妙に赤みを帯びたイエローで粘性は中庸、泡は溌剌と立ち上っている。
やや熟成を帯びた塩気とピノノワールらしいリンゴの様な果実味、そしてバターの様なオイリーなニュアンスが特徴的で、ブラン ド ノワールの典型的な風合いを感じさせる。赤リンゴやネクタリンの様な果実味と共に塩バター、イースト、ヘーゼルナッツの様なニュアンスが感じられる。バランスとしては果実味とバターを軸にしている。
白い花やドライハーブなどの要素が見られる。
酸は厚みがあり、エッジが効いている。
すり潰したリンゴや塩気、旨味を強めに感じさせる長い余韻。
価格の割に贅沢な作りをしている。


【所感】
インポーターの評価はだいたい話半分で見てるんですが、これはすごく良いですね...マジでいい。
ピノノワールと酸化熟成の旨味を強烈に押し出したタイプのシャンパーニュで、クリアなペテルスやユリスコランタイプというよりはセドリックブシャールやジェロームプレヴォーに近しい感じですかね。
比較的力強いタイプのシャンパーニュだと思います。ただゴリゴリの重いタイプではなく、緻密でさまざまな要素が複合したもので、高額なBdNの様な硬質感はありませんが、明らかに価格以上の価値を感じられるものとなっています。
熟成ポテンシャルは程々、と行った感じですが、かなりいいですね。
贅沢なシャンパーニュだと思います。





関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

HKO(はこ)

Author:HKO(はこ)
HKOです。
世界を股にかけない普通の内勤サラリーマン。
体はピノノワールとシャルドネで出来ていますが、最近は専らシラー、グルナッシュ、ヴィオニエなどの南仏品種や、ジンファンデルみたいな濃い品種が好み。貴重なワインや興味深いワインを求めて日夜東京を徘徊する日々。
食べ歩きを2014年頃からスタート。
ミシュラン星付きフレンチ(2017年度版まで)制覇まであと2店舗。
2店舗のハードルが高いので、最近は手軽なビストロなどを周遊。
基本フレンチ/イノベーティブ/フュージョンを愛するが、イタリアンや和食にも食指を伸ばす日々。ペアリングは考えず、皿の中で終局する世界観を大切にしています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
ついった
物欲センサー
物欲センサー2
リンク
QRコード
QR