大手メゾン、官能のフラッグシップシャンパーニュ




こんにちわ。
そろそろ暑くなってきましたね。
こんな気候は正直赤ワインはキツイのでシャンパーニュかビールを飲みたくなります。
そんな訳でシャンパーニュ、ペリエジュエとポール ロジェのフラッグシップです。

ペリエジュエはエペルネに本拠地を置くグランメゾン。アールヌーヴォーを代表する芸術家エミールガレがボトルデザインされた事で有名で、ベルエポックはそのフラッグシップシャンパーニュ、コート デ ブランのグランクリュのシャルドネをベースに、ピノノワールとピノムニエをアッセンブラージュ。

ポールロジェもペリエジュエ同様エペルネに本拠地を置くグランメゾンで、エペルネとコート デ ブランに87haの自社畑を保有しています。サー ウィンストンチャーチルはポールロジェの誇るフラッグシップで、英国チャーチル首相に敬意を表して、偉大な年しか作られない最高級キュヴェ。1999は12番目のヴィンテージ。



生産者: ペリエ ジュエ
銘柄: ベル エポック 2004
品種: シャルドネ50%、ピノノワール45%、ピノムニエ5%

約21000円、2000年のパーカーポイントは90点。
色調は淡いレモンイエロー、粘性は高く、泡は穏やかに立ち上る。
熟成した出汁の様なニュアンスがあるがまだまだフレッシュさはある。
火打石の様なミネラル感、フレッシュなアプリコットやライチの果実味を中心に、僅かにリコリス、ローストナッツ、清涼感のあるハーブ、バニラの香りが立ち上る。
酸味は穏やかで凝縮した柑橘系の旨味がある。出汁っぽいというか旨味が凄いなぁ。


生産者: ポール ロジェ
銘柄: キュヴェ サー ウィンストン チャーチル 1999
品種: シャルドネ、ピノノワール、ピノノワールを各1/3づつ

約23000円、パーカーポイント94点。
色調はやや黄金に近いレモンイエロー、粘性は高い。泡はわずかに立ち上っている程度。
シナモンやバニラのリッチな甘み、フレッシュで濃厚なアプリコットやパイナップルの果実味。
ミネラル感は柔らかく、アーモンドや白胡椒、花の蜜、バター、イーストの複雑な香り。全体的にリッチでボリューム感の造り。
泡は優しくなっており、酸味は青りんごをかじった時のような柔かい酸味。苦味はなく非常にバランスが取れている。
素晴らしい。まさにフラッグシップの威信に掛けた最高のシャンパーニュ。


いずれも流石の造りですな。
グランメゾンよりレコルタンマニピュランの方がもてはやされがちですが、やはり大手メゾンの造りの安定の造りはハズレがありません。
こういう卓抜したシャンパーニュは出来うる事ならビーチサイドや景観のいい所で楽しみたいですね。

ちなみにエペルネのお土産、ペリエジュエのグラス。

可愛いデザインですなー。
お金のある人はデートにどうぞ!


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

HKO(はこ)

Author:HKO(はこ)
HKOです。
世界を股にかけない普通の内勤サラリーマン。
体はピノノワールとシャルドネで出来ていますが、最近は専らシラー、グルナッシュ、ヴィオニエなどの南仏品種や、ジンファンデルみたいな濃い品種が好み。貴重なワインや興味深いワインを求めて日夜東京を徘徊する日々。
食べ歩きを2014年頃からスタート。
ミシュラン星付きフレンチ(2017年度版まで)制覇まであと2店舗。
2店舗のハードルが高いので、最近は手軽なビストロなどを周遊。
基本フレンチ/イノベーティブ/フュージョンを愛するが、イタリアンや和食にも食指を伸ばす日々。ペアリングは考えず、皿の中で終局する世界観を大切にしています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
ついった
物欲センサー
物欲センサー2
リンク
QRコード
QR