【カリフォルニア:60】キスラー ヴィンヤーズ テイスティング(Part2:赤)

こんにちは、HKOです。
本日はキスラーの赤となります。どうぞ。



【データ】
キスラーは1978年にルシアンリヴァーヴァレーに設立されたカリフォルニア最高峰のシャルドネを算出する生産者。収量を抑え、丁寧な栽培を行った樹齢の高いシャルドネやピノノワールは収穫後選果され、それぞれのキュヴェに回される。除梗は100%。発酵には100%自然酵母を使用している。
醸造工程はそれぞれ異っている。

◾︎シャルドネ
マックレアヴィンヤードはソノママウンテンの12haの石灰岩と火山岩の混じった畑。MFLを行いフレンチオーク新樽50%旧樽50%で11-18ヶ月熟成を行う。
ダットンランチはソノマカウンティの中心部に位置する創立当初から存在する畑。
ストーンフラットヴィンヤードは2005年初リリース。カーネロス西側に位置する川から流れてきた丸い石が沢山存在する冷涼な畑。

◾︎ピノノワール
キスラーヴィンヤードは1979年から所有する自社畑、キスラー・ヴィンヤードは山の尾根の上に位置しています。
一方に海、他方にルシアン・リヴァー・ヴァレーを臨むこの畑の土壌は砂岩を中心にした構成。
キュヴェ ナタリー シルヴァーベルトヴィンヤードは2006年からリリースされているキスラーのトップキュヴェの一つ。
キュヴェ名の「ナタリー」は、スティーヴ・キスラー氏の三女の名前。隆起した赤い、鉄と砂利の混じった土という特異な土壌の畑。

他にフラッグシップはキュヴェ キャスリーン キスラーヴィンヤード (Ch100%)、キュヴェ キャサリン オクシデンタル ステーション ヴィンヤード (PN100% 現在はオキシデンタル)、キュヴェ エリザベス ボデガ ヘッドランズ ヴィンヤード(PN100% 現在はオキシデンタル) が存在する。

オキシデンタル ワインズはキスラーのスティーブキスラーが、2013年にソノマコーストでスタートした新プロジェクト。
使用する畑はオキシデンタル ステーション ヴィンヤードとボデガ ヘッドランズ、SWKヴィンヤードの3畑のみ。
フラッグシップのSWKヴィンヤードは同名畑の単一、キュヴェ エリザベスはボデガ ヘッドランズ、キュヴェ キャサリンはオキシデンタル ステーション ヴィンヤードの単一畑。ソノマコーストはこの2つのキュヴェのアッサンブラージュ。収量は30hl/ha、厳密なグリーンハーヴェストか行われ、収穫は夜間に行われます。除梗はせず、天然酵母を使用して全房発酵。ピジャージュは最低限に。新樽25%、MLF後5ヶ月熟成後無濾過無清澄で瓶詰めされます。




【所感】
生産者: キスラーヴィンヤーズ
銘柄: キスラーヴィンヤード ソノマ コースト ピノノワール 2014

スパイシーさがありつつも洗練されたピノノワールとなった。瑞々しい果実味に加え、今回はMLFは控えめに、抽出は強め。華やかさと凝縮感を伴う作り。
熟したストロベリーやダークチェリーの様な黒系、赤系果実のジャムの様な果実味、スミレや鉄分を感じさせる華やかさ、そして茎の様な青い風味。多少キャンディ香。
の様なフレッシュさがある。鉄観音や焼いたゴム、ドライフラワー。燻製肉、ユーカリ、シナモンの様な要素。
酸味と共に心地よい旨味と鉄分、青さ、いちごの様な甘い果実の余韻が広がる。タンニンはかなり控えめで滑らか。
ほのかに余韻に苦味がある。


生産者: キスラーヴィンヤーズ
銘柄: キュヴェ ナタリー シルバーベルト ヴィンヤード ピノノワール 2014

ソノマコーストの果実味をより強くし、MLFの要素も感じさせる。バランス感として上白糖やシロップを思わせる果実味の甘露さにミルクティーの要素を主軸にしながらも華やかさも豊かになっている、全房らしさもありながら、すこしその部分は落ち着いている。
スミレや鉄分の様な強い華やかさを軸に、上白糖の様な甘露さを持ったジャムの様な熟したストロベリーやダークチェリーの果実味。パウンドケーキやバニラ、ほのかな土の要素。
ユーカリやシナモン、そしてクローヴなどの要素も感じさせる。
果実味は新世界的だが、全体を見るとブルゴーニュの中でも上位に近い様な作りをしている。樽は控えめながら、房や抽出は近いものがある。
豊かな酸味とタンニンがある。果実の凝縮感に富んでいて果皮の華やかさと共にダークチェリーやパウンドケーキの様な甘やかさの余韻を感じる。苦味は少ないが、酸味のエッジがすこし経っている。


生産者: オキシデンタル(キスラーヴィンヤーズ)
銘柄: SWKヴィンヤード ピノノワール 2013

樽香。そしてスミレ、なめし皮を思わせる華やかさを軸にしながら、ナタリーにも感じられる強い果実の凝縮感、甘露さを感じさせる。青さはナタリーより感じる。
シガーやコーヒー、ゴムの様な樽香、海苔の様な樽香、そして鉄やなめし皮の様な強靭な華やかさ、オイリーさを主軸に、厚みのあるダークチェリー、ブラックベリーの様な果実味が感じられる。キャラメルトフィーやメイプルシロップの様な甘露さが徐々に現れる。そして茎の様なニュアンス。
生肉、ユーカリ、そして、シナモンやクローヴの様なニュアンスが感じられる。
果実味や樽、抽出は新世界的。かなり強めに作られていて、ブルゴーニュ感は青さからしか感じ取れない。
この中だと最も凝縮感に富む。
酸味豊かでタンニンも強めになっている。やや酸味の方が立っているか。スミレの様な華やかさ、ダークチェリーの様な果実味、引き締まった酸があり、余韻は長い。苦味も控えめ。



【所感】
やはりキスラーのピノノワールは素晴らしい。
シャルドネが素晴らしいのは当然として、ピノノワールもカリフォルニア最高峰と言っても過言では無いくらいにはレベルが高い。
今回はフラッグシップ中心。
キスラーヴィンヤード、そしてキュヴェナタリー、オキシデンタルですからね、超豪華。
まず共通して感じられるのがストロベリーを中心とするキュートな赤系果実の果実味ですね。これがキュヴェごとに厚さに差分はありながら共通しています。そして抽出の華やかさですかね。
これらが中心となります。
大体のキュヴェごとの特徴を言うと、キスラーヴィンヤードは
果実味が瑞々しく、華やかさ、鉄分が目立った形となります。
果実の熟度が他のキュヴェに比べると控えめで、やや青さも感じます。除梗は100%なので何故か、というところはあるのですが、茎の様な、ハーブの要素が目立っています。
果実味の方向性的にはカリフォルニア的ですが、この中では最もバランス感でいうとブルゴーニュ的です。

その点キュヴェナタリーはより全体の印象がシルキーに、甘露さを感じさせるものとなっています。果実味の方向性は変わりませんが、熟度が高いからか甘露な香りを放っています。
そこにキスラーヴィンヤードに控えめだったマロラクティック発酵の特徴がより強く出ています。
恐らく、この要素が前面に出る事でシルキーさが演出されているのではないかと。こちらも樽は控えめ。バニラやパウンドケーキを思わせる。蕩ける様な風味。
口当たりも香りと近しいものがありますが、やや酸が立っている印象。

オキシデンタルは端的にナタリーのボディを強化させた様な印象。タンニンと樽が強く感じられ、堅牢さが増しています。
果実味の甘露さはほぼ同程度。華やかさはより鉄分寄りになり鞣し革的。したがって受ける印象は黒系果実。樽も非常に強くシガーやコーヒーの様な焦げ香をよく感じます。
それと果実味の甘露な香りと混ざり合いキャラメルトフィーやメイプルシロップの様なニュアンスにも発展します。
全体的にカリフォルニアでよく見るタイプで強い体躯のワインです。そういう意味でいうとキスラーヴィンヤードと比べると大分違いがある様な気がしています。

個人的な好みとしてはキスラーの良さが最大限に感じられるキュヴェナタリーでしょうかね。
SWKヴィンヤードはやや強めの様な気がする。
いかにも豪華な感じはあるんすけどね。バランスも良く美味しいのですが、僕的にはこのナタリー推しです。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

キスラー ピノ・ノワール キスラー・ヴィンヤード 2006 750ml
価格:19980円(税込、送料別) (2017/6/4時点)









関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

HKO(はこ)

Author:HKO(はこ)
HKOです。
世界を股にかけない普通の内勤サラリーマン。
体はピノノワールとシャルドネで出来ていますが、最近は専らシラー、グルナッシュ、ヴィオニエなどの南仏品種や、ジンファンデルみたいな濃い品種が好み。貴重なワインや興味深いワインを求めて日夜東京を徘徊する日々。
食べ歩きを2014年頃からスタート。
ミシュラン星付きフレンチ(2017年度版まで)制覇まであと2店舗。
2店舗のハードルが高いので、最近は手軽なビストロなどを周遊。
基本フレンチ/イノベーティブ/フュージョンを愛するが、イタリアンや和食にも食指を伸ばす日々。ペアリングは考えず、皿の中で終局する世界観を大切にしています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
ついった
物欲センサー
物欲センサー2
リンク
QRコード
QR