徳うち山(とくうちやま:東銀座)

【前提】
※メニュー横の★はHKO主観の「もう一度食べたい度」です。シェフ渾身の一皿を素人如きの尺度と個人の趣味嗜好で、それがさも絶対の事実の様に評価するものでは一切ありません。
当てになりません、メモです。
★★★★★→今日にでももう一度食べたい!
★★★★→明日にでももう一度食べたい。
★★★→必ずもう一度食べたい。
★★→機会があればもう一度。
★→日常的に食べられると最高。


こんにちは、HKOです。
本日は徳うち山で噂の鯛茶漬けランチしてきました。
東銀座ランチ界隈では一二岐同様超有名ですね。
ただなかなかに予約なしでは入れないので敬遠しておりましたが、駄目元で行ってみたんですけど、幸運にも入れましたよ。



風格のある佇まいです。

徳うち山は、ご存知ミシュランガイド*1の銀座 うち山の暖簾分け店舗。
店主は工藤淳也氏。うち山やとよだなどの日本料理店だけにとどまらずイタリア料理も学び、スタッフもフレンチ出身。既存の日本料理に留まらない料理を供出している...そうですよ。

あくまでランチなのでジャブ。
さりとて銀座では有名な一品、鯛茶漬けであります。


◾︎昼のお食事(鯛茶漬け)

鯛の刺身、焼き胡麻豆腐、鯛のあら煮、鯛の南蛮漬け。



焼き胡麻豆腐。
こいつはとてもクリーミーで、カリッと焼かれた表皮の内側はとろとろの胡麻豆腐。
胡麻だれで頂く。カスタードクリームみたいな滑らかさ。
美味い。



鯛のあら煮。
あら煮は食べるのにテクニックがいるので、(味は好みなのですが)少し苦手。
トロトロの脂と生姜と山椒が香る出汁が素晴らしい。
しかし解体に夢中になってご飯は進まないのであった。



南蛮漬け。
白米キラー。甘酢でつけ込まれた揚げた鯛。絶品。
玉ねぎだけでもご飯が進む。結果小鉢1つでご飯を食べ尽くす羽目に。



そして軸となる鯛のお刺身。
小鉢サイズだけど、見かけによらず結構入ってて、ボリューミー。醤油をしっかりと感じる胡麻だれで。
白米キラー。濃いめのつけダレと鯛のコリコリとした食感と脂で一切れでも十分に飯が進みます。


しかして私も三十代も半ば。
4切れ程度を残し、1杯で収める。大人だからね。
俺が二十代だったら1切れで1杯くらいは食ってたわ。



そして最後は煎茶で鯛茶漬けとして頂く。
実は少し失敗しまして、飯の量に対して煎茶を入れすぎてしまいました。
ちょっと薄い....
再チャレンジするにも肝心の鯛を食べつくしてしまったし、腹具合も相当だったので終了。



最後は黒蜜のプリン。
これも滑らかでめっちゃ美味かったです。


うん、これ確かにいいわ!
少なくともまた行きたいと思えるし、コースも期待できますね。今度は昼のコースでも行ってみたいところ。
しかしこのクラスのランチを安価で食べると申し訳なくなってきますね...


住所: 東京都中央区銀座3-12-9 1F
店名: 徳うち山(とくうちやま)
電話番号: 03-3545-1091
営業時間:
【昼】 11:30~12:30(L.O)※14時クローズ。
【夜】 18:00~19:30(L.O)※21時30分クローズ。
ランチ営業
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

HKO(はこ)

Author:HKO(はこ)
HKOです。
世界を股にかけない普通の内勤サラリーマン。
体はピノノワールとシャルドネで出来ていますが、最近は専らシラー、グルナッシュ、ヴィオニエなどの南仏品種や、ジンファンデルみたいな濃い品種が好み。貴重なワインや興味深いワインを求めて日夜東京を徘徊する日々。
食べ歩きを2014年頃からスタート。
ミシュラン星付きフレンチ(2017年度版まで)制覇まであと2店舗。
2店舗のハードルが高いので、最近は手軽なビストロなどを周遊。
基本フレンチ/イノベーティブ/フュージョンを愛するが、イタリアンや和食にも食指を伸ばす日々。ペアリングは考えず、皿の中で終局する世界観を大切にしています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
ついった
物欲センサー
物欲センサー2
リンク
QRコード
QR