イギリスの隠れた名作スパークリング、ナイティンバー。

ロンドンオリンピックの開会式凄かったですね。スポーツをやる方はともかく見る方はあまり興味が無いので、オリンピックはもっぱら開会式だけ見てます。アークティックモンキーズも見れたしお得な開会式でしたね!

さて、今日はイギリスです。
イギリスではあまりワインが生産されているイメージはありませんが、量はそんなに多くないまでも、作られてはいます。
その中でも今回のナイティンバーは世界的に有名なスパークリングで、歴史も古く、シャンパーニュによく似た条件下から産出される高品質なスパークリングです。当然二次発酵は瓶内で行われます。イギリス王室で愛飲されている銘柄でもあります。


生産者: ナイティンバー
銘柄: ナイティンバー キュヴェ クラシック ヴィンテージ 2001

色調はやや濃いめのイエロー。粘性は低め。
パイナップル、リンゴ、ライムなどのフルーツの酸味の強い果実味。
リコリス、白い花、フレッシュハーブ、出汁の様な塩味を感じさせる。火打石の様なミネラル、ヨーグルトなど。
強烈な酸味とドライな果実の果実味、泡も相当強い。
複雑な味わいだがアタックが相当強く好みは人それぞれかも。


個人的には微妙な感じでしたが、なるほど確かに品質は高いような気がします。2001年ヴィンテージということで、かなり熟成が進んでいたのもあり好みからは逸れましたがシャンパーニュと同等というのは別に偽りはなさそうです。折角なのでもう少しフレッシュな状態で飲みたかったですねえ。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

HKO(はこ)

Author:HKO(はこ)
HKOです。
世界を股にかけない普通の内勤サラリーマン。
体はピノノワールとシャルドネで出来ていますが、最近は専らシラー、グルナッシュ、ヴィオニエなどの南仏品種や、ジンファンデルみたいな濃い品種が好み。貴重なワインや興味深いワインを求めて日夜東京を徘徊する日々。
食べ歩きを2014年頃からスタート。
ミシュラン星付きフレンチ(2017年度版まで)制覇まであと2店舗。
2店舗のハードルが高いので、最近は手軽なビストロなどを周遊。
基本フレンチ/イノベーティブ/フュージョンを愛するが、イタリアンや和食にも食指を伸ばす日々。ペアリングは考えず、皿の中で終局する世界観を大切にしています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
ついった
物欲センサー
物欲センサー2
リンク
QRコード
QR