スパイシーで軽やかなカベルネフラン、ACソーミュール

こんばんわ。
さて、本日はちょっと趣向を変えて、ロワールです。
銘柄はソーミュール。
地域的にはペイ ナンテとセントルニヴェルネの中間、アンジュ エ ソーミュール地域に当たります。
対岸にはアンジュやサヴィニエール、支流の対岸には銘醸畑のボンヌゾーやカルツ ド ショーム、コトーレイヨンが並びます。
同地域に広域名ソーミュールの他に赤のみ産出するソーミュールシャンピニー、貴腐ワインのコトー ド ソーミュールがあります。
この付近では赤はカベルネフラン、白はシュナンブランがメイン品種です。上流になるにつれガメイ、ピノノワール、ソーヴィニヨンブラン。下流になるにつれ白はミュスカデになります。

今回はソーミュール、カベルネフラン主体のワインとなります。


生産者:カーヴ ソーミュール
銘柄:ソーミュール 2009
品種: カベルネフラン

価格は2000円。
色調は赤みの強いガーネット、中心部は黒が強い。
北部ローヌで算出される華やかでスパイシーなシラーを思わせる。
黒胡椒、カシス、アメリカンチェリーの甘やかで果皮を感じさせる黒い果実味を中心に、芍薬やスミレ、甘草、濡れた土、紅茶、シナモン、ワッフルなど。基本的には果皮と花の香りがメインだが、徐々にロースト香が増してくる。シャプティエのクローズエルミタージュの様な味わい。
酸味もタンニンも滑らかで、アタック感は弱い。しかし、飲み込んだ後の鼻に抜ける溌剌とした若い果実の香りがとてもいい。エレガント。2000円としてはかなりいい品質だと思う。液体濃度はピノノワールに近い。


さてカーヴ ソーミュールのAOCソーミュール。なかなか興味深いカベルネフランだと思う。
カベルネフランといえばボルドー メドックの補助品種であり、サンテミリオンで比較的アッセンブラージュ比率の高い品種。その中でも第一特別級Aのシュヴァルブランの主要品種として有名。というのが一般的なカベルネフランのイメージだと思います。
ここから導き出されるのは濃厚でインキーなワインになる品種という結論だと思いますが、ロワールはどうやらちょっと違うみたいです。
カベルネフランなのに全然サンテミリオンっぽさがない。
むしろ軽いグルナッシュとかボージョレーを想起させるイメージ。
マセラシオン ア ショーかマセラシオンカルボニック?
いずれにせよ早飲みタイプの軽やかな味わい。イメージしていたカベルネフランからは大分逸れるものの、スパイシーで華やかで非常に美味い。
しかし、ブラインドで効いた時に香りは確かに「北部ローヌのシラー」か「強固なガメイ」なんだけど色調見ればガメイは無いことに気付く。そうなると北部ローヌのシラーで誤認する可能性が高いが、北部ローヌにしては・・・いや、うーん、カベルネフランと回答出すのは難しいかもしれんなぁ。

まぁ、素直に美味しいワインだと思います。個人的には結構オススメです。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

HKO(はこ)

Author:HKO(はこ)
HKOです。
世界を股にかけない普通の内勤サラリーマン。
体はピノノワールとシャルドネで出来ていますが、最近は専らシラー、グルナッシュ、ヴィオニエなどの南仏品種や、ジンファンデルみたいな濃い品種が好み。貴重なワインや興味深いワインを求めて日夜東京を徘徊する日々。
食べ歩きを2014年頃からスタート。
ミシュラン星付きフレンチ(2017年度版まで)制覇まであと2店舗。
2店舗のハードルが高いので、最近は手軽なビストロなどを周遊。
基本フレンチ/イノベーティブ/フュージョンを愛するが、イタリアンや和食にも食指を伸ばす日々。ペアリングは考えず、皿の中で終局する世界観を大切にしています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
ついった
物欲センサー
物欲センサー2
リンク
QRコード
QR