美しい景色と共に楽しむ恍惚のシャンパーニュ、アンリジロー オマージュ フランソワ エマール



椿山荘の美しい景観と共に。


こんにちは。
すこしずつ消化していきます。
次はアンリジローのオマージュ フランソワ エマール ブリュットNVです。
たまたま先日は都内の目黒のフォーシーズンズホテルに宿泊していて、「せっかくの最高級ホテルなのだから最高級のシャンパーニュを飲もう」ということで行く途中の渋谷の東急フードショーで購入。
本当はクリュッグかムルソー クロ ド ペリエールにしようかと思っていたのですが、流石に値段を見て怯んでしまったので、ちょっと安価なアンリ ジローの下級キュヴェに逃げてしまいました。うーん、高級ワインを買うのは流石に勇気がいりますなぁ。
結果としてアンリジローになった訳ですが、まぁクリュッグやドンペリニヨンを飲むよりは嫌らしくなくていいだろうという結論に。

アンリジローといえば何と言ってもフュ ド シェーヌでしょう。
ラグジュアリーなジュエリーを想起させるような箔押しのボトルに、ゴールドの留め具が高貴さを高めます。
ヴァレ ド ラ マルヌのアイ村(グランクリュ指定)のピノノワールとシャルドネを使用したシャンパーニュ。
それのやや格落ちのラインとなるのがオマージュです。ただし葡萄は同じくアイ村100%。
アルゴンヌ産の樫樽で6ヶ月の熟成後20ヶ月の瓶内熟成。ミレジムものでは無いので幾分かリザーブワインを使用しています。


生産者:アンリジロー
銘柄:オマージュ フランソワ エマール アイ グランクリュ ブリュット NV
品種:ピノノワール 70%、シャルドネ30%

約9000円、パーカーポイントは91点。
色調はややオレンジがかった濃いイエローで粘性は高い。発泡はきめ細やかく。
熟成感を感じる芳香でリザーブワインを多めに使っているかも。
岩を砕いた様なミネラル感とアプリコット、赤りんご、白い花やシャンピニオン、ナッツ、ブリオッシュなど。リコリスなど。
柑橘系の心地よい酸味のアタック、いわゆるスタンダードなシャンパーニュとは一風異なりミレジムものの味わいの深みを感じる。
樽は弱めだが、ピュアな果実の味わいのが楽しめる。モレサンドニのプルミエクリュ ブランによく似ている。


比較的ドライな感覚を受けました。
ボリューム感はあるのですが、シャープで、幾分か熟成したシャルドネのニュアンスが感じられます。
レベルの高さは流石で、グランメゾンのスタンダードラインと比較すると造りの複雑さが見られますね。
特にブリオッシュの香りが特徴的でしょうか。イースト香というか。
価格見合いとしてはなかなかいいと思います。キャッチーなのは同価格帯であればモエ エ シャンドン グランヴィンテージですが、ワイン的な複雑さを感じるのであればこちらでしょう。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

HKO(はこ)

Author:HKO(はこ)
HKOです。
世界を股にかけない普通の内勤サラリーマン。
体はピノノワールとシャルドネで出来ていますが、最近は専らシラー、グルナッシュ、ヴィオニエなどの南仏品種や、ジンファンデルみたいな濃い品種が好み。貴重なワインや興味深いワインを求めて日夜東京を徘徊する日々。
食べ歩きを2014年頃からスタート。
ミシュラン星付きフレンチ(2017年度版まで)制覇まであと2店舗。
2店舗のハードルが高いので、最近は手軽なビストロなどを周遊。
基本フレンチ/イノベーティブ/フュージョンを愛するが、イタリアンや和食にも食指を伸ばす日々。ペアリングは考えず、皿の中で終局する世界観を大切にしています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
ついった
物欲センサー
物欲センサー2
リンク
QRコード
QR