椿山荘 Le Jardin(ル ジャルダン: 目白)




こんにちは。
フォーシーズンズホテルの最終日は高名な椿山荘のアフタヌーンティー。
お値段は3500円とアフタヌーンティーとしてはごく平準的な価格。
アフタヌーンティーといえばペニンシュラ、マンダリンオリエンタルが有名ですが、椿山荘のアフタヌーンティーはペニンシュラ寄りのイングリッシュ トラディショナルなタイプでした。
基本的な構成はサンドウィッチ、スコーン、デザート。
お茶に関しては、お湯足しのペニンシュラと比べて、種類を変えてお代わりできるのが、すごく良いですね。
椿山荘で単品のお茶を頼むとかなり値が張るので(だいたい1400円位?)相対的に見て、アフタヌーンティーはかなりお得です。


■紅茶
ダージリン フォーシーズンズ ブレンド(キャッスルトン、タルボ、マーガレットホープ農園のブレンド)



■サンドウイッチ
ローストビーフのセイグルサンドウィッチ、ハムとタマゴのホールウィートサンドウィッチ、ツナとセミドライトマトのほうれん草トルティアロール、キュウリとディル風味のスモークサーモンサンドウィッチ

伝統的なサンドウィッチが殆どでしたが、トルティアロールはなかなか面白かったです。味としては複雑さはないですが、流石にホテルメイドだけあってスキのない美味しいサンドウィッチでした。


■スコーン
スコーンとクロテッドクリーム(プレーン、カランツ、オレンジ&ココナッツ)

練りこんでいる素材によって記事の焼き方がちょっと違うんですね。
カランツはしっとりした生地でしたが、オレンジ&ココナッツとプレーンはサクサクの生地でした。それとベーシックなスコーンの様に中心から割れるタイプじゃないのでナイフで中心から切ってクロテッドクリームを付けて頂きます。またクロテッドクリームの量が結構気前が良くてなかなかいい感じです。高いし保存がなかなか効かないのでありがたいことです。
ただスコーンはペニンシュラの外側サクサク、内側フワフワのクリスピーなタイプの方が僕は好みかも。



■紅茶
ダージリン ファーストフラッシュ キャッスルトン茶園


■ケーキ
ピーチトライフル、リンゴのタルト、フルーツケーキ、オレンジ風味のキャラメルチョコレートムース

ピーチトライフルは桃のゼリーとクリームと一番下にシロップ漬けのスポンジ。見た目も洒落てていいですね。
リンゴのタルトはシナモンリンゴとクッキー生地のタルト。オレンジ風味のキャラメルチョコレートムースはかなり柔らかく作られていて(土台部分はスポンジなんですが、それでもシロップ漬けになってる)取り分ける時にベチャッといっちゃいました。ああ。


スタンダードな構成ですが、いずれも美味しかったです。
ただ個人的にはサンドウィッチはマリアージュフレールの方が美味しかったし、ケーキとスコーンはペニンシュラの方が...といった感じ。
ただ景観はいいし、明るい雰囲気のラウンジなのでゆっくり時間を過ごすにはいいですね。夏は地獄ですけどねー!



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

HKO(はこ)

Author:HKO(はこ)
HKOです。
世界を股にかけない普通の内勤サラリーマン。
体はピノノワールとシャルドネで出来ていますが、最近は専らシラー、グルナッシュ、ヴィオニエなどの南仏品種や、ジンファンデルみたいな濃い品種が好み。貴重なワインや興味深いワインを求めて日夜東京を徘徊する日々。
食べ歩きを2014年頃からスタート。
ミシュラン星付きフレンチ(2017年度版まで)制覇まであと2店舗。
2店舗のハードルが高いので、最近は手軽なビストロなどを周遊。
基本フレンチ/イノベーティブ/フュージョンを愛するが、イタリアンや和食にも食指を伸ばす日々。ペアリングは考えず、皿の中で終局する世界観を大切にしています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
ついった
物欲センサー
物欲センサー2
リンク
QRコード
QR