(問)豪華で輝かしいペトリュスと生来の気品漂うコンセイヤント、どちらを選ぶべきか (答)どちらも正解。

こんばんわ。
サンテミリオンの新格付けが発表されましたね。
ヴァランドローは2段階昇格のプルミエグランクリュクラッセへ。
そして最大のトピックとしては、約半世紀破られることのなかったプルミエグランクリュクラッセA、オーゾンヌ、シュヴァルブランの独占体制が崩れた事じゃないかと思います。
風穴を開けたのはパヴィとアンジェリス。これでプルミエグランクリュクラッセAは4シャトーでの体制になります。
いやー、サンテミリオンは熱いですね!


さて今回は右岸繋がりという訳ではないのですが、ポムロールのシンデレラワインに焦点を当ててテイスティングしてみましたよ。
ラ コンセイヤントとペトリュス。
贅沢すぎる組み合わせですね。
当然ながら一緒にテイスティングする機会もなかなかありません。
なのでかなり集中してテイスティングしてきました。



生産者、銘柄: シャトー ラ コンセイヤント 2009
品種: メルロー 45%、カベルネフラン45%、マルベック 10%

約38000円、パーカーポイント95~98点。
色調は濃いガーネット、粘性は非常に高い。
濃縮したカシスリキュール、ドライプルーンの濃厚な果実味を主体に、スミレの華やかな香り、茹でた小豆、甘草、鉄釘ややインクっぽさがある。徐々に土っぽいニュアンス、コーヒーやワッフルなどの樽由来の甘露な芳香。
酸味もタンニンも豊かで口に含むと濃厚なプルーンが広がる。
ただパワー感が突出してるわけではなく、何処か濃厚なピノの面影がチラッと見えるのが面白い。とてもエレガントなスタイルだ。


生産者、銘柄: シャトー ペトリュス 2006
品種: メルロー 95%、カベルネフラン 5%

約180000円、パーカーポイント93点。
色調はやや濃いガーネット、粘性は中庸。
強烈な小豆香やタバコ、葉巻、焼いたオーク樽のロースト香が目立つ。
プルーン、ドライアプリコット入りのパウンドケーキ、果皮の厚いカシスの豊かな果実味を感じる。
またスミレの華やかな香りやトリュフの様な大地香。毛皮や鉄釘、インク、クローヴや炭焼きのニュアンスも。バニラや生クリームなどの甘やかなアフターノート。
香りの複雑さ、濃厚さ、パワー感も当然の様に卓抜している。しかしこのワインの本当の凄い所は神懸かり的なアタックだ。非常に柔らかくしなやかなタンニンと酸。
シルキーという言葉はこのワインの為にあるのかも。口に含んだ時に僅かな小豆と果皮の厚いプラムやスミレの華やかな香りが漂う。
非常にリッチなポムロール。


素晴らしい体験でした。
今回のペトリュスとラ コンセイヤント、どちらが好みかと問われれば僅差でコンセイヤントでしょうか。
ポムロールはぽってりしていて柔らかいボリューム感とエレガンス...豪奢なイメージがありましたが、コンセイヤントはちょっとタイプが違いますね。
勿論ボリューム感があって果実味も豊かななんだけど、他のポムロールと比べると、もっとスレンダーというか、濃さをあまり感じないんですよ。
より瑞々しくて、折り目正しい作り。
全ての要素が膨大な質量とパワー感で押し寄せてくる感じは全くなくて、乱暴に言うとブルゴーニュのような端正なワインだと思います。
当然ですがペトリュスも凄かったです。こちらもコンセイヤント程ではないですが、決して濃いタイプではないんですね。
ただボリューム感と膨大な構成要素、しなやかさ、柔らかさ、全てが突出していて、非常にリッチで豪華に感じました。
飾り気はないけれど、生まれ持った端正さと気品を纏うコンセイヤント、豪華な宝飾品とシルクのドレスを身に纏う輝かしいペトリュス。
同じポムロールでもタイプは違いますが、どちらが好きかは、それまでの好みによるかもしれませんね。

 
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

HKO(はこ)

Author:HKO(はこ)
HKOです。
世界を股にかけない普通の内勤サラリーマン。
体はピノノワールとシャルドネで出来ていますが、最近は専らシラー、グルナッシュ、ヴィオニエなどの南仏品種や、ジンファンデルみたいな濃い品種が好み。貴重なワインや興味深いワインを求めて日夜東京を徘徊する日々。
食べ歩きを2014年頃からスタート。
ミシュラン星付きフレンチ(2017年度版まで)制覇まであと2店舗。
2店舗のハードルが高いので、最近は手軽なビストロなどを周遊。
基本フレンチ/イノベーティブ/フュージョンを愛するが、イタリアンや和食にも食指を伸ばす日々。ペアリングは考えず、皿の中で終局する世界観を大切にしています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
ついった
物欲センサー
物欲センサー2
リンク
QRコード
QR