シャトー ラグラーヴ ア ポムロール2009

こんにちわ。
ボルドーを語る時に同時に金の話は欠かせません。そんな高騰著しいボルドーの中でも、特に日夜シンデレラワインが生まれ爆発的に値上がりしているアペラシオンがあります。ポムロール。それだけ品質の向上が著しくレベルの高いワインが生み出されているのは事実であり、特にメルローの凝縮感は他のアペラシオンの追従を許さない所であります。
そんなポムロールからクリスチャンムエックス関連の比較的お値打ち感のあるワインを。

生産者 • 銘柄: シャトー ラ グラーヴ ア ポムロール 2009

深い黒に近いガーネット。
粘性は高い。
いかにもポムロールらしい凝縮した豊満でボリューミーな果実味が目立つワイン。ジャミーなドライプルーン、ブラックベリーのコンポートの様な濃厚な果実香を中心に、西洋杉、スミレの香り、タバコのニュアンス。後味にバニラの香りが鼻から抜けてゆく。
重厚さや緻密さを感じないのは、そもそもそういうスタイルだからか。とにかく膨らみや甘やかさを強調している。締まりのなさをやや感じる。
ジワリと感じる苦味と際立ったタンニンは感じるが、全体的な完成度としては気になるレベルではない。ポムロールらしいポムロール。

個人的にポムロールはあまり好きなスタイルではないのだけれども、流石にラフルールペトリュスやネナンを飲むと感じ入る物がある。それと同系列の味わいがある。
丁寧で美味しく感じる様にちゃんと工夫がなされているね。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

HKO(はこ)

Author:HKO(はこ)
HKOです。
世界を股にかけない普通の内勤サラリーマン。
体はピノノワールとシャルドネで出来ていますが、最近は専らシラー、グルナッシュ、ヴィオニエなどの南仏品種や、ジンファンデルみたいな濃い品種が好み。貴重なワインや興味深いワインを求めて日夜東京を徘徊する日々。
食べ歩きを2014年頃からスタート。
ミシュラン星付きフレンチ(2017年度版まで)制覇まであと2店舗。
2店舗のハードルが高いので、最近は手軽なビストロなどを周遊。
基本フレンチ/イノベーティブ/フュージョンを愛するが、イタリアンや和食にも食指を伸ばす日々。ペアリングは考えず、皿の中で終局する世界観を大切にしています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
ついった
物欲センサー
物欲センサー2
リンク
QRコード
QR