ポンソ シャンベルタン垂直+ブル1級2種


ああ、ドメーヌ ポンソのシャンベルタンである。ご存知かと思うがポンソは非常にボトル差がある生産者で、ハズレは落ち込むが、当たりを引いた時の官能性は随一、まるで果実をまるごと齧った様な強烈な果実感がある。ともすればアルマンルソーより本来は評価が高くても不自然は無いと思っている。それだけキャッチーでブルゴーニュ原初の素晴らしさを伝えてくれるワイン。
運が良くポンソのシャンベルタンを垂直で味わう機会があったので、感想を書きます。ヴィンテージは2007と2008。いずれも一定の評価があるヴィンテージ。あとはボトル差が無ければ....
幸いな事にボトル差は無く、十分にその官能性を楽しませてくれた。
あとはオマケ...とは言い難い素晴らしいワイン2種類。メオカミュゼとリジェベレール、ヴォーヌロマネ屈指の生産者のプルミエクリュである。


生産者: ドメーヌ ポンソ
銘柄: シャンベルタン 2007

やや濃いルビー、粘性は高め。
鉄釘、動物性の香りが目立つ。
2008と比較するとやや凝縮感が不足しているものの、口に含むとポンソならではの凝縮した果実香が楽しめた。クランベリー、ダークチェリーの果実味となめし革を主軸に、華やかな薔薇、僅かにスーボワの大地香。胡椒、鉄釘の様なニュアンスがある。
後味にやや苦味があるもののフルーツを噛み砕いた様なフレッシュな果実味が溢れる。素晴らしいが2008年に比べると若干ひ弱で、ヘタれるのもやや早かった。


生産者: ドメーヌ ポンソ
銘柄: シャンベルタン 2008

濃いルビー、粘性は高い。
こちらは本当に素晴らしかった。
非の打ち所のない、とんでもないシャンベルタン。
果皮の厚い超凝縮したダークチェリー、クランベリー、アセロラの果実香と強烈なスパイス香。華やかな薔薇やスミレが主張する。スターアニス、ムスク、パストラミハム。
そして徐々にチョコレートの樽香、桧木、スーボワも。
2007年同様、こちらも若干の苦味がありつつも華やか。しかしながら赤い果実を噛んだ様なフレッシュな酸味はより鮮明で、滑らかなタンニンがある。時間を置いてもゆるがぬ芳香性。張り詰めるような酸味と絶大な旨味成分。
アルマンルソーの様に深淵で難解な訳ではないが、エレガントさと強靭でしなやかな果実味が同居するパワフルなワイン。

圧倒的に2008だった。
比べるべくもないくらい、構成する全ての要素が鮮明で圧倒的な質感をもって主張する。骨格や構成要素に差は無く、完全に上位互換のヴィンテージ。これに当たったら、余程ラッキーだろう。
価格は2007が約45000円、2008が64000円。2007は価格とは見合わないと感じるが、2008は若干高額ながらも値段に見合うワインだと思う。
高額でギャンブル性の高い生産者だが、素晴らしいのは抜群に素晴らしいのだから困ったものだ。


生産者: メオカミュゼ ニュイ サン ジョルジュ プルミエクリュ オー ミュルジュ 2007

シャンベルタンの鮮明な凝縮感と比較すると、ややぼんやりとした印象はあるものの、あくまで比較対象が大きく異なる。
単体でニュイ サン ジョルジュとして考えるとかなり卓抜した造りと言える。
引き締まった凝縮感のあるダークチェリー、クランベリーの果実味、薔薇や鉄釘を中心に、東洋のスパイスの香り、なめし革も。分厚い旨味成分。アニスのニュアンスも。動物性の香りを伴い、重厚感のある果実味。凄いエキス感。
わずかに大地の香りも。
方向性としてはジュヴレシャンベルタンに近いがより柔らかさを感じる印象。
香りの華やかさと同期を取るような綺麗な酸と口に残る旨味が素晴らしい。
やや苦味があるものの気にならない程度には綺麗な果実味がある。
エレガントで香水の様な香り。


生産者: コント リジェベレール
銘柄: ヴォーヌロマネ プルミエクリュ レ スショ 2008

独特で個性的な香味を放つリジェベレールのプルミエクリュ。
色合いは深めのルビー。
相変わらず中華料理的なスパイスの香りが充満する。そして穏やかなダークチェリーやクランベリーの凝縮した果実味。強烈な香りにクラクラする。リジェベレールのワインを飲むといつもそうだ。中華料理的なスパイスの香りを中心に据えるが果実味も十分で、噛むような果皮の厚いベリーの酸、シルキーなタンニンを持っている。
本当に魅力的なワイン。ともすればDRCよりも好みかもしれない。


レ スショは本当に好きな畑で、生産者毎に異なる表現を見せてくれるし、生産者の表現に耐えうる位のポテンシャルがある。
クロサンジャックやカズティエ、ソルベにアムルーズ、フュエ、数多あるきらめく一級畑にあって、それらに並び立つ位のクリマだと思う。

NSG 1erも面白い。確かに男性的でジュヴレシャンベルタンに近しいテクスチャながらヴォーヌロマネの様な個性もある。極めて個性の強いシャンボールミュジニー、ヴォーヌロマネ、ジュヴレシャンベルタンを基軸に各村の特色が現れていくのは非常に興味深いところである。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

HKO(はこ)

Author:HKO(はこ)
HKOです。
世界を股にかけない普通の内勤サラリーマン。
体はピノノワールとシャルドネで出来ていますが、最近は専らシラー、グルナッシュ、ヴィオニエなどの南仏品種や、ジンファンデルみたいな濃い品種が好み。貴重なワインや興味深いワインを求めて日夜東京を徘徊する日々。
食べ歩きを2014年頃からスタート。
ミシュラン星付きフレンチ(2017年度版まで)制覇まであと2店舗。
2店舗のハードルが高いので、最近は手軽なビストロなどを周遊。
基本フレンチ/イノベーティブ/フュージョンを愛するが、イタリアンや和食にも食指を伸ばす日々。ペアリングは考えず、皿の中で終局する世界観を大切にしています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
ついった
物欲センサー
物欲センサー2
リンク
QRコード
QR