久々のシャンパーニュ。ボランジェ RD 1997。

どうもこんばんわ。
今日も2エントリー予定です。
久々のシャンパーニュとブルゴーニュ白です。

まずはシャンパーニュから、ボランジェの最高級キュヴェであるRD(レザマン デコルジュ)です。
ボランジェは1884年にロイヤルワラントを取得している伝統的なシャンパーニュメーカーです。
そのボランジェ最高のワインであるグランダネの中から、更に最高の葡萄から出来るシャンパーニュがRD。目下1997年が最終のヴィンテージとなります。(※ちなみに価格でいうとヴィエイユヴィーニュ フランセーズが最高のものになります。)
レザマン デコルジュは「最近澱引きされた」という意味で、長い期間澱とともに瓶内熟成、リリース前にデコルジュマンしている事を意味します。


生産者: ボランジェ
銘柄: RD 1997
品種: ピノノワール 65%、シャルドネ35%

約30000円、WA94pt
色調は濃いストローイエロー、粘性は高い。かなり熟成感が出ている。
豊満でアーモンドナッツやバターの風味が全面に出ており、オイルやシャンピニオン、ヨーグルト、白檀、白い花の蜜、きりりと切り立ったライムや青りんごの強い酸味を持った果実味がある。
火打石の様なミネラリーさ、出汁の様な旨味が強い。
泡は大分穏やかになっているが、酸味は強靭で、溌剌とした印象。
豪華で旨味が豊かな素晴らしいシャンパーニュだ。
時間が経過するにつれてグングン伸びていく。

凄まじく綺麗な熟成をしていました。
複雑で、パワフルで、旨味がべらぼうに豊か。半端ないですこれ。
タイプとしてはアンリ ジローのフュ ド シェーヌに近いタッチかなと思いますが、熟成に伴う複雑さや深み、内包する要素は断然こちらかな、と思います。
また一方で溌剌とした果実感もしっかり感じられるという...不思議!
ドライな雰囲気のあるシャンパーニュですが、至る所に張り巡らされた骨格とミネラルは、さすがの一言につきますね...。
素晴らしいシャンパーニュでした。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

HKO(はこ)

Author:HKO(はこ)
HKOです。
世界を股にかけない普通の内勤サラリーマン。
体はピノノワールとシャルドネで出来ていますが、最近は専らシラー、グルナッシュ、ヴィオニエなどの南仏品種や、ジンファンデルみたいな濃い品種が好み。貴重なワインや興味深いワインを求めて日夜東京を徘徊する日々。
食べ歩きを2014年頃からスタート。
ミシュラン星付きフレンチ(2017年度版まで)制覇まであと2店舗。
2店舗のハードルが高いので、最近は手軽なビストロなどを周遊。
基本フレンチ/イノベーティブ/フュージョンを愛するが、イタリアンや和食にも食指を伸ばす日々。ペアリングは考えず、皿の中で終局する世界観を大切にしています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
ついった
物欲センサー
物欲センサー2
リンク
QRコード
QR