やはり超お得で優良銘柄、シャーヴセレクション コート デュ ローヌ モンクール

こんばんわ、今晩は2連続で投稿します。

次はローヌのシャーヴのネゴシアンもののコート デュ ローヌです。
シャーヴのエルミタージュ(ドメーヌもの)はローヌ北部でも最も偉大なワインとされますが、ネゴスものも非常に優良です。エルミタージュ ファルコネ(赤)、エルミタージュ ブランシェ(白)、いずれも卓抜した濃縮度とエネルギーを包含したワイン。
そう考えると最もデイリーな銘柄でもあるコート デュ ローヌでも期待が膨らんでしまいますね。


生産者: J.L シャーヴ セレクション
銘柄: コート デュ ローヌ モンクール 2009

約2000円
色調は黒に近いガーネット、粘性は高い。抜栓直後の為、かなり還元臭が出ていたが、数分のスワリングで消え始めた。
正直コートデュローヌのレベルではなく、シャトー ヌフ デュ パブ クラスの味わい、複雑さだと思う。やや違いはあるものの濃厚でありながら、アンリボノーの様なエレガントなスタイルが見え隠れする。シャプティエのクローズエルミタージュにも近い。エレガント。
シラー特有の黒胡椒のニュアンスとスミレや薔薇の華やかさ、黒オリーブやブラックベリー、プルーンの甘やかで豊満な果実味。土っぽさ、芍薬、パストラミハム、烏龍茶の茶葉、グローヴ、八角、炭焼きなど。
決して密度が高いわけではなく、凝縮感を感じる訳ではないが、このクラスとしては稀なほど多くの要素を包含している。
アタック、タンニンや酸はやや強いものの果実味が強く、全体的に見たら安定した作りと言えるだろう。
素晴らしいコートデュローヌだ。


密度が高い訳ではないんですが、ものすごく濃厚で複雑なコート デュ ローヌですね。香りの立ち方が非常にパワフル。要素は全く違いますが、この力強い香りの立ち方はメルローに近いかもしれませんね。すごく豊満。
ただ、やっぱりコート デュ ローヌですからエルミタージュの様な筋の通った折り目正しい骨格や凝縮感はありません。そこはまあ残念というか妥当ですね。こちらもデイリーラインとしては非常に優れたワインだと思います。

見つけたら買っておいた方がいいかもしれませんね、安いですし。
還元香が抜けきるまで、ちょっと時間が掛かるのでゆっくり飲むのがオススメです。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

HKO(はこ)

Author:HKO(はこ)
HKOです。
世界を股にかけない普通の内勤サラリーマン。
体はピノノワールとシャルドネで出来ていますが、最近は専らシラー、グルナッシュ、ヴィオニエなどの南仏品種や、ジンファンデルみたいな濃い品種が好み。貴重なワインや興味深いワインを求めて日夜東京を徘徊する日々。
食べ歩きを2014年頃からスタート。
ミシュラン星付きフレンチ(2017年度版まで)制覇まであと2店舗。
2店舗のハードルが高いので、最近は手軽なビストロなどを周遊。
基本フレンチ/イノベーティブ/フュージョンを愛するが、イタリアンや和食にも食指を伸ばす日々。ペアリングは考えず、皿の中で終局する世界観を大切にしています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
ついった
物欲センサー
物欲センサー2
リンク
QRコード
QR