ベルトラン アンブロワーズ、安定感のあるレジオナル。ブルゴーニュピノノワール2009



※最近は沖縄料理と泡盛にハマってます。

こんばんわ。
締めはACブルゴーニュの赤です。
生産者はベルトラン アンブロワーズ。

ビオロジック、グリーンハーヴェストによる凝縮度の高い葡萄を、長期間の低温マセレーション、頻繁なビジャージュで強めの抽出を行い、レジオナルと村名以外は新樽率100%、アンフィルトレ、アンコラージュと、かなりはっきりした力強いワインを作る生産者です。スター生産者と同等の力の入れ方ですね。フラッグシップはコルトン、エシェゾー、クロ ヴージョ、コルトンシャルルマーニュ。
地味ながら割と評価の高い生産者ですが、今回はレジオナルを。
価格はハーフボトルで1200円。脅威の価格です。


生産者: ベルトラン アンブロワーズ
銘柄: ブルゴーニュ ピノノワール2009

最近レベルの高いACブルゴーニュを飲んでいたのもあって、やや密度の薄さを凄い感じてしまう。
ただピノノワールのフィネスはきっちりと存在している。
色調は濃いルビー。渋みや風味の出方を見る限り抽出はかなり強めにしていると思う。ただ新樽や古木に所以する甘みが無いので旧樽と若木メインだろうか。果実味というより抽出による濃さの様な気がする。凝縮感は低いが、果皮の香りが良く出ているので結構エレガントな印象。
スミレとか薔薇の花の香りや茎や若葉の青い香りが一番強い。果実味はダークチェリーやブルーベリー系。あとなめし革や鉄など。開いてくるとごくわずかに蜜やカラメルの香りも。基本的には細身の体躯。
タンニンや酸味は強めで、目が荒く、旨味より酸味を感じる。
タイプとしてはシャンボールミュジニーかヴォーヌロマネ。ややドライっぽいタッチはメオカミュゼのマルサネやフィサンのスタイルに近いかも。


温度が上がってシャープさは減退したけど、基本的な印象はあまり変わらない、花の香りがメインのエレガントなスタイル。
温度が上がってくると、かなりいいんだけど、もう一押し欲しい所。

ただまあ、正直ハーフボトル1200円でブルゴーニュっぽいブルゴーニュを飲めるのは貴重ですね。
ACブルゴーニュで新樽使っていい葡萄使ってるワインは村名並に美味いが村名並みに高いのでなんともままならんもんですな。
ベルトランアンブロワーズは約2000円のボリュームライン以下の価格設定だけども、クロードデュガのは倍以上するしね...そう考えると意外と良心的かもしれない。
少なくともニュイヴィラージュレベルには達していると思う。ミシェルグロのブルゴーニュやニュイヴィラージュ程ではないにせよ、十二分にお得。ルイジャドのブルゴーニュも09は凄くいいんだけど、そのレベル。

ベルトラン アンブロワーズ、いいですね。これは一級、特級を飲んでみたくなる生産者です。



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

HKO(はこ)

Author:HKO(はこ)
HKOです。
世界を股にかけない普通の内勤サラリーマン。
体はピノノワールとシャルドネで出来ていますが、最近は専らシラー、グルナッシュ、ヴィオニエなどの南仏品種や、ジンファンデルみたいな濃い品種が好み。貴重なワインや興味深いワインを求めて日夜東京を徘徊する日々。
食べ歩きを2014年頃からスタート。
ミシュラン星付きフレンチ(2017年度版まで)制覇まであと2店舗。
2店舗のハードルが高いので、最近は手軽なビストロなどを周遊。
基本フレンチ/イノベーティブ/フュージョンを愛するが、イタリアンや和食にも食指を伸ばす日々。ペアリングは考えず、皿の中で終局する世界観を大切にしています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
ついった
物欲センサー
物欲センサー2
リンク
QRコード
QR