バロン フィリップと巡る2。新世界探訪、アルマヴィーヴァ(チリ)

こんばんわ。
昨日に引き続き、バロン フィリップのジョイントベンチャーを追います。
今回はチリのマイポヴァレー。現地の大手ワインメーカー(フラッグシップはドン メルチョー)であるコンチャ イ トロとムートン ロスチャイルドのジョイントベンチャー、アルマヴィーヴァです。栽培は手摘みによる収穫を実施。選果台にて丁寧に選果除梗された後、破砕。グラビディフローを行う。低温発酵後、17ヶ月フレンチオーク新樽熟成、卵白による清澄。瓶詰め出荷となります。

前回もそうでしたが、どうやらBPdRはジョイントベンチャーの際に土着品種を混ぜるのが好きらしく...オーパスワンはマルベックを、アルマヴィーヴァはカルメネールをボルドー品種にアッセンブラージュしてます。
それによってムートンとは微妙に(アルマヴィーヴァは僅かじゃないですが)異なった味わいを作り出しています。

さて、所感。やっぱ改めてボルドーとは違うよなあと。


生産者: コンチャ イ トロ × バロン フィリップ ロスチャイルド
銘柄: アルマヴィーヴァ 2009
品種: カベルネソーヴィニヨン73%、カルメネール22%、カベルネフラン4%、メルロー1%

約13000円、WA93(2007)
オーヴァチュアと比べると、これでもかという位、新世界的な作り。強烈な凝縮感と太陽を感じる。甘やかで、充実した酸味の強い果実の風味。
外観は暗いガーネット、粘性は高い。新世界のカベルネソーヴィニヨンの王道的な作り。
ガムの様なブラックベリー、ドライアプリコットの濃厚で重厚な果実味が全面に押し出されている。ローストした木材、黒檀、スミレ、タバコ、燻製肉、ユーカリの影に隠れてほのかな西洋杉の焦げる芳香、グローヴなど。
タンニンも酸味も生き生きとしており強固な骨格と豊満なボディを感じる。やや一辺倒に見えるが、太陽を素直に映し出した良いカベルネソーヴィニヨンだと思う。



カベルネソーヴィニヨンもそうですが、何よりもカルメネールの主張がなかなか強い。
一般的にボルドーに感じられる酸味とは全く趣が異なる、フルーティな酸、そしてカベルネソーヴィニヨンに所以する強固なタンニンが全体に漲っている。また品格を感じるオーヴァチュアやムートンの果実味と比べると、若干下品にも感じられる豊満で厚みのある果実味が特徴的。いわゆるチリの太陽を感じるスタイル。
ただこのワインはそれだけ終わらない。あくまで溌剌とした酸味、強固なタンニン、濃厚な果実味を主軸にしつつ、控え目ながらボルドーに所以する西洋杉やミントのニュアンスを複数包含している。芸が細かいのは多分ボルドー譲りなんだろうか。
一見、豊満で厚みのある典型的なチリのワインだが、さすがバロンフィリップ、コンチャ イ トロ。単純では終わらない作りの確かさがある。とても美味しいチリカベ。

とはいえこのワイン、レバノンのエクシールと良く似てるんだよな...アルマヴィーヴァが当然ネタ元でしょうが、コストを考えると...ううーん。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

HKO(はこ)

Author:HKO(はこ)
HKOです。
世界を股にかけない普通の内勤サラリーマン。
体はピノノワールとシャルドネで出来ていますが、最近は専らシラー、グルナッシュ、ヴィオニエなどの南仏品種や、ジンファンデルみたいな濃い品種が好み。貴重なワインや興味深いワインを求めて日夜東京を徘徊する日々。
食べ歩きを2014年頃からスタート。
ミシュラン星付きフレンチ(2017年度版まで)制覇まであと2店舗。
2店舗のハードルが高いので、最近は手軽なビストロなどを周遊。
基本フレンチ/イノベーティブ/フュージョンを愛するが、イタリアンや和食にも食指を伸ばす日々。ペアリングは考えず、皿の中で終局する世界観を大切にしています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
ついった
物欲センサー
物欲センサー2
リンク
QRコード
QR